匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プラスマイナスゼロ。

e0044929_2151423.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

ついここ1週間から10日くらいのことだったかな。
親しい人が2人、相次いで亡くなりました……。

正確には親しかった人……と、縁を切った肉親……かな。
勿論、通夜にも告別式にも行きませんでした。
ある種の感慨はあります。僕も鬼じゃないから。
それぞれに楽しかった想い出があり、惜別の念もあるけれど、
それは僕なりのけじめ、心の中で決めていたことだから……。
僕は情に非常に厚い方だと思うけど(それでいつも失敗する……。)
それでも、時には心を鬼にし感情を封じ込め、
温かい血を凍らせて冷血漢にならないといけない時もあります。



さて、別にそれがキッカケと言う訳ではないだけど、
自分のこれからのこと、人生のこれからのこと、
最期の幕引きについて考えることが多くなりました。
そう言う話しって親は嫌がるのね。死んだ母には、

 「お前は変わった子だ。お母さんはそう言う話し嫌い!」

って、良く言われましたっけ(苦笑)
死んじゃったらハイそれまで、後のことは分かる訳もないんだけど、
何だか訳の分からない宗教で葬られるのはイヤなのね。
何が何でも世間からはみ出さぬよう、人さまに後ろ指を指されないよう、
世の中の習慣に則って事を運ばなければ……って?ヘド出ちゃう(笑)
決して我が侭勝手を言いたいんじゃなくて、
自分の最期くらい自分でプロデュースしたいじゃない?

まさかいくら何でもキリスト教で葬られるとは思わないけれど(笑)
浄土宗だか浄土真宗だか(確かウチは浄土真宗……だったか?)
自分でもハッキリ分からないのに、
見知らぬ坊さんに意味不明のお経あげられて、
ガッポリお金取られて、欲しくもない戒名を有り難く戴いて、
そこでまたまた大枚ふんだくられて……散々じゃない?

僕は葬式はやりません。
そのまま放置も出来ないから焼いて貰うのは構わないとして、
一摘みの灰だけは母と猫の染ちゃんが眠る極秘の場所に撒いて貰い、
後は捨てて貰っても構わない……そう思っています。
この大役は僕よりズゥ〜っと若い女の子に託してあります。
(実際に場所の確認にも行って貰っています。)
湿っぽい通夜なんかとんでもない!
だったら、チョッと時間が経った時に、
バッハの無伴奏チェロ組曲でも流して貰いながら、
親しかった友人達で集まって貰って宴会やってよ。
あることないこと、悪口雑言、言ってくれればそれで本望。
盛大に悪口言って下さい(笑)悪口言って!笑ってよ!
戒名も墓も何もいらないの……死んだ時がゼロ。
本当に僕を思ってくれている人がいるとしたら、
薔薇を見た時、餃子を食べた時なんかに僕を思い出してくれて、
百恵さんの歌が流れたり、メリル・ストリープの映画を観た時に、
僕を思い出してくれればそれが一番……それが僕。



さっき、「死んだ時がゼロ」と書きましたが、
そのためにも最低限のお金は残しておかなくてはいけませんね。
必要最小限、誰にも迷惑を掛けないくらいのお金。
僕には財産なんて上等なものはこれっぽちもないし、
もしあったとしても、残してあげる肉親もいません。
集めて来た骨董品や絵画などの美術品は、
もう少し楽しんでから、追々、親しい友人達に分けてしまう積り。
大事にしてくれる友人達に生きているうちに形見分け?
猫たちは普通に僕が生涯を全うすれば心配ないのだけれど、
これから先、新しい子をお迎えしないとも限らないし(笑)
もしもの時点で同居している猫がいれば貰われ先を見付けてあげなければ。

何だか最近そんなことを考えるようになりました。
だってね、人生は1回、思い切り生きて悔いが残らないようにしなくちゃ。
生きている時も大事だけれど、幕引きが最も大事だと思うから。
舞台だってそうじゃないですか。最後で全てが決まるの。
三島由紀夫は最後の台詞から戯曲を書くと言われています。
開幕ベルは華やかだけど(笑)幕引きで全てが決まる、
終わりよければすべて良し……そう思います。

つい先日のこと、3月の誕生日後だったかな?

 「あぁあ、とうとう人生半分まで来ちゃった!」

って、親しい友人にポロリと漏らすと、

 「えっ!まだ半分も生きる積もりなんですか?!」って(笑)

コラコラ!当たり前ですよ(笑)
人生はまだまだこれからなんだから!
これから一花も二花も咲かせなきゃいけないんだから。
でも、自分の人生だからって無責任は出来ません。
半分だからこそ、そろそろ先を見据えて計画的に。
最後の最後にプラスマイナスゼロになるように持って行かなくっちゃ!

