匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あなたならどうする。

e0044929_0302952.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

随分と時間が経ってしまいましたが、
去年の12月のクリスマス前のことでした。

その日の僕は神奈川県の中央部で用事があり、早めに終わったので、
次の目的地に向かうためにJRで川崎に出てそれからバスで……。
そんなプランを頭の中で立てて横浜線の中でウトウトまどろんでいる時、
新横浜から二人の男性が乗って来ました。
一人が僕の隣に座ったので目が覚め、聞くとはなしに会話が耳に入って来ました。

どうやら、その二人は知り合いではなく、
隣に座った人は目が不自由らしいのです。もう一人が親切に案内したようです。
その人も途中駅で降り、やがて電車は東神奈川へ到着。

 「東神奈川ですよ、終点だから下りて乗り換えないけませんよ。」

と、膝を軽く叩いて教えて上げました。

乗り換えのホームに案内する道すがら話しをしてみると、
何と名古屋から川崎にライブを聴きに来ているのだとか!
チョッと驚きましたが、それならばと、川崎まで一緒に行くことに……。
実は僕、目が不自由な方と歩くのは初めてです。
何でも遠慮なく聞いちゃう僕のこと、相手に僕の腕を掴まらせるのがいいのか、
それとも肩を貸すのがいいのか、僕が相手の腕を取るのがいいのか、
右に立つのがいいのか左がいいのか、歩くスピードは今のままでいいのかどうか……。
根掘り葉掘り、色々と聞いていざスタートです(笑)

東神奈川から川崎までの幾つかの駅の途中で分かったことは、
夕方から始まるライブを聴いて新幹線の終電で名古屋に帰るのだとか……。
どうやら川崎にライブに来るのは2度目なのだそうです。
でも、来たのは随分前のこと、川崎も随分と変わりましたからね。
小森のおばちゃま並みに心配性のブノワ。さん、
段々と心配が膨らみ、不安がムクムクと頭をもたげて来ました。
このクリスマス商戦で賑わう川崎の街を、人でごった返した街を、
果たして目の不自由な人が一人でライブハウスまで辿り着けるだろうか……。

ご存知のように、川崎には数年前に駅に直結した巨大なショッピング・モールが出来、
改札から続くコンコースは一年を通して人で賑わっています。
しかも、クリスマス前……一面黒い頭が埋め尽くしています。
決して時間に余裕があった訳ではないし、
その日は重たい荷物をガラガラ引っ張っていた僕……。
クラブは駅の反対側……でもいいや!

 「僕がクラブまで一緒に行きましょう。入口まで案内しますね。」と、僕。

相手はしきりに恐縮するモノの、どこかホッとした表情でした。
階段の上りや曲がり角、障害物があるたびに声を掛け、
歩道に貼られている点字ブロックの上を歩いた方がいいものかどうか、
このままライブが終わっても一人で新幹線の終電までに品川まで辿り着けるか……。
そんなこんなが頭を過りながら、クラブの前に到着。
丁度、既に長い列が場内に少しずつ動き出している所でした。
蛇行して進む列、

 「あぁ、これじゃ一人じゃ無理だな……。」

そこで最後尾に並んでいた若い真面目そうな男の子に事情を説明して、
中に入って席に着くまで(多分、スタンディングの自由席でしょうけど……。)
その人と一緒に行動してくれるように頼んでみました。
快く引き受けてくれた男の子、何度も何度も頭を下げ、
お礼を言いながら手を振るその人を背に、僕は次の予定地に向かったのでした。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

