匂いのいい花束。ANNEXE。

カテゴリ:向き向きの花束。( 107 )

色々とありがとうございました!

e0044929_1422611.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さんお元気ですか?しかし毎日、寒いですねぇ……。
今年もあと数日、数えるほどになりました。
まぁ一年が経つのが早いこと早いこと……。
光陰矢の如しとはよく言ったものです。
これからはさらに年取って、時間が経つのが加速し、
瞬きしたら翌年になっている日が来るのかも(笑)
なんだか筒井康隆のショートショートみたい。

それって多分、日々が充実しているからなのかな?
そう思いたいです。限りある時間を有効に、
そろそろ人生半分、残り時間は少ないのだよ、ブノワ。くん(笑)

さて、今年の年末年始はカレンダーの並びがいいですね!
9連休よぉぉぉぉっ!(笑)何だか時間があり過ぎて困っちゃう……。
ってなことはありません。本当はねぇ……。
レミに会いに丸々パリに行くつもりだったんですけど、
なかなかどうして、あれもこれも野暮用もあるし断念。
本当の所は心から行きたいと思わなかったからかな?
どうせならもう少し季節のいい時に遊びに行きましょう!

さて正月休みはしなければならないこと山積。
あれもこれも……でも優先順位を付けて、限りある時間を有効に使いましょう。
先ず!4年半そのままになっているパンダに退場願いましょう。
今日の1枚目の写真みたいに、お園が2度と大アクビ出来ないよう、
5段に積んだ段ボールを撤去(笑)ここは暖房の風が直撃で、
いつもお園かきんがスッポリ入って惰眠を貪っています(笑)
鼻、乾いちゃってガッビガビ(笑)お園め!今に見ていろぉぉぉぉっ!

おっと!その前に年賀状をやっつけないとね。
友人と仕事関係で500枚くらいかなぁ。全部、手書きだよ!
まぁ、年内に投函するのは無理として、
今年は去年よりチョッと余裕の良子ちゃんかな(笑)
さてさて、2種類作った年賀状の内、皆さんのところに届くのはどっちかな?
e0044929_1431564.jpg
e0044929_1431815.jpg
e0044929_143793.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

もう一つ休み中にやりたいことがあります。
2枚目の写真の額縁……19世紀のノルウェーの画家、H.ELMBLADの作品です。
これどうにかしたいんです。絵もチョッと汚れているので洗浄したいのですが、
飾りのモールの石膏が水分を失ってひび割れています。
触れれば落ちん! オークションで落としたのですが、
良くぞ我が家まで届いた……それくらい脆いです。立て掛けられません!
先ずは剥がれかかった石膏を固定して、欠損部分はさてどうするか。
無事に残っている部分を型取りして何事もなかったかのように修復するか?
それとも欠損部分をハッキリ分かるように修復するか……。
固定するのはいいけれど、ピース、ピースが少しずつ反り返っているのね。
ひび割れて隙き間が出来た部分はどうするか?
考えるだけでも楽しいです。だって、これは絵も気に入ったけれど、
額縁に一目惚れし、修復する目的で競り落とした絵だから(笑)
材料は買ってあるので、コツコツ作業するとしましょう。

今年は色々ありましたね。いいこと、悪いこと……。
来年は平凡でいいから穏やかで実り多い一年にしたいですね。
皆さん、どうぞ素敵な新年をお迎えください!






 ご報告です。
 永らくお付き合い戴いたこのブログ「匂いのいい花束。」は、
 今日の1370記事目をもって、
 10年を待たずしてこれにて一先ず終了です。
 今まで数えきれないほどの沢山の温かいメッセージ、
 どうもありがとうございました!凄く楽しかったです。
 SNSでは絶対に造り出せない極上のサロンだったと自負しています。
 また何れの機会にお目に掛かる日を楽しみにしています!



 新年のご挨拶はこちらから……。


2013年12月28日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2014-01-10 00:00 | 向き向きの花束。

黒革の手帳。

e0044929_16104949.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

美容師で親友のTが何やら浮かない顔で席に戻ってきた。
まだ寒い2月、いつも皆で集まる三軒茶屋のスペインバルでのこと。
Tは最近、日本中でそうであるように喫煙者として肩身の狭い思いをし、
店の外までタバコを吸いに行って戻ってきたのでした。

その不機嫌の訳を聞いたのは随分と後のことです。
次にバルに行こうという話が持ち上がった時のことだったかな。

 「僕、あそこにはもう行かないよ。」

珍しくキッパリ言い放つTの頑なな顔を見、理由を聞いてみる。
あのタバコを吸いに外に出て、戻る時に聞いてしまったのだそうです。
背が高く、ハンサムで感じのいい店の店長とカウンターにいた女性客の会話を……。

 「あそこのテーブルの綺麗な方たち、モデルさんか女優さんですか?」

 「あぁ……違います。ただの客です。」

笑っちゃいました。他に言いようがありますよね。
「あ、違うみたいですよ。でも本当に綺麗な方たちですよね。」とか。
因みにその綺麗な方たちとは、上田城址公園の広場で、
テキヤのお兄ちゃんに声を掛けられた例の美女たちのこと(笑)