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はご近所の紫陽花。
ある夏日の日、薄暗い夕方に帰って来ると、
やっぱりね!暑さに水切れでクッタリした紫陽花が目に飛び込んで来ました。
これこれ!僕が待ち望んだのはこれ!
小走りで家に帰り、カメラを引っ掴んで撮影した1枚です。
案の定、翌朝には水をタップリ貰って元気一杯、ピンピンの紫陽花(笑)
水切れで花弁(萼)がクルリと裏返り、白っぽい裏側が覗きます。
結構、毒々しい紫の紫陽花だけれど、この白さが趣を与えます。
紫陽花には雨が良く似合うと言われているけれど、
天の邪鬼右衛門の僕にはこのへたるギリギリの紫陽花が美しく見えます。
最近の精神状態のあれこれを如実に表す1枚かな?
でも、綺麗だと思いませんか?あら?思わない?(笑)
それはあなたが健全で精気が溢れているからかな?


草々

2011年6月28日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-06-28 00:00 | 儚いもの。

痩せたのか?それとも……。

e0044929_1801191.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

年末から新年へと……目まぐるしく忙しく、
3月の年度末の忙しさが大震災で大幅に伸び伸びとなり、
怒濤のような日々を送っておりました(笑)

 「ここは何処?ワタシは誰?」そんな毎日。

このところ漸く一息つけるようになって来ました……。

 「ハァ、疲れた……。」そっと一人ごちます。

勿論、薔薇のシーズンは薔薇で大層忙しく、
普段はお目に掛からない方々や友人にも沢山会いました。
で!そんな皆さんの口からついて出る決まり文句。

 「ねぇ……痩せた?」

そぉ〜かなぁ……と、思います。
自分では全く実感がないからなぁ……。
良く言いますよね。毎日のように会う人よりも、
たまに会う人の方が変かが分かり易いって。
皆、口を揃えて言うんですよね……頻繁に会う親友も、

 「ウン、痩せた。鎖骨が出て来たもん。」

って!じゃぁ、今まで僕の鎖骨はどこに?(笑)
贅肉に埋もれていたとでも言うのかい?(笑)
自分では全く痩せた実感がないと言いましたが、
痩せる理由も思い付かないし、痩せたと言うより現状維持って思うの。
そうだ、もしかしたら伸びた髪の毛をひっつめているからかな?

 「 ♪ 折ぉ〜れた、煙ぁ草の吸い殻ぁらでぇ……。」by きよし中条

そんなもん見なくても、一番、如実に分かるのが、
お出掛けの時にする指輪!左手の小指に3連のプラチナと、
母の形見のプラチナの「松竹梅」を彫金した指輪をするんだけれど、
そのゆるさ加減で太ったか痩せたか分かるのね。
今はほぼ通常通り、特に痩せた実感はないのだ……。

約1年振りにお目に掛かったHISAKOさまも「痩せた?」と仰言る。
彼女は被写体に対して厳しい観察眼を持つから本当に痩せたのかも……。
20年以上付き合いがある、通称「羽衣のお銀」こと、
美女で大親友のMちゃんも「◯◯さん、痩せました?」って。
彼女もモノを見る目は確かだからなぁ……。
たった一人、自分以外の人間が痩せることが絶対に許せない天敵のA!
彼女だけが「ブノ。ちゃん、太ったんじゃない?」って(笑)

仮に痩せていないのに痩せて見えるとしたら……。
おぉ〜!!やつれたか!(笑)仕事が忙し過ぎてゲンナリ?
薔薇を見にあちこち飛び回ってゲッソリ?
はたまた、とうとう8匹の猫の面倒みる事になって、
両肩に大きくのしかかった重圧にグッタリ?
生活に疲れているのを気遣って、優しい友人達は、
「痩せた?」と言ってくれているのか?(笑)

何れにせよ、人間がうら若き20代の体形を維持するのは至難の業。
そりゃぁ、醜く崩れないまでも、ムチムチムッチリ、
身体は丸みを帯び、シッカリと油は乗って来るし、
地球に住んでいるんだもん、重力で余分な肉は落ちて来るしね。
(なぜ、ウエスト止まりなのか?)
余程、日々の健康管理と適度な運動をしていないと悲惨な事になります。
30代までは運動や食事で体重のコントロールが可能だけれど、
40代を過ぎるとどんなに頑張っても現状維持が精々(笑)
元々身体を動かすことが嫌いな僕なんか目も当てられませんね……。

