「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自分で選んだ道ですもの……。

e0044929_16381041.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕、いつもご飯は1号炊きます。

たまに予め多めに2号から3号炊く時は、炒飯用に取っておくためです。
昨日は今年の仕事納め……疲れてそれどころではなかったけど、チョッと手料理です。
従姉妹の頼子姉ちゃんが送ってくれた野沢菜で炒飯を作りました。
それからサラダと、薔薇の傾城美人が送ってくれた長葱と味噌、ワカメとで味噌汁。
一年間、頑張って来たご褒美にシャンパンを開け、
久し振りに開放感を味わいながら夕食を摂り、
重い腰を上げて皿を洗い始めて気付いちゃったんです……。
なんと!折角、作った味噌汁を出すことをスッカリ忘れていた!(苦笑)

それだけ疲れていたんですねぇ……。
しかも、立ち眩みがしてテーブルに手をついたら、
グラス倒してシャンパンこぼしちゃうし……あぁ、勿体ない!(笑)


さてさて、そんな一年間のバタバタも綺麗サッパリ忘れましょうと、
正月休みの初日はホームセンターに買い出しに行きました。
この冬にするツル薔薇の誘引のためのあれこれや、猫関係のグッズ、
仕事で使う材料や道具の補充など、普段、なかなか出来ない買い物をたんまりと。

今年の冬は薔薇の誘引が大変な事になりそうです。思い切り伸ばしましたからねぇ。
一品種ずつ解いて纏め上げ、新にワイヤーを張ってから誘引し直します。
剪定バサミも新しくしました。僕の園芸の仕事をしている親友に言われちゃったんです。
その彼ね、自分で革を使って、腰から下げる鋏のケースを作るんですが、
僕が「僕も欲しいから作って!」って言ったら、先ず、鼻でフンと笑って、
 
 「そんなホームセンターで買った980円の鋏のケースは作れないザンス!」って(笑)

 「キィ〜っ!悔しい!いいザンスよぉ!」ってなもんで、

今回は少しグレードアップして1180円の剪定バサミを購入(笑)

 「みどりさんの所でいい鋏、売っていますよ!」

って、憎らしいことも言います。そんな事より僕の誕生日は3月だから!(笑)
いいの980円でも。僕はプロじゃないし、毎日使うもんじゃないんだから!
それに980円の鋏だって充分に用は足します!(笑)
問題は鋏の値段じゃなくて腕だもんね!技術が物を言うのだよ。
実は980円の剪定バサミ、ウチに同じものが4本あるんですよ。
どれも甲乙じゃなくて丙丁つげがたい切れ味(笑)五十歩百歩な感じなんだけれど、
僕にとってはグリップの握りが程良い大きさでGoo!なのね。
僕、手が小さいじゃない?だから握りの大きさってとても重要なんですよ。
それに、この前、応援している俳優くんが松葉ガニを送ってくれた時に、
その内の一挺でカニを捌いちゃったからカニ臭くて使えないの(笑)

30日には「バラの家」から「絶対に先端は切らないで!」と、
半ばてんちょを脅すようにして、念を押して(笑)送って貰う長尺苗や資材も届きます。
さぁて、これで準備万端、思い切り薔薇の作業が出来ると言うもんです。

年賀状も25日に出しちゃったもんねぇ!……って、ポストに投函した訳じゃありません。
そうなの、時間がなくてヨドバシに葉書作成の依頼をしたのが25日(笑)
いいの、新年にゆっくりと書く積もりだから。今年は2種類作りました。
豪華ですよぉ……って、まだ僕に連絡先を教えて来ない友人達!君も、君も!
君たちはこの先僕とお付き合いする積もりがあるのかな?(笑)
早く個人情報送ってね。じゃないと年賀状書かないからね!


