匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サド侯爵夫人。

e0044929_17254755.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「いたるところで陰口を囁かれ、悪魔の化身のように言われて来た私。
  公爵のように鞭やボンボンは使わないけれど、
  恋の島の雑草はのこらず刈りつくした私ですものね……。」

             三島由紀夫原作「サド侯爵夫人」第1幕より抜粋。


傑作戯曲の第1幕で、サン・フォン伯爵夫人が元の使用人シャルロットに言います。
三島によって、肉欲、悪徳を一身に体現する役を担ったサン・フォン夫人。
今回は麻実れいが見事に演じきりました。まさに悪の化身、素晴らしかったです。

楽しみにしていました。観て来ました。野村萬斎演出の「サド侯爵夫人」
戯曲の魅力でしょうか、それとも出演者の魅力?声を掛けたらアッと言う間に18人……。
2日に分けて観て来ました。僕の一番好きな三島由紀夫の戯曲です。

サド侯爵が登場せずに6人の女にそれぞれサドを語らせる……。
6人の登場人物はそれぞれにサドを映す鏡にならなければいけません。

今まで幾度となく観て来ましたが、今回は強烈でした……(笑)
いいい意味でも悪い意味でも強烈、俳優を各々歩み寄らせて……と、言うよりは、
各々の俳優に自由にやらせて遠くでその化学変化を楽しむ感じ。
演出に関しては思う所は沢山あります。この傑作戯曲は何もしない方がいいのですから。
冒頭と2幕目最初のシャルロットがシャンデリアを吊り上げるシーンや、
幕が開く前の馬車の音、馬のいななきは全く必要なかったのでは?そうも思います。
シンプルなセットと衣装で役者の持つ力を最大限に観るのがこの戯曲だと思うから。
あくまでも三島由紀夫が巻末の「跋」に書いているように、

 「舞台の末梢的技巧は一切これを排し、セリフだけが舞台を支配し、
  イデエの衝突だけが劇を形づくり、情念はあくまで理性の着物を着て歩き廻らねばならぬ。
  目の楽しみは、美しいロココ風の衣裳が引受けてくれるであろう。
  すべては、サド夫人をめぐる一つの精密な数学的体系でなければならぬ。」

なのです。
膨大な台詞量、モントルイユ夫人が娘のルネを揶揄するように「迂遠なものの例え」、
宝石やラインストーンを散りばめたキラ星のような台詞の数々。
衣装やヘアメイクはそれを助けなければいけません。
控えて控えて、役者をもり立てる陰の黒子に徹しなければならない……そう思います。
さて、今回の衣装はどうだったでしょう……僕にはチョッと疑問。
色なんかなくてもいいとさえ思います。生なりの綿で作った、
それぞれの性格を現すシンプルなものでもいいとも思います。
トレンチコートを着たハムレットが人々を驚かせたのは随分前のこと。
現代翻案や解釈によって様々な「サド侯爵夫人」が上演されているけれど、
なかなか作者の意図通りの演出にはならないようです。


今回、際立ったのは、賛否両論あるでしょうが、白石加代子のモントルイル夫人や、
麻実れいのサン・フォン伯爵夫人が、実は三島によって色付けられたそれぞれの「性格」
例えば、モントルイユ夫人には法と社会、道徳、サン・フォンには悪徳と肉欲……。
これらが実はそれぞれの人格の上に被せられた薄皮1枚だと言うことが明確に表現されました。
モントルイユ夫人は法と道徳を嵩に着ながら、実は他の登場人物よりも世間体と人の目を意識した俗人で、
サン・フォン伯爵夫人は自称、悪徳の限りをつくし、「恋の島の雑草は刈り尽くした」、
稀代の悪女のハズなんですが、その実、登場人物中、最も己に素直で、
もしかしたら情に篤い人物なのかもしれない……それを表せた時点で役者の勝ちになったようです。
役のボリューム、台詞の量の違いもありますが、白石加代子、麻実れい、
シミアーヌ伯爵夫人を達者に演じた神野三鈴に軍配……。
ルネの蒼井 優は非常に才能に恵まれた女優だけれど、最終幕はもう少し「老け」が必要。
この上なく美しいラストシーンの笑顔(照明も抜群でした)なのだけれど、
最後まで少女っぽさが残るのが少し残念でした。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、2回目の観劇の幕間に素晴らしいニュースが僕の元に届きました。
まさにタイムリーなそのニュースとは………………。