あの時のTの浮かない顔の理由に合点が行き、
実は僕もあの日、違う理由でヘソを曲げていたことを思い出しました。
いつも感じていたんですが、僕らはそのバルの客層よりチョッと年齢が高めだったのね。
でも、こっちは客です。遠慮する必要はどこにもないのだけれど、
そこは気遣いの人ブノワ。さん(笑)いつも開店の6時に行って、
混んでくる9時頃にはおいとまを……そんな感じでした。
いつも大人数で閑古鳥が鳴く時間帯に飲んで食べて……いい客だったと思います。
あの日、9時頃に店長がテーブルにやって来て一言……。

 「9時30分に団体の予約が入ったんですよねぇ……。」

はいはい、そろそろテーブルを明けろって?僕、ヘソ曲げちゃいました。
いつものようにそろそろ帰る時間帯なのは承知しているハズだし、
既に、皆コーヒーを飲んだりしていた訳だからそろそろ帰る時間だと分かるハズ。
それに団体が店に入って来たら気を利かせてテーブル譲るでしょう?
何も分かっていない。この2月以降、そのバルには一回も行っていません。
そのバル、僕の「黒革の手帳」に載っちゃったの(笑)

僕に黄色くなったクレソンを6把纏めて300円で売り付けようとした八百屋。
前に記事にしましたよね。開店当時は随分、売り上げに貢献したし、
(一日1500円〜2000円使っていた。)お気に入りだったんですが、
冷静に考えてみれば、結構お高いし、
八百屋のクセに黄色くなったクレソンを売り付けようとするとは!
僕の「黒革の手帳」に載っちゃったの(笑)
一度「黒革の手帳」に掲載されると二度と行かなくなります(笑)


友達関係もそう。
自分が困った時にしか連絡を寄越さない調子のいいヤツ。
平気で嘘を吐くヤツ。ドタキャンの常習犯。お金に綺麗じゃないヤツ。
それからメールや何かの返事が遅いヤツ(笑)
こっちが丁寧なメール送っているのに返事が遅いヤツ、返事も寄越さないヤツ!
一体どういうこと?僕は返事をする価値もないのかな?(苦笑)
文中に質問事項を書いてあるのに返事がないと非常に困惑します。
前に書きましたがメールの返信は一両日中に……ギリギリの許容範囲です。
これは便利だからこその約束ごとだと思います。
即答できない時は、一旦「確認しますからもう少し待っていてください。」
一度、メールで状況を伝え時間の猶予を貰うのが当たり前です。
皆、いい年の大人なんですからね。
そのクセ、facebookやツイッターに有り得ないほど書き込んでる(笑)
全員「黒革の手帳」掲載です。そうして、そいつの株価は下がり、
いつしか「お友達」のリストから落ちちゃいます。

人生もう半分ですからね。面倒臭いことは極力避けて通りたいし、
気の合った仲間と楽しい時間を過ごしたい……人情です。


今日の写真は黒革の手帳ならぬ僕のスケジュール帳。
ここ数年お気に入りでこのシリーズを使っています。
見開くと1ヶ月が丸々見渡せるので都合がいいです。
難を言えば一週間が日曜始まりなのね……これはなかなか馴染めません。
え?僕の黒革の手帳はどこに?それはね、ここここ!
僕の胸の内に仕舞ってあるのさ!(笑)


2013年12月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-12-08 00:00 | 向き向きの花束。

草臥れ果てました。

e0044929_9105090.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「えっ…………。」

もう10月?……ウソ、マズいんじゃない?
道理で朝晩は肌寒いハズだ……この前まであんなに暑かったのに。
もうショートパンツは履けないじゃん!(苦笑)
正直な話し、9月の声を聞いてから昨日まで、
40日間の記憶がまったくありません。記憶喪失状態、殆ど覚えていないの。
勿論、スケジュールを管理している手帳や、
携帯のスケージュール欄を見るとそれとなく思い出すのだけど……。

仕事、本当に忙しかったです。
身体ボロボロ、マッサージにも行きましたけど、
1回や2回じゃとても追っ付かないほど背中から腰がパンパン。
厚さ5ミリの鉄板が入っている感じ。先生が「あぁ・・・・・・。」って。
全く指が入らないんだそうです。取り敢えずほぐして時間終了。

仕事はね、物凄く楽しいです。
お客さんが喜ぶ顔、お得意さんに頼りにされている実感。
日々、とても充実しています。今日より明日、明日より明後日……。
少しずつだけど技術的にも上がって行くのも嬉しいです。
その辺も、終わりがないものへの挑戦的でファイトが湧くし……。
でも、もう少しゆっくりと仕事がしたいかな。
お金じゃなくてゆとり……そっちの方が大事に思えます。


