匂いのいい花束。ANNEXE。

カテゴリ:いつも心に太陽を。( 44 )

素のままで。

e0044929_1825650.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

先日のこと、28年来の大親友と、僕ら2人のお気に入りの美女の3人で、
大好きなのになかなか行けない茅場町の「徳竹」に行ってきました。
3人だけで会うのは考えたら初めて?それくらい珍しいし、
ご飯するのは久しぶりだったかな。 いつもは仲間内の何人かで集まりますからね。

面白いものです。
美女とは、勿論、友人宅でのパーティで紹介されたのですが、
普通なら僕ら一般人とは住む世界が違う人なので、一生、会わずに終わったかもしれないの。
大嫌いな言葉だけれど、彼女は、所謂、セレブ……おぉぉぉぉっ!イヤな言葉!(笑)
きちんとセレブリティですね。僕と友人は平々凡々、ごくごく普通の一般市民です。
でもね、凄く気が合うんです。セレブリティな美女と(笑)
何て言うのかな……素のままで付き合える関係とでも言うのかな。

僕ね、自分で分析するに、自分の最大の美点って、
肩書きって全然、気にしないところだと思うの。全く頓着しない。
超ド近眼&超乱視でキツい眼鏡はかけているけど色眼鏡は持ち合わせてない。
相手のそのままの姿を見ることが出来るのが唯一の才能かも……なぁ〜んて思います。
友人もそう、どんなにおエライ先生でも芸能人でも一緒……。
そんなところが気が合うんじゃないかな……そう思います。
別れた後でさっきの人がどこかの社長だったり会長だったり、
おエライいプロデューサーだったり……「フゥ〜ん……そうなんだ。」で終わっちゃう(笑)
勿論、ごくごく普通の興味は持ちますけどね。

友人の有名なエピソードがあります。
仕事でお付き合いのあるクラッシック界の重鎮(指揮者)に、

 「僕はバイエルまで弾けるけど、○○さんはピアノ弾けるの?」と、質問しちゃったり、

世界的な女流チェリストに、

 「○○さん、バッハ弾けるの?」って聞いちゃったり(笑)

チェリストがバッハの無伴奏を弾けなきゃねぇ……。
この質問は最初、「○○さん、バッハ弾けるのかなぁ?」と、僕にしてきたので、
それは面白いから、是非、本人に聞いてみなって言ったのね。
そうしたら本当に聞いちゃった(笑)聞かれたご本人は破顔一笑、
凄く嬉しそうにしていましたっけ。そんな質問、人生で初めてだったでしょうね。
まかり間違ってもそんな質問して来るヤツいないものね(笑)
僕も友人も(彼の場合は多少……いやいや多分に物を知らないって言うのもあるけれど。)
普通なら失礼に当たることも天然&損得勘定なしの天然でズルくないところが失礼を帳消しにし、
気に入られている理由なのかもしれません。
僕らの交友関係……芸能人やどこかのおエライさん……多いです。
名前を出すと皆、驚くようなんですが、
僕と友人にとってはただ仕事が違うだけの同じ人間なんです。

「徳竹」にご一緒した美人さんも、いつもは本意じゃない肩書きで周りに紹介されることばかりだそう。
曰く、「○○の奥さん」とか、「○○夫人」……とか。人間は肩書きじゃないものね。
僕らにとっては「ふぅ〜ん……そうなんだ。」で終わっちゃうところがいいんじゃないかな。
肩書きを見た途端に手の平返しのおべんちゃら……多いですもんね(苦笑)
e0044929_18272326.jpg
e0044929_18265813.jpg
e0044929_18272242.jpg
e0044929_18263213.jpg
e0044929_18261767.jpg
e0044929_1826133.jpg
e0044929_18262199.jpg
e0044929_18252973.jpg
e0044929_1825883.jpg
e0044929_1824538.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
久しぶりの「徳竹」……非常に堪能しました。
ここは本当にいいです。季節を感じる献立……折々に行きたいです。
随分前なんですが、こちらの名物「焼き大根」を注文したのね。
季節は夏だったかな……そうしたら「あれは冬のメニューですので……。」と、
これまた美人の奥さまに言われちゃったの。
そうなんです、如何に季節感がなくなっているかね。
大根なんか一年中、八百屋に並んでいる……その時イヤというほど思い知らされました。
季節、季節の新鮮な食材で作られる逸品……楽しんできました。
以前の春の記事と較べてね。写真が全く違うから(ここに焼き大根載っています)
今日は写真チョッとだけね。1枚目は涼しげなワインクーラー。
1本目はカバを頼みました(結局、3人で白3本)
シンプルに焼き若筍、新玉葱とつみれの鍋、カマンベールのフライ、
サービスで出してくださった生で食べられる玉蜀黍! 定番の油揚げのピザ、
若鶏の塩焼き、穴子の醤油焼き、ふっくら出し巻きタマゴ、新生姜の肉巻き揚げ!
そして〆は仲良く稲庭うどんでお腹ポンポン!

お連れした友達も大層喜んでくれました。めでたしめでたし。
次は真夏のメニューを楽しみに行きましょう!


2013年6月23日


ブノワ。


「徳竹」
〒104−0033 東京都中央区新川 1-25-1 / TEL 03-3551-2633
昼 月~金 am11:30~pm1:30
夜 月~金 pm6:00~pm11:30(pm10:30 L.O)
   土    pm6:00~pm9:00(pm8:30L.O)
休み、日曜、祝日、第一土曜日


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-06-23 00:00 | いつも心に太陽を。

書かれた嘘、書かれない真実。

e0044929_1343223.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「篤也さんも逃げて!」

彼女はたった一言、そうメールをして来ると何処かへ避難して行きました。
丁度2年前の東日本大震災のあと、
福島の原子力発電所が大変なことになったスグ後だったように記憶しています。

