匂いのいい花束。ANNEXE。

カテゴリ:向き向きの花束。( 107 )

ブログって?

e0044929_2257473.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

つい先日のこと。「ある寒い雨の朝に……。」という記事の中で、
いつも楽しくお付き合いさせて戴いている、
北のリズこと敬愛するviva jiji姐さんとのやり取りの中で、非常に嬉しい一文がありました。
なんでも映画サークルのお友達が、起きると先ず僕のブログを訪問して下さるのだとか……。
きっと、インテリジェンス溢れる、見目麗しいご婦人と存じますが、
褒めて育てられるタイプ&煽てられればスグに木に上る僕としましては、
俄然、張り切ってしまい、だったら毎日記事を書こうかしらン?
なぁ〜んて単純なことを思った訳です(笑)書きたいことは山のようにあって、
携帯電話のメモ欄にタイトルだけでも50個は下りません。

ご存知の通り、僕のブログの記事は、巻き紙的な長さと、
季節のガーデニング関連は膨大な数の写真に寄って構成されることが多いです。
昔はマメマメしく毎日の更新を課題にして頑張っていましたが、
今のこの形態ではそれは無理、文章を短くする?それも出来そうにありません(笑)
だって僕の場合、校正しようと赤字を入れると倍くらい長くなっちゃうんだもの。
書こうと思えばもう少し頻繁に……可能なんですが、
チョッと心の奥底に引っ掛かる事があるんですよねぇ……。


これも以前に書きましたが、一億総評論家時代。
今や自身のブログやホームページ、最近大流行りのSNSによって自己表現が華やかです。
自己表現なんて聞こえはいいけれど、ただの露出狂かも……。
自分の情報だけならまだしも、決して書いてはならない事を書いちゃって、
職を失うことになったおバカが後を絶ちません(苦笑)本当に頭悪い(驚)
インターネットに接続すれば、ありとあらゆる情報を収集する事が出来、
それが必ず正しいとは限らないとしても、情報の共有がアッと言う間に出来ます。
自由で便利で限りなく可能性を秘めた時代……一見、そう見えます。



僕、ブログって極端なことを言ってしまえば、

 「自慢と見栄の垂れ流し。」

キツいけれどそう思っています。
今日、あそこに行って来たの。こんな美味しい物を食べたんだよ!
見て!このブランドの入手困難な洋服買っちゃった!
来週はバカンスで外国ザンス!……。

これが僕の心の奥底で燻っている、奥底に引っ掛かっている大きな疑問。
政府をあげて「個人情報を保護しましょう!」と啓蒙している最中。
その保護される立場の僕達が、自ら個人情報をダダ漏れさせてどうなるのか?(笑)
SNSほど時間的なリアル感はないけれど、それにしたって、
英語で習ったアレじゃないですけど、5W1H……どこで誰と何をした……。
個人のどうでもいい情報を世界に発信してどうなるの?そう思っちゃうんです。
インターネット上で名前しかしらない人の私生活丸見え!
それがもう少しで当たり前だと思っちゃいそうな自分もコワい。
そこまで語る?何か一番大事なものが麻痺していないかな?
僕のこんな個人生活、誰が見たいと思うのかな?そうも思います。
さして楽しいとは思わないし、目を見張るような素晴らしい世界が広がっている訳でもない。
ごくごく平凡な一中年の生活なんか取るに足らないもの……そう思います。

反面、僕が体験した素晴らしい経験、
今までに見て来たえも言われぬ美しいものに付いて大いに語りたい!
自称エレガントなガーデンブログと言いつつ、実は喰い倒れ系のブログの誰かさんと違い、
何しろ、誰がなんと言おうと、ここは美しいものに関するブログですので(笑)
そんなこんな、僕独自の感覚で素晴らしく美しいものを語りたい!
それを沢山の人に読んで貰いたい……そうも思います。
日記を書いて公開してコメント欄を閉じている自己完結型の人もいますが、
矢張り、公開するからには皆さんの感想も聞きたいし、チョッと意見も交わしたい。
素晴らしい仲間が集うサロンに……このブログのもう一つの目標でもあります。

僕のブログを読んだ親友が言いました。

 「美しいものを語るには美しくないものに付いても語らないとダメなんですね。」

正にその通り、美しいものと醜いものは表裏一体。
マクベスの魔女曰く「綺麗は穢い、穢いは綺麗……。」……なのですから。
美しいものとは醜いものの上に綺麗な薄皮が1枚被っただけ。
それを知っていた三島のように、思うことを綴って行きたい。
ブログを始めた当初とは随分と趣が変わったと言われます。
書簡形式の書き方や写真の使い方、最近ではスッカリ影をひそめました。
上っ面の美しさを語っても何もならない……。
世の中、醜いこと、ヒドいことが多過ぎますもんね。
それも初めてスグに気付きました。徐々に、自然に形を変えよう。
好きで初めて大いに気に入っているブログです。
誰にも出来ない自分だけのブログにしたい……その思いはさらに強くなっています。

猛毒をオブラートに包み、優しさを刺で武装し、全てのことに愛を持って、
そして、僕にしか撮れない写真を目指して精進し、
これからも続けて行くであろうブログですが(多分)
先ずは、全体の半分ほど非公開にしてある記事を公開に。
一遍に全部は無理だから、先ずはカテゴリーごとにチョッとずつ。
それからもう少しマメマメしく記事を書いて行きたいかな……。
SNS大流行りで猫も杓子もSNS、風前の灯的感じもあるブログだけれど、
僕の身の丈に合った表現方法であるブログでもう少し頑張ってみたい。
そうそう、もう一つの薔薇だけのブログ「Under the Rose。」ももっと更新しなきゃ!
そんなこんな思う今日この頃です。


写真は年末に「カントリーハーベスト」から取り寄せたラナンキュラス40本。
ある美しい女優さんに新年のご挨拶です。
薔薇を入れたバージョンは「Under the Rose。」にて。


jiji姐、どうもありがとうね。
何となく悶々としている気分が晴れました!


2013年1月22日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-01-22 00:00 | 向き向きの花束。

電池切れでござります……。

e0044929_16523417.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

清々しい晴天に恵まれた三が日……新しい年に相応しい幕開けになりましたね。
早い人で三が日から仕事、多くの人が月曜日から仕事始めです。
皆さん、どのような正月を迎えましたか?素敵な初夢は見ましたか?
初詣は?美味しい物を食べましたか?お年玉は?……って、
もうそんなお年頃じゃありませんね(笑)お年玉をあげる方ですもんね。

さて、今日は僕の年末年始のゴタゴタなどをチョッと……。
折角9連休だったのに、何となく忙しなく、思えばやっぱり、
時間に追われる正月と相成りました。全ての原因は……。