草々

2012年5月25日


ブノワ。


追伸 皆さん、ゴメンなさいね。ガーデニングショウ中は、
   新しい薔薇のお披露目を楽しみに会場に足を運んで下さるお友達も多いので、
   薔薇の名前等、関連する単語を拒否設定にしていました。
   解除しましたので、どうぞ思う存分、連呼して下さい(笑)


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-25 00:00 | 天井桟敷の人々。

第14回 国際バラとガーデニングショウ・データブック/番外編。

e0044929_22503692.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いやぁ、早いですねぇ……第14回国際バラとガーデニングショウが終わりました。
会場では今年も沢山の友人と再会し、そしてまた新しい知り合いが出来……。
なかなか充実した8日間でした。僕は仕事をやり繰りして6日間ドームに行きました。
友人が来たり、自分のお客さんの相手をしたり、大して役には立たなかったけれど、
コマツさんのブースに立ち、接客をしたその合間に撮った写真をご覧下さいね。

もう言葉は野暮と言うものです。
先ずは恒例、吉例、手動スライドショウの始まりです。

e0044929_2251528.jpg
e0044929_2362685.jpg
e0044929_2355545.jpg
e0044929_2353184.jpg
e0044929_2352555.jpg
e0044929_2351013.jpg
e0044929_2344717.jpg
e0044929_2342756.jpg
e0044929_2341070.jpg
e0044929_2334631.jpg
e0044929_2333693.jpg
e0044929_2332217.jpg
e0044929_233083.jpg
e0044929_232469.jpg
e0044929_2322484.jpg
e0044929_232884.jpg
e0044929_2314731.jpg
e0044929_2312713.jpg
e0044929_231651.jpg
e0044929_2305079.jpg
e0044929_2301754.jpg
e0044929_22595783.jpg
e0044929_22593586.jpg
e0044929_22591559.jpg
e0044929_2259375.jpg
e0044929_2258428.jpg
e0044929_22583095.jpg
e0044929_22581698.jpg
e0044929_2258484.jpg
e0044929_22575093.jpg
e0044929_22573185.jpg
e0044929_22571721.jpg
e0044929_2257114.jpg
e0044929_22564670.jpg
e0044929_22555823.jpg
e0044929_22554133.jpg
e0044929_22552577.jpg
e0044929_2255597.jpg
e0044929_22545843.jpg
e0044929_22543479.jpg
e0044929_22541241.jpg
e0044929_22535021.jpg
e0044929_22533132.jpg
e0044929_2252784.jpg
e0044929_22513252.jpg
e0044929_22524112.jpg


如何でしたでしょうか。本当に素晴らしいディスプレイでしょう?
如何にも長年そこで育てたかのような自然な感じ、
色彩のマジック、高低差を上手く使ったガーデニングのアイデアが満載でした。

会場のどこかで聞こえて来た、

 「実際の庭では有り得ない……。」

それはそうかもしれませんが、ここはあくまでもガーデニングのヒント、
夢を実現させるための参考書、スキルをアップさせるための場と考えれば、
現実離れした植栽もまた楽し……そう思いませんか?

