匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なんだかなぁ……。

e0044929_22134622.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

先日のこと、仕事が早く終わったので、
近くの街の大手家電量販店まで買い物に行って来ました。
お目当てはクーラーと電話(笑)いい加減、買わなきゃね、電話。

僕は元々細かい所にはこだわらないタイプです。
どちらかと言えば、性能よりもデザイン重視のタイプ(笑)
勿論、最低限の性能は完備した上でのデザイン重視ですけどね。
そんな訳で、昔からオーディオはソニーの製品を愛用して来ました。

クーラーですけど、先ずは性能はどこも五十歩百歩として、
やっぱり形や大きさから入っちゃうんですよねぇ……。
電話はあらかじめ決めてありました。液晶がオレンジに光るP社のもの。

そんなこんなで2時間近くその店にいたんですが、
なければないで見ないテレビを買おうかどうするか迷っている時に、
フト足が止まって「アバター」をやっているプラズマの前で、
見るつもりもないのについつい30分近く画面に見入っていました。
うぅ〜む……細部まで良く描かれているけれどそれだけ(笑)
それ以上でもないしそれ以下でもない……アカデミーは正しい答えを出しました。
やっぱり、先ず、技術ありき。技術を見せるための映画に見えてしまうのは、
僕だけじゃないんじゃないかな?あなたはどう思いますか?

隣りではサッカー・ワールドカップの「日本対カメルーン戦」を3Dで……。
試してみましたよ、3Dのサッカー観戦(笑)
テレビから2メートルくらい離れた所に3Dの眼鏡が設置されています。

 「へぇ……結構、立体的じゃない。
  うぅ〜ン、立体的なのはテロップだけ?
  ボールがこっちに飛び出して来る訳じゃないのね?」

どうなんでしょう、テレビを3Dにする必要あるんでしょうか?
絵が飛び出す前に先ずは中身なんじゃないかなぁ……。
見るに耐える番組がどれだけあるか甚だ疑問です。



僕、思うんです。最新技術だか何だか知らないけれど、
それって、人間が持っている一番の美点である
「想像力」を殺しているんじゃないかって……。
便利なことって誰しも望むことですが、便利=本能の麻痺なんじゃないかって。
便利を追求するあまり、一番、大切なことをなくしているんじゃないかって……。

今や日本を代表する文化とまで言われている,
マンガ(アニメ)を僕が毛嫌いする理由……。
暴論だけれど、自分で想像する部分が極端に少ないからなんです。
文字だけの小説を読み、自分で主人公の姿を作り上げ、
主人公が暮らす街並を想像する……行間を探り、一つ一つに色付けし、
自分だけの世界を構築する。何百年もの時空を駆け巡り、
小説を元に世界でたった一つの「自分の世界」を作り上げる……。
その想像力がどれだけ自分を高め、感覚を鋭くするか計り知れません。
全てを与えられている世界から何も生まれない……僕はそう思うのです。
3Dの映画に批判的なのもその辺からです。

お釣りを取り忘れれば券売機が警告を発し、
洗濯が終われば機械が親切に教えてくれる。風呂の追い炊きをすれば機械が喋り、
PCに写真を取り込んでカメラの取り外しを忘れれば機械に怒られる……。
アラームなんて当たり前、機械の介助なければ僕達は生きて行けないの?(笑)
想像力がなくなり勘が鈍る……人としての本能がなくなって行く……。

その昔、映画館の肘掛けから匂いが出る映画もありましたっけ。
余計なお世話……勿論、そんなものスグに廃れますよね。
3Dも流行もの?アトラクション……僕はそう思います。

結局、テレビはまだ買わない事にしました。買う機種は決めてあるんですよ。
ワールド・カップが終わったら少しは安くなるのかな?
地上デジタルなんてどうでもいいんだけれど、
取り敢えず、そんな感じでしょうか……。


草々

2010年6月30日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-06-30 00:00 | 向き向きの花束。

携帯メールのブログ化。

e0044929_1450011.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

最近チョッとハマっている事があります。
そう、携帯電話から送るメールがブログ化しているのです(笑)
元々、チョッとお喋りな僕。携帯電話から送るメールも長いです。

先ず、季節の挨拶から始まって、相手のことを気遣う一文が入り……。
当然、長くなりますよね(笑)たった数文字、たった一言二言、
要件のみのメールなんてチョッと「?」……なのです。
元々、長い所に、最近では気に入った写真を添付するようになりました(笑)
最近はあまり書かなくなったけれど、以前のブログの形式みたいに、
まるで、架空の誰か宛に書いていた記事みたいに見えるのです。