昨日の土曜日、昼で仕事を終え、
早々に帰宅して久し振りに熱い風呂には浸かりました。
いえいえ、キチンと1日2回、朝晩シャワーは浴びていましたけどね。
なかなか湯船にお湯を張って浸かる余裕がない。
ボンヤリこれからのことを考えたり、特に10月の予定のこと、
大変だった40日間の次に待つ楽しいことに想いを馳せます。
風呂から上がって即ベッドへ……夕方まで爆睡でした。
e0044929_9111190.jpg

夕飯は簡単だけど久し振りに手料理です。
冷やしたカバを用意し、お気に入りの店で食べたメニューを再現しました。
今日の1枚目は大好きな茅場町の「徳竹」でいつも頼む「茗荷とシラスのサラダ」の再現。
ひたすら茗荷を千切りにし、皿に盛ったらシラスをのせ、
タップリのオリーブオイルと黒胡椒をガリガリ……とても美味。
器はコレクションしている古伊万里の七寸皿。
メインは牡丹の花、そして色々な小花が唐草模様になっています。

2枚目の写真は、最近、カレーうどんでテレビに取り上げられて人気が出た、
恵比寿の蕎麦屋「初代」の「インゲンの焦がし醤油風味」。
この店は名前が変わる前から通っていたんですけどね……。
テレビのお陰で最近はスッカリ予約が取りにくくなってしまいました。
僕、インゲンは大好きなのですが、太いと買わないの(笑)
太いインゲンは苦手だなぁ……所謂、ドジョウインゲンが好き。
あれ?ドジョウインゲンが太い方?そうじゃなくてサーベルインゲンかな。
太いとイヤで細いと好き……何が違うんでしょうね?(笑)自分でも良く分からないや。
塩揉みして毛を取ったインゲンを熱湯で湯がいてから、
サラダ油で炒め、仕上げにバターを少々、塩、胡椒をし、
鶏ガラの顆粒を隠し味でパラパラ。最期は鍋肌に醤油と胡麻油を垂らして風味付け。
お皿に盛付けたら炒りゴマを振って出来上がり!
器は古伊万里の四方皿。蛸唐草は本当にいいです。
幸せが末永く続く感じがするじゃないですか。
こうして気に入ったメニューを自宅で再現してみるのも一興です。
ようやくそんな余裕も出て来たかな。

今日は薔薇の手入れに請求書書き、
午後は映画に行った帰りにデニムの仕立て直しを出し、
猫のご飯の買い出しをしたり……時間、足りるかなぁ。
明日は休みなので、親友とランチの後、浅草橋に革問屋巡りです。
財布を作って貰った友達にトートバッグ作って貰うのヨン!
何の革がいいかなぁ……希望はクロコダイルなのね(笑)楽しみだなぁ。
そうそう、読書もね!やっと読んだんです「利休にたずねよ」……。
映画も来るしね。半沢直樹の原作はとっくに読んじゃって、
「ロスジェネの逆襲」も読み終わっちゃった。
池井戸潤の他の作品も買い溜めしてあります!

さぁ、読書の、食欲の、芸術の秋の本格スタートです!


2013年10月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-10-06 00:00 | 向き向きの花束。

涼しくなったら?

e0044929_19104472.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さんお元気ですか?
いやいや、真面目に暑いですねぇ……。
今も外は熱風が吹きすさんでいます。
早く涼しくなるといいですね。もうチョッとの我慢かな。

8月の下旬になり、そろそろ忙しくなってきます。
暑いし、忙しいし……他に色々あるので、
暫くの間ブログの更新をお休みさせて戴きますね。

今日の写真は一昨年の松本のカフェで撮った1枚。
どうですか、涼しい風が届くようでしょう?(笑)
皆さんも残暑に負けないように頑張って下さいね!
またお目に掛かるのを楽しみにしております。

追伸、戴いたメッセージへのお返事、
チョッと遅くなります。どうぞ宜しくお願いいたします。



2013年8月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-08-19 00:00 | 向き向きの花束。

9年目なの?

e0044929_16113699.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いやいや、ビックリ。嫌な予感がして去年の記事を見て見たら……。
8年目じゃなくて9年目?末広がりなんて浮かれている場合じゃない(苦笑)
この暑さで脳味噌が沸騰したのか?この湿度で思考回路の回線がショートしたのか?
兎に角、9年目なのだそうです。来年はもう10年か……光陰矢の如しですね。

いやいや、8年間の間には色々なことがありました。
大きなことは3つ。仕事を独立したこと。
オリジナルの薔薇が発売になったこと。母が亡くなったこと。
猫も増えましたが、残念なことに染香とカトリーヌを腕の中で見送りました。
引っ越しもしましたが、新しい生活環境にもようやく慣れ、
もしかしたら、体力的にも精神面でも、公私共に今が一番いい時期かもしれません。
そう、油が乗っているってヤツ?違いますよ、脂肪じゃないからね(笑)
一つだけ心残りなのは、死んだ母に僕の薔薇のデビューを見て貰えなかったこと。
ドームを案内することが出来なかったことかな……僕の植物好きは母譲りですから……。
死んだ母と言えば、ブログが9年目なんてきっと驚いているハズです。
熱しやすく醒めやすい……僕の一番の特徴ですから(笑)


