匂いのいい花束。ANNEXE。

自由に言葉を綴っていますか?

e0044929_22314319.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

以前、少し辛口の記事を書きました。
今や一億、総タレント、総表現者……。
ブログの普及で、皆さん、それぞれ気軽に自由に思いのたけを綴っています。
僕も学生の頃は作文なんて大の苦手だったクセに(通信簿には「×」が付いていた!)、
今や、日々、垂れ流し的に記事を書いています(笑)

最近、凄く気になるのが「言葉」について……。
矢張り、世界中の皆さんに読んで戴く以上、正しい日本語を使いたいし、
なるべく誤字脱字は避けたいです。自分で書いて自分で校正しますからね、
その辺はなかなか難しいのですけど……。

同じことを書くのに幾つかの言い表わし方があります。
直接ストレートに書く方法、美辞麗句を並べ立て文章を飾る方法、
婉曲にオブラートに包み、解釈を読者に委ねる方法……。
皆さん、それぞれのやり方でブログ・ライフを謳歌しています。

そこで気になるのが、最近では使えない言葉が非常に増えて来たことです。
「言葉狩り」なる単語もあるくらいピリピリになって気にしている人もいます。
例えば、幾つか例を取ってみると、ある媒体では「旅芸人」と言う言葉が使えないと聞きました。
そうすると、アンゲロプロスの傑作「旅芸人の記録」がマズくなりますね。
それから有名なところでは、先だって発売された山口百恵の「MOMOE PREMIUM」の中に、
「謝肉祭」と言うエキゾチックなシングルの名曲が収録されていません。
(後の「Complete MOMOE PREMIUM」には収録された。)
その理由は、歌詞の中に「ジプシー」と言う単語が入っているからです。
そう、「ジプシー」使ってはいけないそうです……。
だから完全な山口百恵のベストにはならない訳ですね。
山口百恵と言えば、有名なエピソードがあります。
「プレイバック Part 2」の歌詞に「真っ赤なポルシェ」と言う部分があります。
国営のNHKでは商品名等はオン・エア出来ませんから、その部分は「真っ赤な車」になる訳です。
もう失笑するしかありませんね……。

確かにある特定の人々を差別する言葉、
蔑視する言葉、傷付けるような表現はしていけないし、
不快な言葉は極力、控えるべきだと思います。
言葉の問題は非常に微妙でデリケート……ある人にとっては大丈夫な言葉も、
違うある人を深く傷つけてしまうかもしれない……。
知らずに使っていた場合、気付いたら即刻改めなければいけませんね。
自分がされて嫌なことは人様にしない……これ、基本です。
しかし、ピリピリに神経質に「言葉」を狩ることに腐心している人こそ
常にそう言う差別の意識が心の奥底にあるのではないか……そう思ってしまいます。
例えば、映画の不適切な表現、暴力や性表現を取り締まる映倫の検閲もそう。
一時期、非常にゆるくなった性表現、ヘアなど、可成り、検閲が大らかになったのも束の間、
今ではまたまた昔に逆戻り……一体、誰の権威で芸術作品が切り刻まれ、
無残にも修正の手が入るのか……修正ではありませんね、正しくはありませんから改悪かな。
全く顔が見えない人々によって自由なハズの芸術が切り刻まれる……。

表現の自由が謳われて久しいけれど、
こうしてブログに文章を綴っていると不自由なことも多いです。
ついつい自分で規制してしまうんですね。その都度、自分の心の奥底を覗いてみて、
その言葉を使うにあたって一体どう言う積もりでいるのか、
使わなければ上手く表現出来ないのか、本当に必要で適切か、
代わりの言葉はないのか……あれこれ考えてしまいます。
これだって自主規制ですよね。ただ、表現の自由だからと言って、
何でも好き勝手に書き散らしていい訳ではありません。
読んで下さっている方々が不快に感じないこと……。
それが大前提かな……そうも思います。
何事につけ、ある程度の規則や規制があってこその自由なんですが、
本当に難しい部分だと思います。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

