匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2005年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

あなたの名前を付けたくて……。

e0044929_0292479.jpg

拝啓……Rへ。

こんにちは。お元気ですか?初秋のパリは如何ですか?
今日は息子さんの誕生日ですね。ささやかですけどお祝いの品物を送りますね。
今年で3才ですか?早いなぁ……大体、君に子供がいるって言うのが不思議ですね。
Nは車が好きだって言っていましたから、ミニカーの消防車を送ります。
気に入ってくれるといいのだけど……今日は何か家族でお祝いをするんですか?

それから薔薇の写真を同封しますね。
この薔薇は僕が作ったオリジナルの薔薇です。
以前、君は、僕が新しい薔薇を作るっている事が想像つかないみたいでした。
詳しく書くと長くなっちゃうんだけど簡単に説明しますね(笑)
Aの薔薇から花粉を採り(父親)、Bの薔薇の雌しべに受粉させます(母親)。
この作業は春の花の頃ですが、以後、大事に大事に育てて実を大きくするんですね。
病気になると種が出来ないので、まるで箱入り娘を育てるかのようです(笑)
10月頃、実が赤く色付くと収穫し、中から種を採取します。
人によって様々ですが、僕の場合は「採り蒔き」と言って、そのまま土に蒔きます。
待つこと半年……春には発芽し、5月には花を付けます!
これぞ、生命の神秘。世界でたった一つの薔薇の誕生です。
不思議なのは、同じ実から穫れた種でも、全く違う花が咲くって事。
それから、絵具をパレットで混ぜるような訳には行きません。
赤とピンクの花から黄色が生まれる事もあるし、花の形も思い通りには行きません。
ただ、香りは親から子供に確実に受け継がれて行くようですよ。
僕は専門家ではないので、自分で楽しんでいるだけですが、
この白い花には君の名前を付けたいな……Rって……素敵だと思いませんか?
e0044929_030583.jpg
この花の父親は、オールドローズのハイブリット・ムスクの「Prosperity」と言い、
母親は同じくオールドローズのアルバ種「Mme. Legras de St-Germain」です。
花の大きさは中輪、房になって咲きます。両親から継いだいい香りがしますが、
多分、春一度しか咲かないでしょう。もう少し観察しないと分かりませんけどね。


敬具

2005年8月30日


ブノワ。


[Prosperity (HMsk) Pemberton, 1919]
[Mme. Legras de St-Germain (A) 1846]

★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
 また、来る9月3日(土)1時より、「駒場バラ園」さんにおいて、
 現存の苗のリスト作りなど、新バラ園に向けての作業が始まります。
 お時間のある方は一緒に参加しませんか?詳しくは下のホームページをどうぞ。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-30 00:00 | 薔薇の名前。 | Comments(10)

北欧の大輪の薔薇。

e0044929_23264640.jpg

拝啓……Fさま。

今日は、イングリッド・バーグマンの誕生日であり、命日でもあります。
キッチリ67年の生涯、電話で亡くなったのを教えてくれたのはFさんでしたね。

俳優は人生の最後の時、その全作品を振り返って見て評価されると言います。
厳しい言い方をすれば、頭がイイ役者は最後に分かるって事ですね。
作品を選ぶ時、どこまで脚本を読み込めるかって事でしょうか。
バーグマンの輝かしいキャリアは別格です。
若く美しい頃から、老いて、さらに美しく年輪を重ねた晩年まで、
本当にキラ星の如き作品の数々……。

バーグマンは決して綺麗なだけの女優ではありませんでした。
「風と共に去りぬ」を撮影中のデヴィッド・O・セルズニックに見出され
初対面で、この飛ぶ鳥を落とす勢いの大プロデューサーに面と向かって、
「名前を変える積りは全くありませんし、宣伝もイヤです」と宣言した、
23才の歯並びが悪く「大きくて健康なスエーデンの牝牛」と陰で笑われた
驚く程背の高い眉毛の濃い女の子は、映画史上、もっとも輝ける大輪の花、
本物のスターとなりました。

バーグマンの魅力は何と言っても、情熱的でありながら知的である事。
そんなバーグマンに妄想に近い愛を示したヒッチコックは、
彼女を精神的に虐げる役で魅力を開花させました。