さて、ブログを7年もやっていると、
既に生活の一部、身体の一部のような気がしています。
メリハリのない毎日にリズム感を、退屈な人生に驚きと輝きを……。
って、少し大袈裟だけど、一つ一つ、退屈な毎日に何かを刻む、
大事なものになりつつあるようです。素敵な友人も沢山増えましたしね。

僕の友人の中でブログをやっている人は極端に少ないのですが、
そんな友人たちもブログを飛び越してツイッターや、
Facebook に手を出したりしています。
世の中、変わりましたね。でも何だかんだ言って楽しいみたい……。
まぁいいです。皆それぞれ自分に合ったツールを使いこなせばね。


8年目に入るにあたっての抱負とかは特にありません。
マイペースに自分らしさを持って運営して行きたいです。
以前から巻紙的に長かった文章に加え、写真の数もウナギ登りに増えてきました。
だって、折角、撮った写真、PCの中にしまっておくだけじゃ勿体ないもの(笑)
そうそう、写真はもっと巧くなりたいかな。カメラの性能が格段に良くなり、
シャッターを切れば誰でも写真が撮れる時代になりました。
だからこそ、僕にしか撮れない写真を撮りたい……。
まぁ、文章のヘボは相変わらずですから(笑)

今まで同様、このブログが素敵な皆さんが集うサロンになればいいと願っています。
それには自分らしさを失わず、美しいものを語る時に毒をちりばめ、
皮肉を裏打ちに語って行きたい……そう思っています。
それから色眼鏡は絶対にかけない。本物を見抜く目を養いたいです。
どうぞ9年目も、隅から隅までズズぃ〜っとご贔屓にしてくださいね。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

9年目を迎える今日の写真は、随分、前にルーヴル美術館で撮った1枚。
これ、確かヴィーナスの背中にくっついたクピドの手。
長年の間に手首から先は取れちゃったんですね……身体はどこへ?(笑)
でも何だか可愛い。手だけの方が良かったりして(笑)僕の大好きな彫刻です。
ハァ……フィルム・カメラを担いでフランス中を歩いたのが懐かしいです。

フランスは遠くになりにけり……か。


2013年8月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-08-07 00:00 | 向き向きの花束。

進化か退化か。

e0044929_1335448.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

随分前の話を持ち出して恐縮ですが、
1988年、六本木のディスコ「トゥーリア」の天上に取り付けられた巨大照明が落下。
下にいた方々が多数被害にあう事件がありました。

その時の新聞の社説に「人間はいつから本能をなくしたのか?」と、言うものがありました。
曰く、グルグル回る何トンもある巨大な照明の下で、
何の危険も感じず踊り続ける感覚を指したものです。
普通は巨大な荷物を吊り上げているクレーンの真下は歩かないし、
階段など平坦じゃない所を歩く時は気を遣うもの。
それって本能ですよね?そこに危険が隠されていることを察知するのって。
今、街を歩いているとその社説を思い出さずにはいられません。
特にスマートフォンが全盛になった今日この頃は……。

チョッと前までは、通勤時に電車待ちの駅のホームの反対側を見ると面白い光景が見られました。
ほぼ全員が前を見ずに携帯電話を覗き込むという不思議な光景(笑)
車内もそう、携帯電話を弄っている人、ゲームに興じる人が殆どですね。
昔は本や新聞を読む人が主流だったのに……時代は変わりました。
今は下を向きながら器用に歩く人たちが増えて来ているようです。


さて、今日のお題。人間の本能は進化したのでしょうか?
歩きながら全く前も見ずメールを打つ人、階段をスマートフォン見ながら上り下りする人、
自転車を片手で漕ぎながらスマートフォンを見ている人、
電車が入って来ているのにホームの端ぎりぎりをスマートフォンを弄りながら歩く人……。
昔ながらの携帯電話ではないんです、ほぼ100%全ての人がスマートフォンを操作している。
人はいつから特別な超能力を身に付けたのでしょうか?
ちっとも危険を感じない?自分の世界に閉じこもって周りは見なくても大丈夫?
しかも、殆どの人がもれなく音楽を聴いています。

聴覚は非常に大事な感覚です。
僕が初めてウォークマンを買った時、音楽を聴きながら家の玄関から出て、
数メートルのところで車に轢かれそうになりました。
走ってくる車の音が聞こえなかったのです。これ初日のエピソード(笑)
朧げに聞こえたクラクションでようやく我に返り、事なきを得ましたが……。
見ない、聞かない……日光東照宮の猿じゃないんだから、
2つの感覚を放棄して危険が一杯の街を歩く……。
凄いと思います。頭に目に見えない触角でも生えたんでしょうか?
それとも猫の髭みたいな役割のものが生えた?(苦笑)
それともコウモリみたいに超音波をどこからか出している?
前を見なかろうが耳を塞ごうが、自分だけコケる分には一向に構いません。
もしあなたがそんな超能力者に巻き込まれたら?ぶつかられてホームから転落でもしたら?
ぶつかられて相手がホームから落っこちて責任を取らされるかもしれない……。
最近駅のホームから人が転落する事故が増えていますよね?
普通はホームから転落なんかしません……ポロポロそう簡単には落ちない。
一体、原因は何?車内でも安全に対するアナウンスがされるようになりました。