そうそう。昨日の事。
約、半年振りに会った知り合いと飲みました。

 「ブノワ。さん、アメフトやっていました?」って(笑)

おいらそんなにガタイ良くないよ(笑)
Tシャツの袖から太い二の腕が覗くのは憧れだけど……。


人によってどう見えるかはそれぞれだけれど、
太った、痩せたって非常にデリケートなこと。
「痩せた?」と言われて100人が100人喜ぶとは限らないものね。
痩せていることを気にしている人もいるし、その反対もまた然り。
まぁ「太った?」よりは若干、いいかもしれないけれど……。

でも、中にはいるんですよねぇ。底意地の悪い人も。
ニヤニヤして寄って来て、開口一番「太りました?」って。
顔に悪意が出ているのね(苦笑)醜く痩せギスよりはいいと思うけど……。
以前、随分と年下の友達が、開口一番「肥えました?」って。
思わず「バカ者!」と怒鳴りつけてやりましたが……。

自分で自分をコントロールするのって難しいですね。
元々、楽な方、楽な方に簡単に流れる性格だし(笑)
ダイエットとか運動とか……全くする気ないし。

 「人ってそれまでの生き方が外見に出ますよねぇ……。」って言っても、

そんなに素敵な生き方して来ていないし(笑)
もし痩せて見えるのだったら、それを上手く維持出来るだろうか?
これを機に食べる量を減らしてみる?
アルコール消毒の回数を少なくしてみるか……。


草々

2011年6月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-06-19 18:00 | いつも心に太陽を。

もっと勉強しないとね!

e0044929_9464784.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

ここに引っ越して来る前は大きな国道沿いに住んでいました。
チョッと歩いて丁目が変わると瀟洒な高級住宅街。
僕が住んでいた所は普通の住宅街(笑)まぁまぁ、便利なんだけれど、
何か一つもの足らない感じ……そう、買い物がねぇ……。
駅近くには大きなスーパーマーケットがあったんだけれど、
チョッとサンダルを引っ掛けて用を足しに行く感じじゃなかったし……。

一番、困ったのが、外食をする店が皆無だったこと。
マクドナルドや大手のファミリーレストランはあったけれど、
イタリアン?フレンチ?……そんな気取った店は皆無(笑)
普通、どこの街にもある蕎麦屋や寿司屋、中華の店などが寂しかったです。

美味しい想い出って思い出すだけで思わず顔が綻ぶものだけれど、
その街の驚愕の想い出の数々を幾つか!(笑)

先ず、蕎麦屋。
友人が遊びに来て初めて入った蕎麦屋。
僕は力うどん、友人はきつね蕎麦を頼みました。
うぅ〜ん……何で汁がこんなに黒くてこんなに塩っぱいの?
なぁ〜んて思いながら、食べ終わった友人の器を見ると、
そこには汁に浮かんだ油揚げが1枚……しかも一口齧ってある。

 「ねぇ、きつね頼んで何でおあげ食べないの?」
 「うん……あげが冷蔵庫臭いんだよねぇ……。」

そんなの序の口で(笑)もう一軒の蕎麦屋は、
ガラガラッと引き戸を開けた瞬間に扉閉めちゃいました(笑)
だって、もうもうと立ちこめる紫煙の中で、
サラリーマンが大声で騒いでんるんだもの。

それから潰れちゃった寿司屋(笑)まぁ、当たり前なんですけど……。
そこも友人と初めて入ってみたのね。
カウンターに座って何か刺身でも切って貰おうかと思ったら、
ケースの中には手ぬぐいがザァ〜ッとかかっていて、
アレもない、コレもない……要するに、ネタがないのね。
じゃぁ、しょうがない……タコを切って貰ったんだけれど、
そのタコが、僕の長い生涯でも最も不味い代物の一つ!(笑)
(もう一つはロンドンで食べたインド料理ね!)
何だろう、味がどうのこうのって言う前に、
その噛んだ食感が不気味なの……そう!ゴムタイヤみたい!(爆)
勿論、僕が如何に変わり者でもゴムタイヤは齧ったことないけれど……。
このゴムタイヤ・タコは友人との語り草になっていて、
如何にしたらあんな食感が出せるかよく笑いながら話したものです。
多分、冷凍、解凍、冷凍、解凍……繰り返したんでしょうね。
まぁ、その後に頼んだものがどんなものだったかは容易に想像が付くでしょう?
無い無い尽くしでようやく頼んだ甘エビ。
これは殻が付いたままで、主人がその場で剥き出したから新鮮かとお思いきや、
何と生臭い甘エビだったことか!僕のお腹って物凄く丈夫!(笑)
早々に立ち去ったことは言うまでもありません。
きっと、握りの松竹梅、それからチラシ寿司くらいしかやっていなかった?