去年は27日に仕事納め、例年になくチョッとゆったりだった12月。
勿論、仕事がなかったのではありません。ギッチギチだった仕事の多くが、
年明けにズレ込んだだけのこと……要するに、これから片付けなくてはいけないのです(涙)
別に気が緩んだ訳でもないと思うのですが、28日からパッタリと倒れてしまいました。
ご存知の通り、僕、会社組織に属さず一人で仕事をしています。
つまり、受ける仕事と言うのは全て僕ご指名ということ。
大袈裟ですが、受けてしまったら親の死に目にも会えないのです。
チョッと調子が悪いから、都合が悪くなったからと言って、
簡単にキャンセルも出来ないし、他の人に頼むことも出来ない……。
意識はしていないのですが、そんな張り詰めた気持ちで一年過ごしたツケ?
きっとそんな所だと思います。ウゥ〜ん、風邪?チョッと怪しんだんですが、
どうやら文字通り、電池切れ。1年を通して張っていた気も緩んだのでしょうけど、
もう1歩も足が動かないの。全く動けなくなっちゃいました(涙)
健康だけが取り柄、最後の記事に「風邪も引かず……。」なぁ〜んて書いたのにね。
取り敢えず寝ました。食べると戻しますから、もう十分過ぎるくらいの睡眠時間。
寝て、寝て、寝て……だけど、カトリーヌと黒豆、キクちゃんには朝の5時と夕方にご飯。
朦朧としていたけれど、これだけは欠かせないや。

29日の朝には仕方なく届いた薔薇の裸苗を10本植え込むだけはしたのですが、
仮眠を摂って起きてみるとさらに具合が悪くなっていました……何て言うんでしょう。
本当、燃料切れで、スイッチを入れてもウンともスンとも言わない感じ。
熱はないのです……却って身体がいつもより冷たいくらい。
その日、29日は僕が言い出しっぺになった集まりがありました。

 「・・・・・・どうしよう・・・・・・電車に乗るのは無理そう……。」

でもね、這って行きました。だって、皆、楽しみにしているんだもの。

 「悪いけど、行かれないから、具合悪いから皆で勝手にやってね!」

そんなこと口が裂けても言えません。
これが風邪で熱があったり、人さまにうつす心配がある病気なら別ですが、
僕が少し頑張れば済むこと。いつもより元気はないけれど、
そこは勘弁して貰って、皆で顔を合わせてそれぞれの1年の労をねぎらいたい……。
僕ね、ドタキャンって嫌いなんです。ドタキャンって言う言葉も嫌いだけれど(土壇場キャンセル?)
ドタキャンするなら死んだ方がマシだわ。するのもされるのも大嫌い。
これってクセになるしね。度重なると信用出来なくなるでしょう?
詰まり、お友達関係を結ぶのが難しくなる。
ドタキャンする本人は自覚ないのね。でも、確実に評価は下がる。
友人関係で信用がなくなるのは厳しいです。1番避けて通りたいことだもの。
這って行ってお鮨食べて、チョッとビール飲んで、這って帰って来ました(笑)
友人は、そんなに具合悪いのに鮨食べたんだ……呆れて絶句しますが、
さすがの僕も生牡蠣は食べなかったよ(笑)

さて、翌日30日は我家で集まりがありました……。
でも、全然、治らないの……押しても引いてもエンジンかからず(苦笑)
でもね、声を掛けた親友たちは皆、楽しみにしているし、
その日はパリから一時帰国している親友のマダムに久し振りに会える日。
勿論、断れるものなら断るけれど、変に意地っ張りで我慢屋さんの僕です。
頑張って朝から餃子を作りました(笑)メインは「徳竹」のお節だから、
僕の餃子なんて添え物みたいなものだけど、
皆が楽しみにしている「薔薇餃子」……心を籠めて作りました。

楽しかったですよ。いいですよね、美味しい物を友人と囲むのは。
チョッとしんどかったけれど、我慢した甲斐はあったかな。
親友の明るい笑顔は見ていて嬉しいです。皆、それぞれに大変な1年だったし、
これでまた、新規一転、新しい年が迎えられればいいじゃない?

31日は体調が戻らないものの、さすがに尻にボーボー火が点いて年賀状書き(笑)

 「シェ〜っ!終わらないザンスぅ〜っ!」

先ずは住所を整理して、出す人のリストアップ。
時間は刻々と過ぎて行きます。午後は親友を連れて「007 スカイフォール」の3度目の鑑賞。
いいのか?年賀状の目処も立たないのに映画なんか観ていて?
風邪じゃないとしても、人混みで黴菌が一杯浮遊している映画館なんかに行っていいの?
でも、これも約束したから……約束は死んでも守りたいです。
帰宅して見るとはなしに紅白を。ボンヤリ夢うつつ……。

新年1日はチョッと体調が戻ったので朝から馬車馬のように年賀状書き(笑)
友人はそんなに大変なら印刷にしちゃえばいいのに……簡単に言います。
でもね、こればかりは譲れないのね。1年にたった一回のご挨拶だものね。
仕事関係でお世話になった方々と元旦に届いた方々の分、300枚は無事に書き終わり、
2日は昼からある女優さんのお宅にお呼ばれでした。ここら辺りから俄然パワーが出て来たかな(笑)
美味しい料理(ローストビーフ)とシャンパンに舌鼓、同席した憧れの美しい女優さんとお話しし、
パワーを貰って帰宅、7時には就寝でした(笑)
驚いちゃうのは、その女優さん、キチンと僕と友人の名前を覚えてくれて、
こんな市井の凡人でも名前を呼んで話ししてくれるのね。
その辺がね、大成する人、しない人の境目なんでしょうね。

翌3日からは毎年恒例の箱根は塔ノ沢の「福住楼」に出掛けました。
「ポーラ美術館」と「彫刻の森美術館」には行きましたが、何もしない充電の旅。
素晴らしいお湯に浸かり、料理に舌鼓を打ち、スッカリ元気になって帰宅。
こうして新な年の幕が切って落とされたのでした。
箱根の様子などはまた日を改めて。写真と共にアップしますね。



写真は年末に撮った1枚です。
先日のヒヤシンスがいい具合にドライフラワーになっているでしょう?

年賀状にも書きました。今はこんなご時世ですが、
何事もなく穏やかで実り多い1年になるといいですね。
皆さんもどうぞ健康には注意して、素敵な年になりますように。
このブログ共々、ズッコケ・ブノワ。さんもヨロシクです!


2013年1月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-01-06 00:00 | 向き向きの花束。

明日に向って……。

e0044929_14522787.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いよいよ今年もカウントダウンになってしまいました。
いいですね、大晦日とか元旦とか、カレンダーが一枚捲れただけなんですが、
身が引き締まる思いがします。僕は今年も風邪一つ引かず、
健康優良児を絵に描いたかのような一年でした。
勿論、年は年ですからメチャクチャをして健康だった訳ではありません。
それなりに、自分なりにですけどキッチリ健康管理をしてきました。
タップリの睡眠に季節季節の旬のものをタップリ摂ること。
目標を決め、日々を楽しく過ごせる陽気を配る。
無理をせず、イヤなことは決して翌日に持ち越さない……。
先ずは何と言っても仕事が最優先ですからね。
キチンと働いて賃金を得てこそ生活が成り立つんですから。
仕事の面で言うと、今年も沢山の方々にお世話になりました。
今の仕事は技術的にまだまだ改善とレベル・アップの余地があって楽しいです。