そうそう、随分前にテレビで放映された市川崑の傑作「細雪」にこう言うシーンがありました。
冒頭の嵐山のお花見のシーン。前振りがあって全員が席に着くと、三女雪子の見合いの話題になります。

 幸子 「鶴子姉ちゃん、雪子(ゆっこ)ちゃんの縁談の話しやけど……。」
 鶴子 「あぁ、あの話しなぁ……先方の瀬越さんのお母さん
     中風病みやって言う話しやったやろう。それが違うねん、精神病らしねんわ……。」
 幸子 「えぇ〜っ!」
 鶴子 「雪子ちゃんも落胆したやろうけど、そう言う訳や、堪えてぇな。」

大体こんな感じでしたが、この「精神病」の所の音声が消されていました。
無理なく劇中に溶込んでいる言葉が故意に消される……。
却って何て言ったのか想像力を働かせますよね。
思惑とは別にその言葉を意識させてしまう効果があるかもしれない……。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

表現の自由……自由って一体、何でしょうね……。
映画「パピヨン」の中で、死刑囚アンリ・パピヨン・シャリエール(スティーヴ・マックイーン)は、
度重なる失敗の果てに、とうとう大海原に飛び込み脱獄に成功します。
彼が考える「自由」を手に入れた訳です。
それに対して、一緒に収容所島で暮らしていたルイ・ドガ(ダスティン・ホフマン)は
冒険はせずに島に残り、ささやかだけれど畑で野菜などを育てて、
一生、収容所島で慎ましく暮らして行く道を選んだ……。
それぞれの自由、どこに自由を見出すのか……非常に難しい問題です。



どうですか、皆さんは自由に言葉を綴っていますか?


草々

2008年7月12日


ブノワ。


[Theodoros Angelopoulos (1935~ )]
[O Thiasos/旅芸人の記録 (1975)]
[山口百恵/Momoe Yamaguchi (1959~ )]
[謝肉祭 (1980)]
[プレイバック Part 2(1978)]
[市川崑/Kon Ichikawa (1915~2008)]
[細雪 (1983) 東宝製作]
[Papillon/パピヨン (1973)]
[Steve McQueen (1930~1980)]
[Dustin Hoffman (1937~ )]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-07-12 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(24)
Commented by ひさ子 at 2008-07-12 01:34 x
ブノワ。様、こんばんは。

「ロマ」等に代表される“言い換え”や
表現への過剰反応は時として阿呆らしいものですね。
確かに“規制”した方が良いと個人的に思うものもありますけれど…。

表現の自由についてですが…私の知人に関する件で思う事が。
その方は欲望、願望、性、生理現象まで全てブログでぶちまけておられます。
“そんな自分を肯定されたい”という欲求からなのでしょうが、
どうやらブノワ。様が仰られる様な事は考えておられなさそうです。
ブログに何を書こうとその方の自由なのですが…時々考え込んでしまいます。
コメントが半強制(その方が半狂乱になるので)で、困っています。

どれだけ“発信する相手”に対してデリカシーを持てるか、
…とても難しいですね。しかも不特定多数、顔が見えない……。
自分の事に置き換えた時、どれだけ繊細になれるかの試金石なのかも、と
いささか反省をしたりも致しました。

言葉は暴力…なんて書いちゃうとどこかの新聞の広告みたいですが、
あながち間違いでもないかしら、等と思ったりしております。
(とっている新聞は違いますけどね(笑))
Commented by やまももの木の上で at 2008-07-12 11:33 x
ブノワ。さん、こんにちは!

