匂いのいい花束。ANNEXE。

カテゴリ:向き向きの花束。( 107 )

久し振りの薔薇シャワー&午前さま。

e0044929_1964762.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

この写真ね、ウチの玄関先です。
そう、久し振りに薔薇シャワーしました。
このところ何だか変な天気だったものね。
まぁ、毎日〜仕事している身にとっては有り難かったけど……。

皆さん、ご存知の通り、我家には外に3匹の猫ちゃんがいます。
そう、ジジちゃん一家。だから薔薇に薬は撒けないんです。
薬じゃないけれど、液肥をあげた時にビックリしたのは、
こうちゃんとキクちゃんが流れて溜まった水をペロペロ舐めているのね。
困るものね、液肥で巨大化でもされたらさぁ(笑)

そんな訳で、朝に1回。夕方にシャワーを兼ねて、
ノイバラやリージャンロードなど乾きの激しいものに1回。
そんなこんなしていたら、黒点病にも罹らずピッカピカ青々と、
僕の希望通りに2階の屋根まで這い上っています!
驚くほど美しい緑を保ったまま夏を越せそうです。
そうなのね、この枝垂れた新芽の先を、
まるで、暖簾を手ではらうようにして出入りしているんですよ(笑)


さてさて、火曜日に可愛がっている俳優くんのライブを見て来ました。
出来るだけ沢山の友人に声を掛けて……お賑やかしね。
終わった後は仲間の俳優陣、総勢10人で居酒屋で暑気払い(笑)
気取っていられないものね……時間制の飲み放題でしたけど、
久し振りに集う友人達の元気な顔、顔、顔、顔……。
食べ物もそこそこ、赤ワインなんて飲めた代物じゃないけれど(笑)
いいものですよね、友人達の明るい笑顔って。
所で、僕、綺麗な人が好きみたいね……。
男女に限らず綺麗な面々でした(笑)

11時30分過ぎ、終電の時間が気になる頃に解散。
三々五々、それぞれの家路につくのです……が!
僕はさらに飲ん兵衛と共に新宿のバーに繰り出しました(笑)
清く正しく美しく……9時にはお眠になっちゃうブノワ。さん。
最近はなかなか夜の街を徘徊する事はありません。
でも、折角、近くに来ているんだものねぇ。
ご無沙汰の不義理を詫びるついでに大酒して来ました(笑)
久し振りの訪問にも変わらぬ温度で接してくれるマスターに感謝。
帰れる「居場所」があるって本当に素敵なことですね。

そろそろ1時を回りました……翌日に仕事がある友人は帰り、
僕と親友2人はさらにもう一軒!
何年振りかなぁ……お洒落なバーに突撃です。
マスターと差しで飲むこと小一時間、楽しい時間はアッと言う間に過ぎ、
さすがに帰宅の時間です。タクシーを降り、
布団に入ったのは朝の4時でした(笑)


実はね、当日の仕事の予定を上手くコントロールし、
午前中で終わらせるハズが何と1時間で終わってしまい、
それならばと、歩いている時に見掛けた駅近くの温泉?
クア・ハウスみたいな所で優雅にお湯に浸かり、
 
 「日頃の疲れはキチンと取らなきゃね!」

なぁ〜んてうそぶいていたんですが、
帰りの電車の冷房がキツくて見事に風邪を引いてしまいました(苦笑)
扁桃腺が重い中のライブ・ハウスに朝方までの深酒……。
昨日はさすがに夕方まで寝ていました。声出ないんだよぉ〜!
あんなに寝たのは高校生の時以来?年取ると眠れなくなりますもんね(笑)

そろそろお盆休みの段取りをしなければいけません。
2週間は無理かなぁ……10日は休めると思うので、
うず高くそびえている段ボールと戦い、
出来れば安曇野のジャンセン美術館に行きたいのです。
「ナッシュビル」も観に行かないとね。
上京している北海道の親友とお茶もしたいし……。
季節限定の桃のパフェが食べたいんだってさ(笑)

皆さんも不安定な気候に翻弄されないでね。
誰も守ってくれません、自分の体調は自分で管理しましょうね!


草々

2011年8月5日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-05 00:00 | 向き向きの花束。

盛夏諸々。

e0044929_21361796.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

本当に月日が経つのは早いです。
ボンヤリしていたら今年も8月になっちゃいました。
皆さん、元気にお過ごしですか?

今日は、8月、盛夏諸々、雑感&メモ的なあれこれを少々……。
先ず、僕の今の生活の中心的存在のジジちゃん一家について新事実を一つ。
何と!こうちゃんとキクちゃんに兄弟がいるらしいのです(笑)
前のお宅のお母さんに聞いたんですが、
もう一匹、真っ黒の子猫がいて、
こうちゃん&キクちゃんで団子3兄弟なんそうです(笑)
その真っ黒な子はヨチヨチの頃に高い所から落ち、
虫の息の所を飼い主(ジジちゃんが脱走した家)に保護されて現在に至るそう。
何でも、今はその家の他の飼い猫たちと一緒で蚤だらけ……。
周りの人間にも被害が出ていて保健所に通報されちゃったんだそうです……。
一体全体どうなっちゃうんでしょうねぇ。
ウチに来れば可愛がってあげるんだけど……。
ジジちゃんですけど、その飼われていたお宅で虐待にあっていたそう……。
人伝ですからね、正確なことは分かりませんが、
脱走してウチの辺りに住みついたそうなんです。
その割には人懐っこい子……可哀想にね。


さてさて、チョッと自分のことなどを……。
丁度、今日、8月1日をもって、仕事を独立してから2年目に入りました。
本当に月日が経つのは早いです。
光陰矢のごとし、まるで瞬きする間の出来事のようでした。
一番、嬉しかったのは、毎日が楽しかったこと。
それからお得意さま、お客さんに喜んで貰っていること。
少しずつですが、口コミや紹介で仕事が増えていること……でしょうか。
これからも頑張らないと……猫破産しちゃうもの(笑)


春先から暇を見つけてはマメマメしく映画館に通っています。
全盛期の鑑賞本数からすると大したことないけど、
強烈に忙しい身にしては上出来だと自分を誉めてみたり……。
但し、観た映画を楽しんだかどうかは別……可成の辛口です(笑)

ざっとリストアップしてみると……。

●「パイレーツ・オブ・カリビアン/命の泉」……。
 もういいよ……ジョニー・デップ。
 なぜ、人気があるか僕には全く不明です。ごく普通の人じゃない。
 いいの、日本国中の女性を敵に回しても……石、飛んで来るかな?(笑)
 あのキャラクターは脇だからこそ光ると思うんですよね。
 アカデミー主演男優賞の候補なんてとんでもない……あれはあくまでも脇役。
 唯一、映画って長く観ているといいことあるなぁって思えたのは、
 ジュディ・デンチの豊満な寄せ胸が見られたこと(笑)
 だって、この映画、他に見所ないでしょう?(笑)
 全シリーズ通じてこれでもかって言うほど冗長ですよね。
 このシリーズってまだ続きそうね……もう絶対に行かないぞぉ(苦笑)
 そうそう、ペネロピーとデップってソックリね……目の下のクマが。
 J・Sを除く海賊の船長たちは物凄く魅力的なんだけれどねぇ……。