逃げてって言われてもねぇ……。
東京で独立して仕事を頑張っている親友からも連絡がありました。

 「ねぇ……連絡あった?逃げてって言われてもねぇ。
  あの人、一体どんな仕事の仕方をしているんだか……。」

彼も同じことを思い、疑問を感じたようです。
そうなんですよね、僕も彼も個人で仕事をしていますから、
年度末の3月はパッツンパッツンに仕事の予定が入っています。
お客さまの都合でキャンセルにでもならない限り、
雨が降ろうが、槍が降ろうが、風邪を引こうが、極端なことを言えば、
親に何かあっても現場には這ってでも行かなければなりません。
震災当日のことは前に記事にしました。
結局、帰宅出来ずに地方都市のカプセルホテルで一夜を明かし、
翌朝、ようやく動きだした電車で一旦帰宅、取るものも取り敢えず、
メチャクチャなダイヤ、ギュウギュウ詰めの電車に乗って、
その日の仕事先に行って打ち合せに入った時、
テレビの巨大なモニターに映し出された、
初めて見る東北地方の惨状に言葉を無くしたのを覚えています。

身の危険を感じて避難した彼女のことを兎や角、言う積りはありません。
それは彼女のスタイル、それが可能だったから早々に避難したのでしょう。
でも、普通は避難するのは簡単じゃありません。僕は今、ここで生活しています。
仕事に責任があるし、猫もいるし薔薇もあります。一人で生きている訳じゃありません。
庭に大判小判がギッシリ詰まった壺が幾つも埋まっているか、
スイスに隠し口座でもあって(笑)巨万の富を持っていて、
仕事をしなくていいご身分なら別だけれど……。
今、ここでコツコツ仕事をしている。ここが生きる場所……逃げる訳には行かないのです。
逃げて戻って来た暁には、仕事なんか一つもなくなって、
猫共々、路頭に迷うことになっちゃうもの……。

インターネットのニュースや掲示板などで書かれていることは重々承知です。
自分の身体のこと、将来に不安がないと言えば嘘になります。
でも逃げる訳には行かない……責任ある社会人ですから。
僕、既に家族もいませんしね。天涯孤独……ここで踏張るしかないのです。

件の逃げた彼女が何を切っ掛けに、何を安全と判断して東京に戻って来たか知りません。
どこか、例えば、若い頃に留学していた外国の町にでも逃げたのかな?と、思っていましたが、
どうやら実家がある九州に避難していたと風の便りに聞きました。
不思議なもので、何となくそれが切っ掛けで疎遠になってしまいました。
震災以降、人も人と人の関係も、取り巻く世界も一変してしまいました……。

3月11日がやって来ると、この友人の事を思い出します。
今はどこで何をしているのか……調べれば分かるけど、
それもしようとは思いません。この日をキッカケにそれぞれ右と左に道を違えました。
チョッと寂しくて物悲しい想い出。



今日のお題「書かれた嘘、書かれない真実」ですが、
怖いのは、インターネット上に書かれた嘘です。
インターネット上に書かれたこと、全てが真実ではありません。
コピーされ、何件も何件もペーストされることにより、
それはいつしか真実になる……少なくとも真実に見えるようになる。
反対に決して書かれない真実もあります。
書かれないからと言って、そこに真実が存在していない訳ではない。
何が事実で何が間違っているかを見極めることは難しいけれど、
下手をするととんでもない間違った判断をする羽目になってしまうかもしれません。
例えば、ブログやSNSのようなものだけを見てその人を判断するのは危険ですよね。
そこに一体どれだけの真実が書かれているのか……。

このブログを見ている友人によく言われます。

 「いいねぇ。いつも楽しそうで。
  美味しいもの食べ歩いて、あちこち遊びに行って!」

何も心配事がなく、猫に塗れてお気楽に見えるようです(苦笑)
そんな事はないのですけどね……この年になっての悩みは多いです。
気楽に見える?そりゃそうです。しかつめらしい顔していたって何も問題解決しないし、
僕のブログは美しいことと薔薇に関するブログです。
人生の悩みや苦渋をつらつら書いたってしょうがないものね。読む人もイヤだろうし……。
それを望む人は他のその手のブログに行けばいい……僕はそう思います。

旅に出るのは日頃、頑張っている自分へのご褒美。
美しいものを沢山見ることで生活が豊かになり、
仕事へのヒント、明日への活力にもなります。
何も贅沢に外食三昧している訳ではありません。殆どは自炊です。
ただ、新しくオープンしたてで頑張っている若者の店や、
チョッと経営が苦しいお気に入りの店に友人を集って食べに行きます。
僕なりの頑張っている人への応援です。

 「えぇ?またあのお店?」

でも、付き合ってくれる友人は理解してくれていると思います。


応援ということで、なかなか思うように進んでいないのが、
震災後の復興ですね。遅々として進んでいません。支援の仕方もそれぞれですね。
一番大事なのは、自分の身の丈にあった支援の方法を考えることじゃないでしょうか。
身の丈に合った……大事なことだと思います。
無理して大枚叩いて大金を寄付するより、コツコツ息の長い支援が必要です。
それからじゃんじゃん働いてお金を稼ぎ、使って回す、
経済を活性化することも必要じゃないかな。
今、何らかの理由で具体的に支援できなくても、
いつも困っている人たちのことを気に掛けているだけでもいいと思うの。
何れ、何か出来るようになった時、その時に繋がるじゃないですか。
あと、支援したくても、現在の自分の生活が大変で出来ない人もいます。
何もしていないように見えるからと言って一概に攻めるのもお門違い。
自分の考えに染まない人を責め、見下し、目の敵にする風潮がありますもんね。

書かれた嘘、書かれない真実……。
ブログなどで書かなくてもコツコツと支援している人は沢山います。
人はそれぞれです。考え方、発信の仕方、行動の仕方も十人十色。
優しい心根を表現するのに道は一つではありません。


2年前の3月11日以降、日本の全ての人の生活が一変してしまいました。
直接、甚大な被害にあった方々は勿論、
直接ではないにせよ、目に見えない形で様々な影響を受けた人々。
自分を含めてですが、人も変わりました。人も人と人の関係も変わってしまった……。
今までは共通の趣味などで繋がっていて、仲が良いと思っていた人の、今までとまた違った姿。
それも元々はその人が持っていたものなのだから、僕が気が付かなかっただけかもしれないけど、
それはそれ、悲しいけれど、それぞれが一番と思う道を歩むしかないのでしょう。
これからは流言蜚語に惑わされず、真実を見極める目を持って、
自分の考えをしっかり持って過ごしていこうと思います。


