匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

豊かさって?……お金にまつわるエトセトラ。

e0044929_217445.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

何だかんだ言って、年度末の忙しさにかまけて延び延びになり、
随分と前の事になってしまったので、わざわざアップもしませんが、
まだ寒さ残る頃、ポカリと空いた時間を有効に使って、
コリン・ファース主演の「シングルマン」を観ました。
はぁ……いい映画ってなかなか記事には出来ませんね。
情緒豊かで余韻があって……大層、僕のお気に入り。
ただ、観終わって僕の中で暫く自問自答する日が続きました。
そのキーワードとは……。

 「人生において豊かさとは?」

主人公の満ち足りた顔で終わるこの作品、
ご覧になって感慨深く思った方も多いと思います。
果たして人生の豊かさとは?モノに囲まれた生活?物質優先?
それとも、贅沢ではないけれど、素晴らしい仲間に囲まれて、
愛情に溢れた実り多き人生を送るか……そんなこんな、
自分の人生を顧みてズゥ〜ッと考えていました。

さて、豊かさについては、またあることをズゥ〜ッと考えています。
皆さんはご覧になりましたか?1981年作、ハリソン・フォード主演、
スピルバーグ監督の「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」を。
活劇映画たるもの斯くあるべし。ムダのない娯楽大作ですよね。
皆さんはラストシーンを覚えていますか?
ナチスの手から聖櫃を無事に取り戻したインディアナ・ジョーンズ。
しかし、その聖櫃はジョーンズが知らないうちに、
政府の秘密機関の保管所にコッソリと移動されてしまいます。
手押し車に乗せられた聖櫃がゆっくりゆっくり巨大な倉庫の奥へ……。

最近、これにソックリなシーンをテレビで見ました。
大震災後、被災地に送られた支援物資の段ボールの箱、箱、箱、箱……。
体育館にうず高く積まれた支援物資が配られることなく、
無用の長物と化していたんです。季節が変わり、冬ものなど、
必要としている皆さんの手に渡る事なく、
あるものは廃棄処分(何トンも!)に、
またあるものは「早い者勝ち」よろしく、
希望者に、よーい・ドン!我先にとばかりに配られました。

 「被災者の皆さんにこう言う事させちゃいけない……。」

僕は思わず一人ごちていました。
スーパーのタイム・サービスじゃないんだからさ。
もっと威厳を持ったやり方ってあったでしょうに……。
これら廃棄処分になる支援品のうず高い段ボールの山を見て、
何だか悲しいやら、憤りを感じるやら……。



豊かさって一体、何でしょうね?

季節を問わず美味しい物をお腹一杯食べられて、
似合いもしないのに馬子にも衣装、ゴージャスなブランド品に身を包み、
本物を持っていてもニセモノにしか見えないとはこれ如何に?(笑)
使いもしない「モノ」で溢れた虚構生活?
持つことで安心感が得られる摩訶不思議な心理。

今、流行のツイッターだか何だか知らないけれど、
大好きな有名人をフォローして、
まるでお友達になったかのような錯覚を覚え(笑)
さぁ、僕も私もプチ有名人!だけど誰も自分をフォローしてくれないの!
今更ながら孤独の深い深い深淵を覗き見る事になります。

蛇口をひねれば新鮮な水が溢れ出て、
スイッチを押せば電気が灯り、
ダイヤルをひねれば火が点く。
何でもかんでも機械任せの便利な世の中。
それが当たり前ではなくなった3月11日以降……。

豊かさって一体、何でしょうね?