チョッと経験したからと言って、
今頃、偉そうにこんな事を書くのはどうかと思いますが、
僕等が住む世界って身体に不自由がある人にとっては非常に住み辛いですよね。

改札を出て、

 「じゃぁね、気を付けて!」と、

人混みに放り出す訳には行きませんでした。
携帯電話を見ながら前も見ないで歩いている女、
自分の行く先が遮られるとガンを飛ばして睨みつけます(苦笑)
点字ブロックの上にビッシリと駐輪された自転車、
自転車ならいざ知らず、点字ブロックの上に座り込んだ頭の悪い学生たち、
公共の場所を我もの顔で嬌声を上げながら走り回る行儀の悪い子供たち。
それを放置しているもっとタチの悪い親たち……。
その他、自分がもし目が不自由だったら……と、想像すると、
とてもじゃないけれど恐くて歩けない街。
バリア・フリーを謳って、最近では公共施設の設備も充実して来ているけれど、
設備の問題じゃなくて人の心のありようにも問題があるように思います。
自分の事で精一杯?「I love me」的な自己中心の考え方。
不自由があろうとなかろうと、相手のことには全く関心がない人と人の繋がりが希薄な今。
貼られている点字ブロックも、果たしてここに貼ってあっていいの?
ここの部分、剥がれているじゃない……そんな光景もチラホラ……。

初めて僕の肘に触れたその人の震える手の感触……。
次第にそれが信頼に変わって行くのがハッキリと分かるんです。
全く見ず知らずの人に安全を委ねる訳ですからね、恐いと思います。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

思わず人助け?約束の時間にはチョッと遅れるけれど、
清々しい気分の僕の背中に届いた最後の一言。

 「オジサン、どうもありがとう!」!!!!!!

こらぁっ!こらこらぁ!
人に親切をして貰ったら「オジさん」じゃなくて「オニイさん」と呼びなさい!(笑)
こんなに若くて素敵なブノワ。さんなのだから(大爆笑)
でも、なぜオジサンと分かったのだろう……声が老けていた?加齢臭?(大爆笑)
暫しオジサンとバレた理由を考えてみましたが、
きっと僕の背中には巨大な「?」マークが浮かんでいたに違いありません。
困った人を目の前に、「あなたならどうする」……いしだあゆみの歌が耳に響きます(笑)


草々

2009年2月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2009 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2009-02-26 00:00 | いつも心に太陽を。

クリスマスローズ恐ろしや。

e0044929_1958173.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

落語の「饅頭こわい」じゃないけれど、
 
 「クリスマスローズは絶対にやらない。」

と、言ったらクリスマスローズがやって来た(笑)
あれほどクリスマスローズとクレマチスは育てないと宣言したのに、
世の中には親切な方がいるものですね。
あれよあれよと言う間にクリスマスローズが5株になってしまいました。
別に何かを狙って宣言した訳ではありません(笑)

僕のために株を選んで下さったクリスマスローズのオーソリティ。
いかにも僕が好きそうな色や形をご存知で!
友人がオーソリティを訪ねる前に、

 「値段に糸目は付けずにお願いします。」

と、言ったのをきちんと守って下さったみたいです。
その日は友人がオーソリティの元を訪ねた後に僕と会う約束だったのです。

 「これ、ブノワ。さんにプレゼントされたら如何ですかぁ……なぁ〜んちゃって!」
 「そ、そ、そうですか?えぇと……◯◯◯◯円!」

友人とオーソリティの会話が聞こえて来るようです(笑)



まったくクリスマスローズは初心者の僕、
クリスマスローズのABCも知らないのだけれど、
矢張りクリスマスローズは綺麗です……いやいや、コワいですねぇ(笑)
清楚なシングルの白のクリスマスローズや斑点が入ったクリスマスローズもコワいけれど、
真っ黒のダブルのクリスマスローズ、ごく細の糸ピコのクリスマスローズも恐ろしい……。
あぁ、恐ろしや恐ろしや……クリスマスローズってなんてコワいんでしょう!(笑)

見事せしめた……いやいや、戴いた翌日の夕方に撮ったクリスマスローズ。
なんて可憐……いやいや、恐ろしい姿!獲って喰われそうではありませんか!
笑うのは、ベージュに彩られた背景……タップリと熟して枯れたネコジャラシ!
ハァ、今年の秋は一体どうなるのでしょうか……あぁ、恐ろしや恐ろしや。


草々

2009年2月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2009 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2009-02-20 00:00 | Raindrops on roses。

