「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

活きのいい地魚と粋な大将……鎌倉「はま善」。

e0044929_20432784.jpg
拝啓

新年が明け、温かい毎日が続きます。早いもので1月も下旬、
Tさん、先日はご足労ありがとうございました。お陰さまで万事無駄なく
済ませることが出来ました。このお礼は何れまた日を改めて食事でも。

さて、Tさんと打ち合せをした数日後、またまた鎌倉に行って来たんですよ。
今度は仕事の話は一切抜き、親友で着物美人と二人で冬の鎌倉を散策でした。
思えば、純然たる遊びで鎌倉を訪れるのは、トスカーナの友達に会った真夏の8月以来の事です。
僕がいつも必ず寄るアンティーク・ショップで買い物し、これまた必ず鎌倉に行くと必ず足を運ぶ
活魚料理の店で一杯……日頃の忙しさを忘れ、微酔い気分の素敵な一時でした。
友人は着物が大好き、僕も最近は着物を着る機会が多いので自然とドレス・コードは着物(笑)
打ち合わせしなくてもバッチリ着物。二人で草履の音も軽やかに歩く鎌倉はなかなか素敵です。

アンティーク・ショップではノリタケの前身の日本陶器会社の
コーヒー・カップ6客を信じられない値段で購入。それが一枚目の写真ですが、
何でも、店に並んでまだ3日と経っていないそうです。これも出会いですね。
小振りの珈琲カップは薔薇のお客さんが大挙して見える5月に大活躍しそうです。
直線的なアール・デコのデザインは昭和10年のもの。大正から昭和になり、
ようやく西洋の文化が消化され板に付いてきた頃の愛らしい一品です。
これらは、所謂、マニア垂涎のオールド・ノリタケのような高級品ではなく
国内用の廉価品だと思いますが、値段を聞いた時は俄かには信じられない安さでした。
右側のコーヒー豆は着物美人がプレゼントしてくれたお友達の店のもの。
こちらの絶品オリジナル・ブレンド「月」「太陽」、「ケニヤ」もなかなか美味です。
e0044929_2044330.jpg
e0044929_20441758.jpg
いい買い物に気を良くしテクテク歩いて行った店は長谷の大仏近くの「はま善」。
ここは地元の港で獲れる魚を料理してくれる店で、特に鰯料理で有名です。
友人に紹介して貰ってから、ポツポツとですが、かれこれ10年以上は通っています。
テキパキと感じのいい大将と品のいい奥さまが二人でやっています。
先ずは冷たい生ビールで軽く一杯、新鮮な刺身の盛り合わせを肴に日本酒を。
この日の魚は、平目、すずき、めばる、めじな、鰯、いなだ、沖ぼら、アオリイカ。
日本酒は「神亀」「八海山」「武勇」「〆張鶴」……僕は嗜む程度にお付き合いですが、
着物美人はグビグビゴクゴクとなかなかイケる口でしょうか(笑)
そして、2人とも年末から楽しみにしていた絶品の鰯のお好み焼き!
これが目当てで、いつも鎌倉に行くと必ず足を運ぶと言っても過言じゃないほどの一皿。
鰯に粉を付け軽く素揚げしたもの(多分)にお好み焼きの味付けです。
サクサクして非常に美味しいお薦めの品。美味しい魚に酒、楽しい会話に心地よく酔い、
底冷えする冬の風に頬を撫でられ帰宅でした。

今度、Tさんもご一緒に如何ですか?クセになる素敵な店ですよ。


敬具

2007年1月17日


ブノワ。


[ノリタケ]
[はま善]

★Copyright © 2005~2006 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-17 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(24)

美味礼讃……キャラメル・アイスクリーム。

e0044929_016541.jpg
拝啓

1月も中旬、例年になく暖かな日が続きますがOさん、その後お変わりありませんか。
僕は相変わらず薔薇の手入れに精を出しています。殆ど終わったのですが、
あとは大株の誘引とレイアウト変更を残すのみ。これが一番大変なんですけどね。

さて、今日はお誘いでペンを取りました。
Oさんの都合のいい日の昼にチョッとウチに寄りませんか?
実は今、ウチの冷蔵庫に世にも美味しいキャラメル・アイスクリームが入っているんです!

