匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

来年もヨロシクです!

e0044929_19472632.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

師走、大晦日……。

たった一日、カレンダーを捲るだけなのに、
明日から年が変わると思うと何だか気持ちがしゃきっとしますね。

振り返ってみると、今年は本当に慌ただしい一年でした。
先ずは春先の引っ越し……ハッキリ言って死亡寸前(笑)
予定が延び延びになって、大事な薔薇のシーズンの真っ直中!(涙)
長年住んだマンションを引き払い一軒家になりました。
さぁて、これが確か16回目の引っ越し……だったかな?
覚えていないの。ここが終の住みかになるでしょうか(笑)

そして5月には待望の薔薇デビュー。
趣味ではじめた薔薇の交配が文字通り実を結び、
老舗のコマツガーデンから発売になりました。
こんなこと、誰が想像したでしょうね。
コマツガーデンが僕の薔薇を扱ってくれた事、
これ以上の身に余る光栄はありません。
助けてくださった皆さんに感謝、感謝。
僕の薔薇を可愛がってくれている皆さんに御礼申し上げます。

今年は記録的な猛暑でした。ひょんなことから仕事を独立しました。
まるで背中を押されるように、在席していた会社にも仲間にも助けられ、
女性の寿退社以上の祝福とお客さんの歓迎を受けての独立。
独立後は毎日〜慌ただしくも楽しい日々を過ごしています。
仕事がこんなに楽しいものだなんてね(笑)

10月には偶然に偶然か重なって、
僕の女神さま、ソフィア・ローレンに
花束を渡すと言う大役を仰せつかりました。
現存する最も偉大な女優の一人であるソフィア・ローレン。
短い人生で2回も会えるだなんてね……。
僕って思いの外、強運の持ち主?(笑)

さて、今年の優秀の美を飾るのは新入り猫の秀千代くん。
世の中、これ総て縁なり……まさに奇跡的な出会いの結果、
我が家に芸者の名前を持つ男の子がやって来ました。
強烈な甘えん坊、姐さん芸者たちを追い掛け回し(笑)
唯我独尊、ゴーイング・マイウェイ。
良く食べ、良く眠り、良く遊び……どうでしょう、
新しい家には満足してくれたかな?

さぁさぁ、正月休みは未だ片付かぬパンダと格闘です。
引っ越しの後片付けも精々1年でやってしまわないと(笑)
折角のまとまった休みです。めっきり観なくなった映画にも行きたいし、
薔薇の手入れ等々。しなければならないこと山積。
仕事の予定は新年からギッシリ。ジジちゃん一家も気になるし……。

皆さん、本当に今年もお世話になりました。
新しい年が今年以上に素晴らしい一年になりますように!


草々

2010年12月31日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-31 00:00 | 向き向きの花束。

徒然に師走……麻実れいと浅田真央。

e0044929_17162195.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「あぁ、遅くなっちゃった……。」

仕事がついつい長引き、
いつもより2時間ほど帰宅が遅くなってしまいました。
駅から小走りに家路を急ぎます……そう、ご飯をあげなければいけません。
お腹を空かしているジジちゃん一家にたっぷりの御飯を(笑)

今年もあとチョッと、ここに来てスッカリ生活のリズムが変わりました(笑)
先ずは何はともあれ猫最優先。ウチの子たちは結構どうでも良くって、
矢張り、ジジちゃん一家の事が凄く気になります。


さてさて、今日で今年の仕事納め……。
一緒になった人達に「良いお年をお迎え下さい!」のご挨拶。
いやぁいやぁ、8月に独立してから本当に良く働きました。
それはね、自分でもビックリするほどです。
ブノワ。さん、こんなに働き者だったっけ?(笑)
仕事が楽しいものだなんて今の今まで考えもしませんでした。
この年でお恥ずかしいけれど、新しい発見です。