写真と言っても、あれはなんて言うんでしたっけ?「写メール」?
省略言葉が嫌いな僕は「写真メール」と言いたい気分ですが(笑)
余程のことがない限り携帯電話のいカメラで撮った写真ではなく、
あらかじめお気に入りの写真をパソコンから携帯電話に送ってあった物を添付します。
だから物凄く画質がいいハズです。皆さん待ち受けにしている人も多いです。
最近の携帯電話のカメラは随分と性能が良くなり、画素数も上がって来たけれど、
やっぱりカメラってレンズですからね。あんな豆粒みたいなレンズじゃダメ(笑)

何かのお祝いの時には薔薇の花束の写真を。
花より団子、食い気優先の人には美味しい一皿の写真を(笑)
仕事先や旅先で面白い光景に出会った時は、仕方ないから携帯電話でパチリ!
鮮度が落ちないうちにその写真を添付して親しい友人に送ります。
新幹線の中で撮った駅弁の写真はいつもお世話になっている美しい方へ。
おいおい、そこの君たち!間違っても君たちじゃないからね!(笑)
この美しい方とは、いつも僕を気遣ってくれている、元ご近所の大事な僕のお姉さま!
何かあるごとに様子を窺ってメールをくれるのですよ。

ついつい短く省略しがちな携帯電話の文章ですが、
1枚の写真を添付する事によって随分と雰囲気が変わりますもんね。
最近は忙しくてなかなかブログを更新出来ません。
チョッとブログ気分、プチ・ブログな携帯メールなのです(笑)


草々

2010年6月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-06-26 00:00 | 向き向きの花束。

70日目の……。

e0044929_17481449.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

例年よりも遅く梅雨入り……これを書いている今も外は雨が降っています。
しかも物凄い土砂降り……既に日本は温帯ではありませんね。
この雨の降り方は熱帯のもの、まるでスコールみたい。
その内、梅雨と言う言葉も死語となり、
日本も雨季と乾季にハッキリ分かれるかもしれません。

さて、早いもので引っ越しをしてから70日が過ぎようとしています。
最初の都合のいい後片付け計画はどこへやら、
未だにパンダの段ボールが山積みの部屋(笑)
だって、5月は薔薇で忙しくて一つも片付けられなかったんだもの。
そろそろ気合いを入れてパンダと取り組まなければいけません。

それにしてもしなければいけない事が山積……。
先ず、引っ越しの片付けは勿論、パリに住むレミに手紙を書かなければいけません。
それから、名前を使う事を快諾して下さったブノワ・マジメル氏にも報告のお手紙を。
彼には「Benoit Magimel」を一輪、小箱に入れて送る約束をしています。
あと、かれこれ3年前になってしまいましたが、
リヨンのギヨー氏にも僕が薔薇の育種家としてデビューした事を、
発売された雑誌と写真を同封して報告したいと思っています。
リヨンでは会社の社長室で快くお話しをして下さったあと、
自宅に招待して下さって、良く冷えたシャンパンで乾杯。
近くにある素晴らしいレストランに連れて行って下さいました。
滞在時にあれだけ持て成して下さったんですから是非、お手紙を。
僕がお土産に持参したオリジナルの薔薇のプチ写真集をパラパラ捲って、
ギヨー氏の手がハタッと止まったのが「Benoit Magimel」の写真の所だった……。
それを考えると、何だか不思議な縁を感じずにはいられません。

相変わらず我家の女囚猫は脱出を試みます(笑)
園ちゃんが最多脱出記録保持猫で3回……ビビリなクセにね!(笑)
最近の日課は、早朝、薔薇に水遣りしたあとに、
猫を抱っこして近所を散歩する事なんです。

 「そんなに外が見たい?だったら僕と散歩しようか?」

お園ときんは大人しく散歩に付き合いますが、ビックリしたのは朝子。
初めは僕にしがみつくようにして静かにキョロキョロしていましたが、
そろそろ家に戻ろうかなぁと思った瞬間、まるでスイッチが入ったかのように