これは僕の親友、京都に住むY君が僕のために特別に作って送ってくれたものなんです。
もう、呪文のように「アイス送れ、アイス送ってみる?アイス送りたいでしょう?」と繰り返し、
何かにつけ話題にする事でサブリミナル効果があったのかもしれません(笑)
届いた時は丁度、バルコニーで薔薇の手入れの真っ最中だったんですが、
手袋も剪定鋏も放り投げ、台所に直行し、Y君の指定通りにデカいスプーンで先ず一口!
これがまた旨いんです!後からレシピをメールで聞いたんですが、
企業秘密でしょうからここには書けません。ただ、ビターなキャラメルの風味が
バニラ・ビーンズの歯応えと絶妙なハーモニーを醸し出しています。
市販のキャラメル・アイスクリームが如何に子供騙しか分かります。
これが何と1キロもウチの冷蔵庫に眠っているんです(笑)
既に随分食べてしまいましたから早く来ないとなくなってしまいますよ(笑)

どんな感じか写真に撮ってみました。ガラスの器はバルセロナに住むお友達から譲って戴いたもの。
まるでこのために存在するかのようにキャラメル・アイスクリームとピッタリです。
スプーンは2年前にパリのサン・ポールのアンティーク・ショップで買った
ピュイフォルカのデザート用のスプーン。Y君の親切に応えるために初めて卸しました。
下に敷いてあるシルクは、バリ島で羽織の裏のために買った大判のストール。
Y君はまだまだ15種類くらいのオリジナルのアイスクリームを持っているそうです。
その種類もここには書けません。真似されるといけませんからね。
何でも今度、全種類送ってくれるそうなんですよ(笑)どうしよう……もうドキドキ!
僕もフレーバーで使えそうな物があった時や、何か閃いた時はすかさずメールするんです。
まだまだアイスクリームのフレーバーには可能性がありますから。

どうですか、遊びに来る気になったでしょう(笑)
くどいようですが早く来ないとなくなっちゃいますからね。
それからお出しするのはこの写真の通り、ディッシャーじゃなくて
スプーンでクルクルっと二つ分だけ、お代わりなしです!(笑)


敬具

2007年1月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-16 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(38)

Father of the Bride。

e0044929_21381620.jpg
拝啓

早いもので新年も一週間が過ぎました。Hさん、その後、如何お過ごしですか。
僕は冬の薔薇の手入れが大体目処が立ち、チョッとホッとしているところです。
あとは特大苗の到着と国内のナーサリーからの薔薇を待ち植え替え、
ツル薔薇用の支柱立てとツル薔薇の誘引が残るだけ。大工仕事が残っていますが、
一通り終わったら見にいらっしゃいませんか。なかなか面白いと思いますよ。

さて、数年前から考えていたんですが、迷いに迷い、ようやく決心が付き、
僕のオリジナルの薔薇を接いで増やして貰う事にしました。
今日の写真は以前、紹介したピンクからラベンダーに退色する薔薇。
それから、切り接ぎをして貰う穂を採る作業をする日の朝の1枚です。
先ず花の姿や匂いを優先して年初めに20本を選抜しました。
最終的には10本までに絞る作業をする予定だったんですが、
最後まで種類を絞れずに部屋の中に入れて眺めている所を撮りました。
e0044929_21383976.jpg
毎日、毎日、時間があれば珈琲やワインを飲みながら眺めること数日。
こうして写真をプリントアウトしてスリット鉢に並べ、
株の生育状況と花の記録と記憶を鑑みて天秤にかけます。
出来れば色々な色を……赤や白、ピンクに黄色、ラベンダー……。
10本の中に取り混ぜて万遍なく選びたいと思うとなかなか決まりません。
十分に生育し、状態のいい接ぎ穂を楽々採れるもの、
細いけれどギリギリで可能なもの……それぞれですが、
結局、自分で作った薔薇の優劣を付けるのは僕には無理……。
ここに並んでいる中からどうにか16種類を選び専門家にお渡ししました。
僕も器用な方ですが、矢張り、世界に一本しかない大事なオリジナルの苗です。
安心してお任せ出来る大先輩、プロ中のプロにお願いしました。
春もたけなわ、4月の中旬過ぎには、それぞれ5〜10本に増えた子供が
約100本ほど我が家にやって来ます。僕の大事な娘の子供、孫みたいなものですね。
この写真のように大事なオリジナルの薔薇の苗を並べて送り出す朝は、
Father of the Bride……まるで花嫁の父のような気分でした。