 「携帯電話のながら歩きは危険ですからお止め下さい」って。

ついこの前まで、テレビで docomo のCMが流れていました。
サウンド&メッセージと題されたそのCMは、旅に出る息子に母親が便りを所望。
画像に音が添付され、旅先の息子を母親が忍ぶと言うもの。
母親は歩きながらスマートフォンを操作しています……。
テロップに小さく「スマホのながら歩きは危ないのでやめましょう」と出ます。
但し書きを入れればいいってものではありません。
しかも「スマホ」って……「スマートフォン」と書きましょうよ(苦笑)
メーカーがこの程度の認識なんですから仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。

それにしても、ながら歩きをしている人を避けながら歩くのもアホみたいだし、
ぶつかりそうになって「チッ!」っと舌打ちされたんじゃたまらんわ(苦笑)
睨みつけられちゃったりした日にゃぁ殴ってやろうかと思うものね(爆)
ながら歩きをしている人が怪我をして痛い思いをするのは自己責任で全く構わないけど、
こっちが巻き込まれたり、反対に何か責任を負わされたりしたらかなわないもの。
通勤時間にバカのお陰で電車が止まったり遅れたり……冗談じゃないです。
何か自己防衛策を講じないとね……危なくて仕方ない。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はミレニアムのフィレンツェで撮った1枚。
懐かしいです。この頃はまだフィルムの一眼レフを持って街を歩いていました。
冬のフィレンツェは石造りの街のせいかどこか冷たく旅人にはよそよそしく感じられたものです。
カメラを持っていますし、どう見ても観光客(笑)散策にはそれなりの気も遣いました。
初めて訪れる街、どこに危険が隠れているか分かりませんから。
自分が気を付けていても、他人の悪意が向けられたらどうにもなりませんものね。
危険な所には近付かない、アンテナをシッカリ張って周りを観察する。
キョロキョロしない、人前で地図は開かない……結構、神経ピリピリ。
それだってプロのスリや強盗にかかったらひとたまりもない……。

この無数に停められた自転車のどこに惹かれたのでしょう。
暗がりにそこだけポツリと赤く鮮やかな自転車一台……。
貴重なフィルム1枚で撮影したいと判断した切っ掛けは今となっては記憶の彼方です。


2013年7月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-07-13 00:00 | 向き向きの花束。

陰謀。

e0044929_9132795.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

親友のTが携帯電話をスマートフォンに替えました。
理由は知りません、どうしても替えなきゃいけない理由があったとは到底思えません。
どちらかと言うと簡単に使いこなせるタイプの人間じゃないし(笑)
案の定、操作に手間取っている様子……思った通りです。

スマートフォンに替えた切っ掛けは、
おそらくオマケに iPad mini が付いてくるから……僕はそう睨んでいます。
スマートフォンに替えてから友人の行動がガラリと変わりました。
常にスマートフォンと iPad mini を傍らに置いています。
そして僕が目を離すと必ずと言っていいほどこの2つを弄っています。

こうやってスマートフォン中毒になって行くんですよねぇ(笑)
初めは操作方法が分からないから必死になって弄るんだけど、
それがいつしか普通のことになり当たり前になる。触っていないと不安になる。
これを一般に、中毒、依存症と言います。

一緒に食事している時、着信音が鳴るとスグに携帯電話を手にしようとします。
話していて何か分からないことがあるとスグに iPad mini で検索しようとします。

 「いいから!」

勿論、止めます。僕、怒ります。
そんなに急いで調べたり電話に出なきゃいけない用事なんてないものね。

僕ね、思うのね。全ては電話会社の陰謀だって……。
皆さん携帯電話がない頃、家の固定電話の電話料金が幾らだったか覚えていますか?
家族3人〜5人で使って今の携帯電話の料金一台分にもならなかったでしょう?
携帯電話本体を物凄く安くし、通話料金、パケット代で稼いでいるんですよ。
知らない内に公衆電話をバンバン撤去しちゃって携帯電話を当たり前のように使わせる。
僕らも初めの頃こそ目の前に公衆電話があれば携帯電話じゃなくて公衆電話を使っていましたが、
そんなのほんの一時のこと。アッと言う間に、当たり前のように携帯電話を使うようになりました。
勿論、携帯電話には通話以外に様々な機能があって、便利であることは無視できない事実なんですけどね。
調べもの……そうそう、身近なことで言えば電車の到着時間を検索したりね。
でも、携帯電話がない時代だって待ち合わせに遅れることなく、キチンとランデヴー出来ていたじゃない。
今、乗り換え時間を検索できたって遅れるヤツは遅れてくるしね(笑)
人間って便利になったって根本は変わらないの。
友人の様子を見ていて、スマートフォン中毒になって行く様子を見るにつけ、
人間っていとも簡単に感化され、洗脳される生きものだって言うことが良く分かります。