最晩年の「秋のソナタ」ではスエーデンが誇る
2人の偉大な「Bergman」の共演で話題になりましたね。
曰く、女優「イングリッド・バーグマン・Ingrid Bergman」と、
監督「イングマール・ベルイマン・Ingmar Bergman」です。
そうそう、ベルイマンの奥さんも、Ingrid だそうです(笑)

物語は、国際的なピアニスト役のバーグマン(シャルロッテ)が7年振りに帰郷し、
長女エヴァが、自分に内緒でハンデキャップを背負った次女を
施設から引き取って世話している事を知ります。困惑し怒りを覚える母……。
これをキッカケに、母娘の、それまでの鬱憤が一気に吹き出します。
娘に恥をかかされたシャルロット、我が儘勝手な母に怒りをあらわにするエヴァ。
徹底的に娘に糾弾され、最後には許しを乞う母……。
しかし、ピアノを弾く娘のミスタッチに思わず薄い笑いを浮かべる母。
昔から情熱的で大きな演技と言われながら、その実、
本当は綿密な演技で見せるバーグマンならではのシーンでしたね。
「秋のソナタ」は僕の一番好きな作品でもあります。

アカデミー賞を受賞する事3回。「ガス灯」「追想」で主演女優賞を、
「オリエント急行殺人事件」の吃音の宣教師役で助演女優賞を受けました。

バーグマンが、生の最後の夏、双子の娘、
ピアとイザベラの誕生日に読んだサミュエル・ウルマンの詩……。

" YOUTH "

 Youth is not a time of life; it is a state of mind;
 it is not a matter of rosy cheeks,
 red lips and supple knees; it is a matter of the will,
 a quality of the imagination , a vigor of the emotions;
 it is the freshness of the deep springs of life.
……………………………………………………………………………………………………………………………

” 青春 ”

 青春とは人生のある期間ではなく、 心の様相を言うのだ。
 薔薇色の面差し、紅色のくちびる、しなやかな手足ではなく、
 たくましい意志、ゆたかな創造力、炎える情熱。
 青春とは人生の深い泉の清新さをいう。
……………………………………………………………………………………………………………………………

まるで、彼女自身の人生のような詩ではありませんか。
e0044929_23265092.jpg
この真紅の薔薇は、デンマークの作出家ポールセンが、同じ北欧出身の
大女優バーグマンに敬意を表して名付けた「Ingrid Bergman」です。
2000年には「薔薇の殿堂入り」の10本目にも選ばれています。
繰り返し良く咲き、病気知らずの名花ですが、残念なのは殆ど匂いがない事。
そして「赤」と言う色が全くバーグマンらしくない事です。
どうしてバーグマンの名前が付いた薔薇の花が赤い事がありましょうか?


敬具

2005年8月29日

ブノワ。


追伸、この「Ingrid Bergman」を片親にした「Spellbound」と言う名前の
   サーモンピンクの薔薇がJackson & Perkinsから今年発売です。
   勿論、バーグマン主演のヒッチコックの「白い恐怖」からの名前ですね。

[The Official Ingrid Bergman Web Site/Ingrid Bergman (1915~1982)]
[Ingrid and Isabella]
[Isabella Rossellini (1952~ )]
[David O. Selznick (1902~1965)]
[Ingmar Bergman (1918~ )]
[Alfred Hitchcock.The Mater Of Suspence Alfred Hitchcock. Com
Alfred Hitchcock Online/Alfred Hitchcock (1899~1980)]
[秋のソナタ/Autumn Sonata (1978)]
[ガス灯/Gaslight (1944)]
[追想/Anastasia (1956)]
[オリエント急行殺人事件/Murder on the Orient Express (1974)]
[白い恐怖/Spellbound (1945)]
[Samuel Ullman (1840~1924)]

[Ingrid Bergman (HT) Poulsen, 1985]
[Poulsen Roses]
[Spellbound (HT) Jackson & Perkins, 2005]
[Jackson & Perkins Roses]

★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-29 00:00 | 女優の時代。 | Comments(12)

