匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あたしシャンパン!

e0044929_20245170.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「あたしシャンパン!」

その女性はそう言い放つと、
片眉をヴィヴィアン・リーのように上げ僕に向かって婉然と微笑みかけた……。


先日のこと、強引に休みを取って親友(自称、天才グラフィックデザイナー)の家に出掛けました。
まぁ、休む理由はあって、親友宅でやらなければいけない事もあったのだけれど、
久し振りの約束に僕も親友もウキウキ、早く用件を済ませて、
近所のスペイン・バルに行くことで気もそぞろ(笑)
チョッとした写真撮影をしたんですが、その合間に冒頭の台詞の話題になったんです。
何でも、親友は僕からこの台詞を聞くのはかれこれ10回以上にもなると言います。
所謂「耳ダコ」って言うヤツ?(笑)まぁ、確かにそうかもしれません。


今を遡ること12年前。ユーロが導入された新年のことだったかな?
僕、丁度その年末から3週間パリに滞在したんです。今ではとても考えられませんね(苦笑)
当時はね、親しい友人が沢山パリに住んでいて、パリにい観光に行くって言うよりは、
パリに親しい友人に会いに行くって言う感じ……。
皆、殆ど、帰国してしまいましたからそれも懐かしい想い出です。
毎晩、皆で集まってレミの中華でテーブルを囲んだり、
新しい店を開拓して朝まで大酒飲んで……誰かの家に集まって様々なことを論じあったり……。
僕も若かったし、何だかそんな刹那的な生活が目新しかったりもしたんでしょうね。

パリに住む仲間の中では勿論、僕が最年長。
お気軽な旅人だし、そう、エトランジェ……お金を湯水のように使っていました。
毎回じゃないけれど、当然、僕が皆の分を支払いをすることが多かったです。
僕、お金を払うことは何とも思わないのね。皆、パリでバイトしている苦学生。
お金がある人が払えばいいんだし、ない袖は振れないけど、皆で楽しければいいじゃない?
でもね、そんな時、人の人品って出ちゃうんですよねぇ……。

僕、今でも大切な友人だと思っているYくん。彼は今、パリで就職して頑張っています。
大学の論文を仕上げて、そちらの分野で活躍したい……その気持ちも大事だけれど、
彼はフランス人の恋人と家庭を持つことを選んだ。当然、働いて生活費を稼がなければいけません。
僕ね、偉いと思うんです。夢を諦めてね……でも、勉強なんていつでも出来るじゃない?
人間、霞を喰って生きて行く訳には行かないんだから。

そのYくん、一番最初に人となりが良く出たエピソードがあります。
知り合って間もない頃、レミの中華で大酒飲んで、
(彼と彼女と彼の友人と僕の4人でワイン8本空けた……。)
ベロンベロンになって楽しく過ごした宵……当然、僕が支払いました。
その次、僕から鮨に誘ったんです。岸惠子さんが足繁く通った「勇鮨」……パリでは有名ですね。
あの日は雨だったなぁ……Yくんと彼女と僕の3人でテーブルを囲んで、
いざ、会計の段になったらYくんがカード出すのね。「今日は僕に支払わせて下さい」って。
とんでもないのね、冗談じゃないの。可成りお高い金額だったし、
貧乏学生のYくんに払わせる訳には行かないじゃないですか。
そう言う積もりで誘ったんじゃないし、気持ちだけ有り難く受け取って勿論、僕が支払いしました。
この時、思ったのね、この子はしっかりしている。人品卑しからぬいいヤツだって。

その後もそうなの。僕が奢ると分かっている時には値段が安いものしか頼まないんですよ。
僕もそれは感じるので、「こっちが美味しいんじゃない?」とか、
「ねぇ、これ食べてみようよ。」とか、上手く誘導して楽しくやりましたけど、
一事が万事、そう言うヤツでした。今、思うと、ご両親が凄く上品な方々なんですね。
一流の画廊経営でね……親のそう言う姿を見て真っ直ぐ育ったのでしょう。

反対に、いつも金魚のフンみたいにくっ付いて来るNは狡賢かった……。
「会計どうします?Yくんが払うなら僕も払いますけど……。」
それ、金主の僕がいる前で言う台詞じゃないんじゃない?(苦笑)
コイツには2度と奢らないってその時、決心しましたっけ(笑)
その前に、もうとっくに友達、いやいや、知り合いやめましたけど。