それから、こうして撮り溜めた写真を並べてみると、
僕の中の薔薇の占める位置を再確認する事が出来面白かったです。
人生、薔薇だけじゃないのです。薔薇は僕の中のほんの一部、
およそ1割にも満たないかもしれませんが、残りの9割の諸々が、
薔薇にも物凄く影響を与えているのだと考えたいです。
人生、薔薇だけではありません。亡くなられた鈴木省三さんが、
薔薇をやるなら薔薇だけ育てていたのではダメで、
美しい絵画を見て、音楽を聴き、美味しいものを食べて、本を読み……と、仰言いました。
ようやくこの年になったその意味が分かったような気がします。

今年の素晴らしかったガーデニングショウを糧に、
さらに自分に磨きをかけてステップ・アップしたいものだと思います。


草々

2012年5月21日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-21 00:00 | Raindrops on roses。

いよいよ開幕です!

e0044929_0403726.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

穏やかで麗しい5月吉日……今日、第14回国際バラとガーデニングショウが開幕します。
今年も人気誌「My Garden 」安藤編集長のご好意で一足先に会場の様子を見せて戴きました。

もうね、素晴らしすぎてカメラをどこに向けたらいいのやら……。
秋に乱舞するトンボを目の当たりにした猫よろしく「べこ」状態のブノワ。さん(笑)

今日は一枚だけ写真をアップしますね。
いつもお世話になっている南青山の「カントリーハーベスト」の深野俊幸さんが手懸けた素敵な庭です。
庭って言ったって何が何だかこれじゃ良く分からないでしょう?(笑)
この裏側に夢のような世界が広がっています。しかし、この色使い!
深野さんの遊び心とアイデア、知識とテクニックが満載です。
他にも新しい薔薇やガーデニングのノウハウが沢山!
有り難いことに僕の新しい薔薇のお披露目もして戴きました……。

場所は会場を入ったスグにある「天使の舞い降りるローズアベニュー」の横の、
「新しいバラの風」に飾られています。


えっ?名前ですか?それは会場でご覧になってみて下さい。
僕の自信作に素晴らしい名前が付きました!
どうでしょう?皆さんの反応は如何に?凄く心配です。
今年の在ドーム予定ですが……。
今の所、15日、17日、19日。


仕事の入り具合で変更になるかもしれないので来る前にはチェックして下さいね。
時間は朝から夕方まで、18日は仕事になってしまいましたので不在です。
19日は早めの午後にお暇してしまいます。


自分で選べない垂れ流し的な大量写真を使った記事は、
会期が終わった後に改めてドカンと(笑)
先ずは会場で、皆さんご自分の目でガーデニングの新しい流れを感じてくださいね。
僕は会場を手持ち無沙汰&怪し気な様子でウロウロしていますので、
是非、声を掛けてくださいね。じゃないと立ったまま居眠りしちゃいそう(笑)
ではでは、会場でお目に掛かります!


草々

2012年5月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-12 00:00 | Raindrops on roses。

ミッキーを探せ!

e0044929_13203074.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「それって、アツヤさんが出るのって今年で3年目?」

自称、世界一のグラフィック・デザイナーの親友がのたまった。
そうですけど?それが何か?(笑)そんなことより普通は黙って見に来るんじゃない?
親友が薔薇デビューした年にお祝いで駆け付けるのが本当じゃない?
半ば、諦め半分で親友を見返します。ね?皆さん、どう思います?
普通、大親友だったら僕が薔薇でデビューした年にお祝いで駆け付けますよねぇ。
取る物も取り敢えず、何を置いても駆け付けるのが本当の友達って言うもんじゃない?
別にたった一日しかやっていない訳じゃないんだからさ!
別に地球の反対側でやる訳じゃないんだからさ!(怒)



今年も楽しみにしていたガーデニングショウがやって来ます。
何だか考えただけでウキウキして来ますよね。今年は一体どんなでしょう?