我家の Felix The Cat は人気 No.1。

e0044929_12302485.jpg

拝啓……Iさま。

先日は小芳の写真を気に入って戴けて何よりです。
さて、今日は朝子です。実は、我家の陰の人気者は朝子なんですよ(笑)
名前は三嶋由紀夫の「鹿鳴館」の主人公、影山朝子から戴きました。
残念ながら、随分と昔のことなので僕は「鹿鳴館」を観ていないのですが、
杉村春子さんがお演りになった芸者上がりの伯爵夫人です。

7年前の寒い冬の日、有楽町駅のスグそばの駐車場で出会いました。
当時、推定一歳。「Felix The Cat」みたいな白黒で模様は完全にシンメトリー。
呼ぶと植え込みから出て来てこっちに来るではありませんか。
その日は後ろ髪を引かれながら帰宅しましたが。どうしても気になって
翌週の日曜日にケージを持って保護しに行ったんです。
でも、方々、探せど姿なし……これはもしや……と、
捜索場所をガード下の飲食店街の方に変えてみたんです。
だって、捨て猫が冬場にエサにありつける場所って?
お茶を飲んだり場所を変えたり探すこと数カ所……結局、6時間後に朝子を発見。
外付けの蛇口から水をペロペロ舐めていましたっけ……。

たった一週間でボロボロの真っ黒になっちゃった朝子。
近付いて行って「ウチに来る?」と聞くと、ジィ〜っと大人しくしている朝子。
家の扉の外で爪を切り、早速、一緒にお風呂に入ってビックリ!
何と、湯上がりのバスタオルがピンクに染まるではありませんか。
そうです、前足の肘の所に骨まで達する深い傷!
翌日、スグに病院に連れて行き、健康診断&手術、ここで2度ビックリは、
何と、お腹の中に4匹の子猫がいるとの事!!!!!そこでさらに
堕胎手術&避妊手術……何かとお金の掛かる年の瀬に〆て20万円の出費!
冗談じゃなく、お餅も買えませんでした(笑)

ショックだったのか、朝子はウチに来て、丸々2年は一言も鳴きませんでした……。
以来、全く病気知らずの元気な猫に成長。起床は毎日、午後です(笑)
食べ物にも全く文句は言わず、ただ、煮干しと鰹節さえあれば幸せな朝子です。
連れて来た最初の日、染香が超御機嫌ナナメ、唸る、拗ねる、嘆く……。
大騒ぎだったのは言うまでもありません。

早々


2005年8月28日

ブノワ。


[朝子・Asako (1998~ ) Domestic Short Hair, Black and White Bicolor]
[杉村春子 (1909〜1997)]
「鹿鳴館」 三嶋由紀夫 著
[Felix The Cat]


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-28 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(9)

散りゆく花、行方しれずの花。

e0044929_9282865.jpg
前略……M子へ。

早いものでもうスグ9月。その後、パリ行きの準備は進んでいますか?
航空券は取れた?アパートは?早めに手続きしないとダメですよ!

さて、折角のバカンスなのに申訳ないけど一つお願いがあります。
同封の写真5枚を、サン・ジェルマン・デ・プレの近くにある
アンティークショップに持って行って欲しいのです。
そこに、パスカル・ボンメゾンと言う美人のマダムがいますので渡して貰えますか?
お店の名前は「Le Chemin de Table」と言い、シルバーや食器など、
アンティークの高級テーブル・ウェアーの専門店です。

僕とマダム・ボンメゾンの付き合いはかれこれ6年になります。
お店は偶然に見付けたんですけど、これがなかなかの品揃えでビックリ。
どこかのお屋敷から出た120ピースの食器セットとか、カトラリーとか……。
品質が良くて数が揃い、しかも、値段もそれ程ではない……。
勿論、僕にはそんな120ピースのセットの食器は買えませんけど、
最初に行った時に100年前のバカラのデキャンタを買ったんです。
以来、パリに行くと必ず寄ってデキャンタを一つ買うのが僕の楽しみとなりました。