 「あぉ〜ん!あぉ〜ん!あぉ〜ん!!!!!」

向こう三軒両隣どころか、町内中に響き渡るような大きな声で絶叫!(笑)
大丈夫、捨てに来た訳じゃないんだから!思わず慌てて口を塞いじゃいました。
それにしても、今の時期の我家は猫の毛だらけ(笑)
毎日〜掃除をしてもダメ。フンワリ綿菓子のような丸まった猫の毛が、
風の吹きだまりにフワフワ落ちています。
もう!ブラッシングきちんとしているのに……。
抜け毛が気になるお父さんが見たら失神しそうなくらいの毛が抜けます(笑)

…………………………………………………………………………………………………………………………

一つ、ビックリしちゃったのは、
引っ越ししてこの方、家の電話に一つも着信がない事……。

 「おかしぃなぁ……何で電話がかかって来ないんだろう?」

良ぉ〜く考えてみたら、新しい電話機を買っていなかった!(笑)
前の電話はファックスが壊れてしまったので引っ越しの時に捨ててしまったんでした。
電話を繋いでいないんだもの、電話がかかって来るハズないですよね(笑)
自分のトンチンカンに愕然とすると同時に、それだけ余裕がなく、
忙しかったんだと我事ながら呆れることしきり。
でも、電話機を買いに行く時間もないんだよなぁ……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は広大なギヨー氏のお宅のテラスで撮った1枚。
圃場でまだ陽を見ぬ新種の薔薇を次々とカットして奥さまのお土産にするギヨー氏。
それを同行した親友がサッと生けたのがこの写真です。
薔薇を愛でる、カットした後もなるべく長く愛おしむ……。
これを見てニッコリ微笑んでいたギヨー氏の顔が思い出されます。


草々

2010年6月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-06-19 00:00 | いつも心に太陽を。

したくないけど……。

e0044929_17443100.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

明日あたりから?そろそろ関東地方も梅雨入りです。
皆さん、如何お過ごしでしょうか。
僕は薔薇のあれこれが終わり、チョッと惚けています。

さて、今日はお知らせです。
この度、このブログのメッセージ欄を承認制にさせて戴く事にしました。
いるんですよ、変なヤツ……何なんでしょうね?凄く気持ち悪いです(苦笑)
目的不明、意味不明のスパム・コメントを入れて来るバカ……。
インターネットの匿名性を利用して人を中傷する卑怯者……。
頭隠して尻隠さず……匿名って言ったって、
ほぼ100%、誰か分かってしまう居心地の悪さ……。
勿論、相手にする気はさらさらないんですが、
自分で自分のブログは守らないといけませんものね。
今まではコツコツと見付けては削除していましたが、
僕がそのコメントを削除するまで公開されてしまいます。
スグに気が付けばいいですけどね、出先だとなかなかそうも行きませんし、
遊びに来て下さる方にも不愉快な思いをさせますしね。



僕が「コメント」と言わず「メッセージ」と呼ぶ気持ちをご理解下さい。
皆さんから寄せられるメッセージは僕の宝物なのです。
このブログを彩り、僕と一緒になって、
このブログを形作る一つ一つの煌めく宝石なのです。
その大事な交流の場所を荒らすヤツは許す訳にはいかないのです。



折角、寄せて下さったメッセージをスグに見られない不快感、
確認出来ないもどかしさは分かっています。
承認しないと公開されない、何となく「上から目線」も重々承知しています。
でも、ここは一つご了承下さい。毎日遊びに来て下さっている何百と言うお友達に、
不快な思いはさせたくないのです。
その代わり、なるべく早く確認して公開しますから……。

人の家に土足でズカズカ入り込んで来る下劣な輩、
無礼者は即刻、摘み出さないといけません。
メッセージ承認制の形で暫く様子を見させて下さいね。
それから完全ではないけれど、写真もコピー出来ないようにしました。
相変わらず不法コピーが後を絶たないのです。
信頼関係が結べないって寂しいですけど仕方ありません……。

今日の写真はスペインのグラナダで撮った1枚。
今のブノワ。さんはこの顔みたいに毒を吐きたい気分で一杯です(笑)
そう言えば、昔、ヤクルトにこう言う顔のピッチャーがいたっけ……。
ではでは、皆さん、承認制になっちゃいますけど、
今まで以上の沢山のメッセージをお待ちしております!


