匂いのいい花束。ANNEXE。

私の永遠の女神……ソフィア・ローレン。

e0044929_14314089.jpg

拝啓……M・Mさん、お久し振りですね。

先日は絵葉書をありがとう!絵葉書なんてちょっとビックリしてしまいました。
今日は僕達が愛してやまないソフィア・ローレンの誕生日ですね。
僕が小学校の時、街角に貼ってあった「アラベスク」のポスターを見て
母に聞いたんです。「お母さん、あの人は何て言う名前なの?」って。
母は「お前、あれはね、ソファイア・ローレンって言うんだよ」……。
ですから、僕の ”ソファイア・ローレン” ファンは筋金入りなんです(笑)
当時、小学生の僕にとって、ソフィア・ローレンは強烈でした。
大きな口、大きな鼻、鋭い目……胸も身長も全て大きかったんですから……。

グラマー女優全盛の50年代後半、ソフィア・ローレンはハリウッド入りしました。
当時は、世界各国から女優がハリウッドに輸入されていた時代です。
アッと言う間にスター女優の仲間入りし、当時の有名男優殆どと共演。
今は死語になりましたが「国際女優」と言う言葉は、まさに彼女のためにあります。
ソフィア・ローレンが他の輸入された女優と違うのは、
母国のイタリアとハリウッドの両方で活動し、しかも、両国で大スターだった事。
これもまた死語ですが、1960年代になって、誰が一番最初に
「100万ドル女優」になるかで世界は大騒ぎしたものです。
結局、エリザベス・テイラーが「クレオパトラ」で第1号の100万ドル女優に、
ソフィア・ローレンは「ローマ帝国の滅亡」で第2号でした。
因に、第3号は「マイ・フェア・レディ」のオードリー・ヘップバーン。
1960年には「ふたりの女」で見事、アカデミー賞を獲得!
これは、当時、英語以外の言語で喋る俳優が獲った唯一の例です。

日本では「ひまわり」で爆発的な人気が出ましたが、
実際は、父なし子として生まれ、父親ほども年が違うカルロ・ポンティとの不倫、
数回に及ぶ流産の末に子宝に恵まれ、メキシコで結婚をするも
重婚罪で罪に問われバチカンからも非難に遭います。結局、イタリアを捨て、
フランス国籍を取ってまでカルロ・ポンティと結婚した私生活の姿を
映画の中のソフィア・ローレンとダブらせた事も大きかったでしょうね。
僕が好きな作品は初期の「河の女」、演技開眼の「ふたりの女」、
あの肉体派と言われたソフィア・ローレンが心臓病で死ぬ「旅路」
そして、ミュージカル「ラ・マンチャの男」の立派なアルドンサ……。

大女優、伝説のスターと言われるスターは沢山いますが、
現在、71才にして、あの美貌とプロポーションを維持し、
アルマーニをして「私の永遠の女神」と言わしめたソフィア・ローレン。
ナポリの南の小さな港町、ポッツォーリで生まれ、
目と口が異様に大きく「小枝」とあだ名が付くほどやせ細った少女は
のちに、世界で一番巨大な輝ける星となりました。

写真は、タンタウ作の「Sophia Loren」です。
以前、「花図鑑 薔薇」をペラペラ捲っている時、偶然に、
「Melina」と言う赤いHTの薔薇の交配親の片方がソフィア・ローレンと知り
慌てふためき、それこそ、日本国中の薔薇園に電話&ファックスの嵐(笑)
結局、石和温泉の「コマツ・ガーデン」にある事が分かりました。
苗としては売られていなかったものを畑から掘り上げて貰って購入。
「Melina」が赤い薔薇ですから、大体の姿は想像付いていましたが、
花は黒味がかった所が全くない真紅。花弁の裏側が、ほんの少し明るくなります。
香りは残念ながら殆どなし。花持ちは抜群で、満開になってから
可成りの長期にわたって咲き続けます。しかも、花の形は崩れません。
ただ一つ不満なのは、ソフィア・ローレンの名前が付いた薔薇が赤?って事です。
ソフィア・ローレンに赤いイメージってありますか?
「ひまわり」だから黄色でしょう……って、言われると
それもまた困っちゃうんですけどね(笑)