この写真は、前回、買物をしてマダムに品物を包んで貰っている時に撮ったもの。
花瓶の朽ち果てた花が綺麗だと思ってマダムに了解を得たんです。
マダムは「勿論よ!」と一言快諾。でも、枯れた花に気付くと
脱兎の如く駆け寄って来て花を捨てようとするんです。
一応、花が枯れているって言う認識はあったんですね(笑)
枯れた花が綺麗なんだからと、怪訝な顔をするマダムを説得。
それでも、納得が行かないって言う表情のマダムを尻目に撮ったのがこの写真です。
今も残念なのは、左側に写っているグリーンのガラスの小鉢……。
これ、買っておけば良かったと思っています。12客ありましたが、
今頃の暑い時期に、チョットした冷製の前菜なんかを入れれば素敵かと……。
まぁ、予算的にもキツかったのは事実ですけど、後悔先に立たずですね。

マダムには宜しく伝えて貰えますか?
また今度、デキャンタを買いに行きますとお伝え下さい(笑)


草々

2005年8月26日


ブノワ。


※「Le Chemin de Table」は2年前に突然店じまいしてしまいました……。
 理由は分かりませんし、その後のマダムの消息も分かりません。
 幸いに、この写真とマダムの肖像はご本人にお渡ししてあります。
 喜んだマダムは何も言わないのに30フランも負けてくれたっけ……。 

[Baccarat]


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-26 00:00 | 儚いもの。 | Comments(13)

ダ・ヴィンチ・コード。

e0044929_1525494.jpg

拝啓……Bちゃんへ。

元気ですか?どうしたの、小包なんか送って来て。
一体、何が入っているかと思いきや……。
去年、貸したダン・ブラウン著の「ダ・ヴィンチ・コード」!
漸く読み終わったんですね?それとも、途中放棄ですか?(笑)
パリで分厚いフランス語版を買っていたけど読めるとは思えませんし……(笑)
枕になっているんじゃないかと心配していましたが、日本語版を読んだんですね?
来年には映画が来るし、丁度、タイムリーでいいんじゃないですか。
でも悪いけど「ダ・ヴィンチ・コード」は僕の中ではとっくに終わっているんです。
何しろ去年の10月、パリで「Da Vinci Code Tour」して来ちゃいましたからね!
ルーヴル美術館の、例のソニエール館長の死体があった場所、
勿論、ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や「岩窟の聖母」、カラバッジオの絵、
そして、サン・シュルピス教会にも行きました!ありましたよ、オベリスク!
床のローズ・ラインも見て来たけど、シスター・サンドリーヌが殺害された
部屋だけは見る事が出来ませんでした(笑)
そうそう、ラストの大団円、ルーヴル美術館の……………。
e0044929_1522396.jpg
推理小説のラストを明かすわけにはいかないので、
ここでは撮影して来た秘蔵の写真はチョッとお見せ出来ませんが、
小説の中で重要な役割を持つ「マグダラのマリア」像の写真です。
これは、ルーヴル美術館の地階にあって、
他の、キリスト像や聖母子像の中で一際異彩を放っています。
先ず、かなり大きいんです。等身大よりも大きいかもしれない……。
ガラスケースに収められていて一糸まとわぬ裸体、
ゆるゆると波打つ長い髪の毛が臀部まで流れ、
大事な部分を覆い隠しています……。
キリストの磔刑の場面には必ず一緒に描かれているマグダラのマリア……。
そう言う意味だったんですねぇ……ここには詳しく書けませんけどね(笑)


敬具

2005年8月25日


ブノワ。


[ルーヴル美術館オフィシャル・サイト]
[Dan Brown Official Website]
[The Da Vinci Code]


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-25 00:00 | 書架の片隅。 | Comments(6)

燃えたぎる火山の赤。

e0044929_12274150.jpg

拝啓

こんにちは。石和温泉からの絵葉書どうもありがとうございました!
どうですか、久し振りにお湯に浸かってゆっくり出来たのではありませんか?

