匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人と人を繋ぐ……1000記事、祝3周年!

e0044929_2127517.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さまへ。

3年前の8並びの縁起のいい日、僕はブログを始めました。
友人に後押しされ、その実、薔薇の大先輩のFさまがブログをやっていると知り、
驚きとともに「それなら僕にも出来る?」(Fさま、PC音痴だと思っておりましたゴメンなさい!)
勢いで始めたブログも今日で丸3年を迎えました。

楽しいことばかり……そう言いたいところですが、
写真の無断コピーに関して無益な時間を過ごしたりしたこともありました。
でも、「継続は力なり……」ブログはただただ無為に過ごしていた日々に彩りを、
不規則になりがちな生活にリズム感を、忙しさに流されそうになる日々にメリハリを、
元々、ない才能が枯渇する寸前に創作意欲を、改めて写真に対する情熱を僕にくれ、
出会いが少なくなりがちな年令に差し掛かった僕に新たな出会いを……。
素晴らしいことのみもたらしてくれたブログの運営……。

飽きっぽく、簡単なことに流されやすい性格なのに、
よくぞここまで続けられたと自分を誉めてあげたいです(笑)エラいっ!
何とキリのいいことに、丸3年で丁度1000記事、書きも書いたり1000記事。
最初に掲げた毎日更新はなかなかままなりませんが、よくもこれだけ書いたものです。
流行作家じゃないことが本当に悔やまれます(笑)
あぁ、一文字幾らだったらもっと書くのに(笑)

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

毎日〜遊びに来て下さった沢山の方々、
いつも素敵なメッセージをくれる方々、本当に感謝の気持ちで一杯です。
僕が誇りに思うのは、今までの1000記事、全ての記事にメッセージを戴いたこと。
約200000アクセス、約20000メッセージ……総てキリがいいです。
こんなにメッセージを寄せにくい敷居の高いブログなのに感謝、感謝です(笑)

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕が紡いだ千夜一夜物語……。
まだまだ皆さんにお伝えしたいこと、書きたいことは山のようにあります。
使っていない素敵な写真も沢山ありますし、書き溜めた記事2週間分も勿体ない……。
でも、もういいかな……正直そんな気持ちもあります。
さらに1000記事、またさらに1000記事書いて、一体、何かが変わるのかな?
新しいことなんか出来ないのではないか……正直、そんな気持ちもあります。



この1001通目の手紙をもって暫くブログをお休みさせて戴くことにしました。
いつまでかは分かりませんし、このままペンを置いてしまうかもしれません。
また、形を変えて皆さまの前に姿を現すかもしれません……。

皆さま、3年間、本当にありがとうございました。
ブログは人と人を繋ぐ架け橋……心の底からそう思っています。



  宛先は世界のどこか、受取人は架空の誰か、消印は……。
   
  1001通目の ” 匂いのいい花束。” をあなたに……。



草々

2008年8月7日 


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-08-07 00:00 | 向き向きの花束。

メンテナンスしないとね。

e0044929_18405897.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今年もアッと言う間に8月、連日、暑い日が続いています。
7月以来、暫らく忙しい日が続いていたのですが、ポッカリ自由な時間が空いた土曜日、
兼ねてから予約していた歯医者に行って来ました。
幸いなことに歯は丈夫な方で、殆ど歯医者にはかからないのですが、
お世話になっている歯医者さんは僕が初めて就職した街、
中央区の新富町にある歯医者さん、かれこれ20年以上のお付き合いです。

僕は無類の歯医者好き(笑)好きと言うのは語弊がありますね。
普通、皆が嫌う歯医者を何とも思わないのです。
先生が上手と言うこともありますが、身体の線に合ったゆったりした椅子に座り、
ライトが点いて口を開いた瞬間に睡魔が襲います(笑)
ガリガリやられてもキリキリ突かれてもウィ〜ンウィ〜ン削られても全然平気(笑)
気が付くとライトは消え、僕はと言うと大口開いたまま爆睡。
先生は隣の患者さんを治療中……そんなことがままあります。
歯医者さんにとっては模範的かつ理想的な患者なのです。
その日の治療は右上奥歯に詰めてあった詰め物が取れてしまったので治して貰うことと、
下前歯裏の歯石取り……これがまた好きなのです(笑)
友人曰く、僕は重度の変体か極マゾらしいです(笑)
何でも、少し出っ歯気味に生えるアジア人と違い、
僕の歯は欧米人並に垂直に生えていて下の歯の裏側に歯石が溜りやすいそうなんです。
歯は本当に大事です。健康の源は健全な食生活、
イコール、歯が丈夫でなければなりませんものね。

