匂いのいい花束。ANNEXE。

匂いたつ……フランス軍中尉の女。

e0044929_0592645.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕がブログを始めて随分になります……。
まだブログなんて言うものがない頃、
漠然と薔薇のホーム・ページを作りたいと思っていました。
コンピューターを嫌悪し、仕事では仕方なかったけれど、
極力コンピューターから遠ざかって生きていました(笑)

そんな僕がヒョンなことからPCを買う事になり、
気が付けば、友人に後押しされてブログなどと言うものを始めることに……。
自分の性格は自分が一番良く知っていますからね。
書きたい時に書いていたのでは、何れは止めてしまうのは必定、
毎日更新を心掛け、幾つかの記事を書き溜めておく癖がつきました。
キッカケが欲しくて、その日に誕生日を迎えた人にまつわることなど、
「日付」に重点を置き、そこに薔薇の話しを絡めて行く……。
今ではそんな手助けも要らないほどに創作意欲満々(笑)
泉が溢れるようにして記事を書いています(記事のストック3週間分!)

もう一つ、ブログに書きたいこと、書いて皆さまに伝えたいことが幾つかありました。
それは僕の敬愛する女優、杉村春子さんのことだったり、
わが青春の山口百恵のことだったり、今までに観た映画で感動した作品や、
お気に入りの女優や男優のことなど。これまでに十分に書いて来た積もりですが、
矢張り、今日この日、6月22日に書いておきたい事があります。
映画史上に燦然と輝く大女優、メリル・ストリープに関してです。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

メリル・ストリープ……言わずと知れた映画史上始まって以来、最も偉大な女優の一人。
昔の大スターが私生活をオブラートに包み、イメージを大事に死守して築き上げて来たスター性。
それとは全く違う位置に存在する、素のままの女性としての上に成り立つスター性を持つ人。
ハリウッドでは珍しいくらいに長い結婚生活と恵まれた子宝、
安定した生活の上に成り立った、ごくごく普通の家庭の主婦のイメージと、
演じる悲劇のキャラクターのギャップも面白いです。
家庭をとても大事にする……長期間拘束される舞台を諦め、
手料理を楽しみ、ニューヨークに越して来てからは普通に地下鉄に乗るそうです。

メリル・ストリープが演じる女性像はエキセントリックな役が多いと言われています。
彼女自身、インタビューに答えています。
 
 「興味がある役に出会うと、その女性は必ずと言っていいほど
     精神的に何らかの宿命を背負っていたのです……。」……と。

ごくごく普通の女性としての幸せに裏打ちされていたからこそ演じられた数々のキャラクター。
不幸のどん底の女性を演じるにあたっては、
その正反対の幸せの絶頂を知らずして演じることは出来ないのです。
美しい物を語るには、醜い物を知らなくては語れず、
恐ろしく歪んだ心根を演じるには、
真っさらな天使のような純心を持っていなくては演じられないのです。
バランスの良さ、それがメリル・ストリープの最大の特徴でしょうか。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

「ジュリア」で共演したジェーン・フォンダが、

 「あの子は売れるわよ……。」と、周囲に漏らした慧眼。

どの俳優にも売れるキッカケ、後に振り返った時に、
ターニング・ポイントとなる作品が必ずあります。
メリル・ストリープのそれは、助演を経て主演級の女優として活躍し出した第一歩、
ジョン・ファウルズ原作、ハロルド・ピンター脚色、
カレル・ライス監督の傑作「フランス軍中尉の女」ではないでしょうか。

この「フランス軍中尉の女」は面白い多重構造を持っています。
先ず、アメリカ女優のメリル・ストリープが、同じくアメリカ女優のアンナを演じ、
そのアンナは現在撮影中の映画でサラを演じている。
そのサラは劇中で周囲を偽り自分の人生を「フランス軍中尉の女」として生きている。
つまり、処女の身でありながら、嵐で漂流したフランス軍中尉に弄ばれ捨てられ、
その帰りを今でも防波堤の先で、遥か遠くフランスを見つめながら待っている女を、
階級制度が最も厳しいイギリスの田舎町で、周囲の厳しい蔑みの視線を一身に浴び、
常に人々に見られることを意識して暮らしているサラ。