この薔薇は、その、石和温泉にある「コマツガーデン」で購入しました。
名前は「Vesuvius」。草土出版の「花図鑑 薔薇」で写真を見てから
長い間ズゥ〜っと探していました。でもなかなか見付からなくて……。

所が、満開の薔薇の頃に訪れた「コマツガーデン」で苗を見ていると、
なんと、一鉢だけ隅っこに置いてあるではありませんか。
多分、売り物ではなかったんでしょうが、丁度そこに通り掛った
オーナーの小松さんにお聞きすると、「いいよ、持って行きなさい」との事。
以来、毎年〜我家で繰り返し咲く「Vesuvius」。
濃い赤のビロードの花弁と黄金の雄しべのコントラストが美しいです。

お恥ずかしいのですが、この「Vesuvius」が、
あの「ヴェスヴィオ火山」の事だと知ったのはつい先日のことなんです。
大体が適当で大雑把な性格なもので(笑)名前の由来を一々調べたりしないんです。
紀元79年の噴火で一瞬にして灰と化したポンペイ……今日はその噴火の日ですね。
この深紅の花びらをヴェスビオ火山の溶岩に例えたんでしょうね……。
金色の雄しべも一瞬にして古代都市を飲み込んでしまった火山に相応しいですね。

敬具


2005年8月24日

ブノワ。


[Vesuvius (HT) McGredy, 1923]
[Komatsu Garden]


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-24 00:00 | 薔薇の名前。 | Comments(14)

近くて遠い国。

e0044929_042318.jpg

拝啓

Mちゃん、ご無沙汰していますがお元気ですか?
中国の出張は如何でしたか?不穏な空気は感じませんでしたか?
僕には中国人の友達がいますが、彼は本当に心優しい誠実な人間です。
個人レベルでは良好な関係も、どうして国レベルになると
おかしなものになっちゃうんでしょうね……。
古い昔からお互いに影響を与え合い、思想の面でも文化の面でも
素晴しい国なのに……チョッと寂しい気もします。

さて、「China」と言うと、広義では硬く焼き締められた磁器を指しますが、
薔薇の世界で「China」特別な意味を持っているんですよ。
18世紀後半、中国原産の薔薇が貴族に雇われた
プラント・ハンター達の手によって英国に持込まれました。
ヨーロッパの薔薇と中国原産の薔薇の画期的な出会い……。
これによって、薔薇は四季咲きの性質を持ち、
匂いの面でも、それまでの、ダマスクの香りに加え
ティー(紅茶)の香りがヨーロッパに持ち込まれたのです。
英国は紅茶を愛する国……当時の人はさぞかし驚いたでしょうね(笑)
僕達が今、ティー・ローズと言うのはここから来ているんです。
花形の面でも、ヨーロッパに渡ったチャイナ・ローズの祖先の
ロサ・ギガンティアは花弁が5枚の一重ながら、花弁の端が外側にクルリと巻く
所謂、現代薔薇で言う所の「剣弁」性を持ち込んだと言われています。

中国からヨーロッパに渡った中国原産の薔薇で現存するのは4種類。
 スレーターズ・クリムゾン・チャイナ(赤)
 パークス・イエロー・ティー・センテッド・チャイナ(黄)
 ヒュームズ・ブラッシュ・ティー・センテッド・チャイナ(白)
 パーソンズ・ピンク・チャイナ(ピンク)

僕が今、「China」系の薔薇の中で一番好きなのは「Zi Yan Fe Wu」、
「紫燕飛舞」と書きます。ご覧の通り、少し紫がかったピンクで、
枝は少々、横張り性で自由に伸びる傾向がありますが、香りは甘いフルーツの香り、
通年、繰り返して良く咲く優良品種です。
どうですか、紫色の燕が舞っているように見えますか?

敬具


2005年8月23日

ブノワ。


[Zi Yan Fe Wu/紫燕飛舞 (C)]

Four Stad Roses of China
[Slater's Crimson China (Introduced to UK by Slater 1792)]
[Parks Yellow Tea-scented China (Introduced to UK by Parks 1824)]
[Hume's Blush Tea-scented China (Introduced to UK by Hume 1809)]
[Parson's Pink China (Introduced to UK by Parson 1789)]


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-23 00:00 | 薔薇の名前。 | Comments(15)

