匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

心の中で何か大事なものが一つ一つ死んで行く……。

e0044929_5294792.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

お園 「はぁ……………。」

朝子 「何よ、深い溜め息ついちゃって。」
小芳 「朝子姐さん、どうせいつものアレよ、アレ。」
朝子 「あぁ、耳タコの奴ね(笑)」
お園 「何よ、アナタ達……そうよ、いつものアレで悪うございました。
    だって本当に園ちゃん綺麗なんだもん。」
朝子 「アタシもアナタみたいに自信家で傲慢になってみたいわ(笑)」
お園 「あら、聞き捨てならないわね!アタシのどこが傲慢なの?」
朝子 「だってアナタくらいでしょう?いつも鏡を見てウットリ溜め息ついているのは。」
お園 「あら、本当のことだもの。アタシが世界一美しいのは。」
小芳 「あっ!いつの間にか日本一から世界一になっている(笑)」
お園 「ウルサイ!小芳!だってこの世にアタシより綺麗な猫はいないじゃないの!」
朝子 「本当、いいわよねぇ……お気楽で(笑)」
お園 「フンっだ!アナタ達も悔しかったら整形でもして綺麗になってみれば?」
朝子 「あら、お言葉ね。いいのアタシはこのままで。自然体が一番よ。」
お園 「フゥ〜ん……アタシは皆さん必要だと思うけどなぁ。
    朝子姐さんは不細工じゃないけど平凡(笑)パぁ〜っと華やかな二重にして……。
    埋没方は止めた方がいいわよ、あれはスグにバレるから(笑)
    小芳は先ず曲がった尻尾ね、アレなんとかしないと嫁には行けないな。
    それから何となく情けな気に垂れた目尻をキュッとアップして……。
    きんは先ず『たかの由梨』だな(笑)痩せてから貧弱で短い尻尾を長くしなきゃ(笑)」
きん 「nるるるるる!フンぎゃあ!」
3匹 「お園、アナタはやっぱり地獄行きだよ!」

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

若き日のスティーヴィー・ニックスにそっくりな親友にあることを聞きました。
中国でペットの整形手術が流行っていると言う。
チョッと調べてみたところ、中国のみならずブラジルでもだそうだ。

施術された犬の写真を見て言葉を失いました。
ペットの整形手術……思いつく飼い主の気持ち、頭の中って一体どんななんでしょうね。
犬、猫、小鳥……小さな体だけれど生きるために必要なパーツを全て揃え、
生意気に(笑)感情があって完全ではないけれど僕達と意思の疎通も出来ます。


 「毎日トイレの掃除をしてエサをあげているから何をやってもいいの?
  その代わり、僕達は彼らから掛け替えのない物を貰っているじゃない。」


ウチの場合はペットと呼ぶにはあまりにも存在が大きく、
何物にも変えられない大事な大事なパートナーなんです。
そりゃあ、お園のようにほぼ完璧な美しさを持った猫もいます(笑)
でも、お園が言うように朝子は平凡、小芳は尻尾が鍵尻尾、
きんはデブでカリントウのような短い尻尾……どの子も絵的には欠点があり完璧ではありません。
だけど整形手術とは!なぜありのまま、そのままの全てを受け入れないのでしょうか。
僕には全く理解不可能、人の形をした異次元の生き物としか思えません。
整形手術をするのなら、思う存分自分の顔でなさい!

飼い主の勝手でどこも悪くないのに体にメスを入れられてしまう可哀想な小動物……。
手術が必要な時にでさえ、その負担は小さな体にはしんどいはずなのに、
飼い主の勝手な思惑で体を切り刻まれるとは!

何もペットの整形手術に限ったことではありません。
何故もっと相手に尊敬と慈しむ心を持たないのか。
小さな命だけど、彼らだって生まれたからには必死に生きようとします。
矢が刺さった鴨や針金で首を括られた犬……。
いつになっても消えることのない動物虐待のニュース。
小さな命に日頃の鬱憤をぶつけて気持ちを晴らす人の心の内側は一体どんななのか……。