…………………………………………………………………………………………………………………………

閑話休題。

先日のこと、仕事が早めに終わり、
玄関周りの薔薇の手入れをしていました。
暫く作業に没頭していて、フと気付くと、
2人の中年の女性がこっちにやって来るではありませんか。

 「あ、丁度良かった。町内会の者ですけど義援金を集めに来ました。」

……って、義援金って集金に来るものかい?(苦笑)
第一、町内会って言ったって、僕、アナタ達の事なんか知らないし……。

 「義援金ですか?……もう寄付しちゃいましたから。」
 「あら……そうですか。で、どこへ?」

もう笑うしかありませんよね。
なぜ、アナタ達に寄付した先を言わなければならないの?
如何にも義援金を差し出すことが当然みたいな顔をした女性達を見て、
ブノワ。さん、呆れるやらムッとするやら。


またある時、玄関のチャイムが鳴ったので外に出てみると、
祭り時の法被みたいな者を着た老人が2人、玄関に立っていました。

 「あぁ、公金集めに来ました。」
 「公金?」
 「そ、◯◯神社の公金。」

「公金」なんて普段使わないから辞書で調べちゃいました。
僕の中では「公金」は横領するもの?(笑)語呂悪いですね。
僕がムッとしたのは、人が丹精こめて育てている薔薇が、
法被の裾で大きく曲がって今にも折れそうだった事。
金を集めに来たと言う割にはぞんざいで無礼な口のききよう……。

 「なぜ、ウチがその公金とやらを出さないといけないのですか?」
 「皆、出してるからねぇ……また出直してもいいんだけれど、
  オレたちもボランティアじゃないからねぇ……。」

あのね!近所と言うだけで訳の分からない神社に、
身を粉にして得たお金をびた一文出せません!
しかもボランティアって!意味分かって言ってんのかな?
ボランティアとか慈善とか、振りかざせば何事もOK?
それってさ、水戸黄門の印籠じゃないんだから(笑)
元来、欧米社会と違って「ボランティア」する習慣がない日本です。
日本人は奥床しいから「ボランティア」と、一々、断らなくても、
近所で助け合い、また、黙って弱者を助ける事を良しとする社会だった。
欧米と違って学生時代に決められた時間をボランティアで社会奉仕をして、
それが単位になるような教育はして来なかった。
意味も分からず「ボランティア」を振りかざす人達って滑稽(笑)

日本人は「お金」のことを口にすることを潔しとしません。
それはそれで上品だし美徳だと思うけれど、
お金って不浄のモノじゃありませんよ。
お金って尊いです。決して卑しいモノじゃない。
皆、身を粉にして働き、賃金を得ているんだもの。
その得たお金で生計を立てているんじゃありませんか?

今はカード全盛時代。電子マネーなどと言うものも出て来たし、
お財布携帯?現金を手にする機会が減って来たのは事実です。
僕が驚くのは、一部のコンビニエンス・ストアなどでは、
代金を差し出しても受け取らないのね。
まるで汚いものを見ているような目付き。
トレイを指差して「こちらにどうぞ」って……。
あのね、あなた一体、何様?お金は手渡しに決まっているでしょう。
お釣りもトレイに入れて差し出すのね……僕ね、受け取りません。
ここは銀座の目抜き通り?あらら、ドアマンはどこに?
それともパリのヴァンドーム広場の高級店ブティックかい?
あなた達はこのお金でもってお給料を戴いているんですよ!

お金が不浄のものだって言う教育?
どこかで擦り込まれていますよね。



話しがあっち行ったりこっち行ったりしてしまいましたが(笑)
僕はここ最近、豊かさについてズゥ〜っと考えています。
今、大問題になっている原子力発電も含めて、
僕等の生活に本当に必要なもの、必要じゃないもの……。
今回の大震災のために集まった義援金……確か、もの凄い金額ですよね?
果たしてそのお金は何所に行っているんでしょう?
本当に被災者の方々に有効に使って貰っているのかな?
どれだけあっても決して足ることはないと思うけれど、
日々の生活、明日の希望を失っている方々が、将来に明かりを見出せるような、
ホッとするような使い道が出来ているのかな?