さてさて、そんな薄情な友人達を尻目に、
一昨年のガーデニングショウは沢山の「本当の」友人が遊びに来てくれました。
思いもかけない再会にビックリするやらドッキリするやら……。
特別にお知らせした訳でもないのに、一体、どこで調べたんでしょうね。
薔薇なんか育てたこともないのに新苗を全種類買ってくれたお酒大好きな女友達。

 「これって明るい窓辺で管理していいの?」

 「・・・・・・・・・・・・。」

こいつに苗売って大丈夫だろうかと心配になることを言って帰りましたが、
それでも矢張り、友人って有り難いですね。本当にそう思います。
声を掛けてくれた友人達は皆、僕以上に嬉しそうな顔をしていましたっけ。

前にも書きましたが、親友度が高いほどこのブログを読んでいないし(笑)
僕が何をやっているかしらない人が沢山います。

 「薔薇?それって何?」

そんな友達はザラにいます。そんな訳で、今年は招待券を送ったり宣伝をしたり……。
なかなか活発に事前活動をしておりますです、ハイ。

 「おぉ〜い!皆、遊びに来てね!じゃないとブラックリストだぜ!(笑)」




さて、そろそろ今年の予定を教えてくれと言われています。
今の所、5月12日、13日、15日、17日、18日、19日……かな。

仕事の入り具合で変更になるかもしれないので来る前にはチェックして下さいね。
一応、朝から夕方までいますが、19日は早めの夕方にお暇する積もりです。


今年も勿論、コマツガーデンのブースにボンヤリ立っていますので、
姿を見掛けた方は、是非、声を掛けて下さいね。
そうそう、何か目印をって言われているんですが(笑)
初日はパリの親友がプレゼントしてくれたミッキーマウスのカットソーを着ます!
可愛らしいミッキーくんを着た怪し気なヒゲオヤジがいたら声掛けて下さい(笑)


草々

2012年5月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-08 00:00 | Raindrops on roses。

キクちゃんの選択。

e0044929_13433762.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ハッ・・・・・・。」

イヤな予感がしました……いつもと違う何かが……。
まだ薄暗い朝の4時にカトリーヌと黒豆にご飯をあげようと、
寝ぼけ眼で玄関先に行った時、目に入って来たのです。
玄関ドアの磨りガラス越しに、ポロン、ポロンポロン……素早く3つの黒い影が……。
「アタックNo.1」、寺堂院高校の八木沢三姉妹の三位一体の攻撃じゃあるまいし、
右に左に3つの影が同時に踊ることなんてあり得ない……。

覚悟を決めて、玄関を開けてみれば、
果たして思った通り、そこにはキクちゃんがいました(苦笑)
即座に玄関を閉めて、先ずは逃走の経路を確認しなければいけません。
チラリと こうちゃんがいるのは確認しました。どうやら脱走はキクちゃんだけのようです。
家中、隈無く見て回りましたが、脱走出来そうな場所は、僕の部屋のバルコニーに通じる、
大きな掃き出しのみ。しかも、このガラス戸はドア・ストッパーでシッカリ固定されていて、
空いている間隔はたったの4.5センチ……メジャーで測りましたから(笑)
フフフフ……これじゃデブのこうちゃんは逃げられないか。

ご存知の通り、キクちゃんは生まれつき片目がありません。
生活にも健康面でも何の支障はないと先生が太鼓判を押して下さいましたが、
矢張り、片目がない分、顔の右半分が少し平板な感じがします。
頭さえ入っちゃえば……猫ってそう言いますよねぇ。


何だかドンヨリしちゃいました……年明けに最後の脱走をしてからこの方、
少しは馴れて来たのかな?ようやくウチの子として生きる覚悟が出来たかな?
そう思っていた矢先でしたから……ブノワ。さん、ガッカリ……。

その日は前の晩から雨が降り続いていました。
カリカリにまっしぐらのカトリーヌと黒豆を尻目に、
キクちゃんは久し振りの外界を満喫しています。
僕の目には見えないけれど、小さな羽虫を追いかけて、降り注ぐ雨の中を走り回っています。



