匂いのいい花束。ANNEXE。

分け隔てなく。

e0044929_2031969.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

少し前の事になるけれど、鬱陶しい梅雨空の月曜日、
そう、七夕の日に親しくして戴いている女優Xさんの誕生パーティーにお招き戴いた。
ごくごく内輪の集まりだそうなので、デニムTシャツブーツの、
いつものお決まりの気軽な格好で出掛けた。
場所は南青山、ひっそりとした界隈にあるカフェ、
地下に広がる本が沢山の居心地のいいスペースにたちまちリラックスしてしまう。

既にご夫婦で先にいらしていたXさんと暫し歓談、
Xさんは本当によく笑う人で、まるで鈴が鳴るような軽やかな声は、
梅雨のジメジメを吹き飛ばしてしまうかのようだ。
傍らには最愛の旦那さまと、お2人に絶大な信頼を寄せベッタリのワンちゃん、
丸々と太った様はどれだけ愛情を掛けられているかが分かろうと言うものです。

三々五々、集まって来る招待客……。
親しくして貰っている雑誌の編集長のYさん、その外にも画家の男性、
長年住んでいたフランスから帰国したばかりのマダム、
あと、驚いたのは、名前を聞けば誰でも知っている高名なカメラマンのZさんが
ご夫婦でいらしていたこと……チョッとビックリ、名前を聞きサッと緊張が走る僕。
だって、昔から尊敬していますからね。

Xさんらしいのは、普段お世話になっているカフェのスタッフを、
全員、お客様として持て成すところ。労いの意味も込めた誕生会だったのです。
勿論、彼らは料理やワインをサーブしなければならないので、
ズゥ〜っと着席している訳には行かないのだけれど、
誰、別け隔てない接し方は見ていて気持ちのいいものです。

別け隔てがないと言えば、その晩、集まったお客さんの年令も仕事もバラバラ、
女優のXさんやカメラマンのZさんみたいに有名な方も僕みたいなペーペーも、
会話を楽しく出来たのは、彼らの誰別け隔てなく人に接する態度、
無名だから、若いからと言ってバカにせず、話に耳を傾ける気持ちがそうさせたのでしょう。
そう言う態度で接して貰えると僕等も一生懸命話すし、
話にも熱が入ろうと言うもの……その代わり、話しているこちらの目をジィ〜っと見て、
人間を観察するところは皆、一緒です。
いい加減さや偽り、全て見抜かれるような感じがします。
ある意味、厳しいですよね。人間を見られますから(笑)

人間を性別や年令、職業で判断しないしなやかさが
成功を生む秘訣なのかもなのかもしれません。
素晴らしい手料理の数々、絶品のカルボナーラやロースト・ビーフに舌鼓を打ち、
誕生ケーキとシャンパンで締めとなりました。
e0044929_20323629.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真はXさんと旦那さまが薔薇の頃に我家に遊びにいらした時に、
わざわざ焼いて来て下さったロースト・ビーフ。
山葵、マッシュルームとインゲン、クレソンを添え、煮きり醤油で戴きます。
今まで食べたどのレストランのロースト・ビーフよりも美味……。
こんな素晴らしい一品を自分で作れるだなんて!
大胆にカットされた肉厚のロースト・ビーフ……正に男の料理!

鬱陶しい梅雨の一時、久しぶりに心地よい酔いを経験しました。


草々

2008年7月28日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-07-28 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(6)
Commented by ダヴィデ at 2008-07-28 12:33 x
ジュシィーなローストビーフですね~~~旨そう・・・そして、素敵なメンバーです。羨ましい・・・。一線でご活躍されている方との出会いは、また刺激を受ける事と思います。プラスこんなに旨そうなローストビーフそして、カルボナーラ・・・カルボナーラ大好きです(笑)自分でも作りますが・・・(爆)よい夜でしたね。それにしても、ローストビーフ食べたい・・・
Commented by ムー at 2008-07-28 23:06 x
ローストビーフってやつは
大きなかたまりじゃないとこのようには焼けないし、
上等の肉じゃないとせっかくの苦労が水の泡だし、
何より一人分焼くなんてできないから、めったに家では食べない料理です。
かといって「今夜はローストビーフ食べに行こう!」ってことも無い。
家でも外でも案外食べる機会がない美味しい料理の一つだなーと思いました。。
お醤油で食べるなら御飯を包んであぐっといくのもいいなー、
翌日の昼はトーストしたパンの真ん中をスライスしてバターを放り込み溶けたころあいで厚切りのこれとクレソンを挟んで、ジンジャエールで食べるなんていうのもいいなー。