「パピヨン」が出てきてびっくり!しました。
あの映画は大好きでしたので、ブノワ。さんから話題が出てすごく嬉しかったです。

 禁止用語などは、注意深くしていないと何気無く使ってしまう無知があったりします。
作家など堂々と使ったりしている場合もありますよね・・・
それに、古い本などはそんなに制約が無かった所為か純文学にも(谷崎も例外ではありません・・・)たくさん出てくる事が結構あります。
 私もつい最近クローゼットにしまっていた本を出して読み返した時に「土人」っていう言葉を作者が使っているので驚きました。
その作家はその作品の本文中に自称、差別主義者ではないと言っておられますが時代も随分変わったという事ですね。
Commented by baroncia at 2008-07-12 17:46
言の葉を使うのは、本当に難しい
そう良く思います。

何気なく書いた一言でも、読解力によって
どうにでも解釈することができたりもするし
差別用語であるか否かも、誰が決めるんでしょう・・・。

昔、モロッコの人に
 「 僕は黄色の肌の人は親切だから好きだ 」
と言われたことがありますが
黄色の肌・・・という言葉にちょっとムッとしたことがあります。
何故なら、モロッコ人、イタリア人より
私の方が色が断然白かったから! 爆
でも、冷静に考えてみれば黄色人種と区分けされているので
彼が正しいんですけどね 笑

言葉に軽蔑や差別のニュアンスがあるかどうか
その差なのでしょうが
ジプシーという言葉はいけないのですか?
ぴったりあっていると思いますが・・・
ロマ民族、なんて言っても、イメージがわきません。
Commented by ぱお吉 at 2008-07-12 21:31 x
こんばんわ。
う~ん・・・難しい・・。
ま、あたしゃ「当たり障りの無い」庭のお花の事書いてるだけなので・・・
気を付けていることは「お説教臭いことを書かない」ってことです。
でも、歳のせいか滲みでてしまっているかも?

昔の書籍や映画の内容まで「文字」を伏せたり「ピー」入れたり・・・
意味の無いことだと思います。
Commented by たろう at 2008-07-13 08:34 x
ブノワ。さん、おっしゃること、みんな、うなずけます。
書くことは、私にとっても、とても、大事なことです。
記事を読ませていただいて、あまりのことに、仰天すること、たくさん、ありました。

「言葉の問題は非常に微妙でデリケート」。。。
ほんとうに、そうですね。
実際に会っていれば、言葉を使わなくても、気持ちを、伝える方法はあるでしょう。
でも、多くの場合、言葉が、その人の想いを伝えるし、「とても、あいたい」ということだけ言いたかったのに、それを、うまく伝えられなくて、絶望してしまうこともあります。
水村美苗さんが、「本格小説」で言っている「至福と煉獄」の世界、言葉は、その二つをつなぐ、ジェット・コースターなのかもしれません。

いつの間にか、恋愛論になってしまいました(笑)。
でも、「煉獄」にいたって、一生懸命、生きなくては。
「本格小説」のたろうくんだって、絶望の中で、自分を投げずに、生きぬいたではないですか。

昨日の夕方の突風、お庭の薔薇は、大丈夫でしたか?

ブノワ。さんのブログに投稿している、たろうより。
(ちょっと、混乱しますね)(笑)
Commented by Coucou at 2008-07-13 11:51 x
ブノワ。さま、こんにちは。
言葉には気をつけているつもりのワタクシ、思わぬトコロで人を傷つけている、いえ、瞬殺(!)、場を凍らせてしまうことがありましたっけ(苦笑)
悪気はなくて・・・などと誤解を解けたらよいのですが、「悪気がなくてその言葉が出ること自体、性質が悪い」!言葉はコワイ。でもね、闇雲に臆病になって言葉を飲み込み、伝えようともしないのはもっと性質が悪い、と思い、受け取る相手のことを考えて発信するようにしています。
以前メールで「・・・思う」と書いてきた人が、「ごめんなさい、今のは“想う”にして」と再メールしてきたことがあります、優しい人です。・・・話がちょっとずれました。ブノワ。さまは、真に優しい人ですね、文章で伝わりますわ。
Commented by gastronomique at 2008-07-13 12:50
ブノワ。さんへ
こんにちは。言葉かぁ・・・僕はあまり考えていません。
でも何と言うか、常識の範囲?暗黙の領海?漢字あってる?(笑)そんな中でやっている気がします。
でも言葉や世間をあまり知らないからこうやってあまり考えず書けるのかも知れませんねぇ。無知はコワいけれど、言葉を知らないんです。普通の表現しかできない僕がその辺に触れる事はあまりないんじゃないでしょうか。と勝手に思っています。何かから引用したりする事もできなければ、色々な言葉の言い回しも知りませんから。
最近ね、政治や芸能人でよくあるじゃないですか!レベルのとても低い問題発言(笑)中には考えさせられるものもあるけれど、ひっくり返っても同じ様な事はいいませんよね。
なるべく誤解は産まないようにした方が良いでしょうしねぇ。
難しいですけど、僕は自由にやっています。
あ、でも内容が無いようですからね(爆)僕のは簡単な訳です(笑)
だって書いている文章のレベルが違うんですもの(笑)

