匂いのいい花束。ANNEXE。

花泥棒さん、私を連れて行かないで!

e0044929_1011568.jpg
僕が良く行くホームセンターの隣に古い小さな病院がある。
道路に面した花壇には、季節を通して色とりどりの草花が植えられています。
いつも良く手入れされていて花が絶えることのない花壇……。

その花壇の真ん中に数枚のプレートにメッセージが書かれ、土に差してあります。

 「花泥棒さん、私を連れて行かないで!」

美しい草花とは相容れないメッセージ、きっと植えても植えても掘り起こされ、
盗まれ続ける草花、犯人に憤り、淋しい思いをし、複雑な思いでプレートを書いたのでしょう。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、非常に寒い日が続いた後のある日の朝、
久しぶりの快晴、ポカポカ陽気に気分も晴れやかに、
薔薇の手入れの前にメールとブログのチェックをしていて愕然としてしまいました。
少し前から僕のブログにメッセージを寄せて下さっていた人のブログを訪問したところ、
何と、数日前にアップした小芳の写真が僕の目に飛び込んで来たのです。
暫し呆然、記事を読んでさらに唖然、愕然、
ただ可愛らしかったから皆さんに紹介したかった……そんな趣旨でした。
いつも素敵なメッセージを下さるので、僕もお礼にメッセージを……と、思ったのに、
ページを開いた瞬間、目に飛び込んで来た失望と、やっぱりと言う気持ち。
その時の僕の驚きをお察し下さい。やりようのない怒りと言うよりも、
人への信頼と言う物が深く深く海の底に藻屑となって沈んで行くような気持ち……。

僕に何の断りもなく、また、リンクという形でない紹介の仕方は無礼千万、
早速、抗議と削除のお願いのメッセージを入れました。

以前にもこの手の記事を書きましたっけ。
僕がブログをやって行く上で一番したくないこと、
一番書きたくないことをまた書かなければいけません。

 「このブログにおける写真、文章の無断コピー、転載は固くお断わりしています。」

自分のブログで使う写真くらい自分でお撮り下さい。

このブログを始める時に自らに課した決まり事があります。
僕個人のマイナスの面、弱い部分や個人攻撃のたぐい、政治や性的なこと、
また、宗教に関する深く踏み込んだ個人的な考え、ある特定の排日政策の国の事………。
諸々、皆さんが不快に感じることは絶対に書くまいと決めました。
それから言葉遣いもそう。なるべく不適切な表現はしない、
(ただし、不愉快で正義漢気取りの極端な言葉狩りには屈しません)
汚い言葉使い、省略言葉などは使わないように決めました。
どれだけ守られているか分からないし、文法はメチャクチャ、
句読点の打ち方もままならないし、変換ミスも数えきれないほど(苦笑)
拙いけれど自分で撮影した写真、または正規の経路で入手した著作権をクリアした写真を使い、
苦労して文章を綴り、かれこれ2年半、850記事をアップして来ました。
自分に課した幾つかのこと、それがないと、皮肉屋で天の邪鬼な僕のこと、
とめどなく内容がエスカレートするのは目に見えていましたからね。
ただし、皆さんから戴いたメッセージに対するお返事は別、
驚異的なズッコケ・メッセージを下さる方にはそれなりにお応えしなければね(笑)

ある時、年下にもかかわらず、僕が「兄貴」と慕うharryさんがメッセージの中で

 「ブノワ。さんのブログは美しいものに関するブログ……。」

そんなことを書いて下さいました。凄く嬉しかった覚えがあります。
決して気取って美文調で綺麗事のブログを書いているのではありません。
僕が日々、感じたことや、旅の想い出や猫のことを大好きな薔薇に絡めて書いているだけです。
ブログは素晴らしい媒体だし、僕も毎日楽しく皆さんとお付き合いしています。
そんな中で、何度かブログを閉鎖しようかと思ったことがあります。

それが、この写真の不法コピーなんです……。
一度、インターネット上で公開した写真はコピーされても仕方ない運命にあります。
いとも簡単にコピー出来ちゃいますからね。
何度も悩みました。無駄でコピーされるのがイヤならばブログを止めてしまえばいいのです。
でも、前向きな理由によってブログを閉鎖するのではなく、
詰まらぬコソ泥まがいの心ない人に負けて閉鎖するのは僕の自尊心が許しません。
個人的に楽しむのならまだ可愛いけれど、インターネット上で堂々と
人さまの写真を無断で、さも自分が撮った写真か何かのように公開する神経の図太さ、
度胸の良さには驚きを禁じえません。僕には腐ってもそれだけは出来ません(笑)
それとも、ただただインターネットに対する無知ゆえか?
一度、公開すれば世界中の人が見られるという事実を軽視しているとしか思えません。
事実、僕のブログはアメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、オーストラリア、イタリア……、
数えきれない国の皆さんからアクセスがあります。
インターネットは便利だけれど非常に恐い世界です。
その小芳の写真を無断で不法コピーして記事に使った人は、
ご丁寧に僕のブログをリンクしていました。
記事を読んだ人が僕のブログに飛んで来れば己の悪事が露呈するというのに……。

この前の記事を書いてからも度重なる不法コピー。
分からないと思ってやるのでしょうが、意外と知れるものなのですよ……。
本人に抗議のメールを送ったり、プロバイダーと交渉したり。
ほとほと疲れ果てました。この忙しい最中に無為な時間を送るもどかしさと怒り、
気分が悪い、不愉快と言うよりも不快な気持ちになります。
その僕も優れた戯曲や小説、映画の台詞からの一節を、
また、知己を得た素晴らしい女優や先輩達の言葉を引用したりします。
でも、それとこれとは話が別。

皆さんにお見せしたい素晴らしい写真や
滅多にお目にかかれない俳優のプライベートの写真も沢山ありますが、
不法コピーをされるのがイヤで公開出来ないでいます。

何れこのブログも僕の情熱がなくなる時がやって来て、
ちっぽけだけれど、一ブログとしての役割を終える時が来るでしょう。
それ迄は僕も読んで下さる方も、双方が楽しいブログにして行きたいです。
ブログとは……嫌な思いをしてまで続けるものではありませんからね。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

もう一度書きます。
 
 「写真の無断コピーは違法です。全ての著作権は、このブノワ。にあります。」

インターネットの世界は顔が見えません。お互いの信頼とモラルの上に成り立っています。
知らずに無断でコピーしている人、全てを知った上でコピーしている悪質な人……。

 「花泥棒さん、私を連れて行かないで!」

僕からの切なるお願いです。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………

大変に残念なのですが、色々と考えた結果、
僕の宝物である記事は、戴いたメッセージに返事をお返ししていない記事を残して
846記事、一旦、全て非公開とさせて戴きました。
大切な母の写真も僕のオリジナルの薔薇で隠させて戴きました。
もう少し書きためてある記事がありますので、折りを見て順次アップしますが、
取り敢えず、写真を小さなサイズに変更し、今後の事、このブログの有り方は少し冷静に、
また、ブログを続ける意味をゆっくり考えてみたいと思っています。


草々

2008年2月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-02-04 00:00 | 向き向きの花束。