実は僕、義援金を集めに来たご婦人たちには嘘を言いました。
ブノワ。さん、まだ、寄付していないのね(笑)
義援金はとっくに用意して別にしてあるんだけれど、
さて、一体どこに寄付していいやらね……もう少し見極めたいの。
寄付しました。ハイ、それで安心!お仕舞い!……じゃ困るものね。
使い道を見極めることろまでしたいものです。

僕のオリジナルの薔薇「Benoit Magimel」で得たパテント代。
コマツガーデンから一年間の明細を受け取って、振込もされています。
こちらは準備ができ次第、然るべき所に寄付しようと思っています。
一時期、このお金を義援金に……とも思いました。
ブノワ・マジメル氏も喜んで賛成してくれるでしょう。
でも、恵まれない子供たちのためにと苗を買って下さった方も多いです。
ですから、こちらは初めの予定通りに子供たちに……。


ブノワ。さん、残念ながら、
庭に大判小判がザックザック詰まった瓶なんて持っていないし、
黙ってもお金が入って来る不動産も持っていません。
自分のか細い身体で稼いだ貴重なお金です(笑)
使い道、使われ道は慎重に選びたいです。
何だか訳の分からない奴らに自由にされ、
訳の分からない活動資金にされるのはまっぴらゴメンだものね(笑)

何だかさ、震災以来チョッピリ疑り深くなった自分がイヤなんですが。
あれ以来、色々なものを見せて貰いました。人の本質も見えて来たしね。
危機に際してのそれぞれのスタンス?
勿論、十人十色、百人百様なんですけどね。
そうそう、何方かのクリスタル・ピアノでしたっけ?
段々値段が下がる不思議なオークションなんて言うのも初めて見ました……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

古のグラナダ、アルハンブラでは「水」が豊かさと権力の象徴でした。
王族は贅を尽くした庭園に美しい池と噴水を作り、室内にまで水を引きました。
訪れた人々はその美しさに圧倒され、財力の凄さを思い知ったのでした。
数年前、憧れだったアルハンブラ宮殿で夜間にフィルムで撮影した1枚です。
静けさをたたえた水面に技巧の限りを尽くしたモザイクの天上装飾が映ります。

僕が敬愛するharryさんが言いました。

 「ブノワ。さんのブログは美しいものに関するブログ。」って。

凄く嬉しいです。そんな美しいものに関するブログにお金の話し?
いいの!お金って尊くて美しいものだと思うから(笑)


草々

2011年5月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-29 00:00 | 向き向きの花束。

おっとっと!チョッとムッとした話し。

e0044929_16473665.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「あれれ……何だか最近食べっぷりが悪いなぁ……。」

4月になってからジジちゃん一家の御飯の食べっぷりが悪くなりました。
ちょと不思議に思って観察していると、何と、前のお宅のお母さんが、
再びジジちゃん一家にご飯をあげているではありませんか!

 「チョッと待ってよ!そりゃないじゃん!」

普段は温厚なブノワ。さんもチョッとムッとしちゃいます。
だってね、2月にジジちゃん一家を病院に連れて行って手術した話し、
この前、前のお宅のお母さんにしたんですよ。
だからもう子供は生まない、増えることはないって。
そうしたら安心しちゃったのか、再び気まぐれにご飯をあげ出した……。
棒で突いてチビたちを追い出し、厳重にバリケードを作ったじゃん!
そのジジちゃんたちの前の住処もバリケードを取り払って解放した……。

僕ね、こう見えてもジジちゃん一家のことは、
素人なりにキチンと管理している積りなんです。
御飯の量、毛並み、色艶、薄墨ちゃんの目のケア(目ヤニを取ったり……。)
月一回、ダニやノミを退治するフロントラインを首筋に……。
ご飯をあげている玄関先のポーチはいつも綺麗にしてあります。
掃き掃除だけじゃなくて、毎日〜水で砂埃を流しています。
だってね、白黒ちゃん、頭良くて、手でお皿からカリカリや猫缶をヒョイって!
外に掬い出して下に落として食べるんです(笑)
ホラ、食事の時は「親も子もないのよっ!」とばかり、
ジジちゃんがお皿にググッと身を乗り出して独占するから。
上手くすると爪で猫缶を刺してそのまま口に……頭のいい子です。
下に落ちた食べ物は砂やゴミが付きますよねぇ?
そんなもの、体内に入らないに越した事はありません。
見ていると、前のお宅のお母さんはコンビニエンスストアで売っている、
お弁当のチャーハンの空いた入れ物、
ハ角形のプラスチックの入れ物を使っています。
洗いもしないで汚れたままそのまま次々と御飯を……。
残りが干涸びてハエだってブンブンブンブン舞っている。
僕は毎食後、必ず洗って清潔にして使っています。安いけど陶器です。
食べ終わった食器はスグに下げて洗ってしまいます。
水も綺麗で新しいものを1日2回タップリと。
前のお母さんは何日も替えない雨水みたいなの……。