2013年3月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-03-11 00:00 | いつも心に太陽を。

忘恩男に後ろ足砂かけ女。

e0044929_1374784.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ピンポ〜ン!」

 「はぁ〜い!」

 「あ、こんばんは。いつもご苦労さまです。
  あれ……今日は何だろう?」

ご飯を食べ終わり、ゆっくりしていると思いもかけず大きな荷物が届きました。
いつも荷物を届けてくれる宅急便のお兄さん。
心ばかりの小さな飲み物を差出しお礼を言います。
外の気配が無くなるまで暫く待ち、玄関灯を消し、鍵を掛けます。
改めて差出人を見てみると……。


僕の持論に「忘恩男に後ろ足砂掛け女。」と言うのがあります。
そう、男はスグに恩を忘れ、女は忘れるだけじゃなくて後ろ足で砂を掛けて去って行く……。
男って単純でオバカですから(笑)世話になった恩を感じていないのかもしれませんが、
女の方が質(タチ)が悪い。恩を忘れるだけじゃなくて最後に何かやらかしてくれます(笑)
所謂、イタチの最後っ屁……これですね。
これはあくまでも僕の持論、そう言う人が多いって意味ですからね。
まぁ、今までの長い人生、色々ありました。
この子は!と、思った子に随分と世話を焼きましたが、
男は恩を簡単に忘れ、女は恩を忘れてさらに何かしでかす……。
無駄なお金を使ったとは言いません。自分も楽しかったしね。
別に頼まれた訳じゃなく、勝手に世話を焼いただけだし。
でも、そのお金があれば都内に小さいマンションくらい楽々買えたかな……。
後悔はしていません。それもこれも全て引っ括めて僕ですから。


届いた大きな段ボールの中身はと言うと、
親友のマダムが連名で送ってくれた実用的でとても嬉しい贈り物!
8キロの猫のカリカリ2袋と、缶詰、カリカリ……見たこともない様々なキャットフード、
それからいかにも猫が喜びそうなオモチャが幾つか。

 「そうだよねぇ……去年は随分とお世話したし……。」

ブノワ。さん、思わず一人ごちます(笑)
そうそう……あの時、口を酸っぱくして念押ししたもんねぇ。

 「感謝しろよ!とても希少なんだからね!
  恩に着ろよ!恩は幾ら着ても着膨れしないんだからね!」

ざっと見積もって4月くらいまではキャットフードを買わなくて済みそう。
心も温まり、お財布にも優しい素晴らしい贈り物。
送り主は、見目麗しい妙齢の御夫人たちですが、
(ゴリゴリゴリゴリ……こう言う時は徹底的に持ち上げる……。)
是非、この恩を忘れずにいて欲しいものです(笑)


今日の写真はプレゼントのオモチャでフガフガ状態のお園(笑)
興奮の度合いは、チョッと膨らんだ尻尾、濃いピンクの鼻の色を見れば分かります。
猫はオスメス問わず単純でいいです(笑)


2013年2月3日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-02-03 00:00 | いつも心に太陽を。

師走……走りまくっておりまする。

e0044929_15321431.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

師走の超多忙の一瞬を縫うようにポッカリと連休が取れました。
仕事が混んでくるのを予想して、スケジュールを詰めに詰めた結果、
先週末から豪華3連休……何という幸運!
スケジュール管理が自分の思い通りになるのが自営業のいいところですね。

背中から腰にかけて厚さ5ミリの鉄板が入り、疲れで視力は落ち、
記憶も朦朧としていましたが、取るものも取りあえず映画館の暗やみに身を沈めます。
丁度、土曜日はいつも通っている整体院が休みなのね。

先ず、連休初日は朝一で昔よく通った街のシネコンに飛び、
「砂漠でサーモン・フィッシング」を観ました。
終映後、慌ただしくフレッシュネス・バーガーに駆け込み腹拵え、
30分後には「ホビット」……トルーキンの世界に浸ります。
両作品ともそれぞれ、エミリー・ブラントとケイト・ブランシェットと言う、
僕の大のお気に入りの女優が出ています。映画は女優で観る!僕のモットウ(笑)

翌、日曜日は朝一で投票に出掛けました。
帰宅してから一風呂浴び、夜の薔薇の仲間の忘年会までの午後の時間を、
早稲田松竹にて「屋根裏部屋のマリアたち」と「ぼくたちのムッシュ・ラザール」を鑑賞。
うぅ〜む、我ながら若々しい行動力!(笑)
だけど、映画って本当にいいですね!未だ見知らぬ世界に僕を誘ってくれます。
夜は皆で「ビストロ・プチ・ハナ」の美味しいテーブルを囲みます。
今年も本当にお世話になりました、お世話しました(笑)

翌、月曜日は朝一で整体に行きました。もうね、身体ボロボロなの(涙)
先生に相談しながら体中の弛んだネジを締め直し、固まった筋肉を解します。
先生は僕の肩に触った途端に「あぁ・・・ヒドいね……。」
もう決して若くはありません。メンテナンスしながらお付き合いしないと。
時間を掛けて揉みほぐして貰い、スッカリ軽くなった身体で、
帰りは近くのお気に入りのカフェで朝ご飯。皆にお礼や連絡のメールを打ち捲り(笑)
帰宅後は軽くデスクワークの後に午睡、夜は親しい仲間と一緒に、
文学座アトリエ公演「海の眼鏡」を鑑賞しました。
アトリエは杉村さんが亡くなって以来初めての訪問。
雛壇の椅子、石油ストーブ、役者の皆さんの下駄箱……。
時が止まったかのような不思議な感覚でした。

今日、火曜日は午前中で仕事を終え、
夜は三軒茶屋パブリックシアターで「ハーベスト」を観ました。
終演後は珍しく一人でスペイン・バルを訪問。軽く一杯ね。
ホラ、たまには燃料補給しないといけないじゃないですか(笑)
ここは今、大変に気に入っている店なんです。何れ紹介出来るかな?