つい先日、生まれた子猫を崖から投げ落として殺す女流作家の話しがニュースを賑わせました。
詳細は知りません。胸くそ悪くなるから敢えて目を通しませんでした。
また、僕の知っている人がお世話になったフランスの家では、
生まれた中で貰い手のない子猫を水に沈めて殺すそうです。
殺すくらいなら親猫に避妊手術をすればいいじゃない……そうも思うけど、
避妊手術と水に沈めて殺すこと……彼らは殺すことを選んでいるのです。
野良猫を増やさないために去勢や避妊の手術をボランティアでやっている人たちがいます。
猫はそんなことは望んでいない、人間のエゴだと言う人もいます。
人と猫が共存するには必要なことだと力説する人もいます。
この件は皆さんそれぞれの反応で、これって言う答えはないのかもしれません。

でも、そうやって小さな命を自分の手で殺める行為、
飼い主の勝手な解釈、趣味の域を出ない軽率な考えや思いつきで、
小さな生き物に残酷なことをする行為……僕には全く理解不可能です。

一つの命が消えていく度に自分の心の中の何か大事なものが一つ消えていきます。
慣れるって恐いですよね。子猫たちを水に沈める時、一体何を思うんでしょうね……。
施術され目の周りに縫った後が痛々しく残る、
自分の可愛がっているであろうペットを見てどんな感想を漏らすのでしょう。
僕は自分で交配した薔薇はどんなにショボくても捨てられません。
6年も経って一度も花を見せてくれなくても、爪楊枝のように細くて小さな株でも、
自分で作った薔薇を枯れてもいないのに捨てるなんて出来ません。
薔薇の邪魔になる雑草もそう、余程じゃない限り枯れるまでそのまま(笑)
害虫も致命的な被害が出るある特定の虫を除いて放ったらかしておきます。
命を消すって凄いことですよね。軽々しいこととは違います。
e0044929_5303235.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真は自他の他は大いに疑問だけれど、自称世界一美しい猫であるお園(笑)
それから飼い主の気まぐれでドラえもんに変身したきん。
ドラえもんが猫だって知った時の驚き(笑)鼠に耳を齧られたんでしたっけ?
この広い世界の中で、いくらドラえもんが好きだからって
自分の大事な猫の耳を取ってドラえもんにしようと考える人はいませんね?
仮にいたとして、そんな手術をする先生がいるとは思えません(笑)
ペットの整形手術、しようと思い立つバカもバカなら手術をしちゃう先生もバカ!
きん、全然、可愛くありませんね……それにきんの不機嫌そうな顔!


草々

2008年10月26日


ブノワ。


[Stevie Nicks (1948~ )]
[ドラえもん]
[朝子・Asako (1998~ ) Domestic Short Hair, Black and White Bicolor]
[お園・Osono (2002~ ) Domestic Short Hair, White]
[小芳・Koyoshi (2004~ ) Domestic Short Hair, Red Tabby]
[きん・Kin (2005~ ) Domestic Short Hair, Tortoiseshell]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-10-26 00:00 | 猫が行方不明。

キリンがロクロ首になった頃に……バナナ・アイスクリーム。

e0044929_19151538.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

「バナナ、バナナ、バナナ、バナナ、バナナ、バナナ、バナナ・アイスクリーム……。」

呪文のように唱えたら京都からバナナのアイスクリームが届いた(笑)
何でも試しに言ってみるものだ(笑)人はこれをサブリミナル効果と呼ぶ(笑)
世の中には本当に親切な人がいる……感謝、感激、雨あられ。神さま、やすさま、仏さま……。

僕がまだ小さい頃、まだまだバナナは高級果物で、
誕生日とか、何か特別な日にしか買って貰えなかった記憶があります。
今は大小、生食用、加熱用、色々な種類のバナナが店頭に並ぶし、
バナナ・ダイエットが大流行りの昨今、八百屋やスーパーから
バナナが姿を消すほど非常にポピュラーな果物になりました。
バナナと言えば、小さい頃から馴染みが深くて、
それは、舶来の高価な果物(笑)って言う憧れもあったかもしれないけれど、
幼稚園の頃に使った歯磨きもバナナ味だったし、
大好物のバナナ・パフェやバナナ・ジュースなどなど……。
今では非常に身近な果物になったバナナ……。

