匂いのいい花束。ANNEXE。

イリスの庭……パリの片隅の秘密の花園。

e0044929_18361375.jpg

拝啓……Rさん。

こんにちは。
先日はお手紙をありがとうございました。
今のこのメール全盛の世の中、矢張り、便箋にペンで書かれた物っていいですね。
久し振りにホッとすると同時に、自分でもまた手紙を書こうかと思い始めました。

さて、ズゥ〜と以前からお話ししていた「イリスの庭」を送りますね。
お渡ししようと出しておいたのにすっかり失念(笑)
最近、歳のせいか何だか忘れっぽくていけませんね。
お話を伺った限りでは、確か、この本を参考に庭と作りたいとか。
誰でしたっけ、お宅の社長さんでしたっけ?
因に申し添えておきますと、この「イリスの庭」に出て来る植物、
殆どが日陰〜半日陰の物ばかりですけど大丈夫ですか?
かんかん照り&高温多湿の日本では難しいですよ。

この本に出て来る庭はフランスはパリの庭付き一軒屋のものです。
持ち主はカメラマンの、Iris L. Sullivan・イリス・L・シュリヴァンです。
パリ市内では庭付きの一軒家って言うのは珍しいですから、
中心から少し離れた16区、19区辺りかもしれませんね。
四季折々のイリスの写真がメインで、その合間を、イリスと友達の
上野真梨子さんとイリスの往復書簡が彩りを添えています。
先ず、素晴しいのは、イリスの写真です。殆どが半日陰で撮影されていて
造形家でもあるイリスの感覚で植栽された庭、実際に使っている道具、
収穫された果物や花、手料理の数々が自らの手で撮影されています。

僕もこの本が大のお気に入りで、写真の撮り方も参考になりますが、
実際に、薔薇を買う時に随分と参考にさせて貰いました。
イリスは、庭に新しく植える薔薇やアイリスを選ぶ時、
苗木屋から実際に薔薇やアイリスを取り寄せ部屋に飾って品種選びをします。
僕が実際にこの本を見て買った薔薇は、「President de Seze」
「New Dawn」「Bloomfield Abundance」などなど……。
どうやら、白い花が好きなイリスの趣味で選ばれた花々、
その他、庭で収穫される、葡萄、いちじく、苺、ズッキーニ……。
自然の恵みと、それらを取り入れて出来る素晴しい写真の数々。
キツい色合いは嫌いみたいですが、庭に実ったイチジク、苺、葡萄などの
実りの色を上手くアクセント(差し色)に使っています。

上の大きな写真は「President de Seze」です。
直立性のお行儀のいい樹形、棘は細かく繊毛のようで殆ど気になりません。
強烈なオールドローズの匂いがあり、花は開花と同時に縁が白っぽく退色します。
これが、この花に立体感を与える役割をしています。
e0044929_1833386.jpg
左の写真は「New Dawn」、ツル薔薇の代表ですね。
匂いも良く、小さいながら照り葉にペール・ピンクの取り合わせが美しいです。
枝には強い棘がありますが、これはツル薔薇ですからね、仕方ありません。
開花は他の薔薇に較べて少し遅め。他の花が一段落してから咲く感じでしょうか。
フランスの庭園や公園などでも、壁に這わせたり、
スタンダードに仕立てたりして重宝されています。
不思議な物で、この花は一目見て名前が分かります。
矢張り、長年愛培されている薔薇ってそう言う物なのでしょうか。
e0044929_18333970.jpg
もう一枚は、イリスの庭にもあって、天高く2階のベランダまで這い上がって
程よい日陰を作り出している「Toby Tristam」。
欧米の花壇や庭園で重宝されているこの薔薇は
アーチやフェンスに誘引すると非常に壮大で華麗な様相を呈します。
フレッシュなフルーツの匂い、蕾の小さなピンク色がアクセントで可愛らしいです。
花は春先に一度しか咲きませんが、秋には真っ赤な実が房になって付きます。

どうですか、イリスの庭、再現出来そうですか?(笑)



敬具


2005年9月14日

ブノワ。

[Le Jardin d'Iris/イリスの庭 イリス・L・シュリヴァン著 碓井洋子訳]
[President de Seze (G) 1836]
[New Dawn (Cl) Dreer, 1930]
[Toby Tristam (R) Hiller, circa 1970]
[Bloomfield Abundance (Ch) Thomas, 1920]

★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-09-14 00:00 | 書架の片隅。