ハァ……我ながら本当にマメマメしく出歩いていること!
キッチリ仕事をして、自由な時間に好きなことをする……。
明日への活力になるし、親しい仲間の元気そうな顔を見ると勇気づけられます。
今年の芝居の観納めは、下北沢で応援している川辺邦弘くんが出る「クラウド9」、
映画は「レ・ミゼラブル」を観て、あとは友人に付き合って,
大晦日に「007 スカイフォール」の3度目が最後になりそう……。
その間に名画座で2本くらい観ることが出来れば御の字です。


観た作品の感想などはまた日を改めて……。
今日の写真は「屋根裏部屋のマリアたち」に因んでパリのアパルトマン。
ヴォージュ広場のアパルトマンを借りた時に撮った1枚です。
どんな人たちが住んでいるのかな?この窓の一つ一つに物語があるんでしょうね。


2012年12月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-12-19 00:00 | いつも心に太陽を。

したくないのね……。

e0044929_14471137.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

この年になると……絶対にしたくないことが沢山あります(笑)

先ずね、列に並びたくないのね(笑)
今の若い人たちは知らないでしょうけど(この言い方、凄く自分が年取った気分……。)
映画館で言うと、シネマコンプレックスなんかなかった時代、
ロードショーの劇場は一般席と指定席に別れていました。
しかも、大ヒットして混んだ場合は詰めるだけ詰めてお立ち見も可。
今は考えられませんよね。消防法で変わったのかな?
全席、同一料金の指定席、定員制でしょう?いい時代になりました。
座席を確保しておけばその時間にいけばいいんだものね。
昔はヒット作ともなると何時間も並んで思った席に座れなかったりして……。
僕、久し振りのリバイバルだった「風と共に去りぬ」を立ち見した覚えがあります。
ギリギリで入ったル・シネマの「インドシナ」で最前列とか(苦笑)
変な現象もあったんですよ。一般席は満席で指定席の白いカバーの席だけがガラガラだったりね(笑)
確かラジオで聴いたんだと記憶しているんだけど、
映画評論家のおすぎさんが、開映ギリギリで劇場に到着。
チケット売り場で「混んでる?」と、聞いた時の女性の反応が、
「・・・・うぅ〜ん。」だったので指定席を買ったのね。
そうして場内に入ったらガラガラだったって(笑)
「あの女!」って仰言っていましたっけ。
確か、一般席が1500円で指定席が2500円だったかな?
それから平日の第1回目だけ全席、自由席のサービスとかね。
皆、開場するとダァ〜って2階席や中央の白いカバーの席に押し寄せる訳(苦笑)

列に並びたくないって言うことで言うと、
食事するのに並びたくはないかなぁ……。
人気の店?テレビで取り上げられちゃったりすると行列が凄いですよね。
特にラーメン屋……ラーメンなんか取り立てて好きじゃないからいいのですが、
何時間も並んでラーメン1杯食べる人の気が知れない……です。
大体、いかにも「食べさせてやる」的な感じの悪いラーメン店が多いでしょう?
たかがラーメンなのに、ご大層に勿体振っちゃって変なパフォーマンスして……。
気難しいオヤジがいる鮨屋と何だかこだわっているラーメン屋は敬遠したいです。
僕は近所の中華のラーメンでいいや。定食屋のラーメンも基本でまた良し。

それからね、仕事で結構、長い距離を移動する時、
JRのグリーン車が付いている時は、必ずグリーン車に乗ります。
新幹線も勿論、指定席。席取りで並ぶのはまっぴらゴメンだし、
イヤだものね、座れなくて長時間立っているなんて。
仕事の場合、行きはまだいいです。ほぼ100%座れるから(荷物重いのヨン)
でも、帰りは下手をすると座れないことも多々あります。
一生懸命仕事して疲れているんだもの、グリーン車?いいですよね、そのくらい。
グリーン料金なんて精々550円〜950円くらいでしょう?可愛いものです(笑)
余計な所に体力を使わなければ、明日への活力、快適な作業に繋がるじゃない?

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は東京駅で買った駅弁「東京弁当」です。
弁当のどデカいアップでゴメンなさいね(笑)

でもね、グリーン車と来たら駅弁でしょう(笑)
さすがに普通の車両じゃ駅弁広げられないけど、
早く終わって昼時だったら駅弁とビールね。日々の楽しみだったりします。
駅弁……いいですよねぇ。その土地、土地の名産が入った駅弁……結構、好きです。
でもね、デパートの「全国駅弁祭」みたいな人集りにはいかないの。
ブノワ。さん、人混みと並ぶの大嫌いだから(笑)
これ、味はなかなかでした。浅草、日本橋、人形町、築地……各街の老舗の品が入っています。
お米は「有機認証米」って言うんですって……秋田県産あきたこまち。
一つだけ大きな疑問は、ど真ん中に鎮座ましましているヨモギ餅……。
これ、物凄く違和感があります。食後の甘いもの……気持ちは良く分かります。
(僕、スイーツって言う言葉大嫌い!何じゃい、猫も杓子もスイーツって!・笑)
何故、ど真ん中にヨモギ餅?(笑)ここはもう一品、肉系を入れ、
(思いの外、肉が少ないのよねぇ、この弁当……。)
甘味は干し杏とかでいいんじゃない?僕はそう思いました。


草々

2012年4月28日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-04-28 00:00 | いつも心に太陽を。

皆さんのご好意にすがって生きております(笑)

e0044929_18385832.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

忙しい師走……どうせ無理だろうと半ば諦めていたのだけれど、
成せばなる、成さねばならぬ!エイヤッとばかりにチケットを取って、
高畑淳子主演の「欲望という名の電車」を観に行きました。
「欲望という名の電車」は「サド侯爵夫人」と並んで僕の一番好きな戯曲だから。