今年も色々ありました。忙しい、忙しいと呪文のように唱えながらも、
合間を見て観に行った芝居の数々、駆け込んだ映画館での悲喜こもごも。
記憶喪失状態だった12月には何と3本の芝居を観ました。我ながらエラいっ!
麻実れいの「みんな我が子」、高畑淳子の「欲望という名の電車」、
それから山口馬木也の「プライド」……この辺の感想や役者考については新年に。

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」で地雷を踏んで見事にズッコケてから、
可成り好みの作品に巡り会って起死回生かと思いきや、
「インモータルズ」で再び奈落の底に転がり落ちた映画鑑賞のあれこれも年明けに(笑)
時間を見付けて毒舌満載でアップしてみたいと思います。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は花が大き過ぎる故、世の中には出ない僕のオリジナルの薔薇のドライ。
僕のPCの机の後ろにある本棚の上に雑然と置かれたお気に入りの品々と共に……。
カントリーハーベストで購入し、自分で修復した額縁や、
フィレンツェから届いたお気に入りの額縁、修復したのがキッカケで我家にやって来たデコイ。
男の子2人の陶人形(大きい方)は、結城美栄子さんが僕をモチーフに焼いて下さったもの。
ねっ!僕ってこんなに可愛いんですよ!(笑)誰、石投げて寄越したのは!
背景の壁に飾ってあるのは、尊敬するアメリカ現代絵画、イラスト界の巨匠、
マーク・イングリッシュ画伯の作品です。畳一畳を超える大作、オークションで落としました。
横位置の画面に広大なアメリカの大地、集落が描かれています。
一年の中の四季の春とか夏とか特定の季節ではなくて、この画面の中には、
春から冬まで全ての季節が描き込まれているようなんです。
春の芽吹きから夏に生い茂る畑、黄金色に輝く麦、たわわに実るオレンジ……そこが僕のお気に入り。
来年はこの雑然とした場所も綺麗に片付けないとね……。


人間って愚かだけれど学習をする動物です。
今年、色々あったことを教訓に、少しでも前進したいものですね。

 「自分で選んだ道ですもの。間違いと分かったらそうでないようにしなくっちゃ!」

森本 薫作、杉村春子畢竟の名作「女の一生」より。
少し早いですけどこの台詞をもって年末のご挨拶に代えさせて戴きたいと思います。

新しい年が皆さんにとりまして実り多くも健やかな一年になりますように。
大金がゴッソリ銀行口座に入って来なくてもいいから(笑)
病気知らずで満足の行く毎日が送れますように……心から願っています。

ポツリポツリの更新ですが、お付き合い下さってありがとうございました。


草々

2011年12月31日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-31 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(18)

皆さんのご好意にすがって生きております(笑)

e0044929_18385832.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

忙しい師走……どうせ無理だろうと半ば諦めていたのだけれど、
成せばなる、成さねばならぬ!エイヤッとばかりにチケットを取って、
高畑淳子主演の「欲望という名の電車」を観に行きました。
「欲望という名の電車」は「サド侯爵夫人」と並んで僕の一番好きな戯曲だから。

芝居の感想その他は新年にでも改めて書くとして、
今日は「欲望という名の電車」?「野菜と果物の写真じゃん!」と、
訝しく思われた方の疑問にお答えすべく師走のあれこれ、
有り難い友情や心にしみる身内のお話しなどをチョッと……。



先ず、写真ですが、高校生時代に所属していた美術部。
その時に心酔し、真似て描いていたセザンヌを意識して撮ってみました。
意識してって言っても、ただ、白い布の上に雑然と並べて撮っただけですけど(笑)
僕、昔から静物画って好きなのね。風景画と並んで静物画が好き。
肖像画はまた別の次元なのでここでは置いておいて……。


この写真の中には色々なもの、僕の友人や親戚の心が詰まっています。

先ず、中央の黄色い果物……親友が送ってくれた洋梨、ル・レクチェです。
これ、凄く美味しいかったです。箱を開ける前から物凄い匂い!
僕、洋梨って今までの人生で1回しか買ったことないのね。
その一度って言うのが数年前に訪れたおフランスはクリスマスのパリ。
友人は「パリのクリスマス……いいよねぇ……。」と、羨ましがったけど、
欧米のクリスマスは家族や恋人が集まる特別な一日。
エトランジェで旅行者の僕がポツンとパリに1人、こんなに寂しいものはありません(苦笑)
店なんかパン屋とドラッグストア、花屋しか開いていないもんね。
そんな時、パリ在住の親友の日本人カップルがディナーに招いてくれたんです。
お土産に選んだのがヴーヴ・クリコと赤ワイン……そして洋梨。
宗教の違いでクリスマスは関係ないとばかりに開いていたマルシェで1キロの計り売り。
「1キロなんて無理、どれくらいか分からないし、そんなにいらないから3個売って!」
ってお兄さんに言ったんだけれど、「まぁ、いいから袋に入れてみて!」と、
トライしたらピッタリ1キロでした(笑)その洋梨、可成り小振りでしたっけ……。

