匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プラリ安曇野一人旅。

e0044929_15151910.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

やっぱり一人旅はいいなぁ…………。

国内、外国、近場のフラリ旅に限らず一人旅は気軽でいいです。
友人に気兼ねしなくていいものね。予定を自分の思うがままに変更出来るし。
雨でイヤだったら止めちゃえばいいんだし(笑)

先週のお盆休みに信州に一人旅に行って来ました。
前から行ってみたかった安曇野のジャンセン美術館に行くのがメインの目的です。
休みが確定したので、さぁて、あずさの指定席を……。
ところが!全くお話しにならないのは、何と1週間先まで満席だったんです(笑)
笑っちゃいますね、山手線に慣れているせいか、電車はバンバン来るものと思っている。
特急の指定席とか宿とか、簡単に、直前に取れると思っちゃっているんですよね。
考えてみれば、夏休みだし、お盆だし、避暑の信州だし……。
仕方がない……一番近々で取れる指定席を取りました。
1泊することも考えたんですが、先ず、宿が取れない(笑)
いっか、日帰りで……結局、朝一番で出発して、ほぼ終電で帰宅。


ジャン・ジャンセンはアルメニア生まれの画家です。
その存在は、僕が就職したての頃、
今も懇意にしている大親友に教えて貰って初めて知りました。
ジャンセンと言うと、先ず、皆さんが思い出すのは裸婦かバレリーナのリトグラフ。
僕はね、偶然に出逢った風景画「納屋」に一目惚れし、
買うか買わないか迷っている内にそのリトグラフが売れてしまいガッカリ。
所が、暫くして同じものが再び出て来たんです。迷わず買いました。
何でもそうですが、出逢いって本当に大事ですからね。
当時、就職したての身には大変に高額な50万円と言う金額を払って……。
勿論、自分で額縁を作りました。画題が「納屋」ですから廃材を使って。
いつだったか大丸?デパートの美術館で個展もありましたね。
その時に観た風景画……油絵と水彩画の感動は今でも鮮明に記憶に残っています。

そのジャンセンの美術館が安曇野にあることは随分前から知っていました。
でも、日々、忙しくしているとなかなか行けませんよね。近いと思うと尚更です。
近いと言っても片道4時間は掛かります(笑)
コマツさんがある石和温泉までは良く足を延ばしますが、
美術館がある穂高は松本のもっと先、白馬の手前になります。

おにぎり握って、お茶と少しのお菓子、カメラなどをカバンに詰めいざ出発です。
安曇のは晴れて気持ちのいい所でした。湿気は少ないけど矢張り暑いですね(笑)
ジリジリ照りつける陽射し、蝉の鳴き声、まさに夏の光景。
穂高駅からバスに乗って美術館の最寄りまで行きます。
美術館はヒッソリと林の中に佇んでいました……はぁ、ドキドキ。
ビックリしちゃったのは、僕が応援している俳優くん、
小谷真一くんが一昨年 tpt で主役を演じた「血の婚礼」の特別展をやっていたんです。
ジャンセンが挿画を担当した「血の婚礼」のリトグラフが飾られていました。

尊敬する画家の美術館を暫し散策……安曇野まで足を延ばして良かったです。
さてさて、僕の旅は自由気侭、当てのない旅のようで、
実は時刻表とかをキッチリと調べておく用意周到な旅なのです。
なんの当てもなく飛び出すような無謀なマネはしません(笑)
予定のバスを1本早めて穂高から松本へ。
当初の予定通り、穂高から新宿への直通便が取れれば、
松本に立ち寄ることはなかったのですが、午後、たった1本しかない特急は全て満席……。
並ぶのもイヤだし自由席はねぇ……お年だし(笑)