怒濤のような11月〜12月だったけど、
楽しみにしていた事は幾つかありました。
先ず、天の邪鬼右衛門の僕はクリスマスで浮かれる街に背を向け、
イヴに麻実れいの音楽朗読劇「停電の夜に」を観て来ました。
観ると言うのかな、聴くと言うのが正しい?
タイトルの前に「新作音楽朗読劇」と付いています。
インド系女流作家ジュンパ・ラヒリの、
ピュリッツァー賞受賞の短編集、「停電の夜に」から、
表題の「停電の夜に」と「三度目で最後の大陸」の二編を、
ピアノ、ヴァイオリン、クラリネットの音楽をバックに、
麻実れいがタップリと豊かな声、巧みな性格描写で、
淡々と物語を紡ぎます。彼女が発する一つ一つの単語が、
主人公たちの表情から心の襞、取り巻く風景を描き出し、
まるで手に取るように、また、この目で実際に見ているかのような、
心地よい錯覚を覚えます。ウゥ〜む、偉大なる役者。
麻実れい、まさに大女優。燦然と輝く比類なき大スターです。
浮かれたクリスマス狂想曲もいいのかもしれないけれど、
実に豊かで実り多いイヴを過ごす事が出来ました。

先週末はフィギュア・スケートの全日本選手権でした。
もう、心配で、心配でたまらなかった浅田真央の復活!
NHK杯とエリック・ボンパール杯の想像を絶する不調。
リンクに立つ、滑る前から顔には「全く自信なし」の刻印が……。
覇気なし、スピードなし……真央ちゃん、一体どうなちゃうんだろう?
しかし、矢張り浅田真央は凄いですね……。
優雅でしなやか。全く切れ目のない演技は、
さながらヨーヨー・マの演奏を聴いているかのよう。
彼の演奏は全く息継ぎをしない声楽のようだと評されています。
他の選手がジャンプやスピンなどの要素、要素の間に、
振り付けを装って巧みに休憩を入れるのとは違い、
全く切れ目なく自然に振り付けられた見事な「愛の夢」
前シーズンの「鐘」をフィギュア・スケート史上の傑作と考え、
その重厚さが好きな僕には少し物足りないけれど、
ラヴェンダーの美しい衣装に身を包んだ浅田真央は、
もう「ちゃん」付けでは呼べない立派な一人の女性ですね。

浅田真央は尊敬に値します。
スポーツ選手だもの、誰だって身体のどこかに不調はあります。
腰が痛い、風邪を引いていた、実は背中が悪かった……。
グジャグジャ言い訳が多い選手達の中で、
決して弱音を吐かず、言い訳をせず、目標にひたすら向かう姿……。
物凄い精神力。弱冠20歳なのに、彼女からは学ぶ事が多いです。
それにしても今の日本フィギュア界は黄金時代……。
男子も女子も百花繚乱、凄い事になっていますね。


さてさて、いよいよ今年もカウントダウンです。
思ったよりも早く年賀状が出来て来ました………って、
スグには書かないんですが(笑)だって、やる事山積。
先ずは疲れた身体をゆっくり休め、それから色々と順序を考えます!


草々

2010年12月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-29 00:00 | 向き向きの花束。

命の値段。

e0044929_21222946.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 バタバタバタバタ、ドドドドドドドド、スタスタスタスタ……。
 目を真ん丸にして驚いた表情の4匹女子チーム。
 下から駆け上がって来て秘密の隠れ場所、
 ウォークイン出来ないクローゼットの奥に集合。
 次第に息が整って来ると同時に誰ともなく……。