大好きなエミリー・ブラントが出ているので観に行ったものの、
タイトルをどうやっても思い出せなかった……。
●「アジャストメント」
 ウゥ〜む、こう言う題材って今、流行?
 近未来が舞台の、先ず、CGありきの映画……。
 「インセプション」とかさぁ……真面目くさって描くことかなぁ。
 面白くなかったとは言わないけれど、だからどうした!
 今や若手男優はマット・デイモンの一人勝ちですね。
 クリスチャン・ベールが気を吐いているけれど、
 ジュード・ロウはどうしたの?なぜ、一気にブレイクしない?
 いつも二番手、絶対に売れる名前なんだけれどなぁ……。

●「スーパー8」
 僕、スピルバーグってダメなのね……。
 彼の大人になりきれない子供の部分が出ると、
 一気に面白くなくなっちゃう。タイトルはいいですね。
 でも、二番煎じ、三番煎じ。いつかどこかで見た感じ……。

●「しあわせの雨傘」
●「クリスマス・ストーリー」
 現代のフランス映画の衰退をモロに見せてくれる「しあわせの雨傘」。  
 いいの?こんな映画撮っていてさ、おい!フランス映画!(笑)
 ドゥヌーヴって元々演技が上手くはないし(存在感と雰囲気だけの人)、
 若い頃はその能面のように変わらぬ無表情が売り物だったけれど、
 もうチョッとヒロインをやるのはキツいかな……。
 赤のジャージ姿とカーラー巻き巻きは見たくなかった(笑)
 ドパルデューってその昔はデ・ニーロと並ぶ演技派で(1900年を見よ!)
 アメリカのデ・ニーロ、フランスのドパルデューって言われていたの。
 結構、ハンサムで売っていたんだけれど……今やドラム缶だものね。
 映画俳優が全員ハンサムである必要はないけれど(特にフランス映画)
 大きなスクリーンで観るのはチと辛い……早々にご退場願います。
 「クリスマス・ストーリー」はなかなか見所がありました。
 エマニュエル・ドヴォスって美人じゃないけれど、
 いい女ですねぇ。色気ムンムン。「リード・マイ・リップス」も良かった。
 日本の男性陣は、彼女みたいな美しさをキチンと分かるようにならなきゃね。
 いい大人が何だか得体の知れない少女軍団を追いかけているのは、
 ハッキリ言って不気味だし、第一、少女は売り物じゃない。
 彼女、あき竹城に似ているのね(笑)あきさんもある意味、美人だし。
 マストロヤンニとドゥヌーヴの娘のキアラ・マストロヤンニ。
 この人も表情硬いのね……演技は母、顔はお父さんにソックリですね。

●「ブラック・スワン」
 これ、CGを一切使わず主人公の内面をキッチリ描いたら、
 紛れもない傑作だったんだけど……。
 なまじ主人公の心の内の葛藤、恐怖、猜疑心を「絵」で見せたがために、
 ガッカリ感満載の思わせぶりな失敗作に……勿体ないです。
 ナタリー・ポートマンの力からするとそれも可能だったのにね。
 彼女のアカデミー賞受賞……僕には大きな「?」マークです。
 ライバルを演じたミラ・クニスは大きく化ける予感……。

そして、昨日、観たばかりの、
●「わたしを離さないで」
 これは良かった……だけど、観なきゃ良かったと思うのも本心です……。
 これって実話を元にしているのかな?誰かイギリスに詳しい人教えて下さい。
 僕、キーラ・ナイトレーって大の苦手なのね。全然いいと思わない。
 キーラ、スカーレット、キルステン、ナタリー……全部、苦手(笑)
 買ってそのまま本棚に入っているカズオ・イシグロの原作。
 これを機会に読んでみようと早速、引っ張り出しました。
●「愛する人」
 なんとも凡庸なタイトルだけれど、これがまた一級の出来!
 アネット・ベニングとナオミ・ワッツ、2人の女優を観る映画。 
 特にアネット・ベニングの演技術……これはねぇ、ドゥヌーヴの対極。
 頑な中年女性の、千々に乱れる感情が、千変万化、見事に表現されています。
 驚くのは、彼女、映画の冒頭と終わりでは全く表情が違うの。
 アネット・ベニングを「グリフターズ/詐欺師たち」で初めて見た来た時、
 「これは大変な女優が出て来た」って、思ったのね。
 グレンでもジョディーでも2人のケイトでもなく、
 メリル・ストリープの最大のライバル登場……チョッと焦ったもの。
 勿論、賞レースでって言うことですけど。
 彼女、ウォーレン・ビーティーと結婚しましたけど、
 ハッキリ言うと女優としてのキャリアは棒に振ったと思うのね。
 女優として一番いい時に映画にあまり出られなかった……。
 これからは大いに活躍しそうですけど、
 人として、女性として、女優として……幸せって難しいです。


ブノワ・マジメルの旧作3本「ピアニスト」
「マチューの受難」「引き裂かれた女」。
これらは改めて記事にしようと思っています。
  

この6日からは、アメリカ映画、最大の傑作うちの1本、
幻の傑作「ナッシュビル」リバイバル公開されます!
僕は勿論、初日に駆け付けます。皆さん、観に行ってね!
3週間限定公開ですよ。僕は友人と何回か行く積もりです。
これねぇ、最近の何だか訳が分からないCGてんこ盛りの、
映画を見慣れているとチョッとショックだと思います。
兎に角、観て!俳優陣が自作の歌を歌いまくります(笑)
登場人物24人の人生がギッシリ詰まっています。


草々

2011年8月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-01 21:36 | 向き向きの花束。

豊かさって?……お金にまつわるエトセトラ。

e0044929_217445.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

何だかんだ言って、年度末の忙しさにかまけて延び延びになり、
随分と前の事になってしまったので、わざわざアップもしませんが、
まだ寒さ残る頃、ポカリと空いた時間を有効に使って、
コリン・ファース主演の「シングルマン」を観ました。
はぁ……いい映画ってなかなか記事には出来ませんね。
情緒豊かで余韻があって……大層、僕のお気に入り。
ただ、観終わって僕の中で暫く自問自答する日が続きました。
そのキーワードとは……。

 「人生において豊かさとは?」

主人公の満ち足りた顔で終わるこの作品、
ご覧になって感慨深く思った方も多いと思います。
果たして人生の豊かさとは?モノに囲まれた生活?物質優先?
それとも、贅沢ではないけれど、素晴らしい仲間に囲まれて、
愛情に溢れた実り多き人生を送るか……そんなこんな、
自分の人生を顧みてズゥ〜ッと考えていました。