草々

2010年6月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-06-13 00:00 | 向き向きの花束。

僕の手口……いつもこんな事しています(笑)

e0044929_18522040.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

一年間、待ちに待った薔薇の季節もほぼ終了。
何だかんだ言って、今年も夥しい枚数の写真を撮りました。
僕の場合、撮れば撮りっぱなし(笑)どこで撮影したかくらいは分かりますが、
薔薇の名前はよほどの事がない限りあやふやです。

シーズン中に薔薇のお友達と沢山会い、
一緒に薔薇園や素晴らしいお宅を訪問する機会を得ました。
お膳立てをしてくださった皆さんに感謝、感謝!
そんな中、会話の中で当然、写真の話になりますよね。
どうやったら綺麗な薔薇の写真を撮れるか?何かコツは?
今や一億総カメラマン時代(笑)特別、意識してカメラをカバンに入れていなくても、
携帯電話に必ずと言っていいほどカメラの機能が付いています。

さて、如何に素晴らしい写真を撮るか……。
偶然ですけど、ここにほぼ同じ構図の写真がありましたので、
僕が考える「いい写真の撮り方」をチョッと書いてみたいと思います。

いい写真、イコール、意図したメッセージを見る側にどう伝えるか……だと思うのです。
優れた芸術、例えば、絵画や音楽、文学には、
必ず作者がこちら側、受け手に伝えたいテーマがあります。
テーマが幾重にもオブラートに包まれ、見る側の解釈一つで、
まるで、万華鏡のように如何様にも答えを出すことが出来る場合があります。
また、見る方向によって様々な輝きを放つ芸術もあります。

では、写真の場合はどうか……報道写真などのように、
真実の決定的な瞬間を捉え、一つの事実を普遍のものとして、
印画紙に定着させる場合もあります。
どんなに言葉を尽くしても決して語ることの出来ないたった1つの真実。
演出のない、作り物ではない本当の真実……所謂、決定的瞬間。
写真の凄さは一瞬を切り撮る事が出来るツールだと言うことなのでしょう。

さて、こと薔薇の写真を如何に綺麗に撮るか……簡単だと思うのです。
ファインダーを覗いて、美しい薔薇のあるがままを切り取る……。
美しいと思ったからこそカメラを向ける。
それが結構、難しかったりするのですが……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

ここに、ほぼ同じ構図の2枚の写真があります。
先日、佐倉にある草ぶえの丘のバラ園で午前中に撮った写真です。
木漏れ日を浴び、僕の目の高さで可憐に咲く薔薇……。
先ず、1枚目はそのままカメラを向けて撮った一枚。
因みに僕はデジタルの一眼レフに50ミリ、明るさF1.4のレンズを付け、
全くレンズ交換はせずに撮影しています。
デジタルカメラにレンズを付ける場合、
フィルム・カメラの時と違い、1.5倍の画角の換算になります。
つまり、ファインダーを覗いた時に人間の目、見た目に一番近い、
50ミリのレンズが75ミリ相当になります。少しだけ望遠になる訳です。
同じ50ミリレンズをフィルム・カメラに付けた時、
大体、目で見た感じになるのに対し、
デジタル・カメラに付けるとチョッとだけ望遠になると言う寸法です。
ズーム・レンズは使いません。寄りたい時は自分の足で寄る、
そう、「足ズーム」ですね(笑)
e0044929_18263364.jpg
さて、一番手前の花にピントを合わせると、
カメラは自然にピントが合ったポイントで露出を測ります。
そうすると、実際には、少し木陰ではあるものの、
見た目には同じくらいの明るさに見える後ろにある2輪の花が、
グッと暗くなってしまいます。手前の花も木漏れ日を浴びて何だか斑ですね。
この場合、ホワイトバランスは「太陽光線」です。
e0044929_18274490.jpg
そこで2枚目の写真は手前の花だけを紙で覆って日陰にして、
ホワイトバランスを「日陰」にして撮影した写真です。
少し暗くなりますからシャッタースピードは遅くなりますが、
後ろの2輪が太陽光でハレーションをおこし、
白く飛ぶことによって一番手前の花が一層際立つと言う訳です。
しかも、背景の薔薇(背景全体)は正しいホワイト・バランスではないので、
本当の色よりも華やかに、現実にはあり得ない緑の色に……面白いです。
数分間に撮られた写真がこれだけ違って見える不思議。
つまり、「作画」すると言うことです。

薔薇に限らず、いい写真を撮る近道は、
背景、バックをどう処理するかだと思うのです。
余分なものを取り去り、整理整頓する……ボカす事によって主題を際立たせる……。
ボカせばいいって言うものじゃないんですけどね。
主題を際立たせるには周りの邪魔なものを限りなくなくす。
それから、コローの絵のように、主題となる全体の色調の中に、
それを引き立たせる色を「差し色」として置いてみるのも一つの手です。
コローの絵を思い出してみて下さい。くすんだ緑で覆われた森の中に、
必ずと言っていいほど「小さな赤い点」が存在します。
それは人間が冠る帽子だったり着ているベストだったり……。
「補色」を利用して主題となるものの色を際立たせている訳です。