初めての松本……楽しかったですよ。
確か近くに大好きなharry兄貴が住んでいるハズなんですが……。
そんなこんな、頭を過りながら下り立った松本。
駅で偶然に見たポスターで予定を変更。市美術館に土門拳の特別展を見に行きました。
土門拳の骨太な作品群……圧倒的な迫力で昭和を見せて貰いました。
そしてここでもまた遭遇した草間弥生(笑)青森でも草間弥生一色でしたけど、
人気あるんですねぇ……圧倒的なドットでしたよ(笑)
松本城への道すがら、有名な散策所をプラリプラリ……。
途中、骨董店で小皿を数枚買ったり素敵なカフェで一休みしたり。

e0044929_15155130.jpg
e0044929_15161229.jpg
e0044929_15162924.jpg
e0044929_15164753.jpg
e0044929_15176100.jpg
e0044929_15172054.jpg
e0044929_15173565.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

何枚か写真を選んでみました。あまり撮らなかったんですが、
最後はお約束の松本城(笑)ではでは、こんな所で……はい。
なんとも盛り沢山な日帰り旅行と相成りました。
だけど、足は棒だしお財布はスッカラカン……。
国内旅行って何でこんなに高いんだろう?(苦笑)もっとも、図録が高かったんだけど……。
そうそう、前後してオークションで落札したジャンセンの静物のリトグラフは、
親友の店に飾ってあります。僕のコレクションをローテーションで貸し出しているんです。
いつかジャンセンの油絵か水彩画が買えるかな?
無理だろうなぁ……小さなマンション買えちゃうもんな……(笑)


草々

2011年8月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-26 00:00 | 旅の栞。

7年目の……。

e0044929_20305075.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いつも思うのね……「ブログって一体、何?」って。
何のために書き続けるのかなぁ……って。
毎年〜この時期になると考えることです。



このブログを初めて今日で丸々6年が経ちました。
熱しやすく醒めやすく、飽きっぽい性格で、
何事も長く続かない僕にしては快挙です(笑)
それに、唯々諾々と人さまの言いなりになってやって来た訳じゃない。
そこには少なからずとも「創作」の色合いが色濃く出ます。
「創作」って言ったって大した事ないですけど(笑)
でも、どうせ皆さんに読んで貰うのなら、少しでもいいものを書いて行きたい。

ここでお断りしておきたいのは、
僕のブログは「皆さんに読んで貰うためだけ」の、
サービスのブログではありません。
かと言って「自己満足」の読み手不在のブログでもない……。
書いている僕と読んで下さっている皆さんが、
非常にいいバランスで交流出来ているサロン……そう思っています。

大事な時間を割いて文章を書いて行く以上、
他のブログにはないオリジナリティーみたいなもの……追求したいです。
文章は小学校時代の通信簿の国語の作文のところに、
毎回欠かさず「×」が付いていましたから、それ程、期待は出来ないけれど(笑)
その分、好きな写真はいいものを……ねぇ。
時事性ゼロ、何の問題提起もなし、じゃぁ、何を書くの?
自分が楽しむことは勿論なんだけれど、皆さんにも楽しんで貰いたい……。
そんな事を考えながら続けて来た6年間。
明日から7年目ですよ!……継続は力なりって言うけれど、
果たしてそれもどれ程の意味があるのかなぁ……と、思ってしまいます。



今は様々なツールで自己表現が出来る時代になりました。
皆さん、盛んにつぶやいておられますな……。
うぅ〜ン、ハッキリ言ってヒマ……僕にはそんな時間ありません。

本当に意味のあることをつぶやいて社会問題となり、
芸能生活を断念せざるをえない?窮地に立たされた青年……。
どうでもいい個人の不倫をつぶやいて、
己の下半身事情をさらけ出した女芸能人……。
あるスポーツ選手の事をつぶやき職を失った人……。
我が国の宝、浅田真央を誹謗中傷するような事を書いて、
世間の軽蔑と批判を一身に浴びた中年タレント……本当にゲス。

ツールは増えたけれど、簡単ゆえの諸刃の刃……。
皆さん軽々し過ぎるし、その危険を分かっていない。
個人情報は一見、前よりも守られているようだけれど、
その実、自分で全部ひけらかしプライバシー丸見え!(笑)
一億総評論家時代……表現の選択肢は数えきれないほどになりました。
僕ね、ソーシャル・ネットワーク・システム(SNS)って信じていないのね。
全部ではないけれど、可成りの確率で無法地帯と同じだもの。
勝手に人の写真を盗用する、事務局に抗議すれば梨の礫……。
皆さんは、日本で一番ポピュラーな某SNSのニュースの所に、
つぶやかれている登録者の日記を読んだことありますか?
人の不幸をあざ笑い、吐き捨てるような薄汚い言葉の数々……。
常に上から目線、良識なく下品で哀れをもよおします。
「会員制」の名の元に何が守られているのか考えなくては。
限られた人しか読まないからって何を書いても言い訳ではないでしょう?
そうなるとブログが一番いいのかなぁ……とも思います。