お園 「はぁ、ビックリした。」
小芳 「あぁ〜コワい……何?アレ?」
きん 「nるるるるるるっ!」
朝子 「不思議な色だよねぇ……ネズミ色?」
お園 「あたし達ネズミは追いかけるものと相場は決まっているんだけれど、
    ネズミ色の猫に追いかけられるとは思ってもみなかったわ。」
朝子 「あの子、あたしの威力抜群の威嚇にも動じない……。」
お園 「そうなの!園ちゃんの絶叫にも目を丸くして驚くだけ。」
小芳 「きんなんか猫パンチやっても空振りだし……ププププ。」
きん 「nるるるるるるっ!」
朝子 「あら、小芳、あなたは隠れてばかりじゃない!」
小芳 「いいのよ、だってコワいもの。」
朝子 「ねぇねぇ、ところで飼い主さんが見ていた例の書類!
    皆、あれ知っている?血統書って言うんだって。」
お園 「血統書?何それ?」
小芳 「代々を遡って血筋を証明するご大層なアレでしょう?」
朝子 「そう、あたし達には全く無縁、関係ない紙っ切れ。」
お園 「あのネズミ色の子、そんなにご大層なお家柄なんだ……。」
小芳 「あたし達ってホラ、全員、可哀想で涙を誘う、
    世を憚る貰われっ子か捨て子じゃない?」
朝子 「由緒とか格式とか家柄とか血筋とか全く関係ないものね。」
小芳 「ワタクシ、生まれも育ちも駅裏、路地奥、
    姓はなし、名は小芳でございます……ってか。」
お園 「あっ!じゃぁあの子、お高かったんだ!
    あたし達って全員タダ、0円だもんね(笑)」
小芳 「あらっ!値段じゃないわ!心意気よ!女猫は愛嬌!」
お園 「そうよ!園ちゃんには世界一のこの美貌があるわ!」
3匹 「・・・・・・・・・・。」
きん 「nるるるるるるっ!」
朝子 「コッほん!悪いけど、
    アタクシ21万円だったんでごザァ〜ますのよ。」
染香 「ダメダメ朝子。それはあなたが引き取られてから
    飼い主さんが払った手術代じゃん!」
朝子 「あらヤダ、天国の染香姐さん!それを言っちゃお仕舞いじゃない?」

…………………………………………………………………………………………………………………………

ここ最近、猫ブログと化した感のある「匂いのいい花束。」です(笑)
バランス良く色々なことを書いて行きたい……そうは思うのですが、
何しろ最近、一番考えることがこの事なのでお付き合い下さいね。

さて、猫たちの会話の中に出て来た血統書。
ペットショップから手元に届くまで、
半年くらい掛かるかもしれないと言われていました。
それが10日くらいで届いたんです(笑)やれば出来るじゃん。
しげしげと眺めました、血統書。秀千代にはご大層な名前が付いていて、
親から祖父母、遡ってその前の代まで仰々しい名前が書き連ねてありました。
血統ってそんなにご大層なもの?有り難く貰えってか?
どうすればいいの?額縁に入れて飾るとか?
元々、血統書なんかどうでもいい事で、それより何より、
そんなご大層な紙切れ一枚付いている大事な大事な売り物の仔猫なら、
どうして秀千代が風邪に罹った時にもっとキチンと処置しなかったの?
お陰で、秀千代の目は、手術が成功したものの、
向かって左目が少々不具合が残るようになりました(見た目の)
オマケに鼻も調子が悪く、今も薬を毎日〜飲んでいる状態です。
もしやと思って耳を掃除してみるとティッシュぺーパーが真っ黒!
あまりマメに掃除してあげていないウチの子達だってこんなに汚くないぜっ!
連れ帰る時にケージから出された秀千代は、女の子に「シュッシュ!」と、
何やらファブリーズみたいなものを吹きかけられていましたっけ……。
そんな事してもバレバレ、知っているの。
やっぱり動かないからペットショップ特有の匂いがしていたもの。

その秀千代ですが、ホームページを確認したところ、
何と、仔猫の時には168000円の値段が付いていました!
「じゅうろくまんはっせんえん!」チョッとした月給ですよね。
ロシアンブルーの相場なのかな?それにしてもお高い血統書付き。
それがね、僕が買った時には幾らになっていたと思いますか?
168000円がたったの30000円ですよ、30000円ポッキリ!
目が悪いからって138000円の値引き(笑)82%オフ(笑)
バナナの叩き売りじゃないんだから!命の安さにも頭に来たのです。
目が悪くたって可愛いことには何ら変わりはないし、
命の価値は何も変わらないのにね……。
それだったら全員、捨て子だったウチの子達は、
全く価値がない事になるじゃない?
最近、保護をはじめたジジちゃん一家なんて、
塵、芥?紙切れ一枚の重さの価値もない命?
命は命、どんな形だろうと肩書きがあろうとなかろうと命は命。
秀千代を引き取った時の諸々、最近の猫のことに関して、
チョッとムッとしています。気が重い年の瀬です。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はスッカリ我家の子になった秀千代。
秀千代、ただいま3.2キロ、
病院の先生がビックリするほど丸くなりました(笑)