治療を終え、炎天下の中、新富町から銀座方面にプラプラ散歩……。
懐かしい店もあるけれど、銀座から有楽町は随分と様変わりしましたね。
その日の出で立ちは「A.P.C.」のノースリーブのTシャツに、
半ば友人から強奪同然に巻上げた細身のショートパンツに
「Camper」のサンダル……たったTシャツの袖がなくパンツの膝下がないだけで、
何となく半裸でいるような居心地の悪い不思議な感覚(笑)しかも銀座ですからね……。

早々に生れ故郷の街に向かい、
ここでは全身マッサージと耳の掃除&リラクゼーションを受けました。
マッサージ師が「ハァっ〜!」と驚きのため息をあげる程、バリバリに凝った腰と肩、
肩はもう慢性的で飽きらめていますが、定期的なマッサージが必要です。

耳もそう、普段ついつい疎かにしがちな耳の手入れ。
耳を掃除して貰い、耳をマッサージして貰うと、
何となく良く聞こえるような気がするから不思議です。

カフェで一休み。いつも頼む冷たいカフェは歩き疲れた身体に染み入るようです。
友人にメールを送り、単行本をカバンから出しパラパラ捲ります。
レコード店で「Mamma Mia !」のサウンド・トラック盤を購入。
メリル・ストリープのドナで映画化されると聞き、
わざわざブロードウェイにまで予習を兼ねて観に行った「Mamma Mia !」
ABBAの一番大好きな曲「Money, Money, Money」を、
メリル・ストリープが歌うのを聞く事になるとは感慨深いものがあります。
その後、夕方から「ダークナイト」の先行ロードショウを観ました。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

「ダークナイト」……クリストファー・ノーラン監督作品。
クリスチャン・ベールやアーロン・エッカートをはじめ、豪華な配役に加え、
「ブロークバック・マウンテン」で一躍スターダムに伸し上がり、
先頃、惜しまれつつ亡くなったヒース・レジャーが敵役のジョーカーを演じることも話題です。
僕はコミカルな最初のシリーズ4作よりも、クリストファ・ノーランの真面目な作品に好感を持っています。
しかし、なんと言っても長い!しかも「The Dark Night」ではなく「The Dark Knight」なんですね(笑)
写真はバットマンに因んでバルセロナ郊外で撮ったコウモリの彫刻の写真。
この小さな街にはガウディの礼拝堂があります。
未完成ですが、人気も少なくガウディのデザインを心行くまで堪能出来ます。

劇場を出て傾く日差しの中、どこかで夏祭りがあるのでしょうか、
髪を綺麗にアップにし、若々しい華やかな柄の浴衣姿の美しい女性と、
渋目の浴衣をキリッと襟元を合わせ粋に着こなした背の高い男性のカップル……。
女性は浴衣姿が嬉しいのでしょう、上気した頬が薔薇色に輝き恋人を見上げます。
僕と目が合った男性は慣れない浴衣姿が恥ずかしいのでしょう、
フと目を伏せ恋人の手を握る姿が初々しいカップルでした。

早足で友人が待つ鮨屋へ急ぎます。
少し汗を掻いたけれど、メンテナンスした身体が何となく軽く感じられ、
冷たいビールが喉越しに特別美味しく感じられました。


草々

2008年8月4日


ブノワ。


[The Dark Knight/ダークナイト (2008)]
[Christopher Nolan (1970~ )]
[Christian Bale (1974~ )]
[Aaron Eckhart (1968~ )]
[Heath Ledger (1979~2008)]
[Broke back Mountain/ブロークバック・マウンテン (2005)]
[Antoni Gaudi i Coronet (1852~1926)]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-08-04 00:00 | 向き向きの花束。