矢張り、仕事に一日の多くの時間を割く人間にとって、
趣味の写真と少しの時間である程度、満足の行くものが書けるブログ……。
素晴らしい仲間や読者の皆さんに恵まれたことと、
何より、僕に一番合ったツールだったのかもしれません。
初めの頃は毎日の更新を目標に頑張って来ました。
それもいつしか気の赴くままの更新になり……。
それでもやっぱり書くことが好きなんですね。
同じ頃にはじめた仲間が軒並みブログを止めているものね。
そこには各々の色々な事情があるのでしょうけど、
一抹の寂しさを感じないと言えば嘘になります。

 「じゃぁ、ブノワ。さん、
  あなたは何時までブログを続けるんですか?」

時間が取れなくなった時?書くことがなくなった時?
いつ幕引きをするの……なかなか難しい問題ですね。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真、7年目を迎える記念の1枚は、
先日お見せしたお気に入りのシリーズの中からの1枚。
僕のオリジナルの薔薇だけのブーケを雨に中で撮った1枚です。
これこそ僕にしか撮れない写真だと自負しています。

ここに面白いデータがあります。
ブログには色々と分析、解析するツールがあります。
一年の内でアクセスがガタッと減るのが、盆、暮れ、正月、GW……。
皆さんもそろそろ夏のバカンスに入られたようですね。
アクセス数とメッセージの数を見れば良く分かります(笑)

そんな訳です。僕も暫くお休みを戴きましょう……。
もう一つのブログ「Under the Rose。」もお休みを戴いています。
この暑い夏、少しゆっくりして鋭気を養って出直したいと思います。


 「♪ ソー・ロング・フェアウェ〜ル……ザンス!
    アーヴィーダーセン・グッバイ ♪」……でやんす!(笑)


追伸 「ナッシュビル」……初日に観てまいりました。
   金糸、銀糸、木綿、生糸、ナイロン……あらゆる糸が織り重なり、
   スパンコールやラインストーン……玉石混合、様々な飾りが織り込まれ、
   一見、取り留めもなく雑然とした感じを受けますが、
   ラストには美しい1枚のゴブラン織りの緞帳が織り上がります。
   その模様が星条旗だっていうところがアレなんですけど(笑)
   紛れもないアメリカ映画の最高傑作の1本……アルトマン恐るべし。
   最晩年に自分を葬ったハリウッドの仲間たちに再び担ぎ出され、
   お世辞とお追従で祭り上げられたアルトマンのシニカルな笑顔が浮かびます。
   CGゼロ、人々の生の生き様を、アメリカの縮図を、
   是非、皆さんも劇場でご覧になってみて下さい。

追伸の追伸(笑)
   まことに申し訳ありませんが、所謂「鍵コメ」は承認しないことにいたしました。
   記事中にエピソードを書かせて戴いた方が鍵をかけてメッセージを下さる意外、
   例えば、普通の内容のメッセージに鍵がかかっていた場合は承認いたしません。
   皆さんに読まれて困るような個人的な内容なら兎も角、
   なるべく皆さんに読んで貰って友達の輪を広げましょう!
   私信はメールに……「鍵コメ」は返事もしにくいですしご理解のほどを!



