匂いのいい花束。ANNEXE。

天の邪鬼右衛門でござる。

e0044929_8555488.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

拙者、名前を天の邪鬼右衛門と申す……。

聞いての通り、一見、天の邪鬼なのでござるが、
実は心優しき実像を奥床しいが故に色々な物でカモフラージュしているのでござる。
照れ隠しをしたいが故に様々なもので武装しているのです。

兎に角、人さまと同じ事をするのは絶対に困るのでござる。
流行ものクソ食らえ、少しでも人と違う事をするのをモットウにしております。
そんな拙者、檜の風呂に「皮肉」と言う名のピリリとした入浴剤をタップリ入れ湯浴み。
先祖代々伝わる「我儘」と言う名の羽織りと「身勝手」と言う名の袴を身につけ、
「毒舌」と言う名の銘刀を腰に差しているのでござりまするぅ。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕を表すキーワードは「我儘」「皮肉屋」「毒舌」「身勝手」「偏屈」……。
ここで僕をよく知る友人は大きく大きく頷いていると思いますが(放っとけ!)、
誰っ?!もう一つ「威丈高」を付け加えろって言っているのは(笑)
一般にマイナスの要因ばかり並んでいるので、一体、どんなイヤな奴……。
そう思うでしょうが、実は、マイナスとマイナスをかけるとプラスになるように(笑)
きっとマイナスの羅列がいい方に作用した……そう思いたいです(笑)

「偏屈」と言えば、僕のことを可愛がってくれている女優Sさん、
まだ携帯電話がない頃に用事があって僕の家の電話に電話して来ました。
留守の僕に代わって電話口に出たのは母、
何と、僕の留守中に女性二人で僕のことを肴にペラペラペラペラ……。
小一時間も話が弾んだそうなんですが、母の手前、手放しで僕のことを誉めていた女優さん、
ついポロリと「○○ちゃんも偏屈だから……。」と、やっちゃったそう(笑)

後で母曰く、

 「お前、お前が変り者で偏屈なのはお母さんが一番知っているけど、
  改めて人さまに言われるとムッとするわねぇ……。
  その性格どうにかならないの?」……ですと(笑)

どうにかならないの?って言われてもねぇ……。
まぁ、何れにせよ失礼な話ですよね。肴になったのは僕なんですから(笑)
自分の偏屈は母や友人なんかより自分が一番知っているのだけれど、
その偏屈に皮肉や毒舌、身勝手、我儘、自己愛……。
諸々のシーズニングやスパイスで味付けをして
こんなに素晴らしい僕が出来ているんですもん(笑)
「おい!結局、自画自賛かよ!」と、突っ込まないで下さいね(笑)
そりゃぁ、素直な性格に越したことはないんですが、
世の中素直な人ばかりじゃ詰まらないじゃないですか。
色々と彩りがあってこそ、また、ピリリと薬味が利いてこそ世の中は楽しいのですから。
今更ねぇ……変われませんよね。三つ子の魂、百までって言いますもんね(笑)
いいんです、このままで。十分、素敵なんですから!

写真はその偏屈で天の邪鬼な僕が作ったオリジナルの薔薇。
変わった性格の僕が作ったからと言って美しさは格別です。
ガリカの薔薇とモダンの銘花を親に持つこの薔薇は一季咲き、
性格はガリカそのもの。中輪で物凄く甘い匂いがします。
別に人を食う訳ではないし、何やら変な匂いがする訳でもありません(笑)


草々

2008年7月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-07-20 00:00 | 向き向きの花束。