やす
Commented by gyu at 2008-07-13 17:18 x
このお写真の手紙、なんて美しい筆跡なんでしょうね!
”Oui, mon ami" で始まるお手紙なんて受け取ってみたい・・・!

ところで日本語の新たな禁止語句、ふぅ・・・ ため息が出ちゃいます。
確かにジプシーという言葉には、差別的・侮辱的な意味が含まれているのは確かです。でもオペラにも「ジプシー男爵」なんて言うのもあるし、スペイン語ではgitano(ヒターノ)と呼ばれていて、誰も「ロマ民族」とは呼ばないだろうなぁ・・・ それにromanoとは、ローマ人のことですものね。

「ピリピリに神経質に「言葉」を狩ることに腐心している人こそ
常にそう言う差別の意識が心の奥底にあるのではないか」 この意見、全く同感です。 知らなくて使った、と言っても、以前は普通に使われていたのですから。学校の教科書にだって載っていたのですものね。
また、気がついたらやんわりと注意をしてほしいです。とても皮肉な口調で責めるようにおっしゃる方もいるので。
Commented by ムー at 2008-07-13 18:29 x
そういえばこの国って、いつの間にかヒステリックで窮屈ですよね。
TVを見なくなったのは多分そのせいです。
だって恐い顔して自分が正義!みたいに怒っているニュースショーとか
数秒おきに馬鹿笑いしてるお笑い系とか、正気の沙汰か、と思います。

言葉狩りもそうですし、~ハラスメントと騒ぐのも出所は同じなんじゃないかと・・・。
被害者意識が強すぎる人達って何だか恐いです。

言葉は丁寧で美しくありたいと思いますが、
如才ないだけの空虚さや、馬鹿丁寧な回りくどさが良いとも思えません。
禁止用語を意識するあまり文章にコクが無くなったら文化は育ちませんよね。
ユーモアやウイットというのは高度な文化だし、
その文章を読めば誰が書いたかわかるようなのが私は好きです。

ブノワ。さんのブログが好きなのもそういうわけ!デス。



Commented by ダヴィデ at 2008-07-14 14:40 x
自由に言葉を使ってるか・・・むぅ~使ってるような使ってないような・・・でも言葉ってすごく大切だと思います。それが会話であっても手紙であっても、メールであっても・・・ベストは、やはり会話だと思いますが。山口百恵の「真っ赤な車」は当時中学生だった僕には、すごくセンセーショナルな出来事だったことは、今でもはっきり覚えています。ありましたよね~以前はいろいろと、言葉の壁が・・・。
Commented by mchouette at 2008-07-14 15:45
ブノワ。さん
「ジプシー」も差別用語らしいですね。
絵本の「ちびくろサンボ」も差別だといわれ廃刊になったり…。
揶揄して使ったりは勿論いけないけれど、長年使ってきた言葉とその語感から想起させられるイメージとかもあるし、知らずに使っている場合もあるし、

ただ思うのは、差別用語だからといって、使用禁止にするんではなくって、その言葉が使われた背景を逆にもっと公表していかないと本当に思いやりのある言葉って定着していかないと思う。