さて、豊かさについては、またあることをズゥ〜ッと考えています。
皆さんはご覧になりましたか?1981年作、ハリソン・フォード主演、
スピルバーグ監督の「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」を。
活劇映画たるもの斯くあるべし。ムダのない娯楽大作ですよね。
皆さんはラストシーンを覚えていますか?
ナチスの手から聖櫃を無事に取り戻したインディアナ・ジョーンズ。
しかし、その聖櫃はジョーンズが知らないうちに、
政府の秘密機関の保管所にコッソリと移動されてしまいます。
手押し車に乗せられた聖櫃がゆっくりゆっくり巨大な倉庫の奥へ……。

最近、これにソックリなシーンをテレビで見ました。
大震災後、被災地に送られた支援物資の段ボールの箱、箱、箱、箱……。
体育館にうず高く積まれた支援物資が配られることなく、
無用の長物と化していたんです。季節が変わり、冬ものなど、
必要としている皆さんの手に渡る事なく、
あるものは廃棄処分(何トンも!)に、
またあるものは「早い者勝ち」よろしく、
希望者に、よーい・ドン!我先にとばかりに配られました。

 「被災者の皆さんにこう言う事させちゃいけない……。」

僕は思わず一人ごちていました。
スーパーのタイム・サービスじゃないんだからさ。
もっと威厳を持ったやり方ってあったでしょうに……。
これら廃棄処分になる支援品のうず高い段ボールの山を見て、
何だか悲しいやら、憤りを感じるやら……。



豊かさって一体、何でしょうね?

季節を問わず美味しい物をお腹一杯食べられて、
似合いもしないのに馬子にも衣装、ゴージャスなブランド品に身を包み、
本物を持っていてもニセモノにしか見えないとはこれ如何に?(笑)
使いもしない「モノ」で溢れた虚構生活?
持つことで安心感が得られる摩訶不思議な心理。

今、流行のツイッターだか何だか知らないけれど、
大好きな有名人をフォローして、
まるでお友達になったかのような錯覚を覚え(笑)
さぁ、僕も私もプチ有名人!だけど誰も自分をフォローしてくれないの!
今更ながら孤独の深い深い深淵を覗き見る事になります。

蛇口をひねれば新鮮な水が溢れ出て、
スイッチを押せば電気が灯り、
ダイヤルをひねれば火が点く。
何でもかんでも機械任せの便利な世の中。
それが当たり前ではなくなった3月11日以降……。

豊かさって一体、何でしょうね?

…………………………………………………………………………………………………………………………

閑話休題。

先日のこと、仕事が早めに終わり、
玄関周りの薔薇の手入れをしていました。
暫く作業に没頭していて、フと気付くと、
2人の中年の女性がこっちにやって来るではありませんか。

 「あ、丁度良かった。町内会の者ですけど義援金を集めに来ました。」

……って、義援金って集金に来るものかい?(苦笑)
第一、町内会って言ったって、僕、アナタ達の事なんか知らないし……。

 「義援金ですか?……もう寄付しちゃいましたから。」
 「あら……そうですか。で、どこへ?」

もう笑うしかありませんよね。
なぜ、アナタ達に寄付した先を言わなければならないの?
如何にも義援金を差し出すことが当然みたいな顔をした女性達を見て、
ブノワ。さん、呆れるやらムッとするやら。


またある時、玄関のチャイムが鳴ったので外に出てみると、
祭り時の法被みたいな者を着た老人が2人、玄関に立っていました。

 「あぁ、公金集めに来ました。」
 「公金?」
 「そ、◯◯神社の公金。」

「公金」なんて普段使わないから辞書で調べちゃいました。
僕の中では「公金」は横領するもの?(笑)語呂悪いですね。
僕がムッとしたのは、人が丹精こめて育てている薔薇が、
法被の裾で大きく曲がって今にも折れそうだった事。
金を集めに来たと言う割にはぞんざいで無礼な口のききよう……。

 「なぜ、ウチがその公金とやらを出さないといけないのですか?」
 「皆、出してるからねぇ……また出直してもいいんだけれど、
  オレたちもボランティアじゃないからねぇ……。」

あのね!近所と言うだけで訳の分からない神社に、
身を粉にして得たお金をびた一文出せません!
しかもボランティアって!意味分かって言ってんのかな?
ボランティアとか慈善とか、振りかざせば何事もOK?
それってさ、水戸黄門の印籠じゃないんだから(笑)
元来、欧米社会と違って「ボランティア」する習慣がない日本です。
日本人は奥床しいから「ボランティア」と、一々、断らなくても、
近所で助け合い、また、黙って弱者を助ける事を良しとする社会だった。
欧米と違って学生時代に決められた時間をボランティアで社会奉仕をして、
それが単位になるような教育はして来なかった。
意味も分からず「ボランティア」を振りかざす人達って滑稽(笑)

日本人は「お金」のことを口にすることを潔しとしません。
それはそれで上品だし美徳だと思うけれど、
お金って不浄のモノじゃありませんよ。
お金って尊いです。決して卑しいモノじゃない。
皆、身を粉にして働き、賃金を得ているんだもの。
その得たお金で生計を立てているんじゃありませんか?

今はカード全盛時代。電子マネーなどと言うものも出て来たし、
お財布携帯?現金を手にする機会が減って来たのは事実です。
僕が驚くのは、一部のコンビニエンス・ストアなどでは、
代金を差し出しても受け取らないのね。
まるで汚いものを見ているような目付き。
トレイを指差して「こちらにどうぞ」って……。
あのね、あなた一体、何様?お金は手渡しに決まっているでしょう。
お釣りもトレイに入れて差し出すのね……僕ね、受け取りません。
ここは銀座の目抜き通り?あらら、ドアマンはどこに?
それともパリのヴァンドーム広場の高級店ブティックかい?
あなた達はこのお金でもってお給料を戴いているんですよ!

お金が不浄のものだって言う教育?
どこかで擦り込まれていますよね。



話しがあっち行ったりこっち行ったりしてしまいましたが(笑)
僕はここ最近、豊かさについてズゥ〜っと考えています。
今、大問題になっている原子力発電も含めて、
僕等の生活に本当に必要なもの、必要じゃないもの……。
今回の大震災のために集まった義援金……確か、もの凄い金額ですよね?
果たしてそのお金は何所に行っているんでしょう?
本当に被災者の方々に有効に使って貰っているのかな?
どれだけあっても決して足ることはないと思うけれど、
日々の生活、明日の希望を失っている方々が、将来に明かりを見出せるような、
ホッとするような使い道が出来ているのかな?