また、撮る視線、いつも僕等が見ている視線を外してみる。
しゃがんで見たり、上から俯瞰で撮ってみたり……違う何かが見えるハズです。

結局、あれこれ構図を変え光線を変え、
「Princess Louise」……撮った写真が約30枚ほど。
その中から僕が選んだ1枚がこれ。
どうですか、気に入って下さいましたか?
とてもカンカン照りの中で撮った1枚とは思えないでしょう?

…………………………………………………………………………………………………………………………

所で!
皆さん僕の写真について色々と憶測しているようですが、
僕の場合、撮った写真は殆どそのまま使っています。
フォトショップは使っていませんし、PCがマッキントッシュなので、
iPhotoに搭載された補正機能を使い、色調調整、
シャープネスくらいしかイジっていません。
(僕の悩みはピントが合わないことなのです……。)
自分で分かっているのですよ。フォトショップなどで画像を作り出したらキリがないと。
撮る枚数と1日が24時間だと言うことを考えると、
撮った写真を全て加工するのは無理と言うもの。
トリミングもしませんし、最低限の調整しかしていません。
そうそう、トリミングと言う考えは捨てた方がいいです。
覗いたフレームの中で余白や構図を考え、画面を構成した方がいいです。
シャッターを押す時、その時が勝負なのです!


草々

2010年6月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-06-12 00:00 | 私はカメラ。

28年振りの大阪。

e0044929_14242794.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

実に28年ぶりの大阪でした。そして人生2回目(笑)

1週間の休暇を取って「国際バラとガーデニングショウ」の
コマツガーデンのブースを手伝う最中、土曜日の昼前にドームを出発、
夕方、河内小阪の画廊で結城美栄子さんの陶人形展のオープニングを覗き、
次の朝の始発で大阪を出でドームに戻る……そんな強行軍でした。

何故、「国際バラとガーデニングショウ」で疲れている中、
わざわざトンボ帰りで大阪に行ったかと言うと……。

実は、僕の薔薇が発売になるにあたって、
友人が折角だからと、発売記念パーティを開いてくれたんです。
結城さんと猪野さんご夫婦には常日頃、大変にお世話になっています。
さらにお祝いに!……と、素敵な薔薇の人形を焼いてくださいました。
その上!個展の初日を一日ズラしてくださり、
パーティに出席してくださったのです。
これ程、光栄なこと、身に余る幸せはありません。
恩返しに、勿論、大阪まで行かなければ!
ドームは土日の忙しい時……しかし、ここで駆け付けなければ何時行く?(笑)
槍が降ろうと新幹線が止まろうと飛行機が飛ばなくても、
這ってでも個展に行かなければ男が廃る!まさに「いざ鎌倉!」(笑)

そんな訳で、オープニングパーティで、
結城さんの詩の朗読と猪野さんのギターと歌が始まる時間から逆算、
サッサと新幹線を取っちゃいました。
実は、このブノワ。さん、新幹線が大好きなのです(笑)
結城さんの詩の朗読は金子みすずの作品から、
猪野さんは僕が大好きな映画、「サウンド・オブ・ミュージック」から
「私のお気に入り」を……。

オープニング・パーティの後は東京の画廊の美しい女性と4人で、
地元の鉄板焼のテーブルを囲み暫し素敵な時間を過ごしました。
e0044929_14251056.jpg
e0044929_14252254.jpg
e0044929_14253693.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

そうそう、大阪=関西に来たぁ!って実感したのは、
新幹線を下りて10秒後(笑)それは何故かと言うと、
関西ってエスカレーターの立ち位置が東京と反対なんですよね(笑)
そう、右側に立つの。早く通りたい人は左側を歩く……パリと一緒です!(笑)

写真は結城さんの新作。
素晴らしい作品はアッという間に赤いポチが付いていきます。
1枚目の少年、後ろに薔薇の花を隠し持っています……タイトルは「ひみつ」。
何となく僕の薔薇のシリーズ「Under the Rose」……。
「秘密に……。」との不思議な符号を感じずにはいられません。
最後の1枚……焼きしめた硬い陶器なのにこの柔らかな質感!


草々

2010年6月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-06-06 00:00 | 旅の栞。