これで一安心、いつダメになるか心配しながら恐る恐る剪定をし、
元気な新芽が出ると欣喜雀躍。蕾の上がりに一喜一憂しながら、
また、真夏の強烈な酷暑をビクビクで過ごす事もなくなります。
苗が到着した時にはまたお知らせしますね。是非、見に来て下さいよ。
きっと、それはそれで興味深いと思いますよ。


敬具

2007年1月9日


ブノワ。

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-09 00:00 | 薔薇の名前。 | Comments(30)

琥珀色の瞳。

e0044929_7172575.jpg
Cher Patrice.

親愛なるPatrice、その後、元気にお凄しですか。
ニュースで聞きましたがパリも暖かい新年を迎えたそうですね。
どうですか、ご家族は皆さんお変わりないのでしょうか。
君に最後に会ってから随分と時間が経ってしまいましたね。
今日は先日のメールには書けなかった事をチョッと書きます、
君が日本語が出来る友達に翻訳して貰いやすいように、
短めで簡単な手紙にしますから、またいつもの友達に頼んで下さい。

去年の秋、10月にパリに行った時、少し時間があったので
君のこの写真をプリントしたものを額装して薔薇園に持って行ったんです。
そう、薔薇園は10月から3月までは閉まってしまうんですよね。
でも、君に会えなくても隣の薔薇園の事務所に預けて来る積もりでした。
受け付けにいた綺麗なマダム、ちゃんと君に渡してくれたんですね!
君からのお礼のメールを見てホッと一安心しました。
写真、凄く気に入ってくれたみたいで嬉しいです。
額も僕のデザインで手作りなんですよ。チョッと頑張ってみました。
今度、機会があったらフィルムで君の写真を撮ってみたいなぁ、
それもモノクロで撮ってみたいです。その時は宜しくお願いしますね。

段々寒くなります、身体に気を付けて剪定作業をして下さい。
いつか薔薇園の冬の作業を見学するのが僕の夢です。
勿論、手伝ってもいいんですよ!それこそ僕の望むところです(笑)

今年こそ君に会えることを楽しみにしています。
今の所、一番確実なのは6月の第一週かな……そんな予定でいます。
薔薇が一番綺麗で咲いているように調節しておいて下さい。
だって日本からわざわざ見に行くんですから!(笑)

常に変わらぬ友情と尊敬を込めて。


敬具

2007年1月8日


Benoit。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さまへ。

このポートレートは、2005年の6月にパリ郊外の薔薇好き垂涎の薔薇園、
パリ郊外のライ・レ・ローズ薔薇園に行った時に撮影しました。
入場券を買う受け付けの小さなチケットボックスの中にいたPatriceです。
彼からチケットと絵葉書を買っている時に、彼が僕のデジカメを見て
一言誉めてくれたのを切っ掛けに話をするようになりました。
話すと言っても、僕はフランス語がダメ、彼は英語がダメです(笑)
身振り手振りを混ぜてジェスチャーの応酬、知っている単語の連発。
陽光が降り注ぐ薔薇園の中の小さなチケット・ボックスの暗がり……。
Patriceの瞳だけ琥珀色に輝いているのを見て思ったんです。
写真を撮りたいって……写真を撮りたいって伝えるのも一苦労。
ようやく意図が伝わると、Patriceは慌てて他のスタッフを呼びに行こうとします。
どうやら、満開の薔薇をバックに外で写真を撮る積もりなんだと勘違いしたらしいです。
そのままチケット・ボックス内にいてくれるように頼んで3枚撮りました、
その中の1枚がこの写真です。その日の薔薇園はカンカン照りのピーカン。
外の直射日光で撮影していたら微妙なニュアンスが台無しになってしまいます。
特にパトリスの琥珀色の瞳が……なんて美しい輝きを持った瞳……。