実は僕、義援金を集めに来たご婦人たちには嘘を言いました。
ブノワ。さん、まだ、寄付していないのね(笑)
義援金はとっくに用意して別にしてあるんだけれど、
さて、一体どこに寄付していいやらね……もう少し見極めたいの。
寄付しました。ハイ、それで安心!お仕舞い!……じゃ困るものね。
使い道を見極めることろまでしたいものです。

僕のオリジナルの薔薇「Benoit Magimel」で得たパテント代。
コマツガーデンから一年間の明細を受け取って、振込もされています。
こちらは準備ができ次第、然るべき所に寄付しようと思っています。
一時期、このお金を義援金に……とも思いました。
ブノワ・マジメル氏も喜んで賛成してくれるでしょう。
でも、恵まれない子供たちのためにと苗を買って下さった方も多いです。
ですから、こちらは初めの予定通りに子供たちに……。


ブノワ。さん、残念ながら、
庭に大判小判がザックザック詰まった瓶なんて持っていないし、
黙ってもお金が入って来る不動産も持っていません。
自分のか細い身体で稼いだ貴重なお金です(笑)
使い道、使われ道は慎重に選びたいです。
何だか訳の分からない奴らに自由にされ、
訳の分からない活動資金にされるのはまっぴらゴメンだものね(笑)

何だかさ、震災以来チョッピリ疑り深くなった自分がイヤなんですが。
あれ以来、色々なものを見せて貰いました。人の本質も見えて来たしね。
危機に際してのそれぞれのスタンス?
勿論、十人十色、百人百様なんですけどね。
そうそう、何方かのクリスタル・ピアノでしたっけ?
段々値段が下がる不思議なオークションなんて言うのも初めて見ました……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

古のグラナダ、アルハンブラでは「水」が豊かさと権力の象徴でした。
王族は贅を尽くした庭園に美しい池と噴水を作り、室内にまで水を引きました。
訪れた人々はその美しさに圧倒され、財力の凄さを思い知ったのでした。
数年前、憧れだったアルハンブラ宮殿で夜間にフィルムで撮影した1枚です。
静けさをたたえた水面に技巧の限りを尽くしたモザイクの天上装飾が映ります。

僕が敬愛するharryさんが言いました。

 「ブノワ。さんのブログは美しいものに関するブログ。」って。

凄く嬉しいです。そんな美しいものに関するブログにお金の話し?
いいの!お金って尊くて美しいものだと思うから(笑)


草々

2011年5月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-29 00:00 | 向き向きの花束。

去年の笑える話し。

e0044929_2105371.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「えっとぉ……初日はこれとこれ、次の日はこれにこれ。
  3日目は下がブルーだから上が……あっ!こっちの方がいいかな……。」

こんな調子で選んでみました。会期中6日分の衣装(笑)
結構な時間をかけて、あぁでもない、こうでもない、半ば楽しみながら、
育種家デビューをする一世一代の晴れ舞台に着るオベベ、
床一面に洋服を広げて、1人ファッションショー(笑)
国際バラとガーデニングショウで着る洋服を選んだの……にっ!
会場に行ったらみどり社長が、

 「ハイ、ブノワ。さん、これ着て!」……って!

コマツガーデンの紺色のウィンド・ブレーカーを着せられちゃいました(爆)
ハァ……シオシオのパー……折角、時間をかけて選んだのに……。
オマケに会期中は日を追うごとに異様に肌寒くなり、
最後の方はニットなんか着込んじゃったし……。

もう今年は懲りたもんね!着の身、着のままで行ってやる!
どうせ殆どの人が1回しか見に来ないんだし、見に来るのは薔薇なんだしね。
僕なんかが色気出して着飾ってもムダムダ!
そうだよね、あくまでも黒子に徹しないとダメじゃんねぇ。

と、言う訳で、今年は気楽にやらせて戴きます。
仕事はどうにかこうにかやり繰りします。
なるべく全日、コマツさんのブースでカーネルおじさんやる事にします(笑)
ダメですからね、薔薇の栽培法に関してあれこれ聞いちゃ!
僕はただ賑やかしで立っているだけ、自分の薔薇も売りません。
だって、恥ずかしいじゃない?自分の薔薇を勧めるのって。



さぁさぁ、全国の薔薇ファンが待ちに待った、
「第13回 国際バラとガーデニングショウ」が賑々しく開催されます。
皆さん、是非、奮って遊びに来て下さい。
素敵な企画やトークショウが盛り沢山。
ディスプレイも年々素晴らしくなって来ているし、
きっと、皆さんの庭造りの参考になることは必至です。
往年の名花、新しい薔薇をタップリ見て、コンテスト結果に膝を叩いたら、
帰り際にコマツガーデンのブースにお立ち寄り下さい。

フフフフ……タダでは返しませんぞぉ!(笑)
あなたの手ブラの両手を薔薇で一杯にして差し上げます!
ブノワ。さん、財布の紐を緩めるの得意なんですから!(爆)
って、僕はただ立っているだけだった……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、僕を見掛けたら絶対に声を掛けて下さいね。
ダメですよ、珍しい生き物を見るように遠巻きにしていちゃ。
パンダより珍しいことは確かだけれど、
後から「お見掛けしました」は卑怯、そんなのなしですからね!
是非、楽しい一時を過ごしましょう。お待ちしております!

 5月11日(終日)
 5月12日(終日)
 5月14日(終日)
 5月15日(終日)

以上、4日間、コマツガーデンのブースにいます。
(仕事の予定次第ではこの限りではありません)


草々

2011年5月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-08 00:00 | 向き向きの花束。

瞬間湯沸かし器ふたたび。

e0044929_18465988.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

今では温厚で人当たりが良くて、
優しくて柔和なブノワ。さん……。
んんん?誰?大きな声で、

 「嘘っ!」って叫んでいるのは(笑)

そのブノワ。さん、実は、その昔、
瞬間湯沸器で有名だったのです(笑)
いえいえ、何でもかんでも怒鳴り散らし、
いちゃもんつけていた訳ではありません。
今、流行のクレーマーじゃないしね。
相手に無礼をされた時、いわれのない扱いを受けた時……。
瞬間湯沸器に変身していました(笑)
あれあれ、ホラ、大魔神が怒る時、
腕を顔の前にググゥ〜って持ち上げると、
怒りの形相になるでしょう?(笑)あんな感じ。

グジャグジャは言いません。
たった一言で相手をやり込めるのが醍醐味なの。
今ではスッカリなりを潜めた瞬間湯沸器のブノワ。さん、
先日、久しぶりに沸騰し、大爆発しました(笑)



年度末って言うこともあるけれど、
震災後、有り難くもさらに忙しさを増す仕事。
日々、朝から夕方まで八面六臂で飛び回っていますが、
ある日の午後、スクランブル交差点の最前列で、
グッタリしながら信号待ちをしている僕の前に……。

やおら小柄な女性がサッと立ちふさがるように現れ、
何やら小さな箱を僕の鼻っ先に突き出して、
風貌に似合わない甘ったるいアニメ声で一言……。

 「この度の東北・関……。」

いい終わらないうちに怒鳴り付けていました(笑)