由緒正しい婚約者がいながら、そのサラに一目惚れ、
彼女の嘘、彼女が演じている「フランス軍中尉の女の世界」にドップリ騙され、
婚約破棄までして彼女を追い求めてしまうチャールズをジェレミー・アイアンズが演じます。

実際に映画で共演しているマイクとアンナも不倫中の間柄、
夫がいるアンナはお遊び程度だが、マイクは可成り夢中の様子。
そんな、映画撮影中と言う現実と、劇中の虚構が上手く編集されて絶妙の世界感を生み出しています。
ハロルド・ピンターの脚色と言うことで、非常に演劇色が強いのもこの作品の大きな特徴です。
主演の2人が撮影に使われている温室でリハーサルをするシーン、
カメラがサッと切り替わって実際に映画のシーンになったりします。

ビクトリア朝時代の1876年、厳しい階級制度のイギリスで、
自らを「フランス軍中尉の女」と蔑み、甘んじて周囲の厳しい視線と噂の中に身を置くサラ。
その彼女の嘘としたたかな奸知にまんまとのめり込むチャールズ。
チャールズが婚約を破棄し、完全に彼女の「フランス軍中尉」になった時点で姿を消すサラ……。

物語のラストも実際の撮影現場の恋愛騒動もあっけなく終わりますが、
初主演にして堂々たる風格のメリル・ストリープとジェレミー・アイアンズのバランスの良さ、
風光明媚なイギリスの景色と時代色、充実の共演陣を迎えて、
メリル・ストリープが真の大女優のスタートラインに立った記念の1本です

先日のこと、アメリカの友人が自分で編集したメリル・ストリープのDVDを送ってくれました。
その中にはセザール賞とゴールデングローブ賞の受賞スピーチ(セザール賞は流暢なフランス語で!)
そして、AFI(アメリカ映画協会)の名誉賞を受賞した時の様子が入っていました。
驚くのはメリル・ストリープのスピーチの上手さでしょうか。
決して気取らず、こみ上げる喜びの発露は自然と場内の人々を笑顔にします。
ウィットに富み、後ろに流れる音楽に合わせて感謝の言葉を、
アドリブでメロディーに合わせて歌ったりします。
「プラダを着た悪魔」でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受けた時には、
感謝の言葉の最後を映画の中の名台詞「That's all !」で結ぶ心憎い演出をしたりします。
弱冠40歳を過ぎる頃からハリウッドの役者達から尊敬を一身に集めたメリル・ストリープ。
「フランス軍中尉の女」で華々しく主演級に躍り出てから四半世紀、
これからさらに円熟の度合いを増し、第二の絶頂期に入ろうとしています。

かのソフィア・ローレンは「人々を泣かせるよりも笑わせる方が難しい」と言いました。
僕はメリル・ストリープの神髄は喜劇にあると思っています。
「ハリウッドにくちづけ」でアカデミー賞のノミネートを受けてから、
実は少しコメディー路線に走り、回り道をし失敗した感がありますが、
この先「マンマ・ミーア!」と「Doubt」で喜劇と悲劇の両極端を
絶妙のコントラストで見せてくれることでしょう。

今日の1枚は僕のオリジナルの薔薇……。
本来は純白からヴァニラ・アイスクリーム色になるのですが、
春先の気温の低い日にはこのように花弁がほんのりピンクがかることがあります。
そんな様子は、メリル・ストリープが瞬時に頬を染める様子に似ています。
花保ちの良さは彼女自身のキャリアの長さを連想させ、
また、この薔薇の素晴らしいフルーツの匂いは、彼女の豊かな表現力を感じさせます。

僕が最も尊敬する大女優メリル・ストリープ……一体どんな花が好きなのでしょう。
もしも、薔薇が好きだとしたら何色の薔薇?どんな形の薔薇がお好きなのかな……。
一度お目に掛かって直接お聞きしたいような気もします。