さぁて、30日は家でチョッとした集まりがあります。
一時帰国しているパリ在住の親友のマダムと、いつも一緒の3人を招いて、
「徳竹」のお節料理と僕の手料理でゆく年を惜しみます。
大晦日は友人にお付き合いして、3回目の鑑賞になる「007 スカイフォール」で、
一年の映画の観納め。今年もなかなかいい作品に出会えました。
家でゆっくりして、元旦から心を籠めて年賀状書きです。
今年はね、3種類作りました。凄く素敵ですよ!(笑)
2日は「シャルダン展」を観てから親友のお宅にお呼ばれ。
3日から恒例、吉例の箱根「福住楼」に親友と訪れ、温泉に入ってゆっくりします。
そうそう、忘れちゃいけない「ポーラ美術館」もね!
今年は10連休なので、折りを見て趣味にも時間を割きたいかな……。

e0044929_14563795.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の1枚目の写真は僕のコレクションの油絵。
およそ100年以上前のものになります。御覧のように額縁がボロボロですね。
木枠に乗っている石膏のモールディングが経年と共に乾燥、
収縮して反り返り、3センチ角くらいの細かいピースに割れています。
触れば落ちんばかりの状態。取り敢えず、剥がれそうな現存部分を接着剤で補強します。
その後に欠損部分を復元する作業に入ります。
一つ一つ丁寧にパテで形成。それから綺麗に残っている部分を形どり、
それを貼って行く作業も。勿論、絵(板)自体も洗浄します。
この復元作業は、まったく他の部分と変わらないように復元するか、
それとも、形だけを元に戻し、色は違えて趣を出すか……思案中です。

2枚目の写真は参考に。
小さなゴールドの額縁はカントリーハーベストで譲って貰ったもの。
四隅のうち1ヶ所だけがオリジナルで残り、
他の3箇所は欠けて失われていたので、オリジナルと同じに修復しました。
その下の額縁はパリはモンパルナスの骨董店で購入した海を描いた油絵に付いていました。
ご存知のようにキャンバスには決まったサイズ(比率)があります。
人物(F)風景(P)海景(M)……この作品は海の絵でしたから「M」で横長のサイズ。
絵はその後、新しく今はなくなってしまった目白のサカキヤで額縁を設え、
この額縁は新たな住人を捜している所。なかなか横長の作品は少ないのです。
先ず、欠損部分の形をパテで出してあげ、敢えてゴールドの箔を貼らずに、
修復した部分が分かるようにグリーンに塗装したものです。
こう言う仕上げ方もなかなか風情があって素敵なんですよ。
修復した部分をワザと分かるように直す……今の主流ですね。

休み中に作業を終わらせるのは無理ですが、材料は揃えました。
接着剤を充填して補強するところまでは済ませたいかな……。
来年は仕事、薔薇、猫、旅……他に趣味の時間も作りたいです。
そうだ!古伊万里の金継ぎもやりたい!僕、老後は金継ぎジイさんになりたいの(爆)
そうそう、旅と言えば4月には長野の鹿教湯温泉「三水館」が決まっています。
それから秋には久しぶりのパリの予定が入っています!
美しい御婦人に誘われました……絶対に行かなくちゃね!(笑)

皆さんもどうぞ素敵な年末年始をお迎えください。
お互いに素晴らしい新年を迎えられますように!


2012年12月28日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-12-28 00:00 | 向き向きの花束。

きん近影……バカにしないでよぉ♪

e0044929_21323174.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真、我が家で一番人懐こいきん近影です。
チョッと早いのだけれど、明日は猫の日曜日だから……。

この子は本当に可愛らしいです。人に対する警戒心ゼロ(笑)
どこの誰でも構わず「nルルルルルル!」頭をゴぉぉぉぉ〜ン、ゴぉぉぉぉ〜ンです(笑)
そのクセ仲間の猫にはダメなんですよ……特に秀千代が大嫌い。
秀千代が構って欲しくてきんに猪突猛進するからなおさらです。

きんはとても分かりやすい猫で、
その目を見れば何を考えているか一目瞭然(笑)
例えば、今日の写真は何かを悪巧みしている目、悪い目付きをしています。
何か悪さをした時、悪巧みをしている時は、
いつもは真ん丸の瞳の上のラインが真っすぐ直線になります(笑)
真ん丸な時は、無心にただただ可愛らしいきんの時。
この写真は、これ、丁度、玄関ドアを「ヨッコイショ!」と開けて外を窺っている時に撮りました。
きんだけなんです、重たい引き戸の玄関を開けられるのは(笑)
ね、悪い目付きしているでしょう?(笑)
きんは全くの病院知らずの飼い主孝行でもあります。
避妊手術を受けた時と、旅行で病院に預けた時の2回のみです。
しかも、きんは病院から里子に貰ったので治療費も宿泊代もタダ!
そのホテルの時だって、ケージから出ると、
さっさと病院の先生に抱っこされ奥に引っ込んで行く姿を見た時は、
ほんの少しのガッカリと嫉妬が入り交じった、
何とも複雑な気分だったのを覚えています(笑)

その きんがこの前、脱走しました(笑)
仕事が終わり、一旦、帰宅してからカトリーヌと黒豆にご飯をあげて、
忙しなく友人と約束した芝居見物に出掛けようとした時、
電車の時間に間に合いそうもなく慌てて家を出ようとしたその瞬間、
「だぁ〜っ!」足元を脱兎の如き勢いで走り抜けて行く斑な茶色い影!
脇目もふらず、一気に前のお宅の玄関先の門扉をすり抜けて中へ……。
初めてそこで立ち止まり、左右をパパッと見渡して一言。

 「nルルルルルル!」

サッと血の気が引きました。だけど時間も迫っています。
僕は辺りに響き渡るのも厭わず腹の底から大きな声で一言。

 「きん!」

きんはビックリして「nルルルルルル!」
慌てて家の中に走り戻って来ました(笑)その間、たったの5秒……たった5秒の自由(笑)
一事が万事、毎日このようなズッコケが繰り広げられています。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さてさてさて!明日はいよいよ選挙ですね。
朝一に投票に行ってから友人との約束に出かけるとしましょう。

ただ、投票って言ってもねぇ……。
その昔、おすぎとピーコのお二人が、酷いことを表す時に、

 「丙丁つけがたし!」と、言っていました(爆)

「甲乙つけがたし!」じゃなくて甲乙丙丁「丙丁つけがたし!」(笑)
まさに今回はその丙丁つけがたい面々に投票しなければいけません。
雨後の筍のように新政党乱立、くっ付いたり離れたり……。
国民の生活がどうのこうのって新党、一体全体どこに行っちゃったの?
やっぱりあの悪代官は信用出来ないですよねぇ……全てが嘘臭い。
沈む船から我先に逃げ出すネズミよろしく新政党に鞍替えした連中。
もう自分が当選すればいいの?なりふり構わず右往左往?
ありましたよね、ヘタクソな昼メロよりタチの悪い愁嘆場が。

 「行かないで!」
 「止めないで下さい。もう決心したんですから。」
 「ワタシたちにはアナタが必要なの……。」

カメラが回っている事を知ってのことだから尚更タチが悪い。
アレが今の日本の政治なの。何でもかんでもパフォーマンス。
しかも、恐ろしいほどにヘタクソで見え透いている。
いやはや、畏れ入谷の鬼子母神……です。

自らの政治生命を守る事に躍起になり、
票獲り合戦に右往左往する唾棄すべき超小粒な大先生たち(苦笑)
「脱原子力発電」を水戸黄門の印籠のように大上段に振りかざせば当選確実?
また、今更ながら思い出したかのように「拉致被害者を取り戻す!」と、
寒々しい台詞を声高に訴える党首もいます。それらとんでもない連中に、
たとえ丙丁つけがたいとしても投票することで思い知らせなければなりません。
「ダメ」の一票を投じなければいけません。
審議中に携帯を弄っている大先生、気持ち良く居眠りをしている偉大な議員の皆さん。
国民はしっかり見てチェックしていますからね。
そいつらに「NO!」の意思表示をしなければなりません。