もの言う花たち……めぐりあう時間たち。

e0044929_22523595.jpg

拝啓……Aちゃん。

こんにちは。メールありがとうございます。
随分と興奮した内容でビックリしました(笑)
漸く観たんですね「めぐりあう時間たち」。DVDですか?
メリル・ストリープは僕の永遠のヒロインですし、僕は劇場で4回観ました。
監督のスティーブン・ダルドリーって前作は「リトル・ダンサー」でしょう?
うぅ〜ん、なかなかの傑作ですよね。僕は両方とも大好きです。
ヴァージニア・ウルフの「ダロウェイ夫人」をモチーフに
3つの時代の3人の女の人生をたった一日に凝縮して描く手法も面白いですね。

1923年、ロンドン郊外/ヴァージニア・ウルフ
1951年、ロサンジェルス/ローラ・ブラウン
2001年、ニューヨーク/クラリッサ・ヴォーン

常々思うんですが、映画や舞台は、自ら進んで騙されることが必要です。
疑いや細かい所に心とらわれず身体を作品にゆだねる……。
いい作品は観客が騙されるキッカケがちゃんと用意されています。
「めぐりあう時間たち」もその一本。時代、場所はそれぞれ違うけれど、
冒頭、寝ている3人の女、鳴る目覚まし時計、
髪を結い洗顔するクラリッサとヴァージニア、
それらの場面がパッパッパッっと……次から次へと切り替わる。
そして、この映画のとても大事なキーワード……。

『ミセス・ダロウェイは、お花はわたしが買って来るわ、と言った。』

この「ダロウェイ夫人」の冒頭の一行を3人の女に言わせる事によって
僕達は完全に物語の中に入ることが出来る。見事に騙されちゃう訳です。

僕が面白いと思ったのは花の使い方。全編、溢れるばかりの花が出て来ます。
冒頭、ヴァージニアは薔薇のアーチを抜けて小川へと急ぎ、
クラリッサは抱えきれない程のラナンキュラスの花束を持ってリチャードの元へ。
ラナンキュラスの花言葉は「名声・名誉」「お祝い」の意味があります。
死に行くリチャードの部屋には花瓶に入った枯れた赤い薔薇。
その他、ローラの部屋には白い薔薇の壁紙、ダイニングには黄色い薔薇の花、
ヴァージニアの家には青い矢車菊、矢車菊の花言葉は「繊細な心」です。
クラリッサの部屋には赤いチューリップ、鉢植えのヒヤシンス、
バケツ一杯の薔薇の花、紫陽花……などなど。
何れは朽ち果てる花と女たちや廻りの人物の人生を対比させていて見事です。

ニコール・キッドマンは付け鼻をしてヴァージニア・ウルフに似せていましたが、
この映画が10年早く映画化されていたら、
メリル・ストリープがヴァージニア・ウルフでしょうね……ソックリですもん。

敬具


2005年8月22日  

ブノワ。


[めぐりあう時間たち/ The Hours (2002)]
[Virginia Woolf (1882~1941)/ダロウェイ夫人 Mrs Dalloway (1925)]
[Meryl Streep (1949~ )]
[Nichole Kidman (1967~ )]
[Julianne Moore (1961~ )]
[Stephen Daldry (1960~ )]
[リトル・ダンサー/Billy Elliot (2000)]


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-22 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(13)

猫の鏡。

e0044929_21433142.jpg
前略

Kさん、先日はどうもありがとう!
簡単に作った物ばかりでしたが、お口に合いましたかどうか……。
Kさんは大の猫好き(笑)料理より猫の方が嬉しそうでしたねぇ。
写真を送って欲しいとの事でしたので、早速、ベストショットを!

園ちゃんです!(おすぎ風に)……正確には「お園」。
有吉佐和子原作の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」から戴きました。
杉村春子さんの名演で知られる、大酒飲みの三味線芸者、お園。