おねぎとピーマン。

e0044929_2033746.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 随分と春めいて来た2月13日の金曜日(笑)
 早く帰宅したおねぎは一人リビングでカード書きに余念がない。
 その数50枚、一人一人にキチンと違うメッセージを書くあたりは
 マメとしか言いようがない。足元には可成り大きめの紙袋……。
 中には何やら華やかな包装紙に包まれた大小の箱……。
 そこに仕事から帰ったピーマンが……。
 おねぎは夢中になっていて一向に気が付く気配がない。

P  「あら、おねぎ、帰っていたの?……ただいま。」
O  「あら、ピーマン、早いじゃないの……。」

 おねぎ、慌てて足で大きな紙袋を自分の後ろにズラす。

P  「チョッと!今、後ろに隠したものはなぁに?」
O  「ウルサいわね。いいのよ、アンタには関係ないんだから。」
P  「ハハァ〜ン、分かった!バレンタインのチョコレートね!」
O  「お黙りぃ!」
P  「ねぇ、どうしてアンタは毎年〜そんなに義理チョコをバラ撒くのよ?」
O  「いいのよ!お付き合い、お付き合い!楽しいじゃないの。」
P  「バカねぇ。あれは女が男にプレゼントするものよ。
    アンタ、どうやってみても逆立ちしても男じゃないの(笑)」
O  「ウルっサいわねぇ……体は男でも心は女なの!
    第一、アタシ、◯◯なOLなんかには負けないわ。」
P  「あら、◯◯って何よ、問題発言だわ。ハッキリ言ってご覧なさいよ!(笑)」
O  「アハハハハ、口が裂けても言えないわ。」
P  「まぁいいわよ。でも、平均1000円で50個くらい……アナタ、5万円よぉ!
    で、本命のHくんには何買ったの?」
O  「あなたも鋭いわね。Hくんにはエルメスの春先用のニット。」
P  「アナタって本当にバカね。あの子にエルメスなんか似合う訳ないじゃない。
    ◯◯で買った安いセーターがお似合いよ!」
O  「ウルサいわねぇ……アナタ、◯◯って、そっちの方が問題発言じゃないの(笑)
    いいのよ!気は心、アタシの愛情表現なんだから。
    そんな事よりアナタのその手に持っている小さい紙袋は何よ。」

 ピーマン、サッと紙袋を後ろに隠すがおねぎが見逃す訳がない。

P  「アッ!これは秘密(笑)」
O  「どうせYくんのバレンタイン・プレゼントでしょう?
    何買ったのよ、お言いなさいよ。」
P  「ウルサい!アンタになんか絶対に言うもんか!」
O  「ふふぅ〜ん〜だ、言いたくて仕方ないクセに。
    ”BVL……” アンタ、それブルガリじゃないの。分かった!指輪でしょう!」
P  「おねぎ、アンタも鋭いわねぇ……ダイヤが入った指輪!
    特注で指輪の内側に1カラットの石を埋めて貰ったの。」
O  「アンタの方がよっぽどバッカじゃないの。もう付ける薬がないってこのことね。
    アレは妻帯者よ!妻・帯・者・!!!!!意味分かる?嫁がいるのよ!
    普通、嫁がいる男にダイヤの指輪なんかあげる?」
P  「あらっ!アナタのHだって妻子持ちじゃないの!
    この前3人目が生まれたって(笑)
    アンタ、悔しかったらHくんの子供産んでご覧なさいよ!」
O  「バッカねぇ!産めるものならとっくに産んでいるわ!
    いいの、アタシとHくんは赤い糸で結ばれてんの。」
P  「じゃぁその他の49個の義理チョコは何なのよ。」
O  「いいのいいのよ、バレンタインなんて単なる儀式じゃないの。
    ゲームよゲーム、皆、キチンとお返しくれるわよ。」
P  「あら、皆アナタの事が恐いのよ(笑)」
O  「お黙り!ピーマン。
    いいの、アタシは降り掛かる愛の火の粉を払いつつ生きているんだから。」
P  「ふぅ〜ン、いいわね、お気楽で。
    降り掛かるのは愛の火の粉じゃなくて災難ばかりじゃない(笑)」
O  「でもさ、アタシ達って可哀想よね。アンタが好きな男が妻帯者で、
    アタシが夢中になって入れあげている男が妻子持ち。
    好きな男と結婚出来ないからご祝儀も貰えないし、あげるばかりだわ……。」
P  「いい男はスグに売れちゃうし……。」