電話会社……相当、儲かっているハズなんです。
パケット代無料、家族割引、10分間通話料無料……色とりどりのパックがありますが、
皆さんもご存知でしょう?食べ放題やドリンク飲み放題って、
死ぬくらい飲み、お腹一杯になるくらい食べないと元は取れないのですよ(笑)
甘いセールス文句には種も仕掛けもあって、僕らは得なんかしないようになっているんです。
全ては電話会社の陰謀……僕はそう思います。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は著者近影。おぐしが短くなったバージョン(笑)
横に控えしはガジャガジャ五月蝿いことこの上ないのだけれど、
なかなか役に立つ召使い兼私設秘書のあけ(笑)
先日、塚原邸で今日の記事の俎上にのった親友のTが iPad mini で撮った写真です。
召使いのあけは僕のブラッド・オレンジのポロシャツを見て、
 
 「ブノ。ちゃんのオレンジはチュウレンジバチのお腹のオレンジ!」

そう憎まれ口をのたまいます(笑)
自分は美容院に行っちゃって頭が天津甘栗みたいになっちゃったクセに(爆)

今日はいつまでも「おぐし(笑)」の記事じゃダメと美人からお達しがあったので、
慌ててアップしてみました。そうですよね、下書きが山のようにあったって、
アップするタイミングが遅くなったら新鮮味なくなるもんね!(笑)


2013年7月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-07-01 00:00 | 向き向きの花束。

本末転倒……大事なものを見失っていませんか?

e0044929_1714397.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

前にチョッとお話しましたけど、仕事の都合、
浮き世の義理、どうしても断れない大人の事情……そんなこんな、
諸般の事情で Facebook に入らなければならない危機にさらされているブノワ。さん(笑)

いやぁ……返事を延ばしに延ばしてはいるのですが、
さらに強まる疑念をどうしても払拭することが出来ないでいます(笑)
勿論、時間がないのが一番の理由なんですがね……。
カトリーヌがお星さまになってから、看病にどれだけ時間を割いていたかに愕然とし、
改めて時間の大切さを実感しているからかもしれませんが……。

所謂、SNSについては、僕が非常に懐疑的なのは皆さんもご存じだと思います。
mixi なんて、ありゃぁ、ただの無法地帯だしね(苦笑)
機能的に言ってしまえばどのSNSも五十歩百歩。
So-net のブログなんか、早々に「nice !」の機能を備えて、今のSNSに近かったですよね。
人の仲間意識を募り「繋がり」をそそるところなんかはね。

さて、何に懐疑的かと言えば、例えば「フォロワー」とか「いいね!」の機能。
有名人ならいざ知らず、たかが一般の人間が日常を細々とアップし、
知りたくもない個人の私生活、個人情報を自らだだ漏れさせる神経って一体……。
ツイッターや Facebook をやっていなくても、色々な所からイヤでも目に入って来る個人情報。
曰く、今日、誰と会った、何を食べた、旦那が、女房が、子供がどうした……。
皆さんが思っている以上につぶやきは皆の目に触れています。
言わば、世界中に向かって自分の丸裸を晒しているようなもの。
知らない人が自分の私生活を知っている不思議な状態……イヤじゃないのかなぁ。
本人が自慢げにご本人さまの情報を世界に漏らすのは勝手として、
例えば、全く関係のない僕が、どこそこで見掛けた……と、書かれたり、
誰それとあそこに来ていた……と、つぶやかれたり。
迷惑千万ですよね。僕の個人情報を勝手に流さないで欲しい。
盗撮した写真を勝手にアップするなんざぁ言語道断、犯罪に等しいじゃないですか。
「あたしゃぁ許さないよ!」by 光代浅香(笑)
僕のブログを勝手に貼付けて紹介するのも同じこと。
僕のブログは、僕のブログを読みたくて、自分の意思で来て下さる方との大事なサロンです。
パチンコ屋の開店のチラシを街角でバラ撒くようなマネはしないで欲しいです。


毎日のつぶやき……それに対し、心底、共感した訳でもなく、
押しておかなきゃ後々面倒だから……とか、メッセージ入れるのが面倒臭いからと、
取り敢えず足跡を残す意味で「いいね!」をしておく……。
それに一体何の意味があるのでしょう?
大して知らない人間とバーチャルな世界で見せ掛けだけの繋がりを持つ、
その数を自慢に思い、皆と繋がっていると思い込む錯覚……いやいや、そう思い込みたい願望?
そう、願望と言った方が正しいのかな。そうでもしないと自分の存在価値を確認できない悲しさ。
しかも、確認した存在意味は何の実態もなく、架空の世界に築かれた砂上の楼閣……。
文字通り絵に描いた餅……「絵空事」の他なりません。