今日はクリスマス。
天の邪鬼右衛門の僕はクリスマスには全く関係ないのだけれど、
フと思い立ち、ジジちゃん一家にチキンをご馳走しました(笑)
ササミを買って来てお湯で茹で……。
ウチの子達にさえした事ないのにね(笑)



草々

2010年12月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-26 00:00 | 猫が行方不明。

急転直下……驚愕の光景 × 2。

e0044929_1712261.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

どうです、皆さん。小ちゃいでしょう?
ジジちゃんの子供、多分、女の子です。僕のウチの玄関前で撮りました。
尻尾、通常の半分くらいかな?ポンポン尻尾ではありません。
矢張りカラスに齧られた?向かって左の耳がチョッと欠けていますね。

さてさて、休みの日の朝、驚くべき光景を目にしました。
ジジちゃん一家にご飯をあげて、フと前のお宅に目をやれば、
玄関横のジジちゃん一家が住処にしている狭い入口に、
何やらモノが沢山置いてあるんです。
ホラ、猫避けにする水入りペットボトルとか箱とか……。
ジジちゃん達が日向ぼっこする時に乗っかる、
発泡スチロールの板も片付けられていて……サッと血の気が引きました。
お母さん、僕がご飯をあげている事にいい思いをしていない?
「だったらそちらで面倒見て下さいな」って言うこと?
何気ない振りをしてもう少し観察すると、
矢張り傘立てとかで頑丈にガードしてある……。

考える余地はないですね。ブノワ。さん、行動は早いの。
先ず部屋に取って返して手頃な段ボール箱を物色(今、選り取りみどり!)
寸法を測り、早速、ジジちゃん一家の家を作りはじめました。
雨風が入らないように、頑丈に作り、ゴミ袋でがっちりガード。
中には暖かいバスタオルを敷いてあげました。
さぁて、頃合いを見計らってお母さんに話しをしに行くか……。
そんなこんなしていると、お客さん登場。
お母さんと2人で門の所で話しはじめました。
暫しの雑談、終わって家に入る時、お母さんが……。

僕、2階のベランダの窓から見ていてビックリしてしまいました。
お母さん、何やら棒を持って来て、
ジジちゃん一家の住む隙き間を突っつきはじめたのです。

 「あっ!いた!こら、出なさい!どこかに行きなさい!」

僕は慌てて階段を下り、サンダルを突っかけ……。
気が付くとお母さんと話ししていました。


結局、お母さんの心変わりの原因は、
僕のエサやりではなく、近所の人に言われたそうなんです。
「迷惑にならない内に保健所に連れて行けば?」って。
その朝も可哀想だから少しご飯をあげたそうなんですが……。
保健所に連れて行けば殺される事は重々承知のお母さん。
きちんとお話しして、手なずけたら頃合いを見て病院に連れて行き手術、
出来れば全員に温かい家族(里親)を見付けてあげるよう、
僕が責任持って面倒を見る旨を伝えました。
お母さんも悪気があった訳ではないのです。
チョッと困惑しただけ?肩の荷が下りた顔をしていました。
でも、可哀想でご飯をあげる気持ちと、
棒でつついて追い出す行動はとても同じ人格とは思えない……の。


そう、晴れてジジちゃん一家は僕が面倒を見る事になりました(笑)
フロントラインでマダニとノミの駆除も済んだし……。
エサで釣ったら早速、段ボールの家に入るジジちゃん一家。
ちゃんと引っ越ししてくれるかな?(さっき確認したら引っ越し済み!)
チビ達には名前を付けなきゃいけないのかなぁ……。
そんなこんな、慌ただしい師走の一日でした。


草々

2010年12月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-23 00:00 | 猫が行方不明。

夏のせいかしら。

e0044929_19122163.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

そろそろ今年もカウントダウンになって来ました。
皆さん、お正月休みの計画は立っていますか?
ゆっくりと寝正月の人、どこかへ旅行に行く人、
はたまた正月から仕事で忙しい人……どんな感じでしょうか。

僕は忙しかった12月の疲れを取るためにゆっくりする積もりです。
身体を休め、久しく行っていない映画館に足を運び、
懸案の段ボール箱を片付け……少しは人間が住む家にしたいなぁ……と。