前のお宅のお母さんを悪く言うつもりはありません。
誰だって足元にチョロチョロと御飯をねだりにくれば可愛いもの。
でも、可愛いからってご飯をあげるのと、
哀れをもって世話をするのとでは歴然と違いますね。

5月に入り、折りを見てお母さんにはハッキリ&やんわり言いました。
僕が面倒を見るから、これからは御飯はあげないで欲しいって。
それには理由があるんです……今日の写真の猫!
綺麗なキジ猫ですが、最近ウチの周りをうろつくようになりました。
御飯が余ってそこに置いてあるんだもの、食べに来ますよねぇ。
雌ですね。当然、ジジちゃんは縄張り争いで連日、大立ち回り(笑)
2センチの近距離にオデコをくっ付けて30分くらい唸ってる。
たまに取っ組み合い。ハッキリ言って怪我している時もあります。
そんな時は傷口に抗生物質の軟膏を擦り込んでやり……。
もっと問題なのは、この写真の猫は避妊手術をしていないって言うこと。
さすがに僕が作ってあげたジジちゃん一家の段ボールの箱には入りませんが、
お母さんがふたたび解放した巣穴にはたまに入っています。
ここで仔猫を生んでしまったらどうなるか?それをお母さんに話したら、
即、ご飯をあげることを止めました(笑)何て現金な!
幾ら何でも、もうこれ以上、僕には野良猫の面倒見切れないものね……。
兎に角、このキジ猫がこの辺りに来ないようにしなければいけません。

ようやく近隣にジジちゃん一家の手術の事を話して理解を貰い、
少しだけ平和が訪れたように見えた矢先です。
朝の4時前からジジちゃんとこの写真の猫のうなり声が近所に響きます。
僕は即、飛び起きてこの猫を追い払うのですが、
猫の喧嘩に人間が?でも、仕方ないです。
少しでも近隣から苦情が来ないように、
ジジちゃん一家を守ってあげないといけませんから。


草々

2011年5月21日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-22 00:00 | 猫が行方不明。

ガーデニングショウ・データ・ブック/番外編。

e0044929_14235136.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「嘘っそ!」

ひぃ、ふぅ、みぃ……ガガガァ〜ん!74枚!
幾ら何でも一気に74枚は無理だろうなぁ……さて、どうしましょ。
そうだ、「Under the Rose。」は薔薇に関するブログだから、
こちらにはそれ以外の写真を集めてみようかな?
バランス悪くないかな?

と、言う訳で、2つブログをやっていることをいいことに、
選択する努力を放棄しました(笑)だって、甲乙付けがたいじゃない?(爆)
誰っ?誰っ?丙丁付けがたしって言っているのは!(笑)


優れた芸術家とは、その表現力もさることながら、
己の作品から不要なものをバッサリと削ぎ落とす術を知っています。
要らないと思ったものを瞬時に切り捨てる潔さを持っています。
ハイ、ハイ……ブノワ。さんは芸術家ではありませんよぉ〜っ!
ただ単に写真好きのオジさまなのです。
だからこれと思った写真を垂れ流します(笑)
是非、最後まで見て下さいね。お代は見てのお帰り……とは申しません(笑)
ご覧になって思う所がありましたらメッセージを戴けると嬉しいです。

e0044929_14315145.jpg
e0044929_14313874.jpg
e0044929_14313014.jpg
e0044929_14311691.jpg
e0044929_1431383.jpg
e0044929_14305377.jpg
e0044929_14304853.jpg
e0044929_14302842.jpg
e0044929_14301872.jpg
e0044929_1429491.jpg
e0044929_14293888.jpg
e0044929_14292889.jpg
e0044929_14291687.jpg
e0044929_14285740.jpg
e0044929_14284259.jpg
e0044929_14283514.jpg
e0044929_1428236.jpg
e0044929_1428629.jpg
e0044929_14272373.jpg
e0044929_14271469.jpg
e0044929_14265939.jpg
e0044929_14264427.jpg
e0044929_14263459.jpg
e0044929_14261638.jpg
e0044929_1426460.jpg
e0044929_14254974.jpg
e0044929_14253210.jpg
e0044929_14252470.jpg
e0044929_1425844.jpg
e0044929_14245864.jpg
e0044929_1424444.jpg
e0044929_14242836.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