それから怖いのは、ブログもそうですが、発信する側は1対何百、1対何千でも、
受け取る方にしてみれば、1対1、そこに特別な感情が生まれてくるのではないでしょうか?
少なくともその人に興味を持ち、繋がりを求めて日々、観察している状態……。
何かしらの特別な感情が生まれやすい土壌ではないでしょうか。
変にこじれたり、特殊な感情が湧いて来たり……分かりますよね、
皆さんも大人ですからハッキリ書きませんが、特殊で変な感情(笑)


さて、例えばメールをしても何日も何日も返事してこない人がいます。
でも、その間、知らず知らず入ってくるその人の膨大な数の「つぶやき」……。
一体いつ仕事しているの?常に携帯電話を弄ってる?それ位の頻度(笑)
その数の多さにビックリすると同時に、つぶやく暇があるなら返信しろ!
……と、呆れる気持ち半分、怒り半分、複雑な心境になります。
あの人には返事する必要ない、価値がない……そう思われても仕方ないです。
そんな見も知らぬ相手に発信するどうでもいい日常のあれこれより、
もっと大事なことがあるんじゃないの?優先順位が間違っていない?(苦笑)
次第に「どうせあの人は……。」そう思うようになりますよね?仕方ないです。
こっちだってバカじゃない。何度も同じイヤな思いはしたくないです。
その「どうせあの人は……。」って凄く危険です。
友人関係で期待されなくなることは一番避けたいこと。
繋がりや関係を持ちたくてツィッターや Facebook を始めたのに、
一見、楽しくて簡単な関係に終始するあまり、
いつのまにか本当の繋がりを無くしてしまっていることに気付いていない……。
本末転倒とはこのこと、いつの間にか自分を見失ってしまっている哀れ。
人と人との関係を築くのは並大抵のことではありません。
一つ一つ思いやりと、面と向かって会話を重ね、確かなものにしていく自分の評価。
評価や信頼は一朝一夕では出来ません。コツコツと積み上げ、確固たるものにしていくものです。
そして、その評価はアッと言う間に脆くも崩れ去ります。
嘘、ドタキャン、思いやりの欠如……本人が気付かない内に手の平から滑り落ちていく評価。
大変だからこそ、実り多いし、一生の信頼と友情が生まれるのです。

LINE って言うのもありましたっけ。アレって一体なに?
アレって親会社は韓国でしょう?もうそれだけでイヤなんだけど、
友人がボヤいていました。1行2行のどうでもいい情報が、
分刻みで怒濤のように押し寄せて来るって……だったら止めりゃぁいい。
ヒマなんですよ、要するにね。貴重な人生の限りある時間を無駄遣い。

しかし、皆、楽しそうですよね(笑)
友人達の会話を聞いていても、誰が◯◯したみたいよ……とか、
◯◯さんと◯◯さんが◯◯に行ったみたい……とか、軽くてどうでもいい噂話の井戸端会議。
そんなに簡単に繋がりや絆なんて出来るものじゃないです。
人は楽なもの、簡単なものに流れる傾向があります。
そして、幻の関係に安穏とし、真の大事な関係を見失っている……僕はそう思います。
天の邪鬼な僕は「繋がる」とか「絆」とかの言葉が大嫌い。
その言葉がって言うよりは、その言葉を簡単に使っている人たちが大嫌い。
「繋がり」も「絆」も簡単には出来ないのだよ。
震災以来、簡単に大事な言葉を使い過ぎです。

さてさて、一体どうしますかね……。
もう時間的に削るものは何も残っていないし、もう十分に素晴らしい仲間との繋がりがあるし……。
入ったら入ったで水面から鼻の穴しか出ない程にドップリ浸かっちゃったりして(苦笑)


書き忘れです。今日の写真はバルセロナのサグラダファミリアの螺旋階段。
物凄い人でねぇ……諦めかけていたら意外とすんなり入れて……。
行ったのですよ、エレベーターで一番上まで。兎に角、不思議な体験でした。
こうやってグルグルと、どこまで何が繋がっているか……それが問題。


2013年6月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-06-11 00:00 | 向き向きの花束。

あなたの原動力はなんですか?

e0044929_17484154.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

関東の麗しの薔薇のシーズンも一段落。
蜜蜂たちは薔薇を求めて日本国中に散らばりはじめました(笑)
皆さん、如何お過ごしですか?元気にしていらっしゃいますか?