親友から送られて来た「ル・レクチェ」……大きいんですよ、果実が(笑)
一人でニマニマしながらね、そのまま剥いて食べたり、
バターでソテーしてアイスクリームを添えたり……。
バターの塩分が甘さを引き立ててGoo!タップリ食べられて大満足でした。

e0044929_18394355.jpg
プリプリのジャガイモと里芋は、僕が密かに「おばあちゃま」と呼んで親しんでいる、
ある薔薇美人の贈り物なんです。いつも手塩にかけた野菜を段ボール一杯に詰めて送ってくれるの。
「おばあちゃま」って呼んでいる理由はね、極上の手作り味噌を送ってくれるから(笑)
味噌、凄く美味しいの!僕が今まで食べた中で、色々ある味噌の種類の中でピカ一!
もう市販の味噌なんか食べられない身体になっちゃった……どうしてくれるこの私(笑)
「おばあちゃま」は傾城の美女でもあります……念のため。
ジャガイモはお得意のサラダにして、里芋はそのまま蒸かしたり、
味噌汁に入れたりグラタンにしたり……大地の恵みを堪能しております。
2枚目の写真はその「おばあちゃま」が送ってくれたカリフラワーで、
忙しい合間にチャチャッと作ったカリフラワーのソテー。
オリーブオイルとバターをタップリ、ニンニクと鷹の爪を入れてピリ辛です。
器は「どうしても貰って下さい!」と、懇願されて仕方なく貰ってやった手描きのプレート(笑)
豪快な本人に似つかわしくなく繊細な筆致で美しい草花が描かれています。
やれば出来るんじゃん!もっと精進しなさいね(笑)


真っ赤な林檎……これは天涯孤独の僕の唯一の親戚、
死んだ母が最期まで「頼子、頼子。」と可愛がっていた頼子姉ちゃんが送ってくれました。
頼子姉ちゃんは僕の母の一番上のお姉さんの娘、僕の従姉妹に当たります。
ウチは田舎が信州なの。だから林檎。その少し前に美味しい野沢菜を送ってくれたんですよ。
矢張り信州だからかなぁ……ウチは漬け物と言えば野沢菜なのね(笑)
そうそう、頼子姉ちゃんと言えば、先日、携帯電話を落として困っている時に、
これらの荷物を届けてくれました。やっぱりどこかで繋がっているんですね。
久し振りに電話で話しして面白かったのは、
頼子姉ちゃんが通っている美容室。そこの担当の方がこのブログを読んでくれているそうです。

 「おぉ〜い!ブログ読んでくれてありがとうね!
  も一つ薔薇だけのブログがあるの知っていますか?」

嬉しいですよねぇ……これまたどこかで繋がっているお話し。


写真に写っているその他の諸々は、
半年、冷蔵庫に入れっ放しで勝手にドライになったレモン(笑)
それからカントリーハーベストで取り置きして貰っていた鉄製のグリーンの花器。

e0044929_18402448.jpg
最後に、オークションで落札した蛸唐草の染付けのお皿に盛付けてあるのは、
僕が応援している俳優くんが送ってくれた彼の故郷の名物、松葉ガニ。
舞台がない時には一生懸命バイトして大変なのにね……。
嬉しいですよねぇ……なんだか涙が出ちゃいますね。

 「蔦ちゃん、あたしはこれで銀行を建てる積もりだよ……。」

泉 鏡花の「婦系図」の中で、
我が腹を痛めたのに名乗れぬ仲の娘にお小遣いを貰った小芳が言う台詞です。
因に、この「小芳/こよし」は杉村さんの当たり役、ウチの猫の名前でもあります。

新鮮な松葉ガニ……大きな剥身は塩や醤油でサッパリと戴き、
それから残った実や味噌は盛大にクリームパスタに使ってみました。
撮影後はフライパンの残りをドッと盛付けペロリと平らげました。
何でって……そんな山盛りの一皿、写真になんか撮れないじゃないですか(笑)
これはあくまでも撮影用なんです(笑)ここは上品で美しいものに関するブログだから。
てんこ盛りのパスタの写真は御法度ね(笑)僕、いい格好しいだしね。