 「この無礼者!」

人の顔ギリギリ、鼻っ先きに汚い箱を差し出すなんて!
良く見ると、齧歯目を思わせる、
いかにも小ズルそうな顔つきの30代の女性が、
呆気にとられて僕を見ています。

 「この偽物め!」

と、心の中で一喝し、さらに沸点が上昇した僕は、

 「そんなに寄付を集めたかったら、
  あなたが一日アルバイトしてそのお金を寄付しなさい!」

努髪天を突くとはこのこと。
久しぶりに血液が沸騰しました(笑)
ハァ……スッキリした。



今、至る所で義援金の募集をしていますが、
しっかりと自分の目で見極めて確かな所に寄付しないといけません。
如何にも胡散臭い人……いますもんね。
大きな駅まわりには夥しい数の募金運動をする人が……。
何宗だか知らないけれど、普通、僧侶が募金運動する?
しかも、貸衣装で借りて来たような衣装着て(笑)
宗派書いてあるけど聞いたことないし……。
人の不幸、どさくさに紛れて悪さを考え付く輩が沢山いますからね。

…………………………………………………………………………………………………………………………

そうそう、チョッと思うのですが、
自分のブログ等に色々とニュースのサイトとかを、
貼りつけるのはよしましょうよ。
たとえ良かれと思ってやったとしても、
それが確かで善意のサイトでも、人間って極端に走るから、
扇情的なタイトルだけ読んで終わっちゃうこと多いじゃない?
伝言ゲームと同じで次の人に正確には伝わらないし、
いとも簡単に曲がって解釈しちゃうもの。
今回の原子力発電所事故のことなんか最たるもの。
皆、色々なツールがあるんだから必要なら自分で調べるって。

 「御覧になってご自分で判断してください」……それこそ無責任。

危険だと思ったらご自分および家族、
親類縁者くらいで行動に出たらよろしい。
サイトの羅列は却って見る人の不安を増長させるだけ……。
羅列するなら自分の言葉で意見を書きましょう。
僕はそう思います。


草々

2011年4月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-04-15 00:00 | 向き向きの花束。

弥生〜卯月……四方山話。

e0044929_644913.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

草木も眠る丑三つ時…………。
あなたは明かりが漏れているブノワ。さんの部屋をコッソリ覗いて…………。

 「ギャぁぁぁ〜!!!!!!」

きっと大きな悲鳴をあげることと思います(笑)
ドアからそっと覗いて見た光景は……パソコンに向かっている僕の、
首が取れていて身体だけが椅子に座っている姿…………。

実は、3月の年度末、あまりに疲れ過ぎて、
パソコンを弄りながらガックリ首を項垂れて、
そのまま寝てしまった僕の姿なんです(笑)
ホラ、ご飯の時にお酒飲むじゃない?余計、眠たくなっちゃう。
だってね、アルコール消毒しないと疲れ取れないし(キッパリ)
後ろから見ると、まるで首がないみたいに直角に首を折って……。
気がついてもスグには頭を持ち上げられません。
筋肉が固まってしまっているんですねぇ……。
痛タタタタタタぁ……毎晩のことなんです。
あるいは、湯船に浸かったまま2時間くらい爆睡…………。
手の平と足の裏がシッワシワ(笑)お湯が冷めて目が覚めます。

2月の中旬から休みなしの45連勤、60件の仕事……。
でもね、お客さんの感嘆の声、嬉しそうな顔を見ちゃうとね……。
まぁ、自分でもよく働いたと思います。
ブノワ。さん、偉いね、ご褒美あげちゃう!(笑)
で、幾つかオークションで素晴らしい油絵も落札しました。
僕ね、仕事の荷物多いんです。節電は大事だけれど、
無計画な計画停電とやらで、
駅のエレベーター&エスカレーターが軒並み停まり、
そうじゃなくても大忙しなのに、見上げると気絶しそうな階段に苛まれ、
疲労困憊、息も絶え絶え、家に帰るとドッと疲れが出て、
草木も眠る丑三つ時に件の光景と相成る訳です(笑)

…………………………………………………………………………………………………………………………

46日目のたった一日の休み……「英国王のスピーチ」を観て来ました。
アカデミー賞の影響もあると思いますが、場内は満席状態。
久し振りにプロフェッショナルの「芝居」を堪能いたしました。
それから、4月5日には、前から楽しみだった、
麻実れい主演の「トップ・ガールズ」も観劇。
何れ記事にしたいと思いますので詳しくは書きませんが、
世の中、周りに気を使った無意味な自粛の嵐の中、
こうして予定通りに公演を打つ主催者の勇気に拍手を送りたいです。
充実した内容のパンフレットは、その代金を全て寄付に回していました。
各人が出来ることを精一杯する……僕はそれでいいんだと思います。
満席の場内を見回すと、明るい顔付きの人なんていませんよ。
中には今のこの状態の中での観劇を後ろめたく思っていた人もいたかも……。

兎に角、自分の物差しを人に押し付けるのはやめましょう。
不謹慎?声高に人を責める人に限って大した事はしていません。
それぞれに出来ることを精一杯すればいいのだから。

…………………………………………………………………………………………………………………………

さてさて、今週末は都知事選がありますね。
高熱で倒れても、這ってでも投票に行かなくてはいけません!
この大事な時の選挙なのに、物凄く残念なのは、
候補者が甲乙付けがたしではなく、丙丁付けがたいこと(苦笑)
消去法でしか選べないこの寂しさ……ここ首都、東京でですよ!
候補者の顔ぶれを見て思うこと。
この方々は本当に東京のことを思っているのかと言うこと。
なんだかどの選挙にも出て来る訳の分からなない選挙マニアみたいな人、
出馬することに意義がある?趣味は立候補?そんなアホな!(笑)
岩をも貫く信念も、大きくて明確なビジョンもないから、
ネバー、エヴァー当選なんかしない……茶番ですね。
自らの私利私欲のための人、都知事と言う役職を、
己の出世のステップ・アップに使おうとしているけしからん奴。
何れは国政に打って出る一段階として都知事の役職を利用しようとしている奴。
ようするに肩書きが欲しいのね。お見通し!都民はそんなにバカじゃない。
他の県では通用したかもしれないけれど、どっこい、ここは東京。
性犯罪者まがい、暴力事件を起こしたヤツなんかに都政は任せられないの。
見てご覧なさい、品性の欠片もない下びた顔を。
人間の本性って決して治らないものですからね。
東京都のことなど微塵も考えていないことは明らか。
その先、先……己の野望のための都知事選。
東京は日本の首都です。都知事はその顔!品性、卑しい奴は退場願って……。

そうなるとあの方しかいないのだけれど、
まぁ、何であぁも口が滑るのかなぁ……失言&暴言の嵐はねぇ……。
何であんなこと言っちゃうかなぁ……ハラホロヒレハレ……。
兎に角、都知事を選ぶと言うよりは、
とんでもない候補たちに「NO !」を突きつける選挙です。