1枚目の写真は、今回のテーマが「印象派の庭」なのでパレットを。
これは今回のために作られたものではないですよね?
どなたかが実際に使っているパレット?そんな気がします。
僕自身は、結構、薔薇が写っていない写真の方が気に入っていたりして……。
薔薇がなくても充分に庭は成り立つ……そんな気もします。


草々

2011年5月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-16 00:00 | Raindrops on roses。

去年の笑える話し。

e0044929_2105371.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「えっとぉ……初日はこれとこれ、次の日はこれにこれ。
  3日目は下がブルーだから上が……あっ!こっちの方がいいかな……。」

こんな調子で選んでみました。会期中6日分の衣装(笑)
結構な時間をかけて、あぁでもない、こうでもない、半ば楽しみながら、
育種家デビューをする一世一代の晴れ舞台に着るオベベ、
床一面に洋服を広げて、1人ファッションショー(笑)
国際バラとガーデニングショウで着る洋服を選んだの……にっ!
会場に行ったらみどり社長が、

 「ハイ、ブノワ。さん、これ着て!」……って!

コマツガーデンの紺色のウィンド・ブレーカーを着せられちゃいました(爆)
ハァ……シオシオのパー……折角、時間をかけて選んだのに……。
オマケに会期中は日を追うごとに異様に肌寒くなり、
最後の方はニットなんか着込んじゃったし……。

もう今年は懲りたもんね!着の身、着のままで行ってやる!
どうせ殆どの人が1回しか見に来ないんだし、見に来るのは薔薇なんだしね。
僕なんかが色気出して着飾ってもムダムダ!
そうだよね、あくまでも黒子に徹しないとダメじゃんねぇ。

と、言う訳で、今年は気楽にやらせて戴きます。
仕事はどうにかこうにかやり繰りします。
なるべく全日、コマツさんのブースでカーネルおじさんやる事にします(笑)
ダメですからね、薔薇の栽培法に関してあれこれ聞いちゃ!
僕はただ賑やかしで立っているだけ、自分の薔薇も売りません。
だって、恥ずかしいじゃない?自分の薔薇を勧めるのって。



さぁさぁ、全国の薔薇ファンが待ちに待った、
「第13回 国際バラとガーデニングショウ」が賑々しく開催されます。
皆さん、是非、奮って遊びに来て下さい。
素敵な企画やトークショウが盛り沢山。
ディスプレイも年々素晴らしくなって来ているし、
きっと、皆さんの庭造りの参考になることは必至です。
往年の名花、新しい薔薇をタップリ見て、コンテスト結果に膝を叩いたら、
帰り際にコマツガーデンのブースにお立ち寄り下さい。

フフフフ……タダでは返しませんぞぉ!(笑)
あなたの手ブラの両手を薔薇で一杯にして差し上げます!
ブノワ。さん、財布の紐を緩めるの得意なんですから!(爆)
って、僕はただ立っているだけだった……。

…………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、僕を見掛けたら絶対に声を掛けて下さいね。
ダメですよ、珍しい生き物を見るように遠巻きにしていちゃ。
パンダより珍しいことは確かだけれど、
後から「お見掛けしました」は卑怯、そんなのなしですからね!
是非、楽しい一時を過ごしましょう。お待ちしております!