草々

2008年6月22日


ブノワ。


[Meryl Streep Online/Meryl Streep (1949~ )]
[The French Lieutenant's Woman/フランス軍中尉の女 (1981)]
[Karel Reisz (1926~2002)]
[John Fowles (1926~2005)]
[Harold Pinter (1930~ )]
[Julia/ジュリア (1977)]
[Jane Fonda (1937~ )]
[Jeremy Irons (1948~ )]
[Postcards from the Edge/ハリウッドにくちづけ (1990)]
[Devil Wear Prada/プラダを着た悪魔 (2007)]
[Mamma Mia ! (2008)]
[Doubt (2008)]
[Sophia Loren Official Website/Sophia Loren (1934~ )]
[杉村春子/Haruko Sugimura (1909~1997)]
[山口百恵/Momoe Yamaguchi (1959~ )]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-06-22 00:00 | 女優の時代。 | Comments(15)
Commented by baroncia at 2008-06-22 06:53
私も、できる限り毎日更新しよう!と思い、
気が向いた時に写真をアップしておいて
それに文を継ぎ足しているのですが
最近、書くペース、書きたい意欲が加速度を増して
一週間先まで行ってしまい、なんとなく貯めすぎかしら?と
反省していたのですが。。。。

記事のストック3週間分!!! 爆

まだまだ、私も大丈夫だと胸をなで下ろしました。

メリル・ストリープ。彼女はどんなバラが好きなんでしょうね。
なんとなく中心がクリームがかっている白薔薇で
外側がうっすらと緑色の芯の高いバラが目に浮かびますが
ブノワ。さんの彼女のイメージは如何ですか?


Commented by religieuses at 2008-06-22 07:41
ブノワさんの今日のバラと、メリル・ストリープのお話で私の頭に浮かんできたのは、「ディア・ハンター」のリンダです。
ほんのりピンクがかったバラが結婚式のシーンと重なりました。
ショッキングな印象があまりにも大きな映画でしたが、あの若く可憐で美しいリンダ・・・30年前のメリル・ストリープ・・・初々しくて本当にきれいでした。私も大好きです。 いつも素敵なお写真ありがとうございます(^^♪
Commented by 猫のおなか at 2008-06-22 16:12 x
ブノワさま。
今日の薔薇は、本当にメリル・ストリープの繊細な肌のようです!
「フランス軍中尉の女」に、ジェレミー・アイアンズが出ていたのをすっかり忘れてました。好きな俳優なのに・・・。
あまりにもメリル・ストリープの印象が強いからでしょうか(笑)

ロバート・デ・ニーロと共演した「恋に落ちて」も、
彼女のキャリアにとっては小品かもしれませんが、気に入っている映画なんですよね。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-22 18:45
baronciaさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
今、数えたら、記事のストックは40記事ありました(笑)なかなかアップ出来ないで季節は冬のままになっているものもあります(笑)よく、書くことがないので写真だけ……みたいなブログがあるけれど、僕にはチョッと……お互いに文筆業だったら良かったのにね(笑)メリル・ストリープはどんな薔薇が好き?知りたいです(笑)僕の中ではチョッと色味が変わる薔薇、勿論、匂いが良くて白か薄いピンクでしょうね……。あまり大輪はイヤかな……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-22 18:51
religieusesさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
「ディア・ハンター」のリンダ!良かったですよねぇ……「ディア・ハンター」は僕の青春の1本です。お弁当持参で一日中映画館の暗闇に座っていましたっけ……あんな風に命を賭けて自分を救いに来てくれる友達がいるだろうか……漠然とそんな事を考えながら、帰還して故郷に帰るマイケルが車の中に身を潜めて、お祝いの会場を素通りするシーンが痛々しかったです。全編の半分はあろうかと言う結婚式のシーン、後半のベトナムのシーンとの対比が見事でした。ジョン・カザールも出ていましたね。メリル・ストリープの死に別れたボーイフレンド……そんなこんなで隔世の感があります。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-22 18:57
猫のおなかさんへ。
こんばんは。雨の日曜日、如何お過ごしですか?メッセージどうもありがとう!
思うに、女優って肌が命ですよね。感極まってサァ〜っと血の気が上ると薄らピンクに染まる肌……だから彼女は顔を直さないんですよね。プラスチックみたいに固まったら演技なんか出来ませんものね(笑)「恋におちて」は大好きな映画です。それほど作品の評価は高くないけれど、日本では物凄いブームの火付け役になりました。「金妻」でしたっけ?いしだあゆみ等が出ていた不倫もののドラマ。いしだあゆみの役柄は映画字幕の翻訳者、劇中に「恋におちて」が出て来ませんでしたっけ?猫のおなかさんはジェレミー・アイアンズがお好きなのですね?メリル・ストリープとは「愛と精霊の家」でも共演していましたっけ。あれも豪華キャストだった……「恋におちて」と同じく評価は今一つでしたが……。