ブノワ。さんは幸せ者ですね、親しい人達と和気藹々とローストビーフを囲んでの夕食、それも焼いてきてもらって美味しい思いをしたなんて!
つまり人徳?
く~~っ羨ましい。






Commented by raindropsonroses at 2008-07-31 19:18
ダヴィデさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとう。
ロースト・ビーフは色々な所の物を食べてみましたが、この手作りロースト・ビーフに勝るものはありませんでした。何だかまた食べたくなって来ちゃった(笑)僕はカルボナーラは作りません。ボールに残るソースが勿体ない(笑)変な所がケチです。僕は色々な方とお近付きになれて幸せ者だと思います。刺激!本当、刺激バンバンでした(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-31 19:24
ムーさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
本当そうなんですよね……一人前が簡単に美味しく焼けたら僕も作ってみたいです(笑)仰言る通り、食べに行く機会もなかなかないですね。作り方をお聞きすると簡単そうに聞こえるんですが、きっと僕には無理でしょう……。面白いことに、クレソンとは本当によく合いますね。クレソンの苦みって貴重だと思います。僕はクレソンとレモンのパスタとかを作りますし、クレソンだけ3把くらい買って来てレモンとオリーブオイル、塩だけで食べたりします。
人徳……ですかね。皆、僕のことを可哀想だと思ってくれているんじゃありませんか?(笑)勿論、目上の方からして貰ったことは出来る限りの感謝の気持ちでお応えしますが、僕は同じことを年下の子達にしてあげる事にしているんです……いい連鎖になると思いませんか?

ブノワ。
Commented by sissi at 2008-08-11 22:15 x
ブノワ。さん、こんばんは。
よかった、もう過去ログにコメントもしてはいけないのかしら、なんて思っていたのです。
恐る恐るコメント欄をクリックしてみると…、開くわ、でも、いいのかな、そんな思いでした。
今日読んだブノワ。さんのお言葉に安心して、まずは、この、美味しそうなお肉の画像が気になって、心残りだった回に、コメントさせてくださいね。

素敵なひとときでいらしたのですね。
と言いながら、レアなお肉に目のない私は、山葵、そうそう、ホースラディッシュより、やっぱり山葵に煮切り醤油だわ♪なんて、ひとり悦にいっていました(笑)

ブノワ。さんの過去ログに、こうして、こっそり?話しかけるのも、いいですね。
読み返すと、違う感想や思いが出てくるかもしれません。
Commented by raindropsonroses at 2008-08-17 09:24
sissiさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
チョッと順番は逆ですが、こちらに先にお返事です。
過去の記事……僕の宝物です。じゃんじゃんメッセージをお寄せ下さいね(笑)この夜は本当に素敵な一時でした。美味しい食べ物は人を饒舌にしますね。皆さん本当にいい顔をしていました。一応、洋食と言われているものに日本の薬味や調味料を使うと、また違った発見があって面白いですね。僕もロースト・ビーフには山葵と煮きり醤油です。肉の甘みが増していいです。
僕自身もお休み宣言をしてから昔の記事を読み返しています。誤字脱字もありますが、良く書けているものも的外れなものも……総て僕の一部です、愛着があります。何か気になったらメッセージを下さい。時事性のない僕の記事(笑)それも可能です。まだまだ暑いです、ロイちゃんも大変でしょうけど、お2人ともお元気で!

ブノワ。