匂いのいい花束。ANNEXE。

ブログって?……ことの次第。

e0044929_2059186.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今年も早いもので桜の4月になりました。
先日の事、それまで非公開にしていた記事888通を再び公開の設定にしました。
非公開にしたことの次第は遡って読んで下されば嬉しいです。

再び公開にしたのをキッカケに、自分でもあの頃の事を振り返ってみました。
当時、どんな気持ちでいたのか?感情的になっていまいか?などなど……。
この件にはもう触れない積りでいましたが、丁度、2ヶ月ですし、
矢張り、いい機会なのでもう少し考えを纏めておきたいのです。
暫しお付き合い下さいね。

実は「花泥棒」の記事を書くキッカケとなったのは、
その直前に入ったメッセージだったんです。
僕の写真をPCの壁紙にしていると言うその無邪気なメッセージ……。
あれほどお願いし口を酸っぱくしているのにどうして後を絶たない不法コピー。
その後、スグに小芳の写真を丸々コピーして記事にした方のサイトを訪れたのでした。
僕がどんな気持ちになったかは前の記事を読んで戴くとして、
そのキッカケとなった壁紙の人はブログの更新をパタリと止め
(僕とのやり取りによってネット上で冷水を浴びたような気持ちになったらしい……。)
小芳の写真を無断で記事にした人は、抗議した直後に即座に謝罪を下さるも
残念なことにブログを閉鎖してしまいました……。

今回の悪気はないけれど、してはいけないルール違反で、
二人の人間が楽しみに更新していたブログを閉鎖、または休止にしました。
僕はと言えば、取り敢えずそれまでの記事を非公開にし、
毎日の更新を日課にしていた自分のルールを破り、少し時間を空けて更新するようになりました。
それがいいのか悪いのか分からないけれど、生活のリズムが大きく狂ったのは確かだし、
僕自身も、また、読んで下さっている皆さんにも多少なりとも不快な思いをさせた事は事実です。
人間って自分で作ったルールって破りたくないものなのですよ……。

申し訳ないけれど、僕はブログを閉鎖、休止した人達に何の感情も湧いて来ません。
嫌いな言葉ですけど、それこそ自己責任で後始末をなさったのでしょう。
自業自得、インターネットの世界は自由で便利だけれど非常にコワいのですよ。
自由って何がしかのルールがあってこその自由……、
自由でいるための代償って非常に大きなものなんです。皆さんも承知のことですよね。
インターネットは上手に使えばこれほど便利な物は無いと思います。
反面、ブログに関して言えば、いい加減な事をしたり、
顔が見えないからと言って滅茶苦茶をするといつか自分の頭に降り掛かって来ます。
人の写真や文章を無断でコピーしたり盗作したりしていると、
いつか必ずバレるものだし、バレた暁には責任を取らなければなりませんよね。
メッセージのやり取りをしているだけでも分かってしまうのですよ。
その人が知ったかぶりをしているのか嘘を付いているのか……。
例えば、綺麗な写真を立て続けに公開している人がいたとして、
あちこち他からコピーしたものを使っていると、見ている側からすると一目瞭然、
同じ人が撮っているのではないことがバレてしまう……。
綺麗だけれど統一感がなくなるのですよ。矢張り、一人の人間が撮った写真には
どこかに必ず共通点がありますし、一人の人間が撮れる写真には限度があります。
美しいけれど全く統一感が取れていない写真の数々……。

 便利なインターネット、生かすも殺すも使い方一つだと思うのです。

友人の一人はブログをやってみたいけれど、今一、コワくて出来ないと言います。
僕はそう言う人達には是非やってみるべきと勧めています。
自分の気持ちに素直に、誠心誠意込めて文章を書く。
表現する媒体としてはこれほど素晴しいものもないと思うのです。
自分のブログにメッセージを貰う喜び、直接お目に掛かる事は稀だけれど、
メッセージのやり取りから生まれる友情は何ものにも代え難いです。

簡単そうなブログですけれど、幾つかルールもありますね。
先ず、拙くても自分の言葉で綴り、自分の写真を使う……これが一番肝心です。
それぞれが、等身大の自分を表現する……トルストイやキャパになる必要はないのですから。
表現する事はそれぞれでも、自分の言葉で書かれた文章は気持ちのいいものだし、
読者もメッセージを入れやすいと思うのです、イコール、素敵な関係を築けます。

メッセージを入れる時もそう、顔が見えないからと言って、
人に唾するような事を書けば、いつか必ず自分の頭の上に降り掛かって来ます(笑)
相手が嫌がる事は書かない、文章中に書いていない事には触れない、詮索しない……。
何かの都合で管理人が意図して触れていない事も考えられますからね。
それから、知っているからと言って、個人的な情報をむやみに書かない事も大事です。
また、自分の意見と違う時には原則としてメッセージは控えた方がいいですね。
どうしても反論する時には言葉を選び、決して議論を吹っかけたりしない事……。
それから、どんな時にも相手に尊敬の念を抱かなければダメです。
記事を書くにあたって、記事や文章の一節を引用させて貰う時もそう。
相手の文章に同感し、共感して初めて引用の意味があります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、
このブログのスタイルも随分と変わって来ました。
果たしてこのままでいいものなのか?
お気楽に手紙風の記事なんかをつらつら書いていて何になるのか……。
たまに疑問が大きく頭をもたげる事もあります。
一旦、ブログを立ち上げ、皆さんからメッセージを戴くようになり、
他のブロガーの皆さんとお互いにリンクするようになる……。
そうすると、飽きたからと言って簡単にやめることは出来なくなって来ます。
責任が出て来るのですよ。何かを始めるには責任が伴うのです。

 自分のブログだから何をしてもいい……。

そうかもしれませんけど責任と言うものは歴然とあります。
少なからず僕の記事を楽しみにして下さっている人もいます。
僕自身も創作の喜びを感じるし、いい写真が撮れたり文章を書けた時には
物凄く気持ちがいいものです……。

 幕引きは鮮やかに……それもまた大事なんですけど方法が……。

呆れるほど創作意欲はあります(笑)次から次へと言葉が迸ります。
スランプに陥った作家が聞いたら歯ぎしりをして悔しがるでしょう……(笑)
どんどん形を変えて行くかもしれませんが、今の僕のブログに対する姿勢はこんな感じです。
もうスグ薔薇の季節です、お伝えしたいことが山ほどあります。
拙いブログですけれど、皆が集うサロンみたいな場所になればなぁ……そう思っています。
一つ、これからも末永くお付き合い下さいね。


2008年4月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-04-04 00:00 | 向き向きの花束。