芝居の感想その他は新年にでも改めて書くとして、
今日は「欲望という名の電車」?「野菜と果物の写真じゃん!」と、
訝しく思われた方の疑問にお答えすべく師走のあれこれ、
有り難い友情や心にしみる身内のお話しなどをチョッと……。



先ず、写真ですが、高校生時代に所属していた美術部。
その時に心酔し、真似て描いていたセザンヌを意識して撮ってみました。
意識してって言っても、ただ、白い布の上に雑然と並べて撮っただけですけど(笑)
僕、昔から静物画って好きなのね。風景画と並んで静物画が好き。
肖像画はまた別の次元なのでここでは置いておいて……。


この写真の中には色々なもの、僕の友人や親戚の心が詰まっています。

先ず、中央の黄色い果物……親友が送ってくれた洋梨、ル・レクチェです。
これ、凄く美味しいかったです。箱を開ける前から物凄い匂い!
僕、洋梨って今までの人生で1回しか買ったことないのね。
その一度って言うのが数年前に訪れたおフランスはクリスマスのパリ。
友人は「パリのクリスマス……いいよねぇ……。」と、羨ましがったけど、
欧米のクリスマスは家族や恋人が集まる特別な一日。
エトランジェで旅行者の僕がポツンとパリに1人、こんなに寂しいものはありません(苦笑)
店なんかパン屋とドラッグストア、花屋しか開いていないもんね。
そんな時、パリ在住の親友の日本人カップルがディナーに招いてくれたんです。
お土産に選んだのがヴーヴ・クリコと赤ワイン……そして洋梨。
宗教の違いでクリスマスは関係ないとばかりに開いていたマルシェで1キロの計り売り。
「1キロなんて無理、どれくらいか分からないし、そんなにいらないから3個売って!」
ってお兄さんに言ったんだけれど、「まぁ、いいから袋に入れてみて!」と、
トライしたらピッタリ1キロでした(笑)その洋梨、可成り小振りでしたっけ……。

親友から送られて来た「ル・レクチェ」……大きいんですよ、果実が(笑)
一人でニマニマしながらね、そのまま剥いて食べたり、
バターでソテーしてアイスクリームを添えたり……。
バターの塩分が甘さを引き立ててGoo!タップリ食べられて大満足でした。

e0044929_18394355.jpg
プリプリのジャガイモと里芋は、僕が密かに「おばあちゃま」と呼んで親しんでいる、
ある薔薇美人の贈り物なんです。いつも手塩にかけた野菜を段ボール一杯に詰めて送ってくれるの。
「おばあちゃま」って呼んでいる理由はね、極上の手作り味噌を送ってくれるから(笑)
味噌、凄く美味しいの!僕が今まで食べた中で、色々ある味噌の種類の中でピカ一!
もう市販の味噌なんか食べられない身体になっちゃった……どうしてくれるこの私(笑)
「おばあちゃま」は傾城の美女でもあります……念のため。
ジャガイモはお得意のサラダにして、里芋はそのまま蒸かしたり、
味噌汁に入れたりグラタンにしたり……大地の恵みを堪能しております。
2枚目の写真はその「おばあちゃま」が送ってくれたカリフラワーで、
忙しい合間にチャチャッと作ったカリフラワーのソテー。
オリーブオイルとバターをタップリ、ニンニクと鷹の爪を入れてピリ辛です。
器は「どうしても貰って下さい!」と、懇願されて仕方なく貰ってやった手描きのプレート(笑)
豪快な本人に似つかわしくなく繊細な筆致で美しい草花が描かれています。
やれば出来るんじゃん!もっと精進しなさいね(笑)


真っ赤な林檎……これは天涯孤独の僕の唯一の親戚、
死んだ母が最期まで「頼子、頼子。」と可愛がっていた頼子姉ちゃんが送ってくれました。
頼子姉ちゃんは僕の母の一番上のお姉さんの娘、僕の従姉妹に当たります。
ウチは田舎が信州なの。だから林檎。その少し前に美味しい野沢菜を送ってくれたんですよ。
矢張り信州だからかなぁ……ウチは漬け物と言えば野沢菜なのね(笑)
そうそう、頼子姉ちゃんと言えば、先日、携帯電話を落として困っている時に、
これらの荷物を届けてくれました。やっぱりどこかで繋がっているんですね。
久し振りに電話で話しして面白かったのは、
頼子姉ちゃんが通っている美容室。そこの担当の方がこのブログを読んでくれているそうです。

 「おぉ〜い!ブログ読んでくれてありがとうね!
  も一つ薔薇だけのブログがあるの知っていますか?」

嬉しいですよねぇ……これまたどこかで繋がっているお話し。


写真に写っているその他の諸々は、
半年、冷蔵庫に入れっ放しで勝手にドライになったレモン(笑)
それからカントリーハーベストで取り置きして貰っていた鉄製のグリーンの花器。

e0044929_18402448.jpg
最後に、オークションで落札した蛸唐草の染付けのお皿に盛付けてあるのは、
僕が応援している俳優くんが送ってくれた彼の故郷の名物、松葉ガニ。
舞台がない時には一生懸命バイトして大変なのにね……。
嬉しいですよねぇ……なんだか涙が出ちゃいますね。

 「蔦ちゃん、あたしはこれで銀行を建てる積もりだよ……。」

泉 鏡花の「婦系図」の中で、
我が腹を痛めたのに名乗れぬ仲の娘にお小遣いを貰った小芳が言う台詞です。
因に、この「小芳/こよし」は杉村さんの当たり役、ウチの猫の名前でもあります。

新鮮な松葉ガニ……大きな剥身は塩や醤油でサッパリと戴き、
それから残った実や味噌は盛大にクリームパスタに使ってみました。
撮影後はフライパンの残りをドッと盛付けペロリと平らげました。
何でって……そんな山盛りの一皿、写真になんか撮れないじゃないですか(笑)
これはあくまでも撮影用なんです(笑)ここは上品で美しいものに関するブログだから。
てんこ盛りのパスタの写真は御法度ね(笑)僕、いい格好しいだしね。