彼女が日本でスクーターの宣伝に出ることになった時、
イラストレーターの和田誠が似顔絵を描くことになりました。
その時、彼女からの唯一の注文は「決して口を大きく描かない事」だったそうです。


いまだに悔やまれるのは、死ぬほどやりたくて出来なかった役が2つあること。
一つは「バージニア・ウルフなんかこわくない」と「アンナ・カレーニナ」である。

                            ソフィア・ローレン


敬具

2005年9月20日


ブノワ。


[Sophia Loren Official Website/Sophia Loren (1934~ )]
[Sophia Loren (HT) Tantau, 1967]
[Rosen Welt Tantau]
[La Donna del Fiume/河の女 (1955)]
[Two Women/La Ciociara/ふたりの女 (1960)]
[Arabesque/アラベスク (1966)]
[The Fall Of The Roman Empire/ローマ帝国の滅亡 (1964)]
[Sunflower/I Girasoli/ひまわり (1970)]
[Man of La Mancha/ラ・マンチャの男 (1972)]
[The Voyage/I Viaggio/旅路 (1974)]

[Carlo Ponti (1912~ )]
[Elizabeth Taylor (1932~ )]
[Audery Hepburn (1929~1993)]
[Cleopatra (1963)]
[My Fair Lady (1964)]
[Giorgio Armani (1934~ )]
[Komatsu Garden]

★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-09-20 00:00 | 女優の時代。 | Comments(20)
Commented by G・d・D at 2005-09-20 01:37 x
ブノワ。さま
『Sophia Loren』の名が冠せられた薔薇、初めて拝見しました。
赤い薔薇なんですね・・・。女優=赤薔薇=何故?(笑)
僕が大切にしているソフィア・ローレンの2点がありまして(!)ひとつは昭和49年に日本で翻訳本として刊行された
ソフィア・ローレンの『キッチンより愛をこめて』〜あなたも作れるイタリア家庭料理〜という本。各章の扉に使われている写真も素敵なのですが、本の大きさ、内容といい、かなりお茶目な一冊なんです。ここで紹介されている料理の数々は、料理に精通していない僕の目から見ても本当に気取りのない家庭料理であるということ。もうひとつは4曲収録のレコード(EP)なのですが、楽曲もさることながらジャケがこれまた素敵。鼻から唇にかけての大写し。
スリーブから取り出すと二つ折りになった顔の上半分、全貌が現れる仕組み。Burt Bacharachの楽曲も、とても『らしい』のですが、もう1曲、非常に洒脱なボサノバが気持ちいいです。もしご存じでなく、そそられましたら今度是非。僕は『特別な一日』が好きで、DVDで発売された時には続けて3回くらい観ました。
先日の『悲愁』今週激務でまだ観てません。
鑑賞の折にはメールさせていただきますね。
Commented by raindropsonroses at 2005-09-20 07:50
G・d・Dさま。
おはようございます。この「Sophia Loren」を持っている人は極端に少ないんじゃないでしょうか?ちょっと自慢です(笑)好きな花なんですけど、やっぱり、見る度に「何故?」なんですよねぇ……。
「キッチンより愛をこめて」は僕も持っています……いや、持っていましたかな。どうしたんでしょうね、僕は本を捨てる人間ではないので、誰かにプレゼントしたのかなぁ?マストロヤンニが豚足(耳?)が好きだって言うエピソードと、食事中の喫煙に付いてのエピソードが印象的でした。今度、見せて戴けますか?何だか懐かしいなぁ……。
レコードですけど、それと同じものをパリの骨董屋で見た事がありますよ!迷ったんですが、高かったので、結局、買いませんでした。今にしてみるとチョッピリ後悔(笑)僕が持っているのは、「河の女」のシングルと、「アヴァ・ジュール」が入っている一枚。一番のお宝は、75年5月15日に羽田でソフィア・ローレンから直接貰ったサインの色紙!しっかり額装して飾ってあります。額のデザインは、アルマーニの家にあった額縁を元にしてあります(笑)「特別な一日」もいい映画でしたね……僕も大好きです。「悲愁」是非、是非!  