美味しい豚カツ屋はありました。
チョッと衛生的にどうかなって思う節もあったけれどね。
それから女将さんが強烈に下品だけれど美味しい鰻屋とか(笑)


僕ね、思うんですけど、
食べ物屋さんって、もっともっと出歩いて、
同業者の作る物を食べて学んだ方がいいですね。
如何に自分が作っているものが不味いか。
お金を取っちゃいけないモノか分かろうと言うものです。
申し訳ないけど、スーパーマーケットで蕎麦を買って、
自分で出汁とって作った方が数段美味しいもの。
まかり間違えばカップ麺の方が美味しい時もある(笑)
世の中には色々な嗜好があるし、
コレじゃなきゃいけないって言う物はないけれど、
あまりにもヒド過ぎるものが多過ぎます。犯罪的に不味い!
お金取るんだものプロですよね。もっと学習しなきゃ!

…………………………………………………………………………………………………………………………

写真は、昨日、生まれて初めて作ってみた焼売(笑)
何ででしょうね?焼売って作ったことなかったんです。
餃子はあれほど作っているのにねぇ……あまり好きじゃないってこと?
好きじゃないって言うよりも、
美味しい焼売に当たったことがないって言うことかもしれません。
デカイだけが売りの焼売や餃子……それもチョッと「?」だし。
だって、具と皮の関係って微妙で一番大事だと思うから。

初めて作った焼売、凄く美味しかったです。
材料は豚肉と玉葱と……。
カニも椎茸も海老も余計なものは何も入っていません。
小さくて一口サイズ。ホンワリして肉汁がタップリで……。
友人は感激して言います。

 「餃子と焼売の店やれば?」って(苦笑)

そりゃぁ美味しいよ。手伝わずに食べるだけだもの(笑)
でもね、悪いけど、そこいらの中華のものより美味しいぜぃ!


草々

2011年6月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-06-16 00:00 | バベットの晩餐会。

これを楽園と言わずしてなんと言う……。

e0044929_7222646.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「アイツはね、脱走兵なんだよ。」

僕のウチの玄関前をよく通りかかるご夫婦の御主人が言いました。
そのご夫婦とはいつしか薔薇が縁で言葉を交わすようになり、
そんなこんなしているうちにジジちゃんの素性が分かって来ました。

ジジちゃん、数ブロック先のお宅で飼われていた猫で、
兄弟&同居猫が何匹もいたんですが、何度も何度も脱出、捕獲を繰り返し、
他の猫は大人しく手術されたのに、ジジちゃんだけはとうとう逃げおおせ、
今ここにいて僕から御飯を貰っていると言う訳です(笑)
ジジちゃん、頭良くて、窓も網戸も開けて脱走しちゃうらしいです(爆)
その割にはエサに釣られてスンナリ捕まり、
アッと言う間に避妊手術されちゃったんですけど……。

元の飼い主は体調を崩し、他の猫の飼育を放棄したとか、
いまもその3階の部屋には猫たちがいてどうとか……あまり興味ありません。
聞いても仕方ないし、何がどうなると言うものでもないしね。




ここで報告があります。

ジジちゃん一家、僕が責任持って面倒を見る事にしました。
勿論、家の中に入れることは出来ません。
そうでなくても秀千代が来て以来、他の猫たちの関係がチョッとおかしいから。
行く行くは仲良くなるんでしょうけど、
いま、ジジちゃん一家3匹を家に入れるのは危険過ぎます。
それに、自由に広い世界を闊歩している方が幸せなのかもしれないし……。

実は2月〜3月にとてもいいお話しがありました。
「あけの底なしの食い意地」と言うブログをやっている友達のあけさん。
彼女が良縁を探して来てくれたんです。
もう、僕が貰われて行きたいぐらいの豪邸で(笑)
今か今かと時期を待っていたんですが、
やんごとなき理由でお話しが流れ、
その後の震災で里親探しどころではなくなってしまいました。
本当だったら豪華なお宅に貰われて、名前もきっと洋風になっちゃって(笑)
野良猫だったことが嘘のようなハイソな生活を送っていたハズなんですが、
何事もご縁、運命ですから仕方ありませんね。