最近あまり撮っていない猫たちの写真も撮りたいし……。
と、この前、ようやくデジタル一眼レフが修理から戻って来ました。
昔の夏木マリのヒット曲に「夏のせいかしら」ってありましたよね。
何でも猛暑のせいにするのはどうかと思うけれど、
それにしても猛威を振るった今年の猛暑。
一眼レフは夏前から少し調子が悪かったのですが、
あの猛暑でご臨終(そう思う)……前のカメラを騙し騙し使っていましたが、
矢張り、一眼レフに慣れてしまうとどうしてももの足りません。
何でしょうね……シャッターを切った時のタイムラグも許せないし、
出来映えで言うと肌理の細かさ?ボケ味?
ボケればいいかって言うとそうでもないのは重々承知なんですが……。
修理に出したものの、なかなか取りに行けないほどの忙しさ。
不具合を直し、取れてなくなっていた部品を付けて貰い、
〆て3000円くらい。オーバーホールは諦めました。
だって、全部くまなく見て貰うと60000円近くになってしまうから(苦笑)
60000円あったら少し足して新しいカメラ買った方がいいですもんね。

e0044929_1913240.jpg
e0044929_1912505.jpg

今日の写真は無事に帰還なったデジタル一眼レフで撮った写真です。
可愛がっている俳優くんがくれた帽子をモチーフに、
朽ちかけた花々を一緒に撮ってみました。
やっぱり一眼レフっていいですね。


草々

2010年12月22日


ブノワ。
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-22 00:00 | 向き向きの花束。

掟破りしました。

e0044929_16442449.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

朝夕、めっきり寒くなって来ました。
僕は今の時期、まだ暗いうちに家を出て仕事に出掛けます……。
もうスグ冬至……年が明ければ一気に春なのですが……。

さて、このところチョッと憂鬱な気分なんです。
原因は猫。我家の4匹のお嬢さま&秀千代のことではありません。
そう、玄関前の路地を挟んだ目の前のお宅の外猫のことなんです。


猫の名前はジジちゃん……。

黒猫=ジジちゃん……「魔女の宅急便」の影響は計り知れないですね(笑)
そのジジちゃん、遅い秋に子供を産みました。
ジジちゃん身体が小さいので生まれたのは2匹の仔猫。
真っ黒ではないけれど、少しボンヤリした濃いグレーの子と、
白黒で八割れに近い子の2匹です。性別は不明です。
濃いグレーの子は向かって右側の目が不自由……。
生まれつきか、またはカラスにやられたか分かりませんが、
潰れて全く見えていません。

ジジちゃんは向いのお宅のお母さんに御飯を貰って暮らしています。
朝1回、御飯と水を貰う生活……仔猫が2匹増えても量は変わりません。



このところチョッと憂鬱な気分の訳は……。
仔猫の片方、白黒の方が夜に凄く鳴くのです。
お腹が空いたのか、何なのか……理由は良く分からないけれど、
凄く気になって気になって……昨日は3回も下に下りて様子を見ました。
両手の平の丁度乗るくらいの小さな仔猫……こんな寒空に……。

向いのお母さんの所には三毛猫が1匹います。
その三毛猫とジジちゃんは猫のクセに犬猿の仲(笑)
夏には良く睨み合いの唸り合いで大騒動になったものですが、
最近は三毛猫は姿をめっきり見せず(死んじゃったのかなぁ……。)
ジジちゃん一家が僕の視界をウロウロウロウロ……。

問題は、そのお母さんは善意で、可哀想だからと言って、
ジジちゃん一家に御飯を与えているけれど、
計画を立てて何か策を講じない限り堂々巡りで、
限りなく不幸な野良猫が増える事になります。
ジジちゃんを避妊して再び放すとか、仔猫を保護して里親を捜すとか……。
お母さん、そう言うことは一切考えていない様子。
お母さんを責めているんじゃありません。
でもね、優しさと残酷さは裏腹だと思うんです。

何だか暗澹とした気分になっちゃうんです。
ウチに猫がいなければ3匹を引き取ってもいいけれど、
なんせ我家は4匹のお嬢たちと1匹の殿が暮らす大奥……それは無理ですね。
ならばお母さんと話しをしてみて保護をするとか、
避妊をして再び放すとかの方策を取らなければいけません。

まだ引っ越しして間もないご近所さん、
善意で可哀想な猫を可愛がっている気のいいお母さんです。
暫し、様子を見て暖かくなる頃に追々話しをしてみようか……そう思います。
3匹の手術の費用ぐらいは僕の方で何とかなるでしょう。
何しろ独立して超売れっ子のブノワ。さんですから(苦笑)



掟破りをしました!