ブノワ。
Commented by 井更木 at 2005-09-20 09:26 x
ブノワ。さん、こんにちは。
先日はありがとうございました、こちらのサイトとすっごく綺麗で素敵なサイトですね。
よ、読みきれない(^^;)
せっかくなので少しずつ拝見していこうかと思っています。
またお会いしてお話(説教??)してみたいです、では。
Commented by raindropsonroses at 2005-09-20 11:31
井更木さんへ。
こんにちは。ようこそいらっしゃいました。
先日はこちらこそありがとうございました。年寄りは説教臭くていけませんね(笑)チョッと反省、チョットだけです(爆)
僕のブログ、時間潰しには丁度いいかと思いますから、ヒマな時に読んでみて下さい。でも、毎日〜更新しますからね(笑)
また遊びに来て下さい、お待ちしています。

ブノワ。
Commented by アキ at 2005-09-20 16:49 x
ブノワさん こんにちわ。
今日のバラ 「ソフィア・ローレン」 剣弁高芯のHTなのでしょうけれど美しいですね。今はオールド・ロ-ズ系のくしゃくしゃした感じが流行ですが、やはり今日のバラは豪華ですね。
女優のソフィア・ローレンが来日の折、サインを貰ったなんてブノワさんはすごい!! あの頃の映画を今になって見たら随分感じ方が違うだろうなと思うことしきりです。若い頃はただ綺麗な女優さんの顔をうっとり見ていただけだったような気がします。

昨日の百合、色合いがきれい! 遠くの方から見て、その辺りがパッと光が差した様に美しかったのでしょうね。
私は中りんの茎がしなやかで、花の重みでカーブするような笹ゆり、ひめさゆり(乙女ゆり)が大好きです。(皆同種類なのかわかりませんが)
やさしいピンクで、可憐な花なので、何回か球根を取り寄せて大切に育てたのですが、1回きり咲きませんでした。
福島の方にひめさゆりの里という群生地があるようですが、行ってみたいです。

Commented by しん at 2005-09-20 20:55 x
ブノワ。さま
今日のソフィア・ローレンは「ザ・薔薇!」って感じがしますね。女優ソフィア・ローレンといえば、やっぱり私は「ひまわり」子供心にも切なさが分かって悲しかった記憶があります。大人って大変だなって。ただのませチビかな(笑)ひまわりの黄色が焼き付いちゃってます。ブノワ。さんだったらソフィアの薔薇は何色がイメージなんでしょう?
Commented by at 2005-09-20 21:23 x
ブノワさま、あら、女優?ワタクシをお呼びになりましたか?(笑)
薔薇ソフィア・ローレンをクレオパトラのように床に敷き詰め、
埋もれるほどの花びらをバスに入れて楽しみたいものですわ。
勿論その時の薔薇の調達先は・・・ほほ。花盗人にご注意を。
Commented by raindropsonroses at 2005-09-20 23:33
アキさんへ。
こんばんは。このソフィア・ローレンは、満開になってから殆ど花形が変わりません。天気に恵まれると1週間から10日はそのまま咲き続けるんですよ!チョッと凄いと思いませんか?ただ、香りが少ないのが難点ですかね……。
サインは、今考えると、結構、凄い事だったと自分でも思います。税関のスモーク・グリーンの扉から出て来たソフィア・ローレンの綺麗だった事!ああ言うのを「後光が差す」って言うんでしょうね……まるで、天岩戸が開いたみたいでした。その内に記事にしますね。とっても面白いエピソードですから(笑)