今日はこのまえ友人と話していた時のエピソードをチョッと……。


いきなりですけど、アナタの生きる原動力は何ですか?
いえいえ……友人と酒を飲んでいてそんな話になったのです。
僕の長年の友人の生きる原動力は家族。
紆余曲折あって漸く結ばれた大切な奥さんと、
この前、生まれたばかりの一粒だね……。
家族のためなら何でも出来るそうです。
大変な仕事、キツい残業……なんのそのだそうです。


僕の原動力は何だろう……チョッと考えてみました。
内容は言えないんですが、今、一生懸命になってやっていることがあります。
それをする切っ掛けは……そう、怒りかもしれません(笑)
怒りといっても何かに激怒したり激昂した訳じゃないんです。
あることにチョッとムッとしたのね(笑)
僕の場合、この「ムッとする」のが大事なの(笑)

僕、今までの人生、何かをひっちゃきに頑張っちゃうとか、
前後、見境なくひたすら目標目指して突っ走るってことがなかったのね。
部活動も美術部でボンヤリだったし、勉強を頑張って大学受験に燃えた訳じゃないし、
仕事も自分の実力のみが頼りだから誰かと争うこともなかったし……。
ただ、何となく生きて来た……非常に平凡で穏やかな今までの人生。

そんな平々凡々な人生なんだけど、
折々にチョッと発奮する原動力が怒りなの(笑)

鳥が翼を広げ空を滑空しています。
時折、数回はばたいて少し身体を上昇させる……。
僕の「ムッとする」は、そんな鳥のはばたきのようなもの(笑)

この所、そのムッとすることが沢山ありました(笑)
頭に来ちゃうのね、だから頑張って、いつかはきっと実を結ぶと信じて、
黙々とあることをしている真っ最中です(笑)


2013年6月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-06-01 00:00 | 向き向きの花束。

水、温み、年、重ね、友、集う……。

e0044929_142973.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

春は大好きな季節です。特に三月、弥生。
水、温み、木々の新芽が吹き出します。新しい生命の兆しがそこここに……。
そして、ブノワ。さんも一つお年を召しました(笑)
死んだ母みたいにある年齢から若返ろうかしらン?
母が死んだ時は確か20代だったかな?50才を期に一つずつ若返っていましたから(笑)
若しくは「才」表記じゃなくて「カラット」表記にしようかしらン…….
カラットだったら数字が大きい方がいいものね?(笑)

さてさて、いつもいつも食事会、観劇、旅行……全ての行事の段取り星人のブノワ。さん、
別名「ヒマな主婦救済委員会会長」の僕は、日々、マメマメしく、
ヒマを持て余し怠惰な生活をしている主婦に人生の張り合いと生き甲斐を提供しています(笑)
そんなこんなが評価されたのか、彼女たちが感謝の気持ちを込めて、
僕の誕生日に食事会を開いてくださることに相なりました。

 「身体一つでやって来て!」

フムフム、いい心掛けですよね!(笑)
お財布はウチに置き、空のデカいトートバッグ一つで出掛けました(笑)
だって、プレゼント攻勢、贈り物の嵐でしょうからね。


当日は、一人、最近の僕のお気に入りの若者を連れて行きました。
彼はこの2月に三軒茶屋で新しく串焼き屋をオープンした頑張り屋さん。
お金を持て余しているオバ……じゃなかった、ヒマでヒマで困っているヤツ……じゃない。
えぇ〜っと、えぇ〜っと……上品で優雅で美しくて麗しい薔薇のマダムたちに紹介し、
(スリスリゴリゴリスリスリゴリゴリ……。)
可愛がって貰って店を大繁盛させたいから。

とてもとても楽しい一時でした。
「ビストロ・プティ・ハナ」の美味しい食事、感じのいいサービス。
(写真は今イチですけど「食べログ」で存分にご覧になって下さいね!)
仲間の笑顔、絶えない明るい笑い声……何物にも代えられない僕の宝物。
一緒に行った青年も、若者に飢えたオバ……じゃなかった、
青年を応援する慈愛に満ちた優雅なマダムたちに物怖じせず、
自分の魅力を存分にアピール、売り上げザックザク(笑)
お店の繁盛、支店の出店が約束されたのでした。
シャンパン、希少なワイン、素晴らしい画集、美しい花束、使い勝手が良さそうな椅子……。
カバンには入り切らないプレゼントを抱えての帰宅となりました。

e0044929_14312242.jpg
e0044929_14311131.jpg
e0044929_14304798.jpg
e0044929_14303612.jpg
e0044929_14302675.jpg
e0044929_14301455.jpg
e0044929_14294624.jpg
e0044929_14293223.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真は親友が僕のためにカントリーハーベストに頼んでくれた花束……。
いいですよねぇ。 勿論、深野俊幸さんのアレンジです。
清々しい僕をイメージした、ピッタリの色味、
華奢で繊細で若々しい雰囲気の僕に相応しい小花の花束(笑)
深野さんに敬意を表してあれこれ写真に撮ってみました。
グリーンと茶の陶製、グリーンの金属製の花器は、
勿論、カントリーハーベストで譲って貰ったもの。


この中に、テーブルを囲んだ皆の注目を一身に浴びた花がありました。
その驚くべき花に付いてはまた後日……。

ハァ……誕生日は本当にいいわぁ……。
来月から祥月誕生日を制定しなければ!(笑)


2013年3月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-03-15 00:00 | 向き向きの花束。