バナナはとても足の早い果物、
色がスグに変わってしまうので加工するのに困難な果物ではないでしょうか。
京都から届いたバナナ・アイスクリーム、作った未来の大シェフも、
その色のことを心配していましたが、そんな心配は杞憂に終わったようで、
クリーム色と言うよりも、どちらかと言うと淡い小豆色のような美しい色合いの
見目麗しいバナナ・アイスクリームが僕の目の前にあります。
先ずは後光が射すバナナ・アイスクリームをそのまま食べてみて大きく舌鼓をポンポンポン!(笑)
近くにやって来たきんも目を細めてペロペロペロ……きんのお腹もポンポンポン!
バナナの粘り気がネットリ、頬が落ちるとはこう言うことを言うのでしょう。
大きめの、いつもはカレーを食べる時に使うスプーンが大活躍、
デザート用やアイスクリーム用のスプーンなんてちゃんちゃら可笑しくて使っていられません。
パクリと頬張ると口のなかに広がる新鮮なバナナの匂い。
甘さも控えめで、これなら2リットル一気に食べられそう(笑)
でも、2リットルって少なくないですか、未来の大シェフさん?
アイスクリームってその殆どが空気なんでしょう?(笑)

e0044929_20421894.jpg
次はスーパーでバナナを買って来て、自家製のバナナ・パフェを作ってみました。
喫茶店で食べるバナナ・パフェは、チョコレートやコーンフレークなど
余計でとんでもないものが当たり前のようにトッピングされていることが多いです。
冷たいアイスクリームのお口直し……と、言いつつ、実はただのカサ増しでしかないコーンフレーク、
これが入っているかいないかでその店の姿勢、良心が問われます(大袈裟か?)

ここはシンプルにバナナとバナナ・アイスクリーム、生クリームだけで作ってみました。
いいですね、自家製のバナナ・パフェ!淡い小豆色のアイスクリームとバナナの黄色が補色の関係で美しいです。
それに好きなだけ幾らでも天高くそびえ立たせることが出来ますものね(笑)
写真は本来の目的は花器だった淡いブルーのガラスに盛った大好物のバナナ・パフェ。
これから暫くの間は天才シェフ作のバナナ・パフェが楽しめそうです……。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

追伸、未来の大シェフ、天才料理人のやすさん、
   所で無花果のアイスクリームが入っていなかったけど……別便?(笑)
   早く送ってくれないと無花果が店頭から姿を消し(記事は既に書き上がっている……。)、
   アイスクリームと一緒に写真に収められないんですけど……一つヨロシクね。
   そうそう、あとパテね!お手製のパテ・ド・カンパーニュ!

 「パテ、パテ、パテ、パテ、パテ、パテ!パテ・ド・カンパーニュ!
  あなたはブノワ。さんにパテを送りたくなる、送りたくなる、送りたくなる……ンガガガガガァっ!」

無花果のアイスクリームの隙間に入れて送って!(笑)
味に自信があるなら送ってミソ(笑)それも2種類ね!


草々

2008年10月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-10-23 00:00 | バベットの晩餐会。

確実に2キロは太った夜。

e0044929_211706.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

猫も杓子も雁首揃えて……いやいや失礼!
最近、秋の声を聞く頃から友人達がこぞって京都に行く。
ある友人は学会に出席のため、またある友人は遅い夏休みを初めての京都で過ごすため……。
京都は本当にいい……僕も晩春に訪れた時のことが甦ります。
その時のことは少し書きましたけれど、
親友のやすくんとはランチの後にカメラを持って哲学の道辺りを散策、
僕は大いに疑っているのだが、実はこの京都人の友人やすくん、
京都に住みながら銀閣寺も哲学の道も苔寺も知らない、
ニセ京都人、驚異のもぐり京都人、自称京都人なのだ(笑)

三々五々、友人達が京都を訪れている10月のある日、
香道の弟弟子から小包が届きました。中身は京都の老舗の漬物屋の漬け物の詰め合わせ。
筍の麹漬け、山芋、エリンギなどの変わり種から、
大根、茄子、べったら漬け、千枚漬けなどのオーソドックスなものまで。
あぁ、この食欲の秋に何と危険な……御飯がペロリと2合……です(笑)
この弟弟子、律儀なことに流麗に筆でしたためた礼状を添えて来ました。

何故、京都のお土産にお漬け物を送ってくれたのでしょう?
それは、知人を案内するのに、美味しい料理を食べさせる店を教えてくれないかとの問いに、
僕が知っている数少ないレストランの中から飛び切りのビストロを紹介したからです。
ビストロの名前は「ビストロ・ボンモルソー」。
前回の京都で料理人のやすくんに連れて行って貰い、大のお気に入りになった店です。