お園は、今年で推定3才、近くのスーパーの「里親募集」の張り紙で出会いました。
この子は強烈な甘えん坊で、人懐っこい性格は天下一品です。
染香、朝子の次、3番目にウチにやって来ましたが、
唸る染香、嫌がる朝子を追いかけじゃれ付き、アッと言う間に仲間入り(笑)
その間、たったの数日!僕の布団に入って寝る迄に1週間と言う早業でした。
笑っちゃうのは、染香が唸って威嚇しても、チョッと昼寝をしている間に
お園は染香を枕にしちゃうんです(笑)枕にしてグゥグゥ……。
人間に対しても究極の甘え方。グルグル言いながら近付いて来て
足下にスリスリ、スグにおなかを出して、
下から可愛い目でジィ〜っと凝視するんですから堪りません。
でも、これが外飼いの猫だったらアッと言う間に誘拐されちゃうでしょうね。
一日中、広いベランダを「グルグル」言いながらお散歩か、
ご飯を食べているか寝ているか……好物は……何でも食べます(笑)

お園はとても小さいんですよ。3.5キロ、今だに肩に飛び乗って来ます。
肩乗り猫ですね(笑)あと、抱っこが大好きでいっつも胸の所で
「クルクル」言ってご機嫌です。「クルクル」言うのは園ちゃんのご機嫌の印……。

この写真は、決して「やらせ」ではありませんので念のため。
ベランダに干してあるテーブルクロスに園ちゃんが乗っているのをパチリ!
カメラ目線で可愛いでしょう?そう、園ちゃんはオッドアイなんです。
鼻のピンクが濃いのはチョッピリ興奮しているからかな……。

追伸、「肩乗り猫」園ちゃんは、僕の鼻っ先で、
    それはそれは臭っさぁ〜いスカンク級のオナラをします(笑)


草々

2005年8月21日


ブノワ。


[お園・Osono (2002~ ) Domestic Short Hair, White]

[杉村春子 (1909〜1997)]
「ふるあめりかに袖はぬらさじ」 有吉佐和子 著


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-21 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(12)

季節の変わり目に思うこと。

e0044929_21371751.jpg

拝啓……Kさま。

すっかりご無沙汰していますがお元気ですか?
今朝、早起きしたベランダには30〜40匹のトンボがスゥ〜イスイ。
猫達は「べこ」状態で匍匐前進、30匹を追うもの一匹も獲ず(笑)
まだまだ暑いけど、目で見る「秋」はスグそこです。

さて、東京は立秋以後、大きな地震や局地的な豪雨でビックリしています。
このところ、少し地球がおかしいと思いませんか?
東京はスッカリ熱帯のような気候になってしまいました。
四季の移ろいがないと言うか、4つの季節を太いマーカーで
クッキリと区切ったかのようで、その間の微妙な時期がありません。
地球の地軸が傾いて来ている?勿論、人間も悪いんでしょうね。
クーラーの室外機や車の排気ガスなどで、日中は息をするのも大儀です。
ほんの25年前は、クーラーなんか無くても扇風機で一夏過ごせたのに……。

ベランダの薔薇は、容赦ない太陽光線と、下のコンクリートからの照り返しで
日中は、早く夜になるのをジィ〜っと必死に待っているかのよう……。
可哀相なくらいです。もうスグ、秋の剪定を始めなければなりません。
その他、驚異的に伸びている雑草取り!
雑草は、何と、僕の身長よりも高くなっています(笑)
水が切れてクッタリしている雑草を見ると、とても腹立たしい気分になります。
「お前を育てているんじゃないよ!」ってね。

今日は、バリ島の隣のロンボク島で撮影した赤トンボです。
こちらもうだるような暑さの中、ランチにナシゴレンを食べている時、
レストランのテラスの前の小さな池の草の先にとまった赤トンボをパチリ!
ピンボケですって?仕方ないの、赤トンボは待ってくれないし、
草が風でビョ〜ンビョ〜ン揺れるんだから。
ロンボク島も暑かったけど、バカンスだし、昼間からビールをグビグビ……。
東京で汗を拭き拭き、息も絶え絶え生活しているのとは訳が違います(笑)

敬具


2005年8月20日

ブノワ。


★皆さんご存知の「駒場バラ園」さんが今年一杯で規模を縮小されます。
 現在、近くの新公園予定地に「駒場バラ園」さんの貴重な薔薇を移植する
 署名運動が始まっています。HPを見て趣旨に賛同された方は、
 HP右側の「最新記事」の上から二番目に、是非、コメントを書き込んで下さい。
 ヨロシクお願いいたします。
[新・駒場バラ園を作る会]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-20 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(11)