一昨日の事を忘れるくらい、記憶喪失になるくらいに忙しい師走のドタバタの最中、
親友(美女×2)や親戚のお姉ちゃん、頑張っている俳優くんから届いた季節の贈り物。
有り難く、そして大事に味わって鋭気を養いました。



「欲望という名の電車」のラスト、精神病院に連れて行かれる前のブランチが言います。

 「私はいつも見ず知らずの方々のご好意にすがって生きてまいりました……。」

決して見ず知らずではなく、親友だったり親戚だったりするのだけれど、
孤独な作業が多い仕事の最中にチョッと触れた心の温もりでした。


草々

2011年12月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-24 00:00 | いつも心に太陽を。

痩せたのか?それとも……。

e0044929_1801191.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

年末から新年へと……目まぐるしく忙しく、
3月の年度末の忙しさが大震災で大幅に伸び伸びとなり、
怒濤のような日々を送っておりました(笑)

 「ここは何処?ワタシは誰?」そんな毎日。

このところ漸く一息つけるようになって来ました……。

 「ハァ、疲れた……。」そっと一人ごちます。

勿論、薔薇のシーズンは薔薇で大層忙しく、
普段はお目に掛からない方々や友人にも沢山会いました。
で!そんな皆さんの口からついて出る決まり文句。

 「ねぇ……痩せた?」

そぉ〜かなぁ……と、思います。
自分では全く実感がないからなぁ……。
良く言いますよね。毎日のように会う人よりも、
たまに会う人の方が変かが分かり易いって。
皆、口を揃えて言うんですよね……頻繁に会う親友も、

 「ウン、痩せた。鎖骨が出て来たもん。」

って!じゃぁ、今まで僕の鎖骨はどこに?(笑)
贅肉に埋もれていたとでも言うのかい?(笑)
自分では全く痩せた実感がないと言いましたが、
痩せる理由も思い付かないし、痩せたと言うより現状維持って思うの。
そうだ、もしかしたら伸びた髪の毛をひっつめているからかな?

 「 ♪ 折ぉ〜れた、煙ぁ草の吸い殻ぁらでぇ……。」by きよし中条

そんなもん見なくても、一番、如実に分かるのが、
お出掛けの時にする指輪!左手の小指に3連のプラチナと、
母の形見のプラチナの「松竹梅」を彫金した指輪をするんだけれど、
そのゆるさ加減で太ったか痩せたか分かるのね。
今はほぼ通常通り、特に痩せた実感はないのだ……。

約1年振りにお目に掛かったHISAKOさまも「痩せた?」と仰言る。
彼女は被写体に対して厳しい観察眼を持つから本当に痩せたのかも……。
20年以上付き合いがある、通称「羽衣のお銀」こと、
美女で大親友のMちゃんも「◯◯さん、痩せました?」って。
彼女もモノを見る目は確かだからなぁ……。
たった一人、自分以外の人間が痩せることが絶対に許せない天敵のA!
彼女だけが「ブノ。ちゃん、太ったんじゃない?」って(笑)

仮に痩せていないのに痩せて見えるとしたら……。
おぉ〜!!やつれたか!(笑)仕事が忙し過ぎてゲンナリ?
薔薇を見にあちこち飛び回ってゲッソリ?
はたまた、とうとう8匹の猫の面倒みる事になって、
両肩に大きくのしかかった重圧にグッタリ?
生活に疲れているのを気遣って、優しい友人達は、
「痩せた?」と言ってくれているのか?(笑)

何れにせよ、人間がうら若き20代の体形を維持するのは至難の業。
そりゃぁ、醜く崩れないまでも、ムチムチムッチリ、
身体は丸みを帯び、シッカリと油は乗って来るし、
地球に住んでいるんだもん、重力で余分な肉は落ちて来るしね。
(なぜ、ウエスト止まりなのか?)
余程、日々の健康管理と適度な運動をしていないと悲惨な事になります。
30代までは運動や食事で体重のコントロールが可能だけれど、
40代を過ぎるとどんなに頑張っても現状維持が精々(笑)
元々身体を動かすことが嫌いな僕なんか目も当てられませんね……。

そうそう。昨日の事。
約、半年振りに会った知り合いと飲みました。

 「ブノワ。さん、アメフトやっていました?」って(笑)

おいらそんなにガタイ良くないよ(笑)
Tシャツの袖から太い二の腕が覗くのは憧れだけど……。


人によってどう見えるかはそれぞれだけれど、
太った、痩せたって非常にデリケートなこと。
「痩せた?」と言われて100人が100人喜ぶとは限らないものね。
痩せていることを気にしている人もいるし、その反対もまた然り。
まぁ「太った?」よりは若干、いいかもしれないけれど……。

でも、中にはいるんですよねぇ。底意地の悪い人も。
ニヤニヤして寄って来て、開口一番「太りました?」って。
顔に悪意が出ているのね(苦笑)醜く痩せギスよりはいいと思うけど……。
以前、随分と年下の友達が、開口一番「肥えました?」って。
思わず「バカ者!」と怒鳴りつけてやりましたが……。

自分で自分をコントロールするのって難しいですね。
元々、楽な方、楽な方に簡単に流れる性格だし(笑)
ダイエットとか運動とか……全くする気ないし。

 「人ってそれまでの生き方が外見に出ますよねぇ……。」って言っても、

そんなに素敵な生き方して来ていないし(笑)
もし痩せて見えるのだったら、それを上手く維持出来るだろうか?
これを機に食べる量を減らしてみる?
アルコール消毒の回数を少なくしてみるか……。


草々

2011年6月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-06-19 18:00 | いつも心に太陽を。

友達甲斐って……。

e0044929_1832899.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「ねぇ、所でブログはビルドしたの?」

イギリスに住んでいる女性の友人が一時帰国の時、夕飯時に僕に聞きます。
ねぇねぇ、ブログはビルドって、一体いつからブログやっていると思ってんの?
申し訳ないけどあれから1つ増えて、今では2つのブログやってんの!
第一、ブログはビルドって、日本語で聞いたらどう?日本語で!(笑)
ブログは上手く行っている?とか、ブログの調子はどう?とか(笑)



 「そうそう、薔薇ってどうなってんの?まだやってる?」

かれこれ20年来の友人が思い出したように僕に聞きます。
あのね!この前も薔薇デビューするって言わなかったっけ?
君のようなお友達に恵まれたお陰で、去年、4種類の薔薇が出ました!
へぇ!って(笑)イヤミだよ、イヤミ!(笑)
今年も1品種増えてシリーズは順調です!(笑)



 「あのさ、ハガキ戻って来ちゃったんだけど、引っ越した?」

こらっ!引っ越しは一年前!(笑)
引っ越しの案内も出したし年賀状も出したハズだよ。
もっとも、その調子じゃ返事なんか戻って来るハズもないけれどね。
住所とか電話番号とかはマメに訂正しておこうね!