その時、フと思ったのね……。

 「この子は外の方がいいのかもしれない……。」って。

濡れたアスファルトに寝そべって可哀想とか、足が濡れて肉球が泥だらけ!とか。
冬は寒かろう、夏は暑かろう……人間の勝手な感情なのかもしれません。
人の物差しで野良猫を測ってもダメなことは重々知っています。
広い外で生まれ育った猫にとっては、狭い人間の家は監獄なのかもしれません。
雨露がしのげて温かい寝床とお腹一杯のご飯……人間の勝手な価値観なのでしょう。
でも、他の健康な子たちと違って、キクちゃんには片目がありません。
右目の空洞はキッチリくっ付いている訳ではありません。
涙も出れば目ヤニも出る……ケアしてあげたいと勝手だけれど思っちゃうんです。
猫の最大の弱点は目と耳……綺麗に保たないと病気になり易いですから。

どうしようか……そうだ、代わりにカトリーヌをウチに入れてみようか?
最近の人懐っこさで行くと大丈夫かもしれない……そうも思いました。
先だっての病院院長夫妻との気マズい思いの元凶、カトリーヌたちのトイレの問題もあります。
それから幾ら人間に危害を加えないとは言っても、
黒猫が3匹、狭い路地をウロつくのは可成りの威圧感があります。
僕の中で、外には2匹……漠然と決めていたことも心のどこかを過りました。

キクちゃん……ご飯も食べずに羽虫を追ってどこかに行ってしまいました。
たっぷりのご飯と温かい寝床よりも、過酷だけれど自由気侭な一生……。
キクちゃんの選択……尊重しようかな?
ハァ……暫くは掴まらないな……諦めて玄関を閉めたのでした。

e0044929_1344966.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

その晩……珍しく、音楽を聞いている僕の耳に、
微かだけれど、聞き慣れたかすれた鳴き声が届きました。
ボリュームを落とし、耳を澄ませてみれば、どこかでキクちゃんが鳴いているではないですか。
僕、猫と会話が出来るなどと偉そうなことは言いません(笑)
でも、その鳴き声が、おおよそ何を言いたがっているのか聞き分けることぐらいは出来ます。
物凄く心細い鳴き声……僕に何か直接、語りかける鳴き声……。

キクちゃんは僕に何か訴えている……そう直感しました。
2階から玄関に、一瞬、下りようと思ったその時、
もう一度、耳を澄ませてみると、その声は僕の部屋から出られるバルコニー、
そこから弱々しく聞こえて来るではありませんか!
そっと外を覗いて見ると、そこにはキクちゃんがチンマリ座ってか細い声で鳴いていました。

 「これは大丈夫かもしれない……。」

そっとドア・ストッパーを開け、20センチくらいガラス戸を開けてみました。
キクちゃん、チョッと迷ったみたいですが、20秒もしないうちに部屋の中に入って来ました!
ホッと一安心しましたが、その入って来る姿を見ていたら何だか余計に不憫で可哀想で……。
何も好き好んで狭い路地裏に生まれた訳じゃないのにね。
近隣に疎まれる野良猫として生まれた不運……。
もっとも、キクちゃんはそんなこと露程も思っていないのでしょうけどね。
キクちゃん、こうちゃん、カトリーヌに黒豆……何とか彼等の命を全うしてあげたいです。


何事もなかったかのように、こうちゃんとキクちゃんは、
早朝、僕がまだ夢の中にいると言うのに家中をドタドタバタバタ走り回っています(苦笑)
もうチョッと慣れてくれると嬉しいけれど、まぁまぁ、健康でいてくれればいっか!
キクちゃんの選択……小さな猫が考えて下した決断、
外よりは僕の所がいい……それだけでも大した進歩、収穫じゃないですか!
今まで精一杯、心して接して来た成果が現れたじゃない?
そう思うと何だか晴れがましい気持ちになるのでした。