ユリは本当に綺麗でした。わざわざ大通りの反対側に渡って写真を撮ったくらいですからね(笑)昨日のコメントに、笹ユリに付いて書いてくれた方がいます。笹ユリと似た薔薇をお探しとかなので、後程アップします。アキさんの感想をお聞かせ下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-09-20 23:38
しんさんへ。
そうです、まさしく「ザ・薔薇!」って感じです(笑)
しんさんが言うように、ソフィア・ローレンは「ひまわり」なんでしょうね……35年前の映画ですよ!僕は今でも思いますよ、「大人って大変なんだなぁ」って(笑)僕のソフィア・ローレンのイメージは、ズバリ、淡いオレンジです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-09-20 23:44
翠さま。
どうぞ侵入なさって下さい(笑)薔薇風呂用にタップリと農薬を撒いておいて差し上げますから。
よく友人に言われるんですよ「薔薇風呂にしないの?」とか、「ローズ・ティーは?」って。でも、やっぱりねぇ……少なからずとも薬蒔きますからねぇ(笑)一度、段ボール箱一杯の花びらを集めてポプリを作ろうと思いましたが、翌日ふたを開けてビックリ!物凄く汚い花びらの山と化していました(笑)それ以降、あまり欲をかかない事にしたんです……。

ブノワ。
Commented by G・d・D at 2005-09-21 10:48 x
ブノワ。さま
おはようございます。
『キッチンより愛をこめて』今度もっていきますね。
久しぶりにご覧になってみてください。
ソフィア・ローレンから直接サイン!!!
なんと素晴らしい体験をお持ちなんでしょう!
空港での彼女のエピソード、とても楽しみにしています。
『エレガン』という字面、表現は三島も使っていますね。
因に先日の『オリエント急行殺人事件』公開時、
僕ままだ小学校にもあがっていませんよ!(笑)
Commented by raindropsonroses at 2005-09-21 11:23
G・d・Dさま。
おはようございます。「キッチンより愛をこめて」、楽しみにしていますね!
羽田には学校を休んで映画好きの友人3人で行きました。
どうやって来日の情報をつかんだのか、今となっては覚えていませんが、まるで映画みたいに嘘のようなドタバタの挙句、結局、サインを貰えたのは僕一人……と、言うより、空港に集まっていた人でサインを貰えたのは僕一人だったんです(驚)その仰天エピソードはまた今度(笑)
三島の本の事も記事にしたいんですけど……なかなかどうして(笑)

ブノワ。
Commented by viva jiji at 2007-01-22 17:47 x
ブノワ。さん。おこんにちは!
華麗なる薔薇名・ソフィア・ローレンのブノワ。さんの記事に
「おっぱいのお話」というタイトル名を引っさげて恥じらいの
ハの字もなくTBを持参するのは私ぐらいですわね!(笑)
ま、群れるのキライ、TV見ない、人と同じのイヤ、かなりの
イイフリコキ・・・(こうやって並べると凄い共通項ありですわね、
ブノワ。さんと私・・・やっぱり逢わないでおきましょうね!(笑))の
よしみでお許しくださいませ。
このたびはまた「早熟魂」もピッタンコざますね。
あのモダ~~ン&セクシーな「アラベスク」のポスターを
小学生!いったい何年生の時?これは、もしかして、かなり、
・・・・・・ね~、ブノワ。さん。
ブノワ。さんってもしかしてお身内にお姉さんとか多いのかな。

大女優、ソフィア・ローレン!
完全なる才能と努力、そして誰の追随も許さぬ大いなる
「勝気さ」!中途半端じゃダメよ!キッカナイなら思いっきり
キカナイほうが絶対カッコいいもん!
と、キカナクて勝気、この道ウン十年の私は自己弁護して
しまいました。(笑)