一昨日の事を忘れるくらい、記憶喪失になるくらいに忙しい師走のドタバタの最中、
親友(美女×2)や親戚のお姉ちゃん、頑張っている俳優くんから届いた季節の贈り物。
有り難く、そして大事に味わって鋭気を養いました。



「欲望という名の電車」のラスト、精神病院に連れて行かれる前のブランチが言います。

 「私はいつも見ず知らずの方々のご好意にすがって生きてまいりました……。」

決して見ず知らずではなく、親友だったり親戚だったりするのだけれど、
孤独な作業が多い仕事の最中にチョッと触れた心の温もりでした。


草々

2011年12月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-24 00:00 | いつも心に太陽を。 | Comments(12)

暫しお時間を……。

e0044929_2130580.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

ハッキリ言って……記憶喪失状態です(笑)
ギリギリ……昨日のことを漸く薄ら覚えている程度(笑)
肩に厚さ5ミリの鉄板が入り、腰に分厚い板が打ち付けてある感じ……。

師じゃないけど、ブノワ。さん、全力で走っている師走。
予想をはるかに超える忙しさです(苦笑)

あと2週間……先が見えてきましたが、
もう一踏張り、ウチの猫たちのご飯代を稼がなきゃ……。



メッセージのお返事、もう少し待ってくださいね。
お返事は心を籠めてゆっくり書きたいから……。

今日の1枚は、初めてパリでアパルトマンを借りた時、
部屋の裏に面した中庭の壁に打ち付けてあった植木鉢ホルダーとテラコッタ。
凍り付くような冬の朝、誰も手入れせず、草花もとうの昔に枯れ果てて……。
でも、何だかとても素敵に思えて何枚か写真を撮った覚えがあります。

はぁ……パリは遠くになりにけり……。
大分、気温が下がって来ました。
皆さん、呉々も風邪など召しませんように。


草々

2011年12月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-15 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(10)

犬になった猫。

e0044929_20342226.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は、この前、撮ったカトリーヌのポートレート。

カトリーヌは本当に可愛らしいです。
仕事が終わり、僕が玄関がある路地まで来て、家の方をヒョイっと覗くと、
玄関先に黒い影がチンマリ座っています。
僕の気配に気付くと「チョロチョロチョロチョロ……。」
小走りでこっちへ走って来てお出迎えしてくれます(笑)
そのこちらの走って来る姿の愛らしい事と来たら!
カトリーヌのお迎えを受け、足に纏わり付かれながら一緒に玄関に向かいます。

 「なぁなぁ……。」小さな声で鳴くんですよ。

一日に1回、必ず抱っこして身体中を撫でてあげます。
最近はブラッシングの喜びを覚えたカトリーヌ(笑)
この子一匹だったら本当にいい家猫になるんですけどね。


さて、カトリーヌのことでチョッと心配なことがあります。
一昨日の金曜日の朝のこと、朝ご飯をあげた時に頭を撫でたんです。
そうしたら額の真ん中に指に当たるものがあったんです……。
グッとこっちに引き寄せ抱っこして、額を触ってみると、
何やらかさぶたのようなものが指に触れました。

 「?」

指で弄っていると、みるみる膿みが出て来たんです!
およそ大豆一個分くらいの膿み!猫にしたら大した量ですよね。
ビックリしちゃって、慌ててティッシュで拭いてあげました。
さてさてどうする……病院に連れて行くか……でも今日は仕事に出掛けなきゃ。
取り敢えず、抗生物質の軟膏を塗ってあげました。
出掛けにもう一度、触診すると、まだ血と一緒に膿みが出て来ます。
綺麗に拭き取ってもう一度軟膏を……そうだ、そう言えば……。
カトリーヌ、ここ数日、食欲がなかったのです。
黒豆は相変わらずの大食漢ですが、カトリーヌが半分くらいしか食べない……。
変だと思っていました。この傷のせいなのかな?
1週間ほど前から軽くビッコ引いているし……。

僕の家の周りには他の地域猫が数匹やって来る事があります。
家の中にいてもカトリーヌのうなり声が聞こえると箒を持って外に駆け出る僕(笑)
仁王立ちは我ながらおかしいし、僕の家にやって来る猫を追い払うのはイヤだけど、
カトリーヌにもしものことがあっては一大事です。
きっと、その地域猫の中の一匹と喧嘩をして引っ掻かれたのでしょう。
その晩、ご飯時に確認した所、膿みは出なくなったようです。
仮に綺麗に治ったとしてそこの部分は禿げるのだろうか?
もう少し様子を見て、おかしいようだったら病院に連れて行かなければ……。