あけさんもジジちゃん一家のご縁が纏まった暁には、
可哀想な野良猫のために奔走した「聖女」と崇め奉られ(笑)
後々まで語り継がれるハズだったのに……残念でした!
僕からの牛一頭ご馳走もなくなっちゃいましたけど(笑)
本当に、本当にお世話になりました。

…………………………………………………………………………………………………………………………

早い午後に仕事から帰ると1枚目の写真のような光景を目にします。
車が通らない路地でひなたぼっこしながらゴロゴロゴロゴロ……。
チビ2匹が戯れあい、ジジちゃんが2匹の毛繕いしてあげて、
薄墨ちゃんはいまだにジジちゃんのお乳を吸っている……。
これを楽園と言わずしてなんと言う……。
そうあればいいし、そうなるように努力しなくちゃ!

今頃の報告になっちゃいましたけど、
きっと心の中ではとっくに決心していたんだと思います。
晴れて(?)8匹の猫の面倒を見る事になりました!
これからも一つ宜しくお願いいたします。


草々

2011年6月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-06-12 07:21 | 猫が行方不明。

板付き3時間前……なのだ。

e0044929_1672839.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 【板付き】芝居で幕が上がったとき、既に俳優が舞台に出ていること。
      またはその俳優。

と、辞書にあります。


僕はねぇ……板付き3時間前には起床します。
いえいえ、とんでもない。僕は俳優ではありません。
でも、仕事にかかる時間を板付きに例えてみたの。
厳密に言うと、仕事にかかる時間じゃなくて、家を出る時間かな?
そう、逆算して家を出る時間の3時間前に起床している事になります。
毎日、大体3時30分から4時の間……。

えっ?早いですか?早すぎ?
だれ?!ニワトリと一緒って言っているのは!(笑)
確かに早いかもしれないけれど、でも、そうでもないんですよ。
だって、起きて先ずジジちゃん一家とウチの子たちにご飯をあげて、
トイレの砂の掃除をして珈琲いれて……。
ゆっくり珈琲を飲みながらパソコンのメールをチェックして、
一通り済んだらお風呂に入ってシャキっとして、
それから薔薇の世話をして写真を撮って……。
ね?朝は何時間あっても足りないと思いませんか?
僕がもし女性だったら特殊メイクに必要な1時間を足して……(笑)

朝はね、余裕を持って物事にかからないとロクな事ないものね。
僕はとっくに中年……中学生や高校生じゃないんだから。
慌てて起きて顔も洗わずカバン引っ掴んで……。
そんなこと出来ませんよね。いっぱしの社会人なんだからさ。

朝の通勤電車の中にいるじゃないですか。
考えられないような寝癖そのままの髪で、目には目ヤニくっ付けて、
これから仕事だと言うのに既にグッタリ疲れ果てている人たち。
勿論、僕だって疲労困憊でボロボロの時もあるけれど、
そう言う時こそ早起きして風呂に入ってシャキっとしたいと思っています。
疲れ切って生気のない顔をお客さまに見せるのは失礼だものね。
欠伸だって知らない間に出ちゃうけど、
そこは根性入れて噛み殺さなきゃ(笑)
社会人の最低限の礼儀、マナーだと思っています。

…………………………………………………………………………………………………………………………

写真はウチの小芳ちゃんの大欠伸(笑)
いいですよねぇ……猫は。
僕達が仕事している間、一日中寝ていられるんだから(笑)
僕が起きると、爆睡していたのを取り繕うように慌てて起き出し、
如何にも「お目覚めバッチリよ!」みたいな顔をして、
御飯食べてお水飲んで、フと気が付くとまた爆睡で夢の中……。


さてさて、仕上げは、自称「世界で最も美しい猫」の、
美貌を誇る園ちゃんの欠伸7連発をどうぞ!

e0044929_16104655.jpg
e0044929_16103761.jpg
e0044929_1610486.jpg
e0044929_1694988.jpg
e0044929_1684367.jpg
e0044929_16102092.jpg
e0044929_17262520.jpg

 「くぅわぁぁぁぁぁ〜!」

大きな欠伸の音が聞こえて来るようです(笑)
まるで白くてちっちゃなサメだな(爆)



e0044929_17281514.jpg

 「チョッと!チョッと!ヤダヤダぁ!
  園ちゃん、こんなに綺麗で豪華で清楚で慎み深くて、
  色白で人懐っこくて賢いのに変な写真アップして!」
  可憐な乙女に失礼よ!グレてやる!」


草々

2011年6月5日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-06-05 00:00 | 猫が行方不明。