取り敢えず、夜泣きの原因の空腹をどうにかしないといけません。
いけないことは分かっています。むやみに野良猫にご飯をあげてはいけない。
そんなことは分かっている、百も承知だけれど、
この寒空に空腹では……死んでしまっては元も子もありません。
前のお宅のお母さんは朝一回だけご飯をあげますから、
僕は朝の出掛けと夕飯時にカリカリをお皿に盛ってあげています。
だって、食べ盛りの仔猫が2匹いるんだもの、小さな猫缶一つじゃぁねぇ……。
前のお宅のお母さんからは見えないように(チョッと遠慮して。)
薔薇のテラコッタの陰に隠してお皿を置くと、
何所からともなく親子3匹がやって来ます。
僕の目を見ながら必死に御飯を食べる猫たち。
ハグハグハグハグ……音にならない必死に食べる音……。
アッと言う間に舐めたようにピッカピカになるお皿。

最近では僕が帰って来ると足音で分かるのか、
3匹が玄関先に並んで待っています。
まだ薄暗い朝の5時、そっと家の中から玄関の外を覗き見ると、
小さな親子3匹のシルエットがぼんやりガラス越しに見えます。
真ん中にジジちゃん、両脇に仔猫がちんまり座って僕を待っているんですよ。
この寒空に、足も冷たかろうに玄関が開くのをジッと何時間も待っている……。

 「沢山食べて太りなさい。
     暖かくして寒さから身を守るんだよ!」

写真は真ん丸カンロ飴の瞳が可愛らしいジジちゃん。
野良猫は逞しいです。人の保護なんかいらないのかもしれません……が!
乗りかかった船です。寒い思いをしないように気を掛けて、
暖かい春までには何とか策を講じましょう。
(既に病院の先生に相談済みです。)

そう、ブノワ。さん、現在8匹の猫の養い親です……。
ハァ、もっともっと働かなくっちゃ!


…………………………………………………………………………………………………………………………

皆さんへ。
ゴメンなさい、お返事はもう少し時間を下さいね。
年末進行で仕事がバタバタしています。
お詫びに、今朝、撮りたてのジジちゃん一家。
チビ2匹は僕を気にしつつお食事、
ジジちゃんは食べるのに夢中で見向きもしません(笑)


e0044929_833326.jpg


草々

2010年12月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-19 00:00 | 猫が行方不明。

秀千代、パワー全開、フル・スロットル!(笑)

e0044929_19223584.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

秀千代が我家の一員になって、早、10日。
思ったよりも早く、4日目に無事、放し飼いとなりました(笑)
皆さん、温かいメッセージ本当にありがとうございました。

そんな皆さんの励ましを知ってかしらずか、秀千代は元気一杯です!
まぁ、兎に角、よく動き よく食べ よく眠り……。
あのぺットショップのケージの中の、
元気のない借りて来た猫状態は一体何だったのか?(笑)
僕に引き取られるための秀千代の策略?
まるで8ヵ月分の運動不足の欝憤を晴らすように元気溌溂です。
秀千代、パワー全開 フル・スロットル(笑)

特に食欲は本当に凄いです。
おそらく8ヵ月間同じカリカリを食べさせられていたハズ。
幾ら栄養が足りていてもねぇ……。
ウチに来てからはなるべく色々なものを、
バリエーションを変えて与えるようにしています。
秀千代が凄いのは、栗饅頭からハンバーガー、ジャムが付いたトーストまで、
ありとあらゆるものをガジガジ齧ります(笑)
この前は僕の紅茶、アールグレイをゴクゴク(笑)まだ熱い紅茶ですからね!
勿論、猫には塩分を控えなければいけません。
程々にですけと、この世には美味しいものが沢山あることを知ったかな?