 5月11日(終日)
 5月12日(終日)
 5月14日(終日)
 5月15日(終日)

以上、4日間、コマツガーデンのブースにいます。
(仕事の予定次第ではこの限りではありません)


草々

2011年5月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-08 00:00 | 向き向きの花束。

友達甲斐って……。

e0044929_1832899.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「ねぇ、所でブログはビルドしたの?」

イギリスに住んでいる女性の友人が一時帰国の時、夕飯時に僕に聞きます。
ねぇねぇ、ブログはビルドって、一体いつからブログやっていると思ってんの?
申し訳ないけどあれから1つ増えて、今では2つのブログやってんの!
第一、ブログはビルドって、日本語で聞いたらどう?日本語で!(笑)
ブログは上手く行っている?とか、ブログの調子はどう?とか(笑)



 「そうそう、薔薇ってどうなってんの?まだやってる?」

かれこれ20年来の友人が思い出したように僕に聞きます。
あのね!この前も薔薇デビューするって言わなかったっけ?
君のようなお友達に恵まれたお陰で、去年、4種類の薔薇が出ました!
へぇ!って(笑)イヤミだよ、イヤミ!(笑)
今年も1品種増えてシリーズは順調です!(笑)



 「あのさ、ハガキ戻って来ちゃったんだけど、引っ越した?」

こらっ!引っ越しは一年前!(笑)
引っ越しの案内も出したし年賀状も出したハズだよ。
もっとも、その調子じゃ返事なんか戻って来るハズもないけれどね。
住所とか電話番号とかはマメに訂正しておこうね!



 「猫の染ちゃん元気?」

……………………………………………………。
こらぁっ!僕の染香は6年前に死にました!
フぅ〜んって!君は僕が今何匹の猫の面倒を見ているか知ってんの?
家の中で5匹、外猫を3匹の合計8匹!
へぇ、大変だねぇって!この前メールに写真貼付して送らなかったっけ?
君、染香は兎も角、一向に他の子の名前を覚えないよね(笑)

…………………………………………………………………………………………………………………………

たまぁ〜に、こんな会話が僕と友人の間で交わされます。
いえいえ、決して仲が良くない訳じゃないんですよ。
どっちかと言うと親友に近い友人とこんな会話をすることが多いです(笑)

普通、大の親友が薔薇でデビューすると聞いたら、
如何に家から遠かろうがドームまで足を運びますよねぇ?
やって来て元気な顔を見てお祝いを言って……薔薇の苗買いません?
普通、苗、買うでしょう!全部、買えって言ってんじゃないんだもん。
1本でもいい、親友の記念の薔薇の苗、普通は欲しくなりますよねぇ?
一般人が薔薇の育種家デビューなんで普通は出来ないんだよ!
友人の一世一代の晴れ舞台、友達の晴れやかな顔見たくない?(笑)
殆どの友人はドームに来るどころか全く興味がない様子。
中には植物には全く興味がないのに、
全品種の新苗を買って行ってくれた友人もいます。

 「これって、室内の陽当たりのいい窓際でもいいの?」

無邪気に小首をかしげて僕に質問する友人には苦笑しましたが、
普通、友達ってそう言うもんだと思うんだけどなぁ……。
中にはわざわざご祝儀を持って来てくれた人もいるんですよ。
お祝いのメッセージ・カードとかプレゼントとか……。
お金じゃないし品物でもないの。
気持ちの問題ですよ。嬉しいじゃありませんか。

ほらほら、そこの君だよ、そこの君っ!
友達ってそう言うもんなの!心入れ替えなさい!(笑)

って、そう言う友人に限ってこのブログを読んでいないんだっけ……。
読んでいないどころか存在すら知らないかも……(笑)
まぁ、いいです、僕は元気でやっているから。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の小さなブーケの写真は、
先日、友人達とイタリアンのテーブルを囲んだ時、
その中の一人が持って来てくれた誕生祝いのブーケ。
自分が育てている草花を庭から切って来てくれました。
ローズマリーがとてもいい匂いです。
普段はガサツで男みたいで……そんな風に思っていた彼女ですが、
本当は優しい心根のいい人?(笑)嬉しいですよね、チョッとした気遣い。
本当にありがとうね!今度、何かお返ししないとね。
……って、彼女もこのブログ読んでいないんだった……。


草々

2011年5月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-05-06 00:00 | いつも心に太陽を。