そんな言葉って大概は民族差別の歴史が背景にある。
そこまできちんと、とくに教育現場で教えていかないといけないんではないかなって思う。
「使ってはいけない」ってこと自体が、差別になっているということもある。

言葉だけの問題ではないと思うの。
Commented by あっちゃん at 2008-07-15 08:14 x
おはようございます。

ずいぶん長いことこの記事を眺めていました。
「自由に言葉を綴る」
感情のままに書き散らすのとは違いますよね。
でも、書いていると知らず知らずのうちに感情が・・・。
論文や報告書を書くのとは違って、自分の思うことを自分の思う言葉で書く。
大仰にならないように。
下品にならないように。
不快にならないように。
・・・だけど自分の表したいこと、残しておきたいことは書く。

心無い反応に「誰も読みに来てくれなんて頼んでねぇしぃ・・・」なんて思ってしまったこともありますけれど(笑)。
こうしてブログに書いて公開している以上は自分だけのものではなくて・・・。
やっぱりそういうことも含めて「自由に言葉を綴る」ということは難しいけど。


でも好きです ^ ^
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 20:10
ひさ子さんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます、
返事がスッカリ遅くなってしまいました、ゴメンなさいね。
僕が「ロマ」を知ったのはつい最近のこと、ギプシーに関しては謂れなどが諸々言われていますね。間違って使っていたのならば改めなければいけないのでしょうけれど、その言葉には、既にその言葉が使われて来た歴史や、今となっては消し去ることの出来ない「文化」が出来上がっていることも多々ありますよね。「Gypsy Boy」なる薔薇もあるくらいです。僕はこれからロマまではなくてジプシーを使って行くと思います。
知り合いの方のブログ、辛いですね……イヤならば読まなければいいのですが、コメントを強要されていたのでは地獄ですね。お察しします。色々と考えると何も書けなくなってしまいます。精々、品格を失わず、ユーモアも添えて綴って行ければと思っています。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 20:17
やまももの木の上でさんへ。
こんばんは。毎日〜暑いですね、お元気ですか?
返事が遅くなってしまいました。本当にゴメンなさい。
「パピヨン」はいいですよね、実話なんですよね、ビックリしてしまいます。僕はパピヨンを崖の上から見送るルイ・ドガの選択も嫌いではありません。あれはあれである意味、自由の形ですもんね。「土人」ですけれど、僕はわざわざ断り書きしない方が自然なのに……そう思ってしまいます。読めばその人の意図するところが分かる……そう思いませんか?禁止するのではなくて、その言葉が使われて来た背景をキチンと教えれば、自然と使わなくなるのではないか……そう思います。勿論、常識人はって言うことですけれど……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 20:25
baronciaさんへ。
こんばんは。いつもメッセージをありがとうございます。
最近絶好調ですね、ブログ!毎日〜楽しみにしております。
さて、新聞社、テレビ局、出版社……禁止されている言葉は各媒体によっても違うようです。テレビの生放送なんかでも、後からテロップやお詫びのメッセージが入るじゃないですか。そんな時、改めて「あぁ、使っちゃいけないんだ……」そう思います。大手メディアには差別用語、禁止用語を決める部署が各々あるみたいですよ。正に探し歩いているっていう感じですよね(苦笑)黄色人種ですか……学術的にはそうなのかな?でも矢張り、余り気分のいい言葉ではありませんね。白人至上主義みたいなものを感じます。僕等が卑屈になるからいけないのかもしれません。「白人?何それ!」くらいの気持ちを持ってもいいのかもしれませんね(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 20:29
ぱお吉さんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
返事が遅くなってゴメンなさいね。チョッとバタバタ、薔薇疲れもあります(笑)