 「猫の染ちゃん元気?」

……………………………………………………。
こらぁっ!僕の染香は6年前に死にました!
フぅ〜んって!君は僕が今何匹の猫の面倒を見ているか知ってんの?
家の中で5匹、外猫を3匹の合計8匹!
へぇ、大変だねぇって!この前メールに写真貼付して送らなかったっけ?
君、染香は兎も角、一向に他の子の名前を覚えないよね(笑)

…………………………………………………………………………………………………………………………

たまぁ〜に、こんな会話が僕と友人の間で交わされます。
いえいえ、決して仲が良くない訳じゃないんですよ。
どっちかと言うと親友に近い友人とこんな会話をすることが多いです(笑)

普通、大の親友が薔薇でデビューすると聞いたら、
如何に家から遠かろうがドームまで足を運びますよねぇ?
やって来て元気な顔を見てお祝いを言って……薔薇の苗買いません?
普通、苗、買うでしょう!全部、買えって言ってんじゃないんだもん。
1本でもいい、親友の記念の薔薇の苗、普通は欲しくなりますよねぇ?
一般人が薔薇の育種家デビューなんで普通は出来ないんだよ!
友人の一世一代の晴れ舞台、友達の晴れやかな顔見たくない?(笑)
殆どの友人はドームに来るどころか全く興味がない様子。
中には植物には全く興味がないのに、
全品種の新苗を買って行ってくれた友人もいます。

 「これって、室内の陽当たりのいい窓際でもいいの?」

無邪気に小首をかしげて僕に質問する友人には苦笑しましたが、
普通、友達ってそう言うもんだと思うんだけどなぁ……。
中にはわざわざご祝儀を持って来てくれた人もいるんですよ。
お祝いのメッセージ・カードとかプレゼントとか……。
お金じゃないし品物でもないの。
気持ちの問題ですよ。嬉しいじゃありませんか。

ほらほら、そこの君だよ、そこの君っ!
友達ってそう言うもんなの!心入れ替えなさい!(笑)

って、そう言う友人に限ってこのブログを読んでいないんだっけ……。
読んでいないどころか存在すら知らないかも……(笑)
まぁ、いいです、僕は元気でやっているから。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の小さなブーケの写真は、
先日、友人達とイタリアンのテーブルを囲んだ時、
その中の一人が持って来てくれた誕生祝いのブーケ。
自分が育てている草花を庭から切って来てくれました。
ローズマリーがとてもいい匂いです。
普段はガサツで男みたいで……そんな風に思っていた彼女ですが、
本当は優しい心根のいい人?(笑)嬉しいですよね、チョッとした気遣い。
本当にありがとうね!今度、何かお返ししないとね。
……って、彼女もこのブログ読んでいないんだった……。


草々

2011年5月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-06 00:00 | いつも心に太陽を。

Life must go on。

e0044929_19271332.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

僕に今、出来ること……。


年度末でギッシリに詰まった仕事を一つ一つこなすこと。
こうしている間にもジャンジャン仕事のオファーがあります。
正確に、丁寧に……決して慌てることなく普段のままに。
ここ1ヶ月休みなし……2日だけ取ってあった休みにも仕事を入れました。
生産、生産!有り難いことにこうして仕事があるんだもの。
僕じゃなきゃダメって言うお客さんがいるんだもの。
計画停電?多少、交通の便が悪かろうが仕事上の不便を感じようが、
どこにでも馳せ参じましょう!そして、稼がせて戴きます。
そして少しでも皆さんのお役に立てるよう、
この度の大災害で辛い思いをされている方々の元に届くよう、
確かな所に寄付したいと思っています。

決して流言飛語に惑わされず、正しい情報を見極めて、
軽々しい行動は謹んで……上を向いて笑顔でいられるようにしたいです。


大災害以後、このブログのアクセス数が凄く増えています。
皆さん、何を見にいらっしゃるのかな?何か期待している?
ブノワ。さん、こんな時だもの毒吐かないよ(笑)
凝りもせず買い占めに走り回っている皆さんや、無計画な計画停電とか……。
舌打ちしたくなるようなことは沢山あるけれどね。

 「石油ショックの時にさぁ、トイレットペーパー大量に買い占めて、
  使い切るのに2年もかかっちゃったわよ!カァッカッカッカッカ!」

そう言ってレジで得意げに爆笑するお母さん。
両手には持ち切れないほどのトイレットペーパーが……。
お母さん、少しは学習しましょうよ……人間なんだからさ。
アッ!いけない、またチョッとだけ毒吐いちゃった(笑)

色々と考えました。ここ4、5日ズゥ〜っと思案しましたが、
ついさっき、クリックする寸前まで大いに悩みましたが、
もう一つのブログの方に普段と変わらず記事をアップしました。

辛気臭い顔したってしょうがない。
電車が動かなくたって、満員だって、物がなくたって、
愚痴るのはやめましょう。もっと大変な思いをしている方々がいるんだから。
あの日以来、スッカリ笑顔は消えてしまったけれど、
それでも人生は続く、慌ただしく時間は過ぎて行く……。
クヨクヨしたって、溜め息ついたって一日は一日。
それならば、少しでも明るい話題でブログを満たしましょう。
遊びにきて下さった皆さんの顔がパッと輝くような写真を使いましょう。
読んでいて思わず、プッと吹き出すような事を書きましょう。
少しでもいい、一瞬でもいい、辛いことを忘れることが出来るように……。
ブログは僕が持っている、皆さんに向けて発信できる唯一のツールだから。
考えた末、普段通りに記事をアップする事にしました。