消費税アップ反対!脱原子力発電!拉致被害者を日本に!……。
もっともらしい台詞は聞き飽きました。机上の空論、夢見心地なお話しはもう沢山。
人の意見、他の政党の挙げ足取りももう沢山。
口で反対するだけなら誰だって出来るのです。理想なんか誰にだってある。
だったら、あなたならどうやって解決するのか?どうやって実現するのか?
何か具体的な方策は?それが実現可能か見極めなければいけません。
例えば「脱原子力発電」は当たり前のことだと思うけど、
それで生活をしている人々も沢山いるのです。その人たちのこれからの人生は?
そんなこんな踏まえて「脱原子力発電」を前進させる人は誰なのかな?
外国に学ばなければいけないことも沢山あると思います。
今の日本の拝金主義的な思想、「I love me !」な個人主義。
何が便利で人間にとって心地よいかの価値観を、
根本から覆さなければいけないかもしれないけれど、
やってみる価値はあるし、やらなければいけないと思います。


僕が住む東京はもう一つ大事な選挙があります。
東京都知事選挙・・・・・・何とお寒い立候補者の顔触れ!
呆れて物が言えません。選択の余地ないですよね。

経験、知識、行動力、清廉潔白さ……。
恐らく圧勝するであろう方には何の不満も持っていませんが、
他に対抗する候補者、票獲りで拮抗するようなライバル候補者は?
この大東京でですよ!世界有数の大都市でもある東京ですよ!
先ず第一にカジノを作る?もっと他にやる事あるんじゃないですか?
尖閣諸島に上陸した?……それって真っ先にダメでしょう。
第一、調べなきゃ本名も分からない人に投票は出来ませんね。
芸能人やスポーツ選手じゃないんだからさ。その辺の感覚が安っぽい(苦笑)
人前に出るなら、先ず名を名乗れ……です。
立候補するのが趣味みたいに、毎回、毎回、懲りずに名を列ねる人もいたっけ……。


ハァ……一体この東京はどうなるの?この日本の未来は?
強力なリーダーシップを持つ政治家はどこに?
色々と意見はあるけれど、近年稀に小泉さんと石原さんにはそれがありました。
その御仁も満を持して国政に打って出たようですが、残念ながら10年遅かったなぁ……。

兎に角、丙丁つけがたいとしても、自分の意に染む人がいないとしても、
投票所に行って自分の意見を投票用紙に書かなければいけません。
それがとんでもない立候補者に「ダメ」を出すことにしかならなくても、
そういう輩を一人でも議員にしないためにも足を運ばなければ……。
仕方ないです、消去法でもやむを得ません。
結果が楽しみです。国民をバカにしている連中に鉄槌を下さなければ。
僕等は皆、怒っています。静かに静かに怒っています。


2012年12月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-12-15 00:00 | 向き向きの花束。

八、八、八……末広がりの盛夏諸々。

e0044929_11111077.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

お盆を間近に控え、都心部も随分と静かになって来ました。
いやぁ、それにしても暑いですね……西日の中30分も外にいると危険!(笑)
この所、スッカリ間延びしちゃっているこのブログの更新ペースですが、
今日は盛夏諸々、最近、思ったこと、感じたことなどを少し書きたいと思います。




文字通り、足が一歩も前に出ないことがあります。
7月上旬に北海道旅行から帰って来て丸々1ヵ月以上……休みがありませんでした。
ただ連日の仕事というだけではなく、いつもに増しての仕事量と難易度の高さ……。
チョッとヘバりました……ブノワ。さん、アゴ出ちゃった(笑)

そんな訳で、久しぶりの休日の今日、朝起きて一番でいつも通っている整体に行って決ました。
バスで5つ目の小さな整体院……予約が出来ないのが玉に瑕だけど、
なかなか気に入っていていつもお世話になっています。
1時間の施術……ハァ、気持ち良かった!完全に疲れが取れた訳ではないけれど、
筋肉がいい具合にほぐれ、後半戦に向けていいスターとが切れそうです。


今朝もそうでしたが、最近、朝、起きると先ずテレビをつけます。
ロンドン・オリンピック……日本選手は大活躍ですねぇ。
連日のメダル・ラッシュ。別にメダルを獲ることが全てではないと思うけれど、
日頃の努力が結果に結び付いた選手たちの晴れやかな顔を見るのは清々しい気分になりますね。
丁度、1ヵ月振りの休みだった今朝もそう。サッカー女子の準決勝の模様をライブで見ました。
サッカーは特に好きなスポーツではないけれど、カナダとアメリカ、彼女達の死闘、
延長を含む120分間の壮絶な戦い。時間を忘れて見入っちゃいました。
ボールを追う真剣な眼差し、延長戦で疲れが溜まり、身体はボロボロなのに、
一生懸命ゴールを目指し、必死でボール追い、走る姿に言葉を失います。
相手にぶつかり身体を痛めピッチにうずくまる選手、
交代かと思いきや、痛みをおしてピッチに戻る姿は感動的です。
そうですよねぇ、この日のために4年間頑張って来たのだもの。
1分1秒でも長くピッチに立っていたいですよね。
勝負ですから必ず勝者と敗者がいます。明暗を分ける一瞬、幸運の女神、
判断のミス……思えば色々とあるでしょうけど、
彼女たちの清々しい、晴れ晴れした表情は美しいです。

この勝ち負けに捕われない輝かしい顔を、
例の無気力試合で失格になったバドミントンの選手たちはどう見るのでしょうね。
あれは驚きでした……テレビを見ていて思わず笑っちゃったものね。
あれ、無気力試合と言うより八百長ですね。そんな綺麗な言葉遣う必要ないです。
あんなサーブ、素人の僕にだって打てるよ(苦笑)
厳しい審判員の目、満員の観客の視線が集まる中、よくあれが出来たと驚きます。
もし仮に失格にならずに勝ち進み、金メダルを獲ったとして、
彼女たちの胸には何が去来するのでしょうね?
汗にまみれ、全力を出し切った選手たちの美しい顔に較べ、
彼女たちの生気のない黒い顔……無駄な時間使わないでジャンケンすればいい(苦笑)
僕の友人は「あの国は仕方ないよ!」と、吐き捨てるように言い放ちます。
そう思われても仕方ないスポーツマン精神まるでゼロの醜態でした。

前半の体操、始まったシンクロナイズド・スイミングや新体操……。
採点系のスポーツが大好きな僕はハラハラドキドキの今大会ですが(笑)
体操の内村選手については日を改めて書いてみたいかな……彼は凄いものね。
この美しいものに関するブログにはピッタリです。


 ルネ     「人間でなくても、私の夫ですわ。」
 モントルイユ 「愛情に自信がなくなると、貞淑へとにげこむわけね。」
 ルネ     「でもその貞淑はお母様から教わったものですわ。」
 モントルイユ 「ああ、お前が貞淑というと妙にみだらにきこえる。どうしてだろう。
         私は前からそんな気がしていた。この世で一等純白な言葉が、
         アルフォンスに向けられていると思うと、真っ黒になる。
         支那人の細工の黒い漆のように。」