さて、説教臭くないこと……僕も反省しなければいけませんね(笑)バリバリ説教臭いですもんね(大爆笑)よくテレビで放映される映画の酒場のシーンでビールのラベルにボカシが入るじゃないですか。あれって失笑ものだけれど、スポンサーのことを考えると仕方ないのでしょうね。人ってそんなにバカじゃないです。自分の中にある基準に照らして言葉を綴ればいい……僕はそ思います。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 20:39
たろうさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
チョッとバタバタしていて返事がスッカリ遅くなってしまいました……ゴメンなさいね。
ぱお吉さんにも書きましたが、人ってそんなに愚かじゃないと思うんです。「バカチョンカメラ」って言う言葉がありましたよね。ありましたよねって書いたのは、今となっては死語同然だから。「バカでもチョンでも」厳しい言葉ですよね。ある日、そのことに思い当たってからは使えなくなりました。各人の判断、僕はそれでいいんだと思います。水村美苗さんの「本格小説」……存じ上げませんが、至福と煉獄……正に紙一重ですね。もうそこまで行ったら諦めて流れに身を委ねるしかありませんね……至福を味わう自分、煉獄を楽しむ自分が遥か頭上にいるのですから始末におえません。煉獄……心の底から楽しみましょう(笑)「本格小説」のたろうくん、自分を投げずに生き抜いたのは、どこか離れて自分を楽しむ自分がいたからなんでしょうねぇ……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 20:44
Coucouさんへ。
こんばんは。お元気ですか?毎日、暑いですね。
メッセージを戴いておきながら返事がスッカリ遅くなってしまいました、ゴメンなさい。
さて、瞬殺?分かります(笑)場を凍らせてしまう事がありましたっけ……って!卒業なさったのですね?(笑)開き直るのはあまり感心したことではないかもしれませんが、どうせ人類全ての人に自分を理解してもらうことは不可能、大丈夫、Coucouさんの言葉をキチンと理解している人が沢山いるから。僕は一番最初からCoucouさんのこと、ある程度は分かっていた積もりです(?)どんどん言葉を発しましょうね。こうしてズラズラ書いていると人間性がバレるんですかね、気を付けなければ……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 21:01
やすさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
返事が遅くなっちゃった、ゴメンなさいね。
で、漢字ですけど、間違っていますよ(笑)暗黙の了解です。面白いのは、文章ってどんなに背伸びしてみてもバレちゃうんですね。辞書を引き引き書いたって内容が伴わないし、インターネットで調べてみても、自分の中に元になるものがない訳ですからお里が知れちゃう。等身大の自分を自分の言葉で綴ればいいんですよ。人は成長します、必死に勉強をするんじゃなくて、日々の生活の中で失敗をし、学び、賢くなって行く……チョッと背伸びをするのは可愛らしいですけれどね(笑)今のやすさんでいいんだと思います。レベルがどうとか内容がないなんて言わないこと。人それぞれ得意分野があるし、何か一つに秀でていればいいじゃないですか。だから早くアイスクリーム送りなさい(笑)まぁ、冗談は抜きにして、アンテナは張っていないとダメですね。ささやかな自主規制……それは必要だと思います。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 21:10
gyuさんへ。
こんばんは。いつも本当にありがとうございます。どうですか、毎日、泳いでいますか?
返事が遅くなって本当にゴメンなさいね。
泳ぐと言えば、随分前でしたが、さるプールのポスターに使われた写真、グラマーな女性がビキニを着て四つん這いに近いポーズでニッコリ……丁度、股間から水滴がツぅ〜っと……もう喧々囂々、女性団体が大変だったんですよ。勿論、ポスターは回収、何やらヒステリックな抗議の論調にげんなりした覚えがあります。粗を探すような視線、揚げ足を取るように言葉を捉える感覚に慣れません……。もっと自然に綴って行きたいです。薔薇の言葉で「Blind」と言う言葉があります。花芽が付かない枝先のことを言うのですが、僕はどうしてもこの言葉に慣れなくて……でも、普通に使われる言葉なんですよ。日本語に訳すと二通りありますよね。片方は良くて(多分)もう片方は侮蔑的……これまた不思議な感じがします。所で、gyuさんお宅の薔薇、どうなりましたか?