…………………………………………………………………………………………………………………………

口には出さない心に秘めた思いもあるのです。
あの日以降、僕の中で何かが漲っています。
それは決心ともつかない、やり場のない怒りとも言える不思議な感覚。
なぜ?どうして?……よし!頑張るぞっ!頑張って、
一日でも早く皆さんが元の生活に戻れるようにしたい。
打ちひしがれている人に見られて恥ずかしくない姿でいたいです。
先ず、グジャグジャ言っていないで行動に移しましょう。



大丈夫、決して一人じゃないから。
kajinyさんがいい事を仰言いました……「それでも花は咲く。」
そう、それでも春は来る、人生は続くのです。


 被災地で辛く厳しい思いをされている方々、
 及び、福島で危険な作業に従事している勇気ある方々。
 どうぞお身体を大切に。あなた方を尊敬申し上げます。



草々

2011年3月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-03-16 00:00 | いつも心に太陽を。

僕ら微妙なお年頃(笑)

e0044929_20115122.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

僕がいつも不思議に思うこと……。

所謂、ハリウッドのセレブリティと言われている人たち。
女優や男優って、何故、あんなにも早く容色が衰えるんでしょう?
つまり、結構、若い年齢からお肌も顔の造作もボロボロ……。
美容にかける時間もお金も有り余るほどあり、
また、その容色こそが仕事をする上での生命線である彼ら……。
何故、斯くも早くボロボロになるのか……。
要は、整形手術で「手を加え過ぎ」新しい美容法の「やり過ぎ」なんですね。
何事も過ぎたるは及ばざるが如し、やり過ぎは禁物、
ほどほどの頃合いがいいって言うことでしょう。


さて、僕の年齢は「微妙なお年頃」だと思っています(笑)
ハッキリ言って既に20代の若々しさはないし、
かと言って老け込むには早すぎる。色々とやりたくなるのもこの時期です。
シワも増える、白髪も目立つ……あれこれしますよね、悪あがき。
連日の厳しい労働に、疲れを忘れるための深酒……。
その昔、杉村春子さんが僕に仰言いました。

 「あなた、御酒(ごしゅ)は容色に響きますよ。」

髪を赤く染め、日焼けサロンに通い、眉を細く整える(笑)
間違っちゃいけないのは、若く見せるには太い眉、必須なのにね。
見てご覧なさい、年配の女優が若い役をやる時は必ず眉を太く描きます。
ファッションも自分の実年齢をスッカリどこかに置き忘れ、
または、気が付かぬフリをして、今、流行のものを率先して身に着けます。
当然、実年齢とのギャップが見え隠れ。上手く取り繕っていても、
ある時、ふとした瞬間にそれが露呈し、一層、悲惨なことになります(笑)
その年齢、年齢に相応しい装い……なかなか難しいです。

斯く言う僕も、実年齢を頭では分かっていてもなかなか現実には難しい。
気持ちは30代だものね。僕、若い頃から、老けていたし(笑)
男の顔は履歴書、生き様が顔に出ると言われています。
自分に自信を持って、日々、余裕のある暮らしをしていれば、
自ずと素敵に見えるハズ……そうは思うのだけど……。


名優ピーター・オトゥールが自分のことを「骨董品」と呼びました。
骨董品……古くてキズもあるだろうしポンコツで……。
でも自分には価値がある……その言葉に込められた自信は凄いですね。
物には経年の美と言うものがあります。
奈良の薬師寺の西塔。建立当時そのままの姿に建て直されました。
これで東塔と並び、左右に美しい塔がそびえ立ったわけですが、
絢爛の美を誇り、満艦飾で屋根もピンと上向き加減の西塔は、
見る者を黙らせる圧倒的な迫力があります。
しかし、1300年余の歳月、風雪に耐え、
古色蒼然とした東塔のえも言われぬ美しさ……。
木が持つ本来の美しさ、ズッシリと重みで下がった屋根の持つ曲線美。
僕は世界で一番美しい木造の塔だと思っています。

人と物を一緒にするのはどうかと思いますが、
それでも、人にも年を経る事によって醸し出される味わいがあります。
シワ?決して悪者じゃありません。いいシワもあれば悪いシワもある。
毎日、どのように暮らして来たかが分かれ道。
ハリウッドの往年のグラマー女優は50歳を過ぎてから、
デビュー当時の顔に直しちゃいました。
それはそれは見事に再構築された20代の顔。
彼女は若い頃、ブラジャーなしでニットを着られることが自慢だったそうで、
そのグラマラスなスタイルと美貌で一世を風靡したのですが、
矢張り、幾らなんでも綺麗でも、不自然な感じは否めませんよね。

ハァ、自堕落して太り過ぎるとお見苦しいし、
狂ったようなダイエットで痩せ過ぎはシワっぽくてかえって汚い……。
地球に住む以上、加齢は重力との戦いです。
年々下がって来る贅肉、口角、目尻、ほっぺ、尻(笑)
下がってさらに美しい薬師寺の東塔の屋根とは大違い。
20歳のままの姿である必要は全然ないけれど、
今、自分に一番、合った姿を維持する……なかなか難しいお年頃なのです(笑)
自分を冷静に見つめ、自分と正面から付き合う……。
いい物を観て、食べて、聴いて、血と肉にし、引き出しを沢山作る。
常に愛情を一杯持ち、ときめいて、心軽やかにする。
魅力的であるためには外的な要素じゃなくて内面からなんでしょうね……。
ブノワ。さん、まだまだ大丈夫。まだまだ人生半分!
これから一花も二花も咲かせなきゃいけないんだから!(笑)


草々

2011年3月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-03-10 00:00 | いつも心に太陽を。