投票のあとは楽しみにしていたバラの家に行って来ます。
欲しい品種もあるし、てんちょと秘密の談合あり(笑)

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は誕生日に貰った花束に入っていた花。
何て言う名前?最後に残ったものをお気に入りの花瓶に入れて撮影です。
貰った時はまだ固くて緑だったのに、
こまめに手入れしているとみるみる赤く色付いて……。
植物は強いですね……薔薇の季節ももうスグ、
ブノワ。さん、準備は万端?剪定し忘れた品種ない?(笑)


草々

2011年4月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-04-08 06:14 | 向き向きの花束。

歌舞音曲は悪か?

e0044929_20312280.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

3月11日以来、世の中は一変してしまいました。

直接、被害のなかった僕達の生活にも可成りの影響があります。
買い占め、交通手段の不備、計画停電……あとね!
そう、周りを見回すと、何事も自粛、自粛の嵐なんです。
ハイ、確かに自粛しなければいけないものもあります。
各々が自ら自粛をする美しい気持ちは尊いです。
でもね、何となく廻りに気兼ねし、
周りの視線が気になっての自粛が多くないですか?

 「こんな時にやったら何言われるか分からないじゃん?」

こんな時にどんちゃん騒ぎ?する訳ないよね。
電力を煌煌と使ったイベントなどなど……。
計画停電のご時世、それはチョッと問題外。
その計画停電(僕は無計画停電と呼んでいます。)
はじめは戸惑ったものの、最近ではごくごく自然に節電し、
ムダを省いた生活が身に着いたような気がします。
車に乗っている人なんか分からないと思うけど、
駅……暗いですよぉ(笑)もっともパリなんかこんなものだけど。
サッと適応する……その辺の順応性って、矢張り、日本人は凄いですね。

さて、今日の記事のタイトルを読んだアナタ!
ブノワ。さん、また天の邪鬼右衛門な事書いてって思っているでしょう。
こんな時に毒吐いてどうするの!って心配してくれた?(笑)
違うのね、僕が今日、言いたいのはね、
何が何でも自粛、自粛って、この自粛モードの今に物申したいの。
そう思いませんか?片っ端から自粛すればいいってもんじゃない。
こんな時だから必要な事、ものってあるんじゃないかって思うの。
そうじゃなくても無計画な計画停電とかで、
被害を被っている人って沢山いるんだもの。
商店街を歩いてみてよ。停電の時間に合わせての不自由な営業。
思わぬ必需品が入手出来ずに営業を見合わせている店……。
営業時間の短縮、開店休業状態の店も数えきれないです。
観光地を見てよ!閑古鳥が鳴いて悲惨な事になっている!
長引く計画停電に先々の生活に不安を抱える人も一杯います。
確実に僕等の収入に響いて来るものね。
娯楽、芸能の世界では、色々なイベント、企画、公演が中止になり、
延期になり……その損失は計り知れないです。

こんな時だからこそ必要な事ってあるんじゃない?
人々に勇気や夢を与える何か……あるハズですよね?
例えば、第二次大戦中、杉村春子主演、文学座の「女の一生」公演に、
防災頭巾を冠った人々が大挙して劇場に詰めかけ、
空襲警報の度に避難しながら観劇をしたそう。
明日すら分からぬ時に観劇?人々は何を求めて劇場に走ったのかな?

戦争と災害を一緒にしてはいけないけれど、
戦地へ慰問に赴いたモンローやディートリッヒが歌を歌い、
戦士たちの気持を鼓舞した話しは有名ですよね。

全てを電気で制御している大劇場や、
大掛かりな照明を売り物にした芝居はチョッとキツいかもしれないけれど、
こんな時だもの、蠟燭などの最小限の照明、
薄暗闇の中での芝居もいいんじゃない?
忘れもしない、去年のクリスマスに観た、
麻実れいの「停電の夜に」なんか素晴らしかったですよ。
最小限の照明の中、素晴らしく豊かな肉声に、
生のクラシック演奏……贅沢な一時。
小劇場はそれが可能なんじゃないかな?蠟燭1本でいいじゃない。
元々、演劇とは役者の身体一つ、肉声によって成り立っているんだもの。
マイクで声を拾わなきゃダメな役者は謹んで退場して戴き、
ここは最小限の支度で出来る芝居を考えてもいいんじゃない?

僕の親友が企画したクラシックのコンサートは全公演、中止になったし、
僕の友人が出る芝居は4月の上旬開幕が随分先まで延期になりました。
コンサート、長い時間をかけて準備して来たのにね、
それまでの努力や苦労が一瞬にして水泡に帰します。
芝居の方は中止にならないだけ良かったと思うし、
考え方を変えれば、稽古が充分に出来ていい作品になると思うけれど、
その延びた期間の役者陣の生活はどうするの?
役者だけで食べられている人は全体の約1割にも満たないと聞きます。
皆、仕事がない時はアルバイトをして生計を立てています。
今やそのアルバイトの口も危なくなって来た……。
真面目な話し、死活問題だと思うのです。

元気な僕等が活発に活動し、沢山稼いで消費して、
まるで元気一杯な心臓のように、被災した人達に、
新鮮でタップリの血液を送る義務があるんじゃないかな?
その血液って義援金と言うことだけじゃなくって、
僕等が日々、頑張っている姿もそうだし、
後ろ盾になって被災者の皆さんを応援している気迫?
ガムシャラに突き進んでいる姿もそうだと思うの。
僕たちが元気に暮らしていることが彼等の励みにもなり、
再スタートを切る原動力になるんじゃないでしょうか。
反対に、僕等も復興にかける彼等の逞しい姿や、
困難な時にも涙を見せず、他人を思い遣り、
礼節を忘れない姿を見て、沢山の元気を貰い、
我が身を振り返って反省をし、元気を貰っているんだもの。

自粛、自粛、何が何でも自粛し、やれ、歌舞音曲は不謹慎だ、
こんなご時世だから手控えて……。
理屈なんだろうけど、ブノワ。さん合点が行かないの。
批判がコワいから右へ倣え?なぜ、自信をもって立ち上がらないの?
自分の判断で、本当に必要なことはやればいい、
本当に必要なら自粛すればいい。どっちも勇気がいる決断ですけどね。
自分の判断で……それって、大抵、間違っていないと思う。

何をするにもお時間とお金がかかっています。
今までの準備に費やした時間と費用はどうするの?
人の目ばかり気にして、しなくてもいい自粛ばかりしていたら、
経済なんてアッと言う間に疲弊しちゃうよ。
一旦、落ち込んだものってなかなか元には戻らないの。

自分を滅してでも被災者を助けている素晴らしい方々、
哀しみにくれる人達に温かいものを食べて貰い、
自分達は固くて冷たいものを文句も言わずに黙々と食べている……。
そんな勇者の姿を見て僕等も「何か出来る!」そう思うことが出来る。
全ての人が被災地に赴いてボランティア活動するのは無理。
気持ちがあっても出来ない人だっている。
だから、今は各々が自分に見合ったことを精一杯しましょうよ。
寄付出来なくたっていい、今、住んでいる所で、
日々、今までと変わらず生きて行くことも立派なこと、
何も形になることが出来ないからって恥じる事はないんです。
自分の生活を全うすること……素晴しいことだと思う。
後々の日本のために大事なことだと思うの。

これから夏にかけても計画停電があると聞きます。
まだ寒い今はまだいいけれど、
夏に電気止まったら困ることって沢山あるんじゃないの?
まだ準備期間があるんだもの、あらゆるものを円滑に回しましょうよ。
こう言う時だからこそ出来ることも見付けてみましょうよ!