P  「おねぎ!」
O  「ピーマン!」
O&P「アタシ達は因果だねぇ……。」

…………………………………………………………………………………………………………………………

またイヤな季節がやって来ました。狂乱のバレンタイン・デー(笑)
間違って地下の食品売り場に入ってしまった僕は愕然……。

 「しまった、そうだった、バレンタインだった……。」

今年は女性からだけではなくて男性からも
プレゼントをする相互プレゼントが流行るそう……。
まぁ、次から次へと新手の商法を考え出すもんですね。
それに踊らされて財布の紐が緩くなってしまうんだから僕達もおめでたいです。

12月に入るとクリスマス一色、それが終わると年末のセールから新春大売り出し。
2月に入るとバレンタイン、それが終わるとホワイト・デー、それが終わると母の日、
そして今度は父の日……あまりに下らなくて目眩がします。
贈り物……素敵な事です。でも、なぜ「〜の日」じゃないと贈り物が出来ないの?
その他大勢の中に混じって贈り物をしても目立たないじゃない?
1/10、1/20の中で自分だけ一際、光り輝く自信がありますか?
普通の何でもない日に、さりげなくサッと、相手の意表をついて、
決して高価じゃなくても心の籠ったプレゼントをする……効果絶大だと思うけどなぁ。
メーカーの甘言に乗って、他の人達に混ざって贈り物をしても詰まらないじゃない?
まるでセール会場さながらのカウンターに群がる、
黒山の人だかりのチョコレート売り場にいる自分が可笑しいと思いませんか?
僕の友達があの中にいたら物凄くイヤかも……。
端から見ていると可成り滑稽ですよ。買うのに整理番号を配る店もあるんですね!
義理で貰ったチョコレートなんかまったく嬉しくないもの。
僕は絶対にホワイト・デーにお返しなんてしません。
そんなお金があるのなら朝子に煮干しを買ってあげた方がいいや(笑)
右へ倣えはもう止めませんか?もう少しスマートに生きましょうよ。



先日、メリル・ストリープとロバート・レッドフォードの
「愛と哀しみの果て」を観ました。
カレン(ストリープ)はデニス(レッドフォード)から2回贈り物をされます。
初めは夕食のあとに物語を即興で聞かせてくれたお礼にゴールドの万年筆を。

 「これで物語を書き留めなさい」……と。

それが、作家アイザック・ディネーセンの誕生のキッカケです。
2回目はイギリス義勇軍のために食料300人分を、
自ら運ぶことになったカレンが、アフリカの大地で道に迷った時、
偶然出会ったデニスが自分も必要であろうコンパスをカレンにプレゼントしたのです。
デニスが大事に使っていた2つの品、方や命の綱とも言えるものを自分にくれた……。
勿論、カレンがアフリカの大地で出会ったインテリで魅力的なデニスに惹かれた訳ですが
この2回の贈り物がカレンの心に大きな影響を与えたのは間違いがないでしょう。
プレゼントとは相手を思い遣り心を籠めるもの。
自分の分身として相手にさし出すものですからね。
だからこそお互いの心が通じ合うのではないですか?