                  三島由紀夫著「サド侯爵夫人」第2幕より。

混迷を極めグジャグジャになっている政局に、新しい政党が誕生しました。
ここにそのいかがわしい名前は書きません。何故、三島の「サド侯爵夫人」を引用したかと言うと、
思い出しちゃったんです、この台詞を……その党首が新しい政党名を発表した時に……。
あなたのその口からだけは絶対に聞きたくなかった言葉……僕はそう思います。
平然とその言葉を政党名に出来る厚顔に呆れ返ります。
増税と脱原発を謳えば選挙に勝てる……この愚かで下品な思惑、企みがこの政党の実態です。
こんなふざけた話し、いい加減、僕達も「NO !」を突きつけなければダメです。
一緒にくっ付いて行った政治家……全部ダメ、いいリトマス試験紙になりました。

このブログは美しい物に関するブログです。
政治の事、性的な事、汚い事……ここには書かないようにしていましたが、
何だかあまりにもヒドくてねぇ……。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

その美しいものに関するこのブログ……。
あサテ、あサテ、あサテは南京玉すだれ!本日を持ちまして丸々7年が経ちました!
めでたい!祝・丸7年!この熱しやすく冷めやすい僕にしては金メダル級の快挙です!(笑)
そうだよぉ、明日から末広がりの8年目に突入です。
いい事あるよね?きっとあるよね?だってこの日にブログ始めたのは、
めでたい「八並び」にしたからなんだもの。今年はさらにもう一つ「八」が加わりました。

  白扇の 末広がりの末かけて
  かたき契りの銀要 輝く影に松が枝の
  葉色もまさる深緑 立ち寄る庭の池澄みて
  波風立たぬ水の面 うらやましではないかいな

小唄「白扇」の歌詞です。ちんとんしゃん……三味線、難しかったなぁ……。
扇を逆さまにすると末広がりの「八」の字に見えます。
扇を束ねる要の固く結ばれた様子。常緑の松に繁栄を、
波風立たない凪いだ池の水面に幸せを重ねます……。

更新のペースがスッカリ落ちちゃったこのブログですが、
8年目に向けて、さらに言葉鋭く、毒気も新に、美しい写真と共にやって行きたいと思います。
皆さんが気軽に集えるサロンになればいいなぁ……そう思います。

これからも隅から隅までズズぅ〜いとぉ!宜しくお願い奉りまするぅ。


草々

2012年8月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-08-07 00:00 | 向き向きの花束。

あたしシャンパン!

e0044929_20245170.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「あたしシャンパン!」

その女性はそう言い放つと、
片眉をヴィヴィアン・リーのように上げ僕に向かって婉然と微笑みかけた……。


先日のこと、強引に休みを取って親友(自称、天才グラフィックデザイナー)の家に出掛けました。
まぁ、休む理由はあって、親友宅でやらなければいけない事もあったのだけれど、
久し振りの約束に僕も親友もウキウキ、早く用件を済ませて、
近所のスペイン・バルに行くことで気もそぞろ(笑)
チョッとした写真撮影をしたんですが、その合間に冒頭の台詞の話題になったんです。
何でも、親友は僕からこの台詞を聞くのはかれこれ10回以上にもなると言います。
所謂「耳ダコ」って言うヤツ?(笑)まぁ、確かにそうかもしれません。


今を遡ること12年前。ユーロが導入された新年のことだったかな?
僕、丁度その年末から3週間パリに滞在したんです。今ではとても考えられませんね(苦笑)
当時はね、親しい友人が沢山パリに住んでいて、パリにい観光に行くって言うよりは、
パリに親しい友人に会いに行くって言う感じ……。
皆、殆ど、帰国してしまいましたからそれも懐かしい想い出です。
毎晩、皆で集まってレミの中華でテーブルを囲んだり、
新しい店を開拓して朝まで大酒飲んで……誰かの家に集まって様々なことを論じあったり……。
僕も若かったし、何だかそんな刹那的な生活が目新しかったりもしたんでしょうね。

パリに住む仲間の中では勿論、僕が最年長。
お気軽な旅人だし、そう、エトランジェ……お金を湯水のように使っていました。
毎回じゃないけれど、当然、僕が皆の分を支払いをすることが多かったです。
僕、お金を払うことは何とも思わないのね。皆、パリでバイトしている苦学生。
お金がある人が払えばいいんだし、ない袖は振れないけど、皆で楽しければいいじゃない?
でもね、そんな時、人の人品って出ちゃうんですよねぇ……。

僕、今でも大切な友人だと思っているYくん。彼は今、パリで就職して頑張っています。
大学の論文を仕上げて、そちらの分野で活躍したい……その気持ちも大事だけれど、
彼はフランス人の恋人と家庭を持つことを選んだ。当然、働いて生活費を稼がなければいけません。
僕ね、偉いと思うんです。夢を諦めてね……でも、勉強なんていつでも出来るじゃない?
人間、霞を喰って生きて行く訳には行かないんだから。

そのYくん、一番最初に人となりが良く出たエピソードがあります。
知り合って間もない頃、レミの中華で大酒飲んで、
(彼と彼女と彼の友人と僕の4人でワイン8本空けた……。)
ベロンベロンになって楽しく過ごした宵……当然、僕が支払いました。
その次、僕から鮨に誘ったんです。岸惠子さんが足繁く通った「勇鮨」……パリでは有名ですね。
あの日は雨だったなぁ……Yくんと彼女と僕の3人でテーブルを囲んで、
いざ、会計の段になったらYくんがカード出すのね。「今日は僕に支払わせて下さい」って。
とんでもないのね、冗談じゃないの。可成りお高い金額だったし、
貧乏学生のYくんに払わせる訳には行かないじゃないですか。
そう言う積もりで誘ったんじゃないし、気持ちだけ有り難く受け取って勿論、僕が支払いしました。
この時、思ったのね、この子はしっかりしている。人品卑しからぬいいヤツだって。

その後もそうなの。僕が奢ると分かっている時には値段が安いものしか頼まないんですよ。
僕もそれは感じるので、「こっちが美味しいんじゃない?」とか、
「ねぇ、これ食べてみようよ。」とか、上手く誘導して楽しくやりましたけど、
一事が万事、そう言うヤツでした。今、思うと、ご両親が凄く上品な方々なんですね。
一流の画廊経営でね……親のそう言う姿を見て真っ直ぐ育ったのでしょう。

反対に、いつも金魚のフンみたいにくっ付いて来るNは狡賢かった……。
「会計どうします?Yくんが払うなら僕も払いますけど……。」
それ、金主の僕がいる前で言う台詞じゃないんじゃない?(苦笑)
コイツには2度と奢らないってその時、決心しましたっけ(笑)
その前に、もうとっくに友達、いやいや、知り合いやめましたけど。



さて、ここで冒頭の台詞になる訳です(笑)
まぁ、世の中には色々なヤツがいる訳で、人品卑しい連中もゴマンといます。
レストランでテーブルを囲んで、先ず、僕が「そうね……初めにビール貰おうかな?」と言うと、
皆も相槌を打って「僕もビール!私もビール!」になる訳です。
皆、僕が会計をすることを暗黙の内に知っているから。
ここで件の彼女が声高に宣言しました。

 「あたしシャンパン!」

皆、目が点になっていました(苦笑)だったらオマエが払えば?ですよね。
それとなく聞くと、生まれは裕福な家庭らしいです。留学して女一人で頑張っているそう。
色々と大変なこともあると聞きました。意地悪されて橋の袂で1人涙に暮れたとかとかね。
でもね、所謂、世渡り上手?まぁ、僕に言わせれば、上手く渡っている積もりでも、
手口や手練手管は総て丸見えお見通しなんですけど……。



良く言われます……「薔薇をやっている人は皆、お上品でいいですね!」
とんでもない!薔薇をやっている人間でイヤな奴だっています(笑)
優雅に薔薇を育てている風に見えて、とてもお上品とは言えない人もいます。
植物を育てているからって、皆、心優しい訳ではないし、
人を利用することに長けた狡賢い人もいます。
親切ふうを装って、実際は自分の利益最優先?お為ごかしの塊みたいな人もいます。
綺麗な花を売っているからって、花屋の皆が花が好きとは限らないじゃないですか。
お金持ちだからってお上品とは限らない……ですよね?