先週の日曜日、僕が住む区で活動をしていらっしゃる、
地域猫の保護団体のセミナーがありました。チョッと話しを聞いて来たんです。
ホラ、このところ治まっているけれど、カトリーヌ一家のことで苦情が来たじゃないですか。
庭にフンをするからどうにかしろって……地域の名士の院長夫妻から。
まぁ、そんなこんな、他の人たちはどう対処しているか興味があったから。
大変にためになる話しでしたが、その時に貰ったペーパーの中に、

 「野良猫の寿命は4年から5年です。」

そう書いてあったんです。
カトリーヌは既に推定5歳くらいになっています。
このところキチンと健康管理をして出来るだけのことはしてあげています。
でも、それを読んじゃったら何だか気落ちしちゃって……。
カトリーヌは自然がままに出産を繰り返して来ましたから、
見た目よりは身体に堪えていると思うんです。
外の世界は決して平和ではありません。
現にチョッと目を離した隙に怪我をしていますもんね。

僕は一体どれだけカトリーヌのことを守ってあげられるのかな?
カトリーヌの怪我のことからそんな事ばかり考えています。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

そうそう、僕とおバカな悪友との会話…………。

 「ねぇねぇ、ブノワ。さん、ジジちゃん名前変わったんですって?」
 「そうだよ。随分、前だけどね。」
 「何て言う名前になったんですか?」 
 「ジジちゃん改めカトリーヌ。」
 「へぇ、そりゃまた洒落た名前ですね!」
 「うん、チョッとフランス風にしたかったの。」
 「…………犬ですか。」
 「ン?」
 「犬ですよ!猫が犬になったんですよ!」
 「何だそれ?」
 「ホラ、昔よくあったじゃないですか。『紗麗人』とか『来夢来人』とか。
  だからカトリーヌは『蚊取犬』蚊を取る犬!(爆)」
 「…………相変わらずおバカだねぇ。」


草々

2011年12月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-11 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(18)

丸一年が経ち……。

e0044929_11204310.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

朝から冷たい雨が降りしきる土曜日。仕事で地方都市に行って来ました。
重たい荷物をガラガラ引きながら、フと目を上げると、
そこには大きなペットショップが……そうだ、そうだった……。
指折り数えてみれば、丁度、去年の明日、秀千代を我家にお迎えした日、
秀千代ことチヨちゃんが我家の子供になって丁度一年が経とうとしています。

一年なんてアッと言う間ですね……。
ケージの中で大人しく、文字通り借りて来た猫のようにしていたチヨちゃん(笑)
ウチに来てからパワー全開、フルスロットル!みるみる逞しい男の子に育ちました。
グニャグニャだった筋肉もパンッパンに力が漲り、
向かって左側の瞬膜がかかっていた目も先生の手術で綺麗になり、
いまだに副鼻腔炎のクシャミはするけれど、元気一杯、夢一杯(笑)

その後スグ、ゴタゴタの末に弟2匹が仲間入り。
その色合いから「モノクロ・ブラザース」と名付けられ(笑)
人一倍、懐っこい性格で弟分たちの面倒を見てあげています。
今、僕は家の中で7匹、外で2匹、合計9匹の猫の面倒を見ていますが、
お金で買ったのはチヨちゃんただ一匹です。
168000円の血統書付きが目が悪いために30000円ポッキリ(苦笑)

 「この子、売れなかったらどうす……。」

僕の質問が終わらないうちに、遮るように作り笑顔で答えた店員……。

 「いえいえ、ウチはそう言うことは絶対にありません。最後まで面倒見ます!」

そう言うことって一体どう言うこと?(苦笑)
僕の元に来て幸せかどうか果たして良く分からないけれど、
それでも、散々、実験台に使われてから殺処分になるよりはマシでしょう。
ペット(この言葉嫌い!)を店で売り買い出来ないようにすればいいのに。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

猫のことは本当に心悩ましい問題山積です。
今は外にカトリーヌと、おそらくカトリーヌの子供の黒豆がいますから(笑)
夜、出掛ける用事があっても、必ず仕事を終えると、一度、帰宅し、
カトリーヌと黒豆にご飯をあげ、食べ終わったのを見計らってお皿を下げてから出掛けます。
そう、完全に猫中心の生活になっちゃいました(苦笑)