草々

2011年8月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-07 00:00 | 向き向きの花束。

久し振りの薔薇シャワー&午前さま。

e0044929_1964762.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

この写真ね、ウチの玄関先です。
そう、久し振りに薔薇シャワーしました。
このところ何だか変な天気だったものね。
まぁ、毎日〜仕事している身にとっては有り難かったけど……。

皆さん、ご存知の通り、我家には外に3匹の猫ちゃんがいます。
そう、ジジちゃん一家。だから薔薇に薬は撒けないんです。
薬じゃないけれど、液肥をあげた時にビックリしたのは、
こうちゃんとキクちゃんが流れて溜まった水をペロペロ舐めているのね。
困るものね、液肥で巨大化でもされたらさぁ(笑)

そんな訳で、朝に1回。夕方にシャワーを兼ねて、
ノイバラやリージャンロードなど乾きの激しいものに1回。
そんなこんなしていたら、黒点病にも罹らずピッカピカ青々と、
僕の希望通りに2階の屋根まで這い上っています!
驚くほど美しい緑を保ったまま夏を越せそうです。
そうなのね、この枝垂れた新芽の先を、
まるで、暖簾を手ではらうようにして出入りしているんですよ(笑)


さてさて、火曜日に可愛がっている俳優くんのライブを見て来ました。
出来るだけ沢山の友人に声を掛けて……お賑やかしね。
終わった後は仲間の俳優陣、総勢10人で居酒屋で暑気払い(笑)
気取っていられないものね……時間制の飲み放題でしたけど、
久し振りに集う友人達の元気な顔、顔、顔、顔……。
食べ物もそこそこ、赤ワインなんて飲めた代物じゃないけれど(笑)
いいものですよね、友人達の明るい笑顔って。
所で、僕、綺麗な人が好きみたいね……。
男女に限らず綺麗な面々でした(笑)

11時30分過ぎ、終電の時間が気になる頃に解散。
三々五々、それぞれの家路につくのです……が!
僕はさらに飲ん兵衛と共に新宿のバーに繰り出しました(笑)
清く正しく美しく……9時にはお眠になっちゃうブノワ。さん。
最近はなかなか夜の街を徘徊する事はありません。
でも、折角、近くに来ているんだものねぇ。
ご無沙汰の不義理を詫びるついでに大酒して来ました(笑)
久し振りの訪問にも変わらぬ温度で接してくれるマスターに感謝。
帰れる「居場所」があるって本当に素敵なことですね。

そろそろ1時を回りました……翌日に仕事がある友人は帰り、
僕と親友2人はさらにもう一軒!
何年振りかなぁ……お洒落なバーに突撃です。
マスターと差しで飲むこと小一時間、楽しい時間はアッと言う間に過ぎ、
さすがに帰宅の時間です。タクシーを降り、
布団に入ったのは朝の4時でした(笑)


実はね、当日の仕事の予定を上手くコントロールし、
午前中で終わらせるハズが何と1時間で終わってしまい、
それならばと、歩いている時に見掛けた駅近くの温泉?
クア・ハウスみたいな所で優雅にお湯に浸かり、
 
 「日頃の疲れはキチンと取らなきゃね!」

なぁ〜んてうそぶいていたんですが、
帰りの電車の冷房がキツくて見事に風邪を引いてしまいました(苦笑)
扁桃腺が重い中のライブ・ハウスに朝方までの深酒……。
昨日はさすがに夕方まで寝ていました。声出ないんだよぉ〜!
あんなに寝たのは高校生の時以来?年取ると眠れなくなりますもんね(笑)

そろそろお盆休みの段取りをしなければいけません。
2週間は無理かなぁ……10日は休めると思うので、
うず高くそびえている段ボールと戦い、
出来れば安曇野のジャンセン美術館に行きたいのです。
「ナッシュビル」も観に行かないとね。
上京している北海道の親友とお茶もしたいし……。
季節限定の桃のパフェが食べたいんだってさ(笑)

皆さんも不安定な気候に翻弄されないでね。
誰も守ってくれません、自分の体調は自分で管理しましょうね!


草々

2011年8月5日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-05 00:00 | 向き向きの花束。

盛夏諸々。

e0044929_21361796.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

本当に月日が経つのは早いです。
ボンヤリしていたら今年も8月になっちゃいました。
皆さん、元気にお過ごしですか?