その日、親友とはお腹を抱えて笑いました。
僕、そんなに恨みがましく思ってはいないんですけどね……。

 「あたしシャンパン!」

この台詞は強烈でした。だったら自分で払えば?(笑)
第一、僕に小娘の媚で迫ってもダメじゃないですか。
小娘……大嫌いなんだからさ(爆)特に群れでもされたら一大事!
まぁ、異国でそうやって生き抜いて来たんでしょう。
そのやり方について兎や角言うつもりはありません。その人が目的を達成するための方法だから。
一夜の宿に困ることだってあったと聞きます。うら若き娘が男の所にタダで泊めて貰う……。
当然、そう言うことですよねぇ。少なくとも男はその気になる。
皆さんご存知の通り、ここは美しいことに関するブログなので、そこから先は書きません。
でも、僕はそれを一宿一飯の恩義と呼んでいますけど(笑)



さて、人品云々、お上品あれこれはいいけれど、ではオマエはどうなの?
と、問われると、甚だ、片腹痛い部分もありますが、
何せ、僕、生まれは共働きのごくごく普通の家庭だし、地位も名誉もお金もない(笑)
お育ちもここまで大きくなってしまった今となっては三つ子の魂どうにもならないし……。
今からお上品ぶってもメッキ剥がれちゃうし、取り澄ましても化けの皮剥がれちゃう……。
綺麗に取り繕ったって何れは繕いも解けちゃう。
まぁ、メッキは剥がれるもの、化けの皮も剥がれるものと相場は決まっているんですが(笑)
精々、人さまに後ろ指を指されないようにコツコツ真面目に、
清く正しく美しく……そう思います。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はフランスの地方都市、トロワの道具の博物館で撮った1枚。
ここ、一旦、入ったら2度と出て来れません……それぐらい充実の収蔵品を誇ります。
ディスプレイも抜群で、こんな田舎町って言ったら凄く失礼だけど、
素晴らしい感性は東京に持って来ても決して恥ずかしくないくらいでした。
これ、ファイン・シャンパーニュ……熱く熱して木箱にジュゥ〜……なんでしょうね。

 「あたしシャンパン!」

今度そんなこと言ったらこれでジュゥ〜です(笑)


草々

2012年7月27日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-07-27 00:00 | 向き向きの花束。

プロがいなくなった……。

e0044929_7542568.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

年末から忙しくて(……ってもう6月じゃん)
ついつい記事にするチャンスを逃していましたが、
最近、物凄く気になることをチョッと書いてみたいと思います。

あれは確か去年の12月、僕はあまり好きではないのですが、
矢張り巷は忘年会シーズンですから、酒の席が多くなります。
当然、帰りが遅くなったり、電車での帰宅が面倒でタクシーに乗る機会が増えますよね。
最近のタクシーの運転手って道を知らない人が多いですねぇ……チョッとビックリ。
地方から出稼ぎに来ていたり、色々、事情もあるでしょう。
でもね、プロですからね。お客を安全に目的地に運んで代金を貰い、
それで給料を貰っているんですから。

 「すみません、道、教えてください」……はないですよねぇ。

百歩、譲って、客の方が道に詳しく、最短の道順を知っていた場合はそれでもいいです。
初めて行く土地、道が分からなくてタクシーに乗る場合もあるんですから。



その時は、僕の家までの道順がまったく分からない運転手に業を煮やし、
住所を入力してカーナビを使うように頼みました。
そうしたら今度はカーナビの入力の仕方が分からないの(苦笑)
しょうがないです。僕が後ろの座席から身を乗り出して入力してあげました。
それってマズイですよねぇ?もし僕が悪い奴だったら?身の危険は感じないのかしら?



まだまだ沢山、例はあります。
色が作れない塗装屋、鉋(かんな)をかけられない大工(笑)
ハッキリ言ってプロフェッショナルとは言えませんね。

今やホームセンターではプロ仕様の材料や道具がゴマンと売られています。
インターネットで検索すれば、ある程度の使い方、コツは分かります。
器用な人だったらそこそこの仕上がりになりますもんね。
やる気のある人は、好きこそモノの何とかで創意工夫があるから。

以前、このブログで「一億総……。」と、言う記事を書きました。
プロもおちおちしていられませんよね。アマチュアの方が研究熱心だったりして……。
今、自分にご大層な肩書きを付ける風潮が蔓延しています。
今までに見た事も聞いたこともないような肩書きがズラリ(笑)
例えば、素人でも肩書きに「研究家」を付ければそれなりの箔はつきます。
いいんですよ、自由に研究してくれれば。でもそれはプロって言う意味じゃない。
プロの仕事ってそう言うものじゃないと思うんです。

カップ麺より不味い蕎麦屋、回転寿司より不味い寿司屋(笑)
歌手のクセに歌が下手な奴、役者のクセに大根……まぁ、これはご愛嬌ですが。

知識を深め、技を磨いてナンボのプロフェッショナルです。
自らを振り返ってチョッと反省……かな。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真は随分、前にパリのメトロで撮った1枚。
この大きなアールの付いた壁面にアッと言う間にポスターを貼って行きます。
その手際は本当に見事でした……が!結構、ズレているのね(笑)
その辺は大らかな国民性のフランスのこと、どこまでを求められるかの問題でしょうね。
日本だったらそれは凄いことになっていると思います。ピッタリですもんね!


草々

2012年6月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-06-11 00:00 | 向き向きの花束。

親しき仲にも礼儀あり。

e0044929_93996.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

  「○○さんのことを目上と思ったことない。」

もう随分前だけれど、猫の里親のことで仲違いした年下の女性が言いました。
メールのやり取りで険悪になり、その女性が勝手にあれこれ思い込み、
勘違いした挙げ句、「謝まりの言葉がない……。」と、書いて来たので、
売り言葉に買い言葉、僕もムッとして、

 「それが目上に対する言葉か?!」……になった訳です。

目上と思ったことがないのは当然です。
気を遣わせないようにこっちが常に気を遣っているんだもの。
年齢差を感じさせないように、いつもフレンドリーで気安い雰囲気作りを心掛けているからね……。
目上と思ったことがないことがどう言うことか、タメって言うこととは違うんだよ。
歴然と年齢差はあります。その上に立った友達関係と言う事を忘れちゃいけません。
キチンと考えて、察して先方もそれなりの気を遣って欲しいです。