草々

2012年5月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-05 14:11 | 猫が行方不明。

親しき仲にも礼儀あり。

e0044929_93996.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

  「○○さんのことを目上と思ったことない。」

もう随分前だけれど、猫の里親のことで仲違いした年下の女性が言いました。
メールのやり取りで険悪になり、その女性が勝手にあれこれ思い込み、
勘違いした挙げ句、「謝まりの言葉がない……。」と、書いて来たので、
売り言葉に買い言葉、僕もムッとして、

 「それが目上に対する言葉か?!」……になった訳です。

目上と思ったことがないのは当然です。
気を遣わせないようにこっちが常に気を遣っているんだもの。
年齢差を感じさせないように、いつもフレンドリーで気安い雰囲気作りを心掛けているからね……。
目上と思ったことがないことがどう言うことか、タメって言うこととは違うんだよ。
歴然と年齢差はあります。その上に立った友達関係と言う事を忘れちゃいけません。
キチンと考えて、察して先方もそれなりの気を遣って欲しいです。



さて、昔の人はいいことを言いました。

 「親しい仲にも礼儀あり。」……本当、そう思います。

僕には10代から80代までの沢山の友達がいます。 
さっき書いたように年下には気詰まりを感じないようにそれなりの気を遣い、
目上には肩肘張らず、フレンドリーをモットウに接するようにしますが、
絶対に敬語を話します。敬語でも十分に親しみを込めて話すことが出来るから。
タメ語なんてとんでもないですね。年代が違う友人が何人も集まった会話では、
話す相手によって瞬時に頭の中で言葉を翻訳……失礼のないようにします。
これ、当たり前ですね、社会人なんだから。

今日、改めて「親しい中にも礼儀あり。」と、書いたのは、
今時の礼儀作法に大いに疑問があるからです。
例えば、一緒に食事をしてご馳走になった時、色々と手間を取らせて世話になった時、
当然、別れ際に「ご馳走さま!」「今日はありがとうございます!」と、お礼を言いますね。
昔はその翌日に電話を掛けたり、改めて礼状で謝意を示したものです。
今はどうでしょう……改めての謝意は必要なくなってきているのかな?
今はメールと言う便利なツールがあります。葉書のように書いてから投函し、
相手に届くまで中2日、3日もかかる訳ではありません。
簡単に連絡が取れるようになって来ている……是非、使いたいものです。

お願いごとをして相手に手間を取らせた場合……。
例えば、メールで写真のデータを送って貰った場合などは、
届いた旨をお礼のメールにするでしょう?それすらしない人が増えて来ています。


それからタイミング。メールは送信すれば瞬時に相手に届きます。
だからこそタイミングが大事だと思うのです。なるべく早くお礼のメールを入れる。これ当たり前です。
最低限、世話になった人より前にお礼を言わなければなりません。これ、最低限のマナー。
世話になった人から先にお礼のメールが来たのではマズイと思うのです。
最近、こんな簡単なことも出来ない人が増えています。
もしも先にメールを受け取ってしまった場合、スグに返信したいものです。
お礼に限らず、メールの返事は素早く、出来れば中一日くらいの内に返信するのが望ましい……。
忙しかったりバタバタしていることもありますが、最低でも中一日の内に返信したいものです。
朝も早い内に貰ったらその日中に。午後から夕方に受け取ったら翌日の同じくらいの時間までに。
皆さんはその辺、どう思っていますか?メールの返事が来る時間って気にしますか?


あまり返事がないと何だか心配になってもう一度メールを読み返しちゃいます。
何か失礼を書いちゃったんじゃないか?そう思っちゃいますもんね。
それに、次のメール出来なくなっちゃうじゃない(笑)
最近は通常のメールの返事すら返さない人が増えて来ました……。

親しい中にも礼儀あり……最近、凄くそのことを思います。


草々

2012年5月3日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-05-03 00:00 | 向き向きの花束。