今日は、8月、盛夏諸々、雑感&メモ的なあれこれを少々……。
先ず、僕の今の生活の中心的存在のジジちゃん一家について新事実を一つ。
何と!こうちゃんとキクちゃんに兄弟がいるらしいのです(笑)
前のお宅のお母さんに聞いたんですが、
もう一匹、真っ黒の子猫がいて、
こうちゃん&キクちゃんで団子3兄弟なんそうです(笑)
その真っ黒な子はヨチヨチの頃に高い所から落ち、
虫の息の所を飼い主(ジジちゃんが脱走した家)に保護されて現在に至るそう。
何でも、今はその家の他の飼い猫たちと一緒で蚤だらけ……。
周りの人間にも被害が出ていて保健所に通報されちゃったんだそうです……。
一体全体どうなっちゃうんでしょうねぇ。
ウチに来れば可愛がってあげるんだけど……。
ジジちゃんですけど、その飼われていたお宅で虐待にあっていたそう……。
人伝ですからね、正確なことは分かりませんが、
脱走してウチの辺りに住みついたそうなんです。
その割には人懐っこい子……可哀想にね。


さてさて、チョッと自分のことなどを……。
丁度、今日、8月1日をもって、仕事を独立してから2年目に入りました。
本当に月日が経つのは早いです。
光陰矢のごとし、まるで瞬きする間の出来事のようでした。
一番、嬉しかったのは、毎日が楽しかったこと。
それからお得意さま、お客さんに喜んで貰っていること。
少しずつですが、口コミや紹介で仕事が増えていること……でしょうか。
これからも頑張らないと……猫破産しちゃうもの(笑)


春先から暇を見つけてはマメマメしく映画館に通っています。
全盛期の鑑賞本数からすると大したことないけど、
強烈に忙しい身にしては上出来だと自分を誉めてみたり……。
但し、観た映画を楽しんだかどうかは別……可成の辛口です(笑)

ざっとリストアップしてみると……。

●「パイレーツ・オブ・カリビアン/命の泉」……。
 もういいよ……ジョニー・デップ。
 なぜ、人気があるか僕には全く不明です。ごく普通の人じゃない。
 いいの、日本国中の女性を敵に回しても……石、飛んで来るかな?(笑)
 あのキャラクターは脇だからこそ光ると思うんですよね。
 アカデミー主演男優賞の候補なんてとんでもない……あれはあくまでも脇役。
 唯一、映画って長く観ているといいことあるなぁって思えたのは、
 ジュディ・デンチの豊満な寄せ胸が見られたこと(笑)
 だって、この映画、他に見所ないでしょう?(笑)
 全シリーズ通じてこれでもかって言うほど冗長ですよね。
 このシリーズってまだ続きそうね……もう絶対に行かないぞぉ(苦笑)
 そうそう、ペネロピーとデップってソックリね……目の下のクマが。
 J・Sを除く海賊の船長たちは物凄く魅力的なんだけれどねぇ……。

大好きなエミリー・ブラントが出ているので観に行ったものの、
タイトルをどうやっても思い出せなかった……。
●「アジャストメント」
 ウゥ〜む、こう言う題材って今、流行?
 近未来が舞台の、先ず、CGありきの映画……。
 「インセプション」とかさぁ……真面目くさって描くことかなぁ。
 面白くなかったとは言わないけれど、だからどうした!
 今や若手男優はマット・デイモンの一人勝ちですね。
 クリスチャン・ベールが気を吐いているけれど、
 ジュード・ロウはどうしたの?なぜ、一気にブレイクしない?
 いつも二番手、絶対に売れる名前なんだけれどなぁ……。

●「スーパー8」
 僕、スピルバーグってダメなのね……。
 彼の大人になりきれない子供の部分が出ると、
 一気に面白くなくなっちゃう。タイトルはいいですね。
 でも、二番煎じ、三番煎じ。いつかどこかで見た感じ……。