さてさて、4姉妹の反応はと言うと……。
e0044929_19231325.jpg
きんは一番「シャーシャー!ブーブー!」言っている割りには、
秀千代が気になって気になって仕方がない様子。
僕と秀千代だけで部屋に籠っていると、
何とかして部屋に入って来ようとします。
秀千代と一番距離が近いのもきんです。
追いかけられて、ビックリして逃げる先はこの天井の梁の上(笑)

e0044929_19241715.jpg
秀千代がウチに来て改めてその身体の小ささを実感したお園。
現在、丁度、秀千代とお園の身体は同じ大きさです。
園ちゃん、思い切り突進してくる秀千代にたじたじ(笑)
一応、思い切り威嚇するものの、腰が引けビビリな様子は一目瞭然です。

e0044929_19245830.jpg
朝子は唯我独尊。泰然自若(笑)
秀千代が絡んでくると世にも恐ろしい貫禄の声で威嚇しますが、
まったく我関せず、相変わらず他の猫に無関心の朝子です。

e0044929_19253992.jpg
一番心配なのは小芳。
4日目から秀千代を放し飼い状態にしてから姿を見せませんでしたが、
数日前から、ようやく前みたいに布団に入って来ました。
これで就寝時はロフトに猫5匹が集結した事になります。



今日の1枚目の写真はネズミになった秀千代(爆)
初お披露目の凛々しい若殿さまから一転、ネズミに変身です。
兎に角、動く、動く……ピントなんか合やしない!
秀千代、元気一杯、好奇心一杯。4姉妹を追い掛け回しています。
これが臆病でビビリな子猫だったら大変だったでしょうね……。
この調子で行けば短い期間に5匹の距離が縮まりそうです。


草々

2010年12月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-12 00:00 | 猫が行方不明。

ボク、秀千代です!

e0044929_148223.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

ねぇ、君は思い切り走ったことがあるの?

  1階からロフトまで、存分に走り回ってもいいんだよ。
  男の子なんだもん、わんぱくじゃなきゃね。


君はこの世にはもっと美味しい食べ物があることを知っている?

  ウチで色々と試してみようね!
  ハム、海老、鰹節、煮干し……きっと好物が見付かるハズ。


君は声を出して何かを叫んだことがあるの?

  ウチで思い切り鳴くといい。誰にも遠慮は要らないんだからね。


君は決してもう一人ぽっちじゃないことを知っているの?

  ようこそウチへ!よくやって来たね!
  これからは僕がついているからね。お転婆4姉妹もいるよ!


…………………………………………………………………………………………………………………………

12月初旬、早朝の豪雨と、まるで春の嵐のような強風の中、
愚連隊……じゃない、お転婆4姉妹に新しい仲間が増えました。
我家では初めての血統書付き、ロシアンブルーの男の子です。
経緯は前に書きましたよね……晴れて僕の所にやって来ました。

帰りの電車の中、ジィ〜っと動かず声も出さない子。
8ヶ月も過ごしたペットショップから新しい終の住処に引っ越しです。
電車に揺られて何を思ったのでしょうね?
先ずは僕の部屋の一番陽当たりが良くて暖かい所に、
ケージを組み立て御飯と水、トイレの用意をしました。
暫くの間、僕が不在の時には入っていて貰います。
我家のスケ番連中に取り囲まれたら大変ですから。
徐々に、少しずつ新しい生活に慣れて貰おうかな……。

先ずは、1階からロフトまである我家の造りに慣れて貰うこと。
それから充分に栄養を摂って体力を付け、筋力も付けなければいけません。
だって、8ヶ月も狭いところに押し込められていたんですから。
そして、最大の難関は愚連隊4姉妹と上手くやって行かなくちゃ。
きっと暫くは大変かな……でも、大丈夫、もう一人じゃないから。
僕がズゥ〜っと一緒についているから大丈夫。



さぁ、君には暖かい終の住処が出来たんだよ。
そして、君の名前は「秀千代」!
エッ?イヤだって?うぅん、ダメダメ、君は秀千代!(笑)
僕が尊敬する杉村春子さんがお演りになった芸者の名前だよ。
何、何、僕は男の子だって?……そうだ、病院に行かなくっちゃ!(笑)


草々

2010年12月5日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-05 00:00 | 猫が行方不明。

結城美栄子 陶彫展……卯の刻(こく)。

e0044929_16523985.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

早いもので今年も残すところ一月を切りました。
暖かな日が続いていますが、皆さん、元気にお過ごしですか?