さて、昔の人はいいことを言いました。

 「親しい仲にも礼儀あり。」……本当、そう思います。

僕には10代から80代までの沢山の友達がいます。 
さっき書いたように年下には気詰まりを感じないようにそれなりの気を遣い、
目上には肩肘張らず、フレンドリーをモットウに接するようにしますが、
絶対に敬語を話します。敬語でも十分に親しみを込めて話すことが出来るから。
タメ語なんてとんでもないですね。年代が違う友人が何人も集まった会話では、
話す相手によって瞬時に頭の中で言葉を翻訳……失礼のないようにします。
これ、当たり前ですね、社会人なんだから。

今日、改めて「親しい中にも礼儀あり。」と、書いたのは、
今時の礼儀作法に大いに疑問があるからです。
例えば、一緒に食事をしてご馳走になった時、色々と手間を取らせて世話になった時、
当然、別れ際に「ご馳走さま!」「今日はありがとうございます!」と、お礼を言いますね。
昔はその翌日に電話を掛けたり、改めて礼状で謝意を示したものです。
今はどうでしょう……改めての謝意は必要なくなってきているのかな?
今はメールと言う便利なツールがあります。葉書のように書いてから投函し、
相手に届くまで中2日、3日もかかる訳ではありません。
簡単に連絡が取れるようになって来ている……是非、使いたいものです。

お願いごとをして相手に手間を取らせた場合……。
例えば、メールで写真のデータを送って貰った場合などは、
届いた旨をお礼のメールにするでしょう?それすらしない人が増えて来ています。


それからタイミング。メールは送信すれば瞬時に相手に届きます。
だからこそタイミングが大事だと思うのです。なるべく早くお礼のメールを入れる。これ当たり前です。
最低限、世話になった人より前にお礼を言わなければなりません。これ、最低限のマナー。
世話になった人から先にお礼のメールが来たのではマズイと思うのです。
最近、こんな簡単なことも出来ない人が増えています。
もしも先にメールを受け取ってしまった場合、スグに返信したいものです。
お礼に限らず、メールの返事は素早く、出来れば中一日くらいの内に返信するのが望ましい……。
忙しかったりバタバタしていることもありますが、最低でも中一日の内に返信したいものです。
朝も早い内に貰ったらその日中に。午後から夕方に受け取ったら翌日の同じくらいの時間までに。
皆さんはその辺、どう思っていますか?メールの返事が来る時間って気にしますか?


あまり返事がないと何だか心配になってもう一度メールを読み返しちゃいます。
何か失礼を書いちゃったんじゃないか?そう思っちゃいますもんね。
それに、次のメール出来なくなっちゃうじゃない(笑)
最近は通常のメールの返事すら返さない人が増えて来ました……。

親しい中にも礼儀あり……最近、凄くそのことを思います。


草々

2012年5月3日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-03 00:00 | 向き向きの花束。

Apres 誕生日強化月間!

e0044929_1719413.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

ハァ……スッカリ風邪引いちまったがね ← って、どこの方言?(笑)
風邪って言うより、切っ掛けはランチに食べた餃子のタレなの。
タレって言うより、大好きなラー油が原因なの(笑)
珍しく昼ご飯を仕事仲間と摂り、炒飯と餃子を頼んだのね。
ハッキリ言って、マズくて口に出来るような代物じゃないんだけど、
(おぉ〜い!そこの中華系のチェーン店だよ!)
餃子を頬張った瞬間に、友人が変なことを言うもんだから、
たっぷりラー油が入ったタレが、ブノワ。さんの喉◯◯◯の裏側を直撃(爆)
思い切りむせて、咳き込んで、咽を痛めて……とうとう風邪っぴき(涙)

まぁ、年度末が無事に終わろうとしていて気も緩んでいたのかもしれないけれど、
いつかこのブログでも書きましたよね?僕ね、物凄く咽が弱いんです。
声がスグに出なくなっちゃう。別に病気がある訳じゃないんですが、
お酒飲んで喋っているとスグに声が出なくなる。
そう言った類いの咽の弱さ……もしもいい声の持ち主だったら役者になってますって!
だから咽は結構、ウィーク・ポイントなの。気を許しているとスグ風邪っぴき。

僕って◯◯だから、年に一度、風邪を引くかどうか程度。所謂、健康優良児ってヤツ?
参っちゃったのね……年度末が終わったからって4月に入ってもまだ忙しいし……。


31日はどうにか仕事をこなし、さてさて4月1日、日曜日です。
本来なら家でゆっくり身体を休めて週明けに備える所なんでしょうけど、
フと気が付いたら映画の日じゃない!昔は1日の日曜は振り替えていたのに。
別に常日頃、映画の日を虎子眈々狙っている訳じゃないけれど、
滅多に映画の日に映画館に行けることはないじゃない?
迷うこともなくPCで映画を検索……朝一で映画館に!決まり!
その前に、大事な、大事な請求書書きをしてっと(笑)
ブノワ。さん、請求書書くの大好き!だって、それで生活しているんだものね。

さてさて、出掛ける支度はいいのかな?ンンン?風邪?
だって家にジッとしていても治るって言う保証はないじゃない?
ぐだぐだしていても一日は一日、時間は有効に使わないとね。
近所のシネマコンプレックスに行って来ました。作品は「ドライヴ」。
これね、予告編を見ていたのね。予告編って若い頃は毛嫌いしていたけれど、
最近は有効に作品選びの判断材料にしています。
ライアン・ゴスリングって「きみに読む物語」以来じゃないかなぁ……。
なんか縁ないのね……好き嫌いで言うとどちらでもない中間の役者だったんだけど……。
と・こ・ろ・が・!これ、傑作ね!未だ観ていない人は劇場に走るべし!
CGてんこ盛り、CGの出来映え品評会と化した最近の映画界。
こう言う余分をスッキリ削ぎ落としたいい作品もあるのね。
最近のグジャグジャ説明ばかり長くて、実は大した内容じゃない映画の山からすると、大傑作!
先ずね、何の説明もないのね。男がどこから来てどんなヤツなのか。
最小限のことしか語られないの。女がどんな生い立ちでどんな夢を持っているのか?
役名もようやくあるかないか、シンプルな筋立て、小気味いい音楽、
これこれ!これなのだよ!ライアン・ゴスリングとキャリー・マリガンが目で語ります。
目で語れる役者っていないですよぉ。彼の過去の作品をチェックしなきゃいけません。
本当に切ない物語り……今時の軽薄で阿呆な若者に見せてやりたいです。


劇場を出たのはまだお昼前なんですよ……。
これって僕にしてみたら物凄く贅沢な感じがするのね。
高校生の頃は起きたら夕方だったなぁ〜ンて言うことも多々あったけれど(笑)
今は時間が勿体なくて仕方ないです。よく友人に冗談めかして、

 「もう人生半分来ちゃった!」

って言うけれど、
今の健康状態のまま残り半分を生きられる訳じゃないんものね。
人間、一生、同じ部品を使って生きるんです。どこかしらガタが来るだろうし、
いくら医療が発達しても、年を取れば取るほど身体は自由が効かなくなるじゃない?
だから、最近は、思い立ったが吉日とばかり、迷うことがなくなって来ました。
サッと決めてサッと行動する。時間だけが万人に平等って言うけれど、
それは使い方次第だものね。決して平等じゃない。
過ぎた時間は元に戻らないから……。

劇場を出てお気に入りの古着屋に行きます。ここのお兄さんとは気が合うのね(笑)
古着を嫌がる人いるけれど、僕は全然平気。平気って言うより大好きかもしれません。
春に着るブルゾンを買って画材屋へ。昔ながらの画材屋さん。
ここで仕事の道具と、趣味でやっている油絵の修復のための材料を買います。
そろそろ仕事も一段落。時間も出来ることだし、
本を読んだり趣味のあれこれをしたいじゃないですか。
この春はオークションで落とした油絵を修復して額縁を作ります。
先ずは埃塗れになっている表面を洗浄します。絵の具が剥離しやすくなっているので、
柔らかいコットンにテレピン油を湿してそっとそっと小さく円を描くように指を動かします……。
2時間くらい作業したでしょうか。随分と画面が明るく鮮明になったような気がします。
この作業についてはまた今度ゆっくりと……。

集まって来ていた猫たちと遊び、外に出てクレマチスの誘引をします。
このところの暖かさで植物の新芽がグングン伸びて来ましたね!