ブノワ。
Commented by Brighton Rock at 2008-06-22 20:19 x
ブノワさんこんばんは。1日雨ですね。ブノワさんのブログ記事は断然メリル・ストリープの話題が多い気がします(笑)。これほど有名な人なのに、好きな花は?というような話は聞いたことがありませんね。果たしてどんな色の、どんな花が好きなんでしょう?意外と素朴なキク科の花だったりして。
そういえば、昔読んだ「朗読者」の巻末に、メリル・ストリープがキャスティングされているというような話が載っていませんでしたか?あの話はどこに行ってしまったのでしょう?彼女は、本を読んだときのイメージそのままだと当時思ったのですが・・・。
Commented by Brighton Rock at 2008-06-22 23:11 x
ブノワさん、連投ですいません。朗読者、調べたところケイト・ウィンスレット主演でアメリカで12月公開らしいです。メリルさんじゃないのね、残念。ケイト・ブランシェットのイメージの方が近そうです。でも監督がスティーブン・ダルドリーなのでちょっと期待します。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-23 06:02
Brighton Rockさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう!
本当、一日雨でクサクサしていました(笑)疲れていたので午睡!
そうですか、メリル・ストリープの記事が多いですか?他の人は殆ど書かないでしょう?天の邪鬼ですからね、僕。まぁ、菊が好きって言うことは間違ってもないでしょうけど、かと言って、薔薇が好きと言う保証もありませんもんね……一度、ファン・レターを出して聞いてみようかしら?(笑)「朗読者」のあとがきにキャスティングの話しは載っていたかなぁ……それは「日の名残り」じゃありませんか?確かにメリル・ストリープをハンナに希望する声は大きかったですよね。もし、実現すれば「ソフィーの選択」と対をなす作品になっていたのに……残念です。色々とキャスティングが変わりましたが、一時期はニコール・キッドマンの名前も……僕はケイト・ウィンスレットで良かったと思っています。彼女なら上手くやるでしょう。ケイト・ブランシェットでは背が高過ぎますか……スティーヴン・ダルドリーは、僕がポール・ハギスと並んで絶大な信頼を置く監督です(笑)