今日は展覧会のお知らせです。
今年も恒例になった結城美栄子さんの陶彫展が開催されます。

会期は12月11(土)日〜12月25日(土)まで。
「銀座 一穂堂サロン」にて11時〜19時です(月曜休廊)

〒104−0061 東京都中央区銀座1−8−17 伊勢伊ビル3階
       TEL 03-5159-0599 FAX 03-5159-0699

今年のテーマは「卯の刻(こく)」
銀座の一流サロンでの開催です。
チョッと敷居が高く感じるかもしれませんが心配ご無用。
エレベーターの扉が開くとそこから結城美栄子ワールドです。
オーナーをはじめキュレーターの女性陣が温かく迎えて下さいます。
結城さんご夫妻もなるべく画廊に詰めているそうなので、
色々と質問をしたりしてみて下さい。

結城さんには電話でインタビューして、
皆さんへのメッセージを戴いています。
是非、是非、お友達を誘って銀座にプラリと遊びにきてみませんか?
結城さんの不思議な世界の虜になる事は必定です。

…………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、こんにちは。結城美栄子です。
今年も一穂堂サロンにて私の作品を展示させて頂く事になりました。
今年のテーマは来年が卯年と言う事もあって「卯の刻」です。
人間っぽくて可愛い兎や子供たちのお面、思い付くままに作ってみました。
好きで始めた陶芸も随分と長い年月が経ちました。
ようやく私の世界を表現出来るようになったかしら……そうも思います。
師走のお忙しい時期ですが、友達とお誘い合わせの上、
是非、銀座まで足を延ばしてみて下さい。
私も余程のことがない限りサロンに詰めていますので、
ご覧になって感想をお聞かせ下さいね。
皆さまにお目に掛かれることを楽しみにしております。


結城美栄子


…………………………………………………………………………………………………………………………

例年ですと、初日に観に行ってからの記事になりますが、

 「それでは遅い!」

と、いつもお叱りを受けるので事前に告知となりました(笑)
写真は結城さんのお宅で撮らせて戴いたうさぎくん。
可成り、大きいです。銀座で皆さんをお迎えすると思います。


草々

2010年12月2日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-03 00:00 | 展覧会の絵。

友を祝う。

e0044929_6442756.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

友を祝う……。

11月の終わり、親友の誕生会を開きました。
僕は遠出の帰り、他の友人たちは三々五々、
仕事帰りに恵比寿の蕎麦屋に集合です。
先ずは生ビールで乾杯をした後は、美味しいつまみで宴を楽しみました。

親友とはかれこれ25年以上の付き合いになります。
苦しい時も楽しい時も一緒、何でも相談出来るいいヤツです。
一緒にパリへ旅行した女性、応援している俳優くんたち、
それからサプライズで最後まで名前を隠してあった女性……。
中には初めて会う人もいます。でも、皆、スグに打ち解けいい笑顔です。
友人の笑顔っていいですね。明るい笑い声、交わす視線の頬笑み。

事によると短い人生で出逢わなかったかもしれない友人たち。
ヒョンなことで知り合い意気投合。
出来れば、皆、それぞれに成功して幸せな人生を送って欲しい。
病気とは無縁で愛情に恵まれた実り多き人生を歩んで欲しい……。

友人は僕の宝物。掛け替えのない人生の宝物です。
いつまでも同じメンバーで集まっていたいなぁ……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

写真は僕が親友にプレゼントした花束です。
色々な草花が1本ずつ入っています。
これ、最近の僕の中でのブームなんです。
同じ花だけで纏めるのもいいけれど、
様々な花のブーケ……素敵だと思いませんか?
花屋も余った花がムダにならないしね!

e0044929_15131720.jpg

それから宴の閉めに食べた蕎麦!イクラ大好き!(笑)
散りばめられたイクラが宝石のようです。


草々

2010年12月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-12-01 00:00 | いつも心に太陽を。