今日の写真はパリに一ヶ月滞在した時に買ったチョコレート。
サン・ポールの教会の並びの普通の店で買いました。
何と、男の手の平サイズ……食べきれませんでした(笑)


草々

2009年2月14日


ブノワ。

[Meryl Streep Online/Meryl Streep (1949~ )]
[Robert Redford (1936~ )]
[愛と哀しみの果て/Out of Africa (1985)]


★Copyright © 2005~2009 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2009-02-14 00:00 | 向き向きの花束。

重ぉ〜い腰を上げる。

e0044929_15251387.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

まいったまいった……2月も一週間が過ぎてしまいました。
まだ何もやっていないの……冬の薔薇の作業(笑)
何だかんだ理由をくっ付けては先延ばしにして来た薔薇の作業。
1000株あることを考えるとそろそろ始めなければ……。

そんなこんなを考えている時、
関西に住む友人が稀少な薔薇の苗を3本持って上京しました。
ちょっと素敵な会合があって、僕も同席する事になったため、
気を利かせてくれて僕が興味津々な古のハイブリッド・ティーの苗を持って来てくれたのです。

苗は台木の野薔薇に芽を接いだ状態のもの。
まだの野薔薇の上の部分がカットされていません。
根は土のポットには入っておらず、湿った新聞紙に包まれただけ……。
このまま湿らせておけば2週間は大丈夫だって……。
でもそこは小森のおばちゃま並みに心配性の僕のこと(笑)
ポッカリ空いた日曜日を利用して植え込みと洒落込みました。

ホームセンターに一っ走り、ここはそんなに気の利いた店ではないけれど、
何しろ僕を「薔薇の方!」と呼ぶオバさま達がレジを仕切っています(笑)
四角四面で杓子定規なもう一つの巨大ホームセンターと違って、
重たい土なんかはレジで個数を言えば配送の手続きまで済ませてくれます。
四角四面の方は一々レジまで全部持って来て会計をして、
済んだら配送の手続きをサービスカウンターでしなければいけません。
5キロも10キロも入った袋を20袋も30袋も持てませんからね!
アットホームなオバさま達がいるホームセンターの方が気軽でいいのです。

土を素手でブレンドして行きます。
爪は短く切ってあるけれど、スグに真っ黒になってしまいます。
でも、土を素手で触るって気持ちいいですね!
ザッと1時間の作業、去年新苗でお迎えした分も含めて、
30株ほど植え替えと剪定を済ませてしまいました。

一っ風呂浴びて冷たいビールをグビグビ……。
外は寒風吹きすさぶ2月だけれど、汗を掻いた後のビールは美味いですね。
あと3階の日曜日で何とか形にしてしまわなければいけません。


草々

2009年2月9日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2009 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2009-02-09 00:00 | 薔薇の名前。

リチャード三世……麗しのシェークスピア。

e0044929_2045090.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

2月の初日、ピュゥ〜ピュゥ〜と骨まで凍る寒風吹き荒ぶ中、
赤坂ACTシアターで「リチャード3世」を観て来ました。
最近、親しくお付き合いをして戴いている素敵な紳士のお誘いでした。

シェークスピア大好き人間の僕ですが、意外とこの手の歴史劇と喜劇が苦手……。
オリヴィエもマッケランも演じたリチャード3世、稀代の大悪党を古田新太がどう演じるか。
また、実力派の女優陣がエリザベス朝の悲劇の女性をどう演じるか……。
豪華なプログラムの写真を見ていて興味は尽きませんでした。

舞台のセットは一杯道具、近未来的、あるいは時代不明な、
パイプを張り巡らせたダークな色調のセットに、
俳優陣のカラフルでサイケな模様の衣裳が映えます。
舞台のそこここに設置された暗雲漂う悲劇を象徴するかのような不吉な13台のモニター。
そこにはリチャードと宿敵マーガレットのモノローグが字幕で映し出される他、
BBCならぬEBCニュースとして各地の反乱の様子や主人公の悪夢、
処刑の模様が映し出される……決して目新しい手法ではないけれど、
シェークスピアの装飾的な台詞と奇抜な衣裳や鬘、
携帯電話や銃、時代を全く無視した大道具や小道具が、
違和感なく調和する密度の濃い芝居になっていました。
音楽は優雅な宮廷音楽ではなくて勿論ハード・ロック!(笑)