ブノワ。
Commented by すずらん・R at 2008-06-24 04:17 x
初めまして。いつもこちらでは一幅の名画を眺めるような、素敵な時間を過ごさせていただいています。
コメントするには少し畏れ多いような気がしていたのですが。
今日はメリル・ストリープに背中を押されました。
私にとっても彼女は少し他のハリウッド女優とは違う位置にあります。
ともかく彼女と言えば「ソフィーの選択」が印象的です。
私ごとではありますが、私も二人の娘を持つ身です。
今はもう二人とも家庭を持ち子供もでき、おとなになっておりますが
私の半生は娘たちがともかく宝物として生きてきました(誰でも母ならそうでしょうけど~笑)
だから、ソフィーの選択は涙涙涙・・・です。何度観ても・・・
あの時のメリルの美しさ、哀しさ、言葉では言い尽くせません。
坊主頭で痩せていたあの姿は、実際にナチスの時代に生きていたとしか考えようがないくらいでしたね。
実生活でそんなに幸せな人生を送っておられるとこの日記で知って、私までとても嬉しくなりました。とりとめもなく書いてしまいました。今後も楽しみに読ませてもらいます。
Commented by MERYL FAN at 2008-06-24 05:19 x
ブノワさん、こんにちわ。 素晴らしい記事有難う御座います。 6/22/08なんて催促しておきながら遅れてしまいました。 家のPCは遅すぎてダメなんです。 (笑) この日が週末と気付いたのはAfter the Festivaでした。 ごめんなさい。 いつもブノワさんのメリルの(も)記事は本当に楽しませくれます。 雑誌やパンフレット、インターネットの記事はありきたりで面白くないんですよね。 視点がいつもファンのつぼを押さえてくれるという感じです。 「マンマ・ミーア」は1ヶ月を切りました。 テストスクリーニングはまずまずのようですよ。 楽しみですね。 今年も彼女のスピーチが聞けるような年になるといいですね。 
こちらは先週連日45℃の暑さ。今週は一息つけそうですが、いつもの6月であって欲しいと願う毎日です。 ブノワさんもお元気で。 ではまた、
Commented by mchouette at 2008-06-26 02:09
ブノワ。さん ご無沙汰です。
この薔薇なども黒の背景が薔薇を更に引き立てているみたい。
「しのぶれど」もやっぱり黒の背景だから、余計にその風情が際立つみたい。でも陽光の薔薇たちも輝いていて、愛らしくって……。
ブノワ。さんの文章とも呼応しますものね。25日の「黒い訳」のコメントになってしまったけれど、「フランス軍中尉の女」ラストでジェレミーが去っていったアンナを役名の「サラ」の名で叫ぶラストシーンは、現実と虚構が重なった領域で、役を演じ現実を生きる役者の業を感じ、ちょっと怖ろしささえ感じました。「ソフィーの選択」のあと「シルクウッド」を観てタバコの吸い方がいかにも蓮っ葉な女工風情で、あのソフィーが?って、この時に演技上手い人だなって、こんな作品で感心しました。
写真の薔薇…フードのついたマントを来て海岸を見つめるフランス軍中尉の女の冒頭のシーン思い出します。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-26 06:07
スズラン・Rさんへ。
おはようございます。はじめまして、ようこそいらっしゃいました!
メッセージどうもありがとうございました。本当に嬉しいです。チョッとブログを拝見いたしましたが、何とリヨンにお住まいとか!去年の今頃はリヨンの記事満載のこのブログです(笑)一度しか訪れた事がありませんが、近いうちにきっとまた……そんな風に思っています。さて、畏れ多いだなんてとんでもない!もっと気軽にメッセージを下さいね(笑)「ソフィーの選択」……厳しいけれど、本当に美しくて悲しい物語……この作品の最大の特徴は、何れのシーンも余韻があること。特にラスト・シーンはその最たるもので、あのラストでこの映画の真価が決まったと言っても過言ではありませんね。原作者のスタイロンに「女優の演技で映画時史上最良」と言わしめたメリル・ストリープの演技、いつ見ても色褪せる事はありません。実生活の彼女は順風満帆、娘も女優として活躍し出しました。また遊びにいらして下さいね、お待ちしております。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-26 06:14
MERYL FANさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
そう、週末だったのです……本当は猫の日なのですが、最近は人気がないようなので1週間飛ばしました(笑)猫の日、止めちゃおうかな(笑)6月22日は僕等にとって特別な日ですね。一体どんなお祝いしたのでしょうね。いつもいつも大した事は書けませんが、何所を見てもそうであるように「映画解説」や「ストーリー紹介」で終わってしまうことだけは避けたいです。キチンと自分の感想なり意見を入れてみたい……そう思っているのですけど、何しろ大好きな女優のことですからね、意外に書けないものなのですよ(笑)「マンマ・ミーア!」公開まで一ヶ月を切りましたか!スグに観られるMERYL FANさんが羨ましいです。当然、初日でしょう?(笑)感想をお知らせ下さいね。そうだ、記事に使う写真を選んでおかなくては……いい写真あるかな?(笑)所で気温が45度って一体……僕、体温が35度しかないんですけれど……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-06-26 06:21
chouetteさんへ。
おはようございます。ご無沙汰?そうかもしれません(笑)
どうですか、少しはゆっくり出来ましたか?背景のことですけれど、薔薇の色にもよるんですよね……白い薔薇を白いバックで撮るにはそれなりの根気とテクニックがいります。さて、メリル・ストリープの私生活が安定している件ですが、殆どの俳優が撮影中に現実とキャラクターとの境目がなくなってしまい苦労すると聞きました。実際に恋してしまうらしいです(笑)役に没頭すればそうかもしれませんね。メリル・ストリープも「ソフィーの選択」の休憩時間にケヴィン・クラインをウットリ見ていたそうですね。スティンゴ役のピーター・マクニコルが嫉妬するほどだったとか。まぁ、彼女の場合、そこまでしての役作りか!そう思いますけれど。「フランス軍中尉の女」の冒頭はいいですよね……これぞ映画っていう感じ、一気に劇中に引きずり込まれてしまいます「フランス軍中尉の女」「ソフィーの選択」「シルクウッド」……この3本でメリル・ストリープの時代の幕が開いたっていう感じですね。「ジュノ」観終わったら遊びに行かせて戴きます(笑)

ブノワ。