当方にコメント・TB、ありがとうございました。
Commented by raindropsonroses at 2007-01-22 22:20
viva jijiさんへ。
こんばんは。こんな昔の記事のコメントありがとうございます。
僕のブログで「おっぱい」と言う単語を使ったのはviva jijiさんが初めてですよ(笑)残念ながら僕は一人っ子、こらこら、そこで頷いていませんか?(笑)考えてみれば、当時は大女優がひしめき合っていたいい時代。いい意味で彼女達が張り合った事もお互いを高める結果になったのかと……リズと彼女は仲がいいんですよね。それからjijiさんもご指摘の通り、彼女達を引き立てる大きな男優もゴマンといましたね。「ローマ帝国の滅亡」なんて女優はソフィア・ローレン一人で居並ぶ男優が掛かって来てもビクともしない豪華さ&オーラ!まさに巨星です。先日の「アレキサンダー」のA・ジョリーの小ささを見てそれを再確認しました。「アラベスク」はロードショーじゃないかもしれませんよ(笑)確かに小学生でしたけどね。近年は「大女優」と言う言葉が安売りされ過ぎます。真の大女優は世界でも数える程ですもんね。そうそう、「バストで勝負」なんて言う物凄いタイトルの映画もありましたっけ……。

ブノワ。
Commented by kemukemu at 2007-02-18 20:39 x
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
ソフィア・ローレンの「河の女」という映画の
昔の広告もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
Commented by raindropsonroses at 2007-02-19 07:59
kemukemuさんへ。
おはようございます。メッセージありがとうございます。
サイト、拝見しました。よくあんなポスターを見付けて来ましたね。
彼女の傑作は沢山ありますが、「河の女」は初期の傑作、今に続く大人気の起爆剤になった重要な作品です。僕の宝物は「河の女」の外国製のスチール写真です。昔、友人にパントマイムをやっている子がいましたっけ……これからも頑張って下さいね!

ブノワ。
Commented by 豆酢 at 2007-09-25 23:54 x
ブノワさん、拙宅にTBとコメントをありがとうございます。
本日アップした女神様礼賛記事をTBさせていただきますね。お誕生日に間に合わなくて心苦しいのですが。

ようやく手に入れることが出来た「戦場を駈ける女」は、彼女の真骨頂たる演技でした。あのカテリーナは、ソフィア自身ではなかったかと錯覚するほどの存在感、演技。圧倒的です。役者も物語の設定も生き生きとしていて、再度観直したくなるような魅力がありましたね。

「河の女」は良かったです。私も好きな作品ですね。マンボのことばかり取り上げられますが、実に繊細なソフィアの演技が見られますし、なんといっても初々しい美貌が輝いていました。思わず目を留めて見入ってしまうような。
この作品で、ソフィアはスターの座を約束されたようなものです。パゾリーニ(脚本)のセンチメンタルでロマンチックな部分が垣間見られるストーリーもいいですよね。
Commented by raindropsonroses at 2007-09-26 21:38
豆酢さんへ。
こんばんは。こちらこそメッセージとトラックバック恐縮です。
ソフィア・ローレンの作品には「女」が付く物が多いですね。今にして思うと、当時の大スター女優とは一線を画した超弩級の個性、あとにも先にも彼女しかいません。「河の女」はいいですよねぇ……ニーヴェス……まだ役名を覚えていますもん(笑)マンガーノもローレンも同じようなスタートを切り、ともにグラマー女優でならし、プロデューサーと結婚し……しかし、最後は可成り違う個性になりました。僕が好きなのは、デシーカ最後の作品「旅路」です。あの爆弾のようなローレンが心臓病で死ぬのです(笑)メイクではなく、実際に体重を落として壮絶なまでの演技……今から30年以上も前になるのですね……数年前のアカデミー賞を覚えていますか?レッドカーペット上のローレンの横から写したショット……中年達はそそり立つバストを見て仰天……翌日はその話題で持ち切りでした(笑)所で、豆酢さんと僕の女優の好みは似ていますねぇ(笑)

ブノワ。
Commented at 2010-09-17 17:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by raindropsonroses at 2010-09-17 21:17
Iさま。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
とても光栄です。早速、チェックしましたので、
明日連絡さし上げます。

ブノワ。