…………………………………………………………………………………………………………………………

想い出は遠くなりにけり……。
写真は数年前にジュネーヴの美術館でで撮った「アポロンとキュッパリス」
ご存知、アポロンは予言と牧畜、弓矢と音楽(竪琴)の神です。
キュッパリスはアポロンに愛された美青年。

歌舞音曲は僕達を豊かな気持ちにさせてくれます。
いいじゃない?程々だったら。
各地でさくら祭りが中止になっているけれど、
家族で手作り弁当を囲んで花見する……いいと思うけどなぁ。
お父さんもお母さんも毎日〜大変な思いして働いているんだもの。
細やかな息抜きが罪ですか?その一時が明日への活力になると思わない?
勿論、道路を占拠しての下品なバーベキューや、
明け方にゴミの山と酒臭い広場と化す夜通しのどんちゃん騒ぎは御法度。
そんなものこの自粛モードじゃなくてもやっちゃいけないこと。

ね、皆さん、いい加減、目を覚ましましょうよ。
筋違いな気兼ねや遠慮をしていては、僕達全てが共倒れになっちゃう。
自粛するのも勇気、しないのも覚悟。
皆さんはどっちを選びますか?


草々

2011年3月30日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-03-30 00:00 | 向き向きの花束。

地デジカだとぉ!

e0044929_2055146.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「シャァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」

 「地デジカです。お騒がせしてゴメンなさい……。」

って、最近目に付く地上デジタル化の告知CM。
見ていて何だかあまりいい気はしませんね……。
やんわり脅迫されているみたい(笑)でも、あと5ヵ月?

実は、去年の4月に引っ越しして以来、
荷物が片付くどころかテレビも買いに行っていません。
1回見に行ったんですが、その時は必要に迫られクーラーだけ購入。
そう、昔じゃないからテレビは生活必需品の順位の可成り下(笑)
前に使っていたソニーのテレビは捨てて来ちゃいました。
元々、テレビは見ない方なんですが、
引っ越しを機にさらに見なくなりました。
今、ウチにあるのは古色蒼然とした箱型の小さなブラウン管のテレビ(笑)
それもアンテナにも繋がず簡易的にジャックに繋いだだけ。
画質も何もありませんね。チョッとニュースを見るだけだし、
ある特定の番組を見るためにテレビの前に座る事は皆無。
既にテレビはその存在価値が著しく低下した存在なんです。

さて、地上デジタル化……。
高画質、高音質、データ放送……色々と便利な事もあるようだけれど、
今、画質や音質云々言うほどの素晴らしい番組なんて、
指折り数えるほどもやっていないじゃない。
巨大ジャリタレの事務所とお笑いの事務所の面々がテレビを占拠。
どこにチャンネルを合わせても出ている顔触れはウンザリするほど一緒。
お決まりのギャグにリアクション。公共の電波の無駄遣いです。
内容も、クイズ、旅のリポート、料理番組……。
バラエティとは名ばかりの十年一日の如くお寒い内容。
それらが地上デジタル化と共に改善されるのかな?

 「地デジ化の準備はOKですか?」って、

あなた方こそ、僕達を煽って地上デジタル化する前に、
その高品質な放送形態に見合った内容の番組を作る準備はOKですか?
鮮明な画質、素晴らしい音響で僕等に提供出来る番組を作れますか?
胸を張って番組制作していますか?謹んでそうお聞きしたいです(笑)

BS、デジタル化、ケーブル……チャンネルばかりやたら増え、
放送する番組制作が追い付かず、
過去の映画やドラマを繰り返し繰り返し垂れ流し。
名作映画の価値を著しく下げています。



これを機にいっそのことテレビが無い生活にしようかな?
殆ど影響ないでしょう?(笑)かえって頭がバカにならなくていいかも。
僕と同じことを考えている人、多いんじゃないかな?

 「あなた方こそ地上デジタル化の準備はOKですか?」

キャラクターを作って地上デジタル化を促進するのも結構。
一部で人気がある(らしい)タレントを使ってキャンペーンを張るのも結構。
でも、それよりも前にやることがあるんじゃない?
しかし日本人ってキャラクターが好きね(笑)
何でもかんでもキャラクター……なんて幼稚なんでしょう。
ハァ、今日もほんの少しだけ小さな毒吐いちゃった(笑)


草々

2011年3月2日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-03-02 00:00 | 向き向きの花束。

そう?そうかなぁ……。

e0044929_21532846.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「そう?そうかなぁ……。」

兎に角、僕のブログの文章は長いのだそうです。
先日、友達と御飯食べている時に言われました。
疲れて家に帰ってページを開けて、あまりの長さに、

 「あっ!」って、閉じちゃうんだそうです(笑)

昔からの友人には常々言われています。

 「ワンスクロールにして!」

しょうがないの、元々お喋りだし、性格がお節介?
自分が伝えたいことを肌理細かに説明したいじゃない?(笑)
だって、どんなに言葉を尽くしても、
確実に伝わるかどうか分からないんだもん。
皆さんに分かり易いようにと言う訳でもないけれど、
そのために文章と関係する写真を選んでいるんだし……。
写真1枚と数行じゃ詰まらないじゃない?そんなことない?
そう言うスタイルのブロガーもいるけれど、それじゃ僕じゃなくなっちゃう。
今、流行の何とか言うつぶやくヤツと同じじゃない。
大体においてつぶやいているヒマなんかないしね。
つぶやくようなブログだったらやらない方がいいし(苦笑)

なるべく綺麗な写真にウィットに富んだ文章……。
僕が感じたことを綴って行きたい……そう思っています。
誰ですか?猛毒まき散らしているって言っているのは(笑)

しかし、確かに長いですね、僕の文章(笑)
先日も大体1000文字くらいと言われていた雑誌の原稿、
気が付くと軽く2000文字を超えていました。
で、どうやっても文字数減らないのね(笑)
ようやく1500文字くらいまで削って編集長に丸投げしちゃいました。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は「長い!」と友人に言われた晩、
招待して下さった麗しい御婦人にお持ちしたラナンキュラス。
進化著しいラナンキュラスですが、矢張り小さな花がいいです。

これからは短めの文章を心掛けますが、
一つ宜しくお願いいたします!(笑)