そうだ!今日から4月なのだ!「Apres 誕生日強化月間」と言うことで、
見ている皆さんに大きくアピールするために写真撮影です(笑)
3月の誕生日に貰った花束をドライにしたものとプレゼントの数々……。
本を貰うって本当に嬉しいものですね。マイケル・ケンナとアニー・リーボヴィッツの写真集は、
今月が誕生日の友人を、既に用意してあるプレゼントで脅し&釣ったら早速届きました(笑)
今は簡単ですよねぇ……家にいてポチポチっとすれば相手に届いちゃうんですから。
両方とも素晴らしい写真集でした。それから薔薇の名前に関する本!
編纂するの大変だったでしょうね……英語なので時間をかけてゆっくり読みたいです。

記録的な暴風雨が去り、一気に春になりました。
空気中の汚れたものが吹き飛び、何と空気の美味しいことよ!
こんな都会の真ん中で深呼吸したのはいつ以来のことでしょう……。


「Apres 誕生日強化月間」………。
薔薇の大先輩、フレグランスさまのブログで僕の薔薇を素敵に紹介して下さいました。
(このスキンは強調色にならないので上の行をクリックしてね!)
自分で作っておいてなんなんですが、接いで増やされて皆さんの手元に行くと、
何だかもう自分の薔薇じゃないみたい……成人して旅だった我が子を見るようです。
薔薇の人気は儚いです。誌面を飾る人気の薔薇でも精々、保って一年とか……。
でも、こうして手厚くして戴き、皆さんに可愛がって貰っているのは本当に有り難いです。
流行に流されない絶対的な薔薇、僕にしか作れない薔薇……。
そんな薔薇を作って行きたいと言う決意を新たにしました。

今月も映画、演劇、朗読会、可愛がっている俳優くんの日舞の発表会、
外国の赴任する大親友の送別会……等々。
行事が目白押しです。その前に早く風邪を治さないとね。
リストアップされたブログの記事のお題目もズラズラぁ〜っと溜まっています。
滋養と強壮……そんな訳で、今日は鰻を食べに行きます!


メッセージを下さった皆さん、お返事はもう少し待って下さいね。
咳が止まらないのです。落ち着いてPCに向かえません……。
時間をかけてゆっくりと、今週末くらいには返事を書けると思います。



草々

2012年4月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-04-07 00:00 | 向き向きの花束。

You Don't Bring Me Flowers……。

e0044929_2143254.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

バーブラ・ストライサンドとニール・ダイヤモンドのデュエット曲に、
「You Don't Bring Me Flowers」と言うのがあります。
邦題……恐ろしいほどダサイ「愛のたそがれ」(笑)

元々はニール・ダイヤモンドの曲をバーブラがカバーしました。
別々に歌っていた2人のバージョンを、
ラジオのDJだかディレクターだかが自分で編集したものをオン・エア。
それが評判を呼び大スター2人の共演が実現したそうです。


ご存じのように、僕は花を買うのが好きです。
友人の誕生日に贈ったり、友人の家にお呼ばれで行く時に持参したり……。
応援している俳優くんや、日本を代表する大女優の楽屋花として届けたり、
そして、特別に記念日と言う訳ではないけれど、
フラリと花屋に行った折りにはお気に入りの花を自分のために買ったりします。

さて、先日のこと……。
大好きな女優さんの楽屋花を頼みにカントリーハーベストに行った時、
お店のスタッフとあれこれ話をしていると、そのスタッフがフト思い出したように、

 「そう言えば、今、テレビや映画で売れて来た○○さんって、
  前にブノワ。さんが舞台公演の度に花を贈っていた人ですよねぇ?
  もういいんですか?花は贈らないんですか?」

そう……もう花は贈らないんです。

別に仲違いした訳ではないけれど、彼ももう立派に一人前の役者になりました。
風の便りに聞いたんですが、周りが騒ぐのでもう電車には乗れないそうです。
だから移動は自分で車を運転しているそう……。
ある意味でビッグになりましたね。芸能記事のゴシップの洗礼も受け、
舞台のポスターなどの扱いも主役級になって来ました。
雑誌の見出し、グラビアを飾り、表紙にもなりましたし、
色々な所で名前を見るようになりました。

彼がまだまだ駆け出しの頃は、僕が芝居を観に行ったその晩は、
どんなに遅くても電話が掛かって来て、感想やアドヴァイスを求められたものです。
ある時は手放しで褒め、またある時、悩みにくれている時は、公演が上手く行くように励まし……。
随分と濃密な時間を共有したものですが、それももうお仕舞い……。

I don't bring him flowers……anymore。


井上ひさしの「頭痛肩こり樋口一葉」の中に次のような台詞があります、

 「悪人に品切れなし!」

今はスッカリ落ちぶれているけれど、元は武家の出の稲葉 鑛(こう)が、
一葉の母、樋口多喜に借金の申し込みをしに来ます。
何でも主人が麦稿帽子作りの事業を始めたのはいいけれど、
発売当初は好評だったものの、スグに囚人たちが刑務所で作った麦稿帽子が、
タダ同然の値段でアっと言う間に街に出回り、ついには事業に失敗。
人件費がタダ同然の犯罪者が次から次へと刑務所に送り込まれて来る……。
その時の台詞でした。

芸能の世界も次から次へと新しい才能が出て来ます。
新人に品切れなし!……チョッと一瞬、見てくれはいいけれど、
よく見れば、隣りの兄ちゃん姉ちゃんみたいのばっか!(苦笑)
皆、一様にサイズも規格も口裏を合わせたように揃えられた没個性の集団……。
どこにでもゴロゴロ転がっている才能のないタレントたち。
タレントと言いながら、彼等に本当に才能があるかどうか甚だ疑問ですが(笑)
才能もないのに、ただ顔がいいだけの役者、歌はカラキシだけど事務所の力が絶大な歌手……。
有象無象のタレントがひしめく中で、自分の道を見失わず頑張って欲しいと思います。
ワイドショーを賑わさず、ハイエナ芸能記者の餌食にならないよう気を付けて欲しいです。
彼、個性と才能はありますから、あとは作品選びを大事にし、
一段一段、成功への階段を上って行って欲しいです。
初心の夢、舞台人として大成して欲しいです。


花束ですか?……もう贈りません。
そう……僕には僕を必要としてくれる人がいますから……。

写真は今年の誕生日に貰った花束……。
勿論、アレンジはカントリーハーベストの深野俊幸さん。
名前は知らないけれど、スプレー咲きの小さな小さな水仙が物凄い匂い。
気分は一気に春、そして、誕生日強化月間は続きます(笑)


草々

2012年3月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-03-25 00:00 | 向き向きの花束。