前回の僕の京都訪問、やすくんには課題を出してありました。

 「どこか飛び切り美味しくて値段が手頃なビストロに連れて行くように。」

テーブルを囲んだのは、やすくんと僕、そして、僕の香道仲間で、
東京から京都の大学院で一年間、勉学に励んでいるかっしーくんの3人。
なんとやすくんが僕が大好きなヴーヴ・クリコを事前に持ち込みで用意してくれていました。
少し遅れてきたかっしーくん、
東京のお稽古場で顔を会わせていた時よりも溌剌として健康的なのは何故か。
きっと単身、京都で勉学に励むことの解放感や、好い仲間に恵まれたからでしょう。
やすくんとかっしーくん、初対面の二人だけれど、僕が全く心配しなかったように、
年令が近いもの二人、スグに会話が弾む……波長が合うって不思議ですね。
e0044929_21172710.jpg
e0044929_21174031.jpg
e0044929_2118475.jpg
e0044929_21182696.jpg
e0044929_2118388.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

当日の料理はメニューから前菜、メイン、デザートを選ぶことにしました。
メインは有無を言わさず東京を出る時からタルタル・ステーキに決定(笑)
またタルタル・ステーキ?って思う人もいると思いますが、
だって、やすくんのお薦めだし、なかなか日本で美味しいタルタル・ステーキは食べられませんからね。
僕が前菜に選んだのは豚の血で出来たソーセージにマッシュ・ポテトを添えたもの。
周りには林檎と粒マスタードが彩りを加えています。
それからカボチャのポタージュ、食後にはチーズを少々。
デザートには大きいクリーム・ブリュレとカフェ。
どのお皿も非常に美味しく、量も程よかったです。

何よりも店のシェフをはじめとしたスタッフの感じの良さが店のアット・ホームな雰囲気となり、
まるで何度も通った行きつけの店のような錯覚を客に覚えさせます。
久しぶりに会う友人との一時、会話が弾むと言うより、
どちらかと言うと僕は二人の会話を横で聞いて楽しむ感じ……。
初めて会う友人同士が打ち解けて話している様子は見ていて微笑ましいものです。

ランチにやすくんのお手製ランチを戴きヴーヴ・クリコを一本、
そしてディナーは友人とテーブルを囲み時の経つのを忘れヴーヴ・クリコ一本(笑)
確実に一日で2キロは太った旅の始まりでした。


草々

2008年10月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-10-19 00:00 | バベットの晩餐会。

ウンザリなのだ。

e0044929_22175782.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「どうしよう……どうしたらいいの?」

ここ数年、忙しいこともあるけれど、全くテレビを見なくなった。
巷ではアナログ放送が終わり、いよいよデジタル時代に突入する態勢が整いつつある。
家電量販店にはプラズマと液晶の巨大なテレビ……。
テレビと呼ぶには大きすぎるモニターが所狭しと並べられ、如何に大きく薄いかを競っている。

 「はぁ、どうしよう……テレビ、興味ないし……家で映画のDVDも見ないし……。」

色々と一式揃えないとテレビが見られなくなるの?
我家の近所のスーパーで買ったソニーの29800円のテレビはどうなるの?
まだまだ綺麗に映るんですけど……それで十分じゃない?
中には見応えのある素晴らしい番組もあるけれど、
その殆どが見るに堪えないバラエティ番組なんだもん……。
どのチャンネルを回しても(死語か……。)どこぞの大手芸能プロダクションと
関西のお笑い芸人が大挙してひしめき合うワンパターン。
おバカが売り物のクイズ番組に、大食い、旬を過ぎたタレントの旅の紀行……。
今でさえ目を覆いたくなるくらいなのに、
それがさらに巨大に拡大されて鮮明になったとしたら……。

第一、あの汚い言葉、「地デジ」って一体なに?
「イケメン」も嫌いだけれど(大体、何の省略?イケてるメンズ?……これまた鳥肌が立つほど汚い。)
この「地デジ」は本当に汚い……。
僕が「ハリー兄貴」と敬愛する「Cold Landscape」のハリーさんが皮肉タップリに、
「地デジ」を「血で痔」と書いていたのには膝を叩いて大いに笑ってしまった(笑)