草々

2011年2月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-02-15 00:00 | 向き向きの花束。

年末年始あれこれ、なにそれ、どうよそれ?

e0044929_2011972.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
大雪で大変だった地域もあるみたいですが、
穏やかな年末年始になりましたね。元気にお過ごしですか?
どうせ今年もアッと言う間に終わっちゃうんでしょうけど、
それぞれに順風満帆、健やかで実り多い一年にしたいですね。

さてさて、僕は十年一日の如くの年末年始を過ごしましたが、
チラリとその様子など、フと頭を過ったあれこれ、
疑問に思ったなにそれ?などをチョッと……新年早々、辛口です(笑)

先ず、29日は前の会社の弟みたいに可愛がっている後輩と二人で忘年会。
活動の場は変わっても、お互いに常に気に掛けている存在です。
友達とは名ばかりの「親友」よりも身近で温かい存在。
酔った勢いでボウリングなどを少々……15年振り?(驚)
因にスコアは3ゲームで556点也。
そう、小さい頃の夢がプロボーラーだったブノワ。さん面目躍如です(笑)

30日は親友夫妻に招かれて彼らの家に夕飯をご馳走になりに行きました。
旦那さまのご両親と弟がフランスから来日していて、
年に一回の家族団欒のところ本当に恐縮です。
美味しいディナー、ワイン、プレゼントの交換、本当に楽しい一時。
フランス語がダメな僕ですが、彼等が話すフランス語は何となく分かります。
所々に英語を交えて気を遣って下さっているから。
驚いたのは、ご両親が先日のソフィア・ローレンのエピソードをご存じで、
わざわざ写真集をフランスから買ってきてくださったこと。
さらに驚くことには、この大ファンを自認する僕でさえ、
見たこともない写真が満載!知っているのはたったの5枚、
あとは初めて見る写真ばかりという希少な写真集でした。
会話やプレゼント、相手を思い遣る心遣い、有り難いですね。
チョッと今の日本人には欠如しつつあるこの「心遣い・気遣い」
改めて、自分はどうなのかって考えさせられました。

31日は悪友たちと年越し蕎麦。今年はウチの近くの有名店へ。
ウチに寄って貰いヴーヴ・クリコで一年の労を労います。
気心知れた親友っていいですね。公私ともにお互いに色々とあるけれど、
長く大切にして行きたい関係です。夜は戴き物のお節料理で静かに年越し。
ジジちゃん一家にはかまぼこ、焼き豚、ブロッコリーを微塵切り、
猫缶にまぜたご飯をご馳走。お屠蘇の代わりに牛乳をタップリ。
野良猫に正月も何もないけれど、美味しいものをお腹一杯食べて、
暖かく夜を過ごして欲しい……そう思いました。

所で、見るとはなしに「紅白歌合戦」を眺めていましたが……。
何あれ?一体全体あれは何事?何だか訳の分からない、
アルファベット数文字の得体の知れないグループばっかり。
AKB?SOB?PCB?OMG?……一体何事?本当、Oh My God !ですよ。
AKBって何?あっかんべーの略?(苦笑)
何故、群れないといけないのか?一人じゃ何も出来ないの?
十把一絡げ、いやいや、百把一絡げにした方が売りやすい?
男も女もジャリタレが大挙して群れをなして舞台上を右往左往。
没個性の使い捨て、タレント(才能)なきタレントの品評会。
雁首揃えてこの中から来年はどれだけ残ってるの?
いい加減、ごくごく普通の少年少女を売り物にするのは止めようよ。
君たちも大勢に埋もれるのはもう止めにしない?
なぜ狙わない、ワン&オンリー。人と一緒で恥ずかしくない?
顔が分からないタレントにウンザリしてスイッチ・オフ。

昔はスター、お星さまの一粒一粒が大きかったです。
その中のごくごく一握りの人が自ら光を放つ真の大スター。
今は星クズの集合体、どこぞの狂気の国のマスゲームじゃないんだから。
ガジャガジャ出て来て飛び跳ねている様子はお見苦しい。
いい年をした大人がそんな子供たちを追いかけている姿もおぞましいです。
いい加減「可愛い」で一括りにして少年少女達を愛玩するのは止めましょう。
もっと本物を見る目を養わなきゃ……。
文化なんか成熟しやしない……悲し過ぎます。

今年の紅白歌合戦に出ていた数えきれない歌手(タレント)たち。
その人たちが束になって大騒ぎしてかかって来ても、
28日に亡くなった偉大な大女優のニュースの大きさには適いません。
日本映画界の創世記を引っ張って来た偉大な大女優の死。
引退後も決して威厳を失わず、凛とした生き様は素晴らしかったです。
まさに巨星、背筋真っ直ぐ、燦然と輝く雲の上の存在でした。
大体が比べること自体が失礼ですね。

 「あら、あなた、失礼よ!」

と、温かい笑顔でお叱りを受けそう(笑)


1日〜2日は怒濤の年賀状書き(笑)もはや恒例ですね(苦笑)
今年は仕事を独立したこともあり、去年の250枚よりさらに50枚増えて、
300枚の年賀状を書きました……いやいや、自分にお疲れさま(笑)
僕の薔薇の写真2種類のカードを使い、書きに書いたり300枚。
同じ会社、営業所の人達には、何種類かのカードでもって、
皆が同じカードにならないように工夫します。僕のチョッとした気遣いかな。
全て手書き、皆さんにはそれぞれ違うメッセージを認めます。
だって、人と同じ物を貰っても嬉しくないでしょう?
心を籠めてその人を思って1枚1枚、書いて行きます。
大変だけどそれが僕の主義、同時にアドレス帳の整理も兼ねちゃうの。
何年も連絡のない人、お友達を止めちゃった人は思い切って削除(笑)
仕方ないですね、それが人生、セ・ラ・ヴィ!……だもの。

3日は親友と藤原真理さんを囲んで笹塚の中華。
これも最近の新年の恒例になっています。
4日から仕事はじめ。ジジちゃん一家も増えたし、
彼等の御飯代や手術代の事もあるし、
(チビ2匹が女の子だったら家計に響きます・笑)
さぁて、今年も稼がなきゃ……根性入れて頑張るか!

年末年始のあれこれはまた続きます。
年明けチョッと辛辣なブノワ。さんでした(笑)

e0044929_2054374.jpg
e0044929_2053267.jpg
e0044929_2051026.jpg
e0044929_2045980.jpg
e0044929_2044717.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

写真は年明けにカントリーハーベストで撮らせて戴いた写真。
春の花、ラナンキュラスやクリスマスローズが勢揃い。
そう言えば、可成り前(20年くらい?)だったでしょうか、
初めてクリスマスローズの切り花を買ったのもカントリーハーベストでした。
時代の先端を行く花屋、常に新しいものを提示してくれます。
花は勿論、小さなガラスや缶の器が充実の品揃えです。


草々

2011年1月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-01-08 00:00 | 向き向きの花束。