●「しあわせの雨傘」
●「クリスマス・ストーリー」
 現代のフランス映画の衰退をモロに見せてくれる「しあわせの雨傘」。  
 いいの?こんな映画撮っていてさ、おい!フランス映画!(笑)
 ドゥヌーヴって元々演技が上手くはないし(存在感と雰囲気だけの人)、
 若い頃はその能面のように変わらぬ無表情が売り物だったけれど、
 もうチョッとヒロインをやるのはキツいかな……。
 赤のジャージ姿とカーラー巻き巻きは見たくなかった(笑)
 ドパルデューってその昔はデ・ニーロと並ぶ演技派で(1900年を見よ!)
 アメリカのデ・ニーロ、フランスのドパルデューって言われていたの。
 結構、ハンサムで売っていたんだけれど……今やドラム缶だものね。
 映画俳優が全員ハンサムである必要はないけれど(特にフランス映画)
 大きなスクリーンで観るのはチと辛い……早々にご退場願います。
 「クリスマス・ストーリー」はなかなか見所がありました。
 エマニュエル・ドヴォスって美人じゃないけれど、
 いい女ですねぇ。色気ムンムン。「リード・マイ・リップス」も良かった。
 日本の男性陣は、彼女みたいな美しさをキチンと分かるようにならなきゃね。
 いい大人が何だか得体の知れない少女軍団を追いかけているのは、
 ハッキリ言って不気味だし、第一、少女は売り物じゃない。
 彼女、あき竹城に似ているのね(笑)あきさんもある意味、美人だし。
 マストロヤンニとドゥヌーヴの娘のキアラ・マストロヤンニ。
 この人も表情硬いのね……演技は母、顔はお父さんにソックリですね。

●「ブラック・スワン」
 これ、CGを一切使わず主人公の内面をキッチリ描いたら、
 紛れもない傑作だったんだけど……。
 なまじ主人公の心の内の葛藤、恐怖、猜疑心を「絵」で見せたがために、
 ガッカリ感満載の思わせぶりな失敗作に……勿体ないです。
 ナタリー・ポートマンの力からするとそれも可能だったのにね。
 彼女のアカデミー賞受賞……僕には大きな「?」マークです。
 ライバルを演じたミラ・クニスは大きく化ける予感……。

そして、昨日、観たばかりの、
●「わたしを離さないで」
 これは良かった……だけど、観なきゃ良かったと思うのも本心です……。
 これって実話を元にしているのかな?誰かイギリスに詳しい人教えて下さい。
 僕、キーラ・ナイトレーって大の苦手なのね。全然いいと思わない。
 キーラ、スカーレット、キルステン、ナタリー……全部、苦手(笑)
 買ってそのまま本棚に入っているカズオ・イシグロの原作。
 これを機会に読んでみようと早速、引っ張り出しました。
●「愛する人」
 なんとも凡庸なタイトルだけれど、これがまた一級の出来!
 アネット・ベニングとナオミ・ワッツ、2人の女優を観る映画。 
 特にアネット・ベニングの演技術……これはねぇ、ドゥヌーヴの対極。
 頑な中年女性の、千々に乱れる感情が、千変万化、見事に表現されています。
 驚くのは、彼女、映画の冒頭と終わりでは全く表情が違うの。
 アネット・ベニングを「グリフターズ/詐欺師たち」で初めて見た来た時、
 「これは大変な女優が出て来た」って、思ったのね。
 グレンでもジョディーでも2人のケイトでもなく、
 メリル・ストリープの最大のライバル登場……チョッと焦ったもの。
 勿論、賞レースでって言うことですけど。
 彼女、ウォーレン・ビーティーと結婚しましたけど、
 ハッキリ言うと女優としてのキャリアは棒に振ったと思うのね。
 女優として一番いい時に映画にあまり出られなかった……。
 これからは大いに活躍しそうですけど、
 人として、女性として、女優として……幸せって難しいです。


ブノワ・マジメルの旧作3本「ピアニスト」
「マチューの受難」「引き裂かれた女」。
これらは改めて記事にしようと思っています。
  

この6日からは、アメリカ映画、最大の傑作うちの1本、
幻の傑作「ナッシュビル」リバイバル公開されます!
僕は勿論、初日に駆け付けます。皆さん、観に行ってね!
3週間限定公開ですよ。僕は友人と何回か行く積もりです。
これねぇ、最近の何だか訳が分からないCGてんこ盛りの、
映画を見慣れているとチョッとショックだと思います。
兎に角、観て!俳優陣が自作の歌を歌いまくります(笑)
登場人物24人の人生がギッシリ詰まっています。


草々

2011年8月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-01 21:36 | 向き向きの花束。