La Rose du Petit Prince。

e0044929_2135258.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

あれは今から24年前(年取るハズだ……。)
僕が映画に目覚めて一人で映画を観るようになった頃、
少しでも沢山映画を観たい、安く映画を観たい僕は、
試写会の応募の葉書をじゃんじゃん出し、
当時、また沢山あった名画座を巡り歩いたものです。
一日2本立て3本立ては当たり前、名画座を梯子して、
朝から晩まで一日に5本観たこともありました。
就職してから数年は年間250本の映画を観ていた記憶があります。

当時、ある映画の鑑賞会に入っていて、ロードショウの前売り券がさらに安く、
今にしては考えられない一枚630円で手に入ったのです。
昼ご飯代を節約、寝ても覚めても映画が観たかった僕……。
ある日、店に立ち寄り、これから公開される映画の前売り券を何枚か纏め買いし、
代金を払って外に出ようとした時にフと目に入ったのが、
床の上に落ちていた紙切れ……ハッとして拾い上げたのが
「星の王子さま」の前売り券だったのです。



「星の王子さま」……スタンリー・ドーネン監督作品、1974年製作。

一般にサン・テグジュペリのファンが思い描くメルヘンの「星の王子さま」ではなく、
可成り濃ゅ〜い、エグぅ〜いコワモテぇ〜な配役のミュージカル仕立て。
クセの強いオジさま俳優が思う存分に怪演した「珍品」と言えるかもしれません(笑)
星の王子さま役の男の子は、いわば、可愛らしいだけの飾りのような存在で、
振り付けも担当したボブ・フォッシー(The Snake)やジーン・ワイルダー(The Fox)や
リチャード・カイリー(The Pilot)などのワンマンショー的な色合いが濃い、
一風変わった作品に仕上がっていました。
多くの「星の王子さま」ファンには違和感タップリ、不満ゴッソリ、非難囂々……。
そんな中、ドンナ・マッケニーが演じる「The Rose」が伸びやかに歌う
「Be Happy」がとても印象的でした。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

1枚目の写真の薔薇は、最近、日本で紹介されたデルバールの「Le Petit Prince」です。
皆さんご存知の通り「星の王子さま」のフランス語の原題です。
カタカナ読みすると「ル・プティ・プランス」……でしょうか。
少しラベンダーがかったライト・ピンク。花弁はそれほど密ではないけれど、
可成りハイ・トーンな強い匂いがします。鼻孔の奧に直接、刺激する素晴らしい匂い。
花付きは抜群で、しかも、花保ちが凄くいいと来ています。
この炎天下でも完全に咲いてから数日間は同じ姿で僕の目を楽しませてくれました。
写真のように黄金色の蕊が見えた方がより一層美しいです。
実はこの「Le Petit Prince」、先日の花フェスタ記念公園を訪れた際に、
京阪園芸の小山内健さんが講演会で使ったあとに僕に下さった新苗。
余程、物欲しげな顔をしていたんでしょうね……「もって行けば!」と一声、
なんとも豪儀で心優しい方です。ウチの猫のきんもきんなら飼い主も飼い主でしょうか(笑)
e0044929_214224.jpg
2枚目の写真は一足早く紹介された、同じくデルバールの「Saint-Exupery」です。
「サン・テグジュペリ」……こちらは春の一番花。数輪が房になる巨大輪、非常に強い匂いがします。
デルバールには同じ名前のライト・ピンクのハイブリッド・ティー(1961年作出)もあります。

愛らしい「Le Petit Prince」ですが、商標登録の関係で名前が変わるそうですね。
新しい名前は「エモーション・ブルー」……色々と大変なんですね。
でも、僕の中ではこの薔薇はズゥ〜っと「Le Petit Prince」と呼ぶと思います。
秋には「Saint-Exupery」と「Le Petit Prince」を同じフレームに収められるかな……。
薔薇を育てているとそんな楽しみもあります……。


草々

2008年8月1日


ブノワ。


[La Rose du Petit Prince (HT) Delberd, 2008]
[Saint-Exupery (HT) Delberd, 2003]
[Delbard]

[The Little Prince/星の王子さま (1974)]
[Stanley Donen (1924~ )]
[Richard Kiley (1922~1999)]
[Bob Fosse (1927~1987)]
[Gene Wilder (1933~ )]
[Donna McKechinie (1940~ )]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-08-01 00:00 | 薔薇の名前。