何だか他にもウロついている猫が数匹いますが、
その猫たちからカトリーヌたちを守ってあげる役目も……棒を持って仁王立ち!(爆)
このまま平穏に事が運ぶとは、幾らお気楽な僕でも思っていません。
今日の午後は、区の地域猫のことで奔走して下さっている方のセミナーに、
顔を出してお話しを伺って来よう思っています。


草々

2011年12月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-04 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(10)

顛末。

e0044929_1241721.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

寒い朝になりました。昨日までの暖かさは一体どこに?(苦笑)
でも、考えてみれば、今日から12月なんですもんね……。

さて、僕が先日携帯電話をなくしてから一ヶ月が経とうとしています。
そう、出て来ませんでした……。
可成りのピンポイントで場所は特定出来ているんですけど……。
期待していなかったと言えば嘘になります。
可成りの確率で出て来ると思っていましたから。
今にして思えば、交番に届けに行った時、隣にいた男性が、

 「財布、出て来ましたけど、お金とパスモが抜かれていました……。」って。

悲しいけれど、今はそう言う時代なのかもしれませんね……。


仕事のことが絡んでいますから、僕の決断は早かったです。
すぐドコモに連絡して新しい携帯電話を送って貰いました。
買った当時と同じ機種、電話番号、メール・アドレスで復活です。

記事にした途端、皆さんから貴重な個人情報が寄せられました。
それからお気遣いのメールも沢山!本当にありがとうございます。
ポチポチ暇を見つけてはデータの登録と、パソコンに入っているものを見ながら、
去年、独立してからの仕事のスケジュールを入れ直しています。
何時、どの時期に忙しかったか確認するのに必要だから。
なくした1000件のデータの内、およそ200件のデータが復旧しました。
良く行く店、役所関係などのデータは折りを見て徐々に……そう思っています。

今回の事で改めて分かったこと……。
僕の昔ながらの親友ほどこのブログを読んでいないこと!(苦笑)

 「おい!そこの君だよ、君!本当に友達甲斐がないねぇ。」

これっきりはイヤなので(笑)当然、僕の方から改めて連絡をして情報を得ました。
若しくは、共通の友人に聞いたり……まぁ、親友なんてそんなもんなのかな?
一応、生活に困らないくらいのデータと情報は確保しましたが、
僕しか連絡先を知らない友人とはもしかしたら……です。


僕、今回の事で思ったのね。人生、半分。
そろそろ後半生に向けて人生を整理整頓しろって言うことかな?(笑)
残念なのは、どうしても取っておきたかったデータが消えてしまったこと。
大好きだった母、可愛がって下さった杉村春子さん、尊敬していたバーのマスター……。
亡くなったあとも自分の手で消すのが忍びなく、また、消してしまったら、
永遠のお別れになってしまいそうで残してあった、
掛け替えのないデータがなくなってしまいました。

僕、自分からは余程のことがない限り人さまのデータは消さないんですよ。
よく強がって「オレ、アイツのこと切ってやったよ!」なぁ〜んって、
友人関係の中で「切る」と言う言葉を使う人がいますが、
僕は絶対にそう言うことはしません。疎遠になってもデータはそのまま。
イヤですもんね、少なくても一瞬、仲が良かった友人を「切る」なんて。

反対に、不幸中の幸いだったのは、
以前、携帯電話に付けていたシルバーのピルケース。
落花生の形をしていて真ん中からパカッと外れるようになっています。
その中に、死んだ母と最初の猫の染香の遺品が入っていました。
肌身離さず持ち歩いていましたが、ピルケースの蓋が調子悪く、
コワいので随分と前に携帯電話から外してあったんです。
それをなくしていたら、結構、凹んでいたでしょうねぇ……。



友人が言います。「何故、これを機にスマートフォンにしないのか?」って。
僕の中でスマートフォンの選択肢はありません。
今の携帯電話で充分過ぎる機能があるから。
電話をかけて、メールが打てて、チョコッと写真が撮れればそれで良し。
音楽もテレビもインターネットもしません。

さぁて、これに懲りて2度と同じ失敗の繰り返しをしないようにしなくっちゃ!
ホラ、そこの君!まだ遅くないよ、連絡下さいね!(笑)


草々

2011年12月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-12-01 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(16)