「地デジ」……省略言葉は沢山あるけれど、
最近、久しぶりに聞く汚い言葉……マスコミもごくごく普通にこの汚い単語を使っています。
省略言葉のルーツはと言えば、恐らく「ドレメ」辺りかと僕の記憶を遡ってみます。
でも、当時の省略言葉と今の省略言葉は性格が違いますね。
何も焦って言葉を縮めて早く喋る必要はないじゃない。
ゆっくりと正しく発音して美しい日本語を使いましょうよ。

僕は最近、「コンビニ」は「コンビニエンス・ストア」、
「地デジ」は「地上デジタル」など、ワザと省略せずに使うようにしています。
勿論、薔薇の名前を省略したりしません(笑)
時代に逆行?自己満足?いいんです、その方が絶対に優雅で心地いいから……。

今日の写真、スペインはグラナダを一人歩いている時に撮った1枚。
フランスやスペインには、ただの落書きと片付けるには勿体ないステンシルのアートがあります。
これは「あっ!まちゃまちゃじゃん!」と、僕が一人ごちた落書き(笑)
しかも、隣の文字は「MASA」……彼女の本名は雅美だよ!
お笑い芸人には厳しい僕ですが、結構、まちゃまちゃは好きなのです。
彼女の芸は知りませんが、言っていることは的を得ていると思うから……。


草々

2008年10月15日


ブノワ。


[まちゃまちゃ/Macha Macha (1976~ )]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-10-15 00:00 | 向き向きの花束。

大変なことに……。

e0044929_22245220.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

忙しさにかまけていたらスッカリ涼しくなりました。
タイミング良く降る雨のお陰でバルコニーの薔薇には殆ど水遣りしない日が続き、
猫はと言えば、現金なもので気温が下がるとめっきりバルコニーには出たがらなくなります。

先日のこと、最後にいつ水を遣ったか忘れるくらい久しぶりに薔薇に水を上げました。
薔薇に水をあげたと言うより、バルコニーに出たのはいつ以来だったか……。
足元にまとわり付くきんを軽く足でいなしながら(笑)バルコニーに出てみると……。

 「ここは何処?私は誰?」じゃないけれど、

一面に生い茂った雑草が薔薇を覆い隠し、
ポツポツと夏の名残の薔薇が咲いていなければ、
とてもここが屋上薔薇園とは思えないほど……。
それにしても雑草の生命力は凄いです。
春先には可愛らしい双葉を出していたかと思うと
秋には僕の身長を軽く越す背丈まで伸びています。
油断しちゃうんですよねぇ……まさかこんなに大きくなるとは思わないし(笑)
名前が分かっているのは「アカザ」と「ねこじゃらし」くらい……。
あとは名無しの権兵衛(僕が名前を知らないだけだけど……。)が
我がもの顔でバルコニーを占領しています。
こうなると手に負えないので冬の剪定と植え替えまで放置です。
放置はいいけれど、種が熟して種が飛散し、来年はさらに凄いことになるんだろうなぁ……。
その前に地上部だけ切ってしまおうか……猫も呆れるネコジャラシの群生(笑)
それにしてもネコジャラシが群生するバルコニーって一体……。
何とかしなければ薔薇が大変なことになってしまいます。

写真はバルコニーからカットして美しく撮ってあげた「ヘクソカズラ」。
この物凄い名前のツル草、漢字で書くともっと凄くて「屁糞葛」(大爆笑)
「かずら」って言うくらいですからツル性の植物なんですが、
これがまた強情な奴で困り果てています。
去年は徹底的に駆除したハズなんですが、
この写真にあるように沢山の実が何れ茶色に熟し、
中からおびただしい数の種が飛び散るんですもんね……。
これで実が七色の青、瑠璃、ターコイズ、群青……に輝くようだったら、
また、花がえも言われぬほど可憐で美しくいい匂いがしたならば、
「ヘクソカズラ」の価値も変わるのに……。
薔薇だって花がショボかったり匂いがとてつもない悪臭だったら、
ただの刺だらけの厄介な植物でしかないんですもんね(笑)

観賞花と雑草の運命は紙一重です(笑)


草々

2008年10月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-10-07 00:00 | 何処からともなく。