僕がチケットを買う時にPatriceがチケット・ボックスにいたのはホンの偶然、
おそらく、彼はチケットの係りではなく担当の人が席を外す数分のピンチ・ヒッターだったのでしょう。
写真を撮りながら半日近く薔薇園にいましたが、いつもはソバカスのマドモワゼルがいましたから。

それにしても、欧米の人が凄いなぁと思うのは、
僕がカメラの電源を入れたりキャップを外したりに手間どい、
冷や汗を掻きながらようやくカメラを向けると、Patriceは既に写真のように満面の笑顔(笑)
完璧な笑顔でカメラを見てニッコリなんです。これは日本人には絶対に出来ない芸当。
旅先のチョッとした触れ合い、次もまたそこを尋ねたいと思わせるエピソード。
だから旅って楽しいのですよね。段取り付けて照明を当ててなどとは望めません。
そこにいるその人を最善の方法で撮る。ポートレートの楽しみ。
圧倒的なオールド・ローズの赤とピンクの洪水、薔薇園の匂い、
ジリジリと照りつける陽の光、玉砂利を踏みしめる音、飛び交う蜂の羽音、
薔薇の美しさに息を呑み、行き交う人と自然に笑顔を交わす……。
そして、Patriceの朗らかに笑う声……。
旅の一コマ、色々な事を思い出すお気に入りの一枚です。


2007年1月8日


ブノワ。


[LA ROSERAIE DU VAL-DE-MARNE/L'Hay les Rose]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-08 00:00 | いつも心に太陽を。 | Comments(22)

庭は心の様相……。

e0044929_22335210.jpg
拝啓

Wさん、お元気にお過ごしですか。新年もアッと言う間に5日ですね。
Wさんは2日から仕事とか、相変わらず人気商売は辛いですね。

さて、僕の新年は例年になくスロー・スタートです。年末は何だかんだと野暮用で大忙しでしたが、
新年はゆっくり薔薇の手入れをしながら過ごしています。お節料理も新年会もありません。
猫にはお年玉としてチョッとお高い鰹節と煮干しを振る舞いましたけどね(笑)

我ながら真面目だなぁと思いながら元旦から始めたバルコニーの薔薇は随分と片付き、
ある程度、全体の形が見えて来ました。小さい鉢の剪定と雑草取りまで終わり、
あとは大きい株の植え替えと、ツル薔薇用の柵を設置する作業と誘引が残るのみ。
作業の合間に思うのは、今のマンションに引越して来て12年目、
コンクリートだけのバルコニーも薔薇やオリーブなど、他の植物も大きく育ち、
随分と自然な感じになって来たと言う事です。
ローマは一日にしてならず、庭は簡単には出来るものではありません。
植物が十分に育ち、自然の風合いが出るまで、矢張り、4〜5年は掛かるでしょうか。
好きな植物をポンポン買って来て並べたって庭とは言えません。
僕はなるべく沢山の薔薇を育てたいので他の植物はなるべく置きたくないんです。
他の草花を一鉢買うのなら薔薇を一本買いたい(笑)世の中には素晴しい薔薇が沢山ありますからね。
ここ2年程は思い通りに作業が出来、それなりに満足しましたが、その前の2〜3年はヒドかった……、
毎日が忙しい事に加え、精神的にも時間的にも全く余裕がない状態。
水やりや簡単な剪定など、最低限の世話しかしないバルコニーは悲惨な状態でした。
春は自然が薔薇を咲かせるものの、それ以降は雑草が生い茂り、下手をすれば水も満足にあげず、
冬になって気が付けばとっくの昔に枯れている株もありましたし……。
しかも、自分でも驚いてしまったのは、冬の作業時に枯れてしまった株を見付けても
全く何も感じない事でした……心が麻痺した状態……。
庭は心の様相が現われるといいます。園芸に限らず趣味全般に言える事ですが、
身体が健康で日々の生活に余裕がないとダメですね……。