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 21:20
ムーさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
この暑いのにチョッとバタバタ、返事が遅くなってゴメンなさいね。
ムーさんもテレビをあまり見ない……僕と同じですね。あのおバカ加減にはどうにもこうにも(可成りわざとらしいし……。)こっちまでバカが伝染しそうです。反対に、頭のいい人達のクイズ番組あるじゃないですか。あれは面白いですね。矢張り、頭がスマートな方が格好いいです。お笑い系は全くダメなんです。面白くないしね……吉本とジャニーズ……この2つがブラウン管を占める割合を考えるとコワくなりますね。ハラスメント……憧れの先輩に肩を叩かれると嬉しくて、イヤなヒヒ爺の上司に肩を叩かれるとセクハラ……一体、何じゃそれ?裸同然の格好していながら、ジィ〜ッと見られたからセクハラ?だって見せたいからそう言う破廉恥な格好しているんじゃないの?この件に関しては記事を上下編で一つ書きたいくらいです(笑)兎に角、言葉って受け手によって様々に変わりますから十把一絡げに考えを押し付けるのは如何なものかと思います。矢張り、人柄は出ますよね……お里が知れないようにしなくっちゃ!(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 21:25
ダヴィデさんへ。
こんばんは。お忙しいみたいですが元気にしていますか?
言葉って本当に難しいですね。電話だって顔が見えないから難儀なのに、ましてやメールや手紙と来た日にゃぁ、余程の文才がないと思うことが伝わらないんじゃないかしら……。だから長くなるんです、僕のブログ(笑)「真っ赤な車」……仰天でしたよね(笑)あの名作をやってくれますよね、NHK!「クレパス」とかもダメなんじゃないですか?「謝肉祭」が入らないベストってどう思います?何とかが入らない珈琲みたいじゃないですか(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 21:37
chouetteさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
返事が遅くなりました、週末はチョッと内職(笑)たまには真面目になる事もあるのです。
chouetteさんは映画がお好きですからお分かりだと思いますが、テレビみたいにスイッチを入れれば誰でも見ることが出来る媒体と違って、観たいと思ってお金を払って劇場に足を運ぶ映画は可成り「検閲」が緩い訳です。「美しき諍い女」なんて、まるでヘア目当てみたいでイヤでしたねぇ……日本の程度って言うと自虐的で好きではないけれど、「ユマニテ」ってご覧になりましたか?性描写バンバン(勿論、ニセですが……)ヘアは画面に大写しになるし大変な騒ぎでしたね(笑)男性の場合、ボカしが入るか入らないか……どこに一線引いていると思いますか?この上品なブログでは書けません(笑)chouetteさんが仰言るように、頭ごなしに禁止するのではなくて、その時代背景や歴史を教えないといけませんね。言葉って長年培って出来るものですものね。今風のおバカな短縮言葉や若者言葉とは違うんです。あんなものはどうせスグに消えていくもの……残った言葉は大事にしたいです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-15 21:46
あっちゃんさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
その後、お加減如何ですか?このところ、本当に暑いですもんね。無理しちゃダメですよ!
さて、長いこと眺めて下さったとか……誤字脱字はありませんでしたか?文法の間違いは?あっちゃんさんが言うところの感情……凄く良く分かります。僕はプロではないからとか、これは私的なブログだからって言う言い訳はきかないでしょうね……世界中の人が見られるブログだからこそ、キチンと自分の中で決め事をして書いて行きたいです。あっちゃんが言う「下品にならないように」……僕が一番注意している点です。そして、ユーモアを忘れずに楽しいサロンに……なればいいかな。所で、記事よりもメッセージのやり取りの方が面白いし、地が出てしまいますね(笑)そこには殆ど素の自分がいます。イヤなメッセージ入りますか?たまにいますよね、何回読んでも意味不明な人……そう言う人に限って長いの(笑)あっちゃんさんの文章、その時々の等身大のあっちゃんさんが出ていて素敵です。僕みたいに取り繕っていませんものね……。

ブノワ。