このように古典を新しい解釈で描いた作品は数あれど、
なかなか成功するケースは少ないですね。
ベルイマンのトレンチコートを着たハムレットなんて言うのもありましたっけ。
オーソドックスなシェークスピアも良し、斬新なシェークスピアもまた良し。



稀代の大悪党リチャード三世……。
醜くい生まれついた悲しみ、いじけた心が成長とともにひねくれた意志を持ちはじめます。
絶え間なく受けた人々の哀れみと嘲笑が、人を憎む力となり権力への求心力なります。
権力への限りない欲求、目的のためには手段を選ばないリチャード三世。
そして、王冠を手にした途端にガラガラと崩れ落ちる砂上の楼閣。
手段を選ばず頂点を目指し、当然のごとく地獄に堕ちるリチャード三世。
圧巻だったのは2幕が始まってスグの女優3人による己の身の不幸を競い合うシーン。
曰く、大ベテラン銀粉蝶扮するマーガレットはヨーク家によって没落させられた不幸を嘆き、
前幕で恨みのたけを全ての人に呪文を掛けます。
三田和代演じるリチャードの生母ヨーク候夫人は、
自ら産み落としたリチャードによる身内の殺戮を嘆き、
夫エドワード4世と最愛の王子たちをリチャードに殺された久世星佳扮するエリザベスは、
人に呪いをかける術を教えてくれるようマーガレットに請います。

銀粉蝶のコミカルな味付けをした軽やかで大きな芝居、
三田和代の巧みでよどみない台詞術、滑舌とはこの人のためにあるような言葉。
久世星佳のまだ生身の女の部分に未練を残した悲しみの王妃。
油の乗り切った女優の台詞が絡み合いお互いに呼応する様子は、
観ているこちらも熱くなるほどでした。

戯曲の世界でもピカレスク・ロマンの傑作は沢山ありますが、
成功の秘訣は悲劇と残虐の間にユーモアを交えること……。
そう、お汁粉にひとツマミの塩、クリームグラタンにごくごく少量の味噌、
カレーに一匙のヨーグルト……全体が円やかになりコクが出るのと一緒です(笑)
血で血を洗う残忍なエリザベス朝の芝居に所々差し込まれるユーモア。
それによって対比が一層明確になり悲劇が際立ちます。

満席の客席に密度の濃い芝居……久し振りに堪能しました。
声を掛けて下さったS氏に感謝、随分と散財をおかけしました。


e0044929_20453796.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真は原作者のシェークスピアに因んでイングリッシュ・ローズの新旧2本。
それぞれシェークスピアの名前を冠した名花です。
右の少しマロンがかった薔薇が「William Shakespeare」、
1987年の作出、既にカタログ落ちした黒薔薇。
おそらく現存している株がなくなり次第この世から姿を消すかもしれません。
売れない薔薇は作らない……仕方がないことかもしれません。
左が交配親は違うものの、2000年に満を持して発表された「William Shakespeare 2000」です。
発表されて早9年、こちらも新しい品種に押されて影が薄くなって来ました。
両方とも素晴らしい匂いに艶やかな姿……そう、薔薇らしい薔薇……。
薔薇の流行……モードのそれよりも、薔薇のそれの方が早いかもしれません。
でも、一旦、絶えてしまったら二度と復活しないのです。

このような2品種を並べて撮影するのも薔薇栽培の楽しみの一つです。


草々

2009年2月5日


ブノワ。


[リチャード三世]
[William Shakespeare (1564~1616)]
[古田新太/Furuta Arata (1965~ )]
[銀粉蝶/Ginpunchou (1952~ )]
[三田和代/Mita Kazuyo (1942~ )]
[久世星佳/Kuze Seika (1965~ )]
[Laurence Olivier (1907~1989)]
[Ian McKellen (1939~ )]

[William Shakespeare (ER) Austin, 1987]
[William Shakespeare 2000 (ER) Austin, 2000]

★Copyright © 2005~2009 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2009-02-05 00:00 | 天井桟敷の人々。