この写真はルイ14世、太陽王が作らせたヴェルサイユ宮殿の隣に位置する、
「王の菜園・Le Portage du Roi」で撮影しました。
一見、無造作に見える菜園ですが、そこはキチンと計算されつくした植栽になっています。
太陽王が食する果物や野菜は形が不揃いでは困る……。
全てに万遍なく陽が当たるように計算されて植えられたと言うよりは、
無理矢理人間の手で幾何学模様に誘引された洋梨や林檎、プラムの樹が笑えます。
例えば、一番多いのが漢字の「出」の形。これだって1年や2年では出来ませんからね。
e0044929_22343452.jpg
他にも薔薇は勿論、茄子、カボチャ、オレンジ、芥子……全く無駄のないラインナップです。
1枚目の写真のように、所々にここを管理するの学生に寄る素敵な演出もあるんです。
ボロボロの椅子、決して座る訳ではないけれど物凄く感じいいと思いませんか。

日々の憂欝な出来事や嫌なことをガーデニングで紛らわせる事も覚えました。
不思議な事に、土をいじっていると心が落ち着くんですよ。
最近はメジロのさえずリも聞こえて来ますしね。
植物は愛情をかければ必ず応えてくれます。人間相手ではそうは行きませんものねぇ……(笑)
今年はどんな花が咲くでしょう。今から5月の満開時が楽しみでなりません。


敬具

2007年1月5日


ブノワ。


[王の菜園/Le Potager du Roi/rue Hardy. 01 39 49 99 91]
[Louis XIV de France (1638~1715)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-05 00:00 | いつも心に太陽を。 | Comments(22)

清々しい朝に……。

e0044929_142057.jpg
皆さまへ。

新年、明けましておめでとうございます。
2007年1月1日……清々しい朝を迎えることが出来ました。
如何お過ごしでしょうか。夕べは夜更かしでまだ夢の中とか……。

僕にしては珍しく、昨夜は文化村のオーチャードホールでジルベスター・コンサートでした。
珍しくと書いたのは、ここ何年も大晦日の夜に家を空けた事がないからです。
何年か前、前世紀(笑)には年末年始はパリと決めていましたが、
ここ暫らくは薔薇の手入れの後は、ゆっくり家で親しい友人と一杯やるのが習わしでした。
でも、今年はコンサートに友人が出演していた縁で華やかな年越しとなりました。
タクシーで帰宅、仮眠をとった後は、これから精力的に薔薇の手入れです。
一年の計は元旦にあり……昔からそう言いますものね(笑)
今年はいい年になりますように。美しい薔薇が沢山咲きますように。
猫も健康で医療費がかかりませんように(笑)

昨年は色々なことがありました。自分を顧みても本当にめまぐるしい一年でした。
今年はどんな年になるでしょうか。最後は笑って終わる事が出来るでしょうか……。
辛いことがあって、くよくよと下を向いていても一日、笑顔で過ごしても一日。
それならば、いっそのことカラカラと笑って明日に繋げたいものです。
この世の中で万人に平等なのは時間だけ。その時間だって使い方によっては差が出ますからね。

今日の写真はパリ郊外の某修道院跡の中庭の薬草園。
自然の木で柵やらアーチを作ってあります。白い薔薇は見てお分りの通り「Iceberg」
他に「Rosa gallica var. officinalis」も植えられていました。
アーチの奥に見える濃いピンクの低木の薔薇がそうです。
この薔薇の別名は「Apothecary's Rose」といい、「Apothecary」は「薬剤師」、
「officinalis」とは「薬効がある」と言う意味で、薬草園には必ず植えられています。
ローズマリーやカモミール、ハーブ、芥子……あらゆる薬草が植えられている庭、
花を愛でる庭園とは違い、生活に密着した、ある種、庭の理想形ですね。
一年の計は元旦にあり……それでは先ず薔薇の手入れをしましょうか。
去年は春の長雨で最悪の一年でした。でも、もう言うのは止しましょう。
皆さまも素敵な新年になりますよう、心から願っています。
相変わらず長文のブログですが、末長くお付き合い下さいね。


草々

2007年1月1日


ブノワ。


[Iceberg (F) Kordes, 1958]
[Rosa gallica var. officinalis (G)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-01 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(40)