さて、ここで冒頭の台詞になる訳です(笑)
まぁ、世の中には色々なヤツがいる訳で、人品卑しい連中もゴマンといます。
レストランでテーブルを囲んで、先ず、僕が「そうね……初めにビール貰おうかな?」と言うと、
皆も相槌を打って「僕もビール!私もビール!」になる訳です。
皆、僕が会計をすることを暗黙の内に知っているから。
ここで件の彼女が声高に宣言しました。

 「あたしシャンパン!」

皆、目が点になっていました(苦笑)だったらオマエが払えば?ですよね。
それとなく聞くと、生まれは裕福な家庭らしいです。留学して女一人で頑張っているそう。
色々と大変なこともあると聞きました。意地悪されて橋の袂で1人涙に暮れたとかとかね。
でもね、所謂、世渡り上手?まぁ、僕に言わせれば、上手く渡っている積もりでも、
手口や手練手管は総て丸見えお見通しなんですけど……。



良く言われます……「薔薇をやっている人は皆、お上品でいいですね!」
とんでもない!薔薇をやっている人間でイヤな奴だっています(笑)
優雅に薔薇を育てている風に見えて、とてもお上品とは言えない人もいます。
植物を育てているからって、皆、心優しい訳ではないし、
人を利用することに長けた狡賢い人もいます。
親切ふうを装って、実際は自分の利益最優先?お為ごかしの塊みたいな人もいます。
綺麗な花を売っているからって、花屋の皆が花が好きとは限らないじゃないですか。
お金持ちだからってお上品とは限らない……ですよね?



その日、親友とはお腹を抱えて笑いました。
僕、そんなに恨みがましく思ってはいないんですけどね……。

 「あたしシャンパン!」

この台詞は強烈でした。だったら自分で払えば?(笑)
第一、僕に小娘の媚で迫ってもダメじゃないですか。
小娘……大嫌いなんだからさ(爆)特に群れでもされたら一大事!
まぁ、異国でそうやって生き抜いて来たんでしょう。
そのやり方について兎や角言うつもりはありません。その人が目的を達成するための方法だから。
一夜の宿に困ることだってあったと聞きます。うら若き娘が男の所にタダで泊めて貰う……。
当然、そう言うことですよねぇ。少なくとも男はその気になる。
皆さんご存知の通り、ここは美しいことに関するブログなので、そこから先は書きません。
でも、僕はそれを一宿一飯の恩義と呼んでいますけど(笑)



さて、人品云々、お上品あれこれはいいけれど、ではオマエはどうなの?
と、問われると、甚だ、片腹痛い部分もありますが、
何せ、僕、生まれは共働きのごくごく普通の家庭だし、地位も名誉もお金もない(笑)
お育ちもここまで大きくなってしまった今となっては三つ子の魂どうにもならないし……。
今からお上品ぶってもメッキ剥がれちゃうし、取り澄ましても化けの皮剥がれちゃう……。
綺麗に取り繕ったって何れは繕いも解けちゃう。
まぁ、メッキは剥がれるもの、化けの皮も剥がれるものと相場は決まっているんですが(笑)
精々、人さまに後ろ指を指されないようにコツコツ真面目に、
清く正しく美しく……そう思います。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はフランスの地方都市、トロワの道具の博物館で撮った1枚。
ここ、一旦、入ったら2度と出て来れません……それぐらい充実の収蔵品を誇ります。
ディスプレイも抜群で、こんな田舎町って言ったら凄く失礼だけど、
素晴らしい感性は東京に持って来ても決して恥ずかしくないくらいでした。
これ、ファイン・シャンパーニュ……熱く熱して木箱にジュゥ〜……なんでしょうね。

 「あたしシャンパン!」

今度そんなこと言ったらこれでジュゥ〜です(笑)


草々

2012年7月27日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-07-27 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(20)

Mirror, Mirror on the wall……。

e0044929_20145294.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「春眠暁を覚えず」……良く言いますよね。

春先でもないのに……このムンムン蒸れ群れの蒸し暑い夏に、
もう、眠くて眠くて仕方ありません(笑)どこかに座ると即、睡魔が襲って来ます。
電車で座ろうものなら、下手をすると乗り過ごしそうな勢いです。
何でしょうねぇ……身体が必要としているんでしょうけど、兎に角、眠い!
一日中、目蓋が5トンくらいの重さです(笑)
ブノワ。さん、このままだとスリーピング・ビューティーになっちゃう!(爆)

さてさて、この所、忙しい割にはマメマメしく映画館や劇場に足を運んでいます。
忙しい方が、時間が勿体なく感じて、さらに予定を入れちゃうのかな?
正に文字通り「貧乏ヒマなし」を実践している感のあるブノワ。さんです(苦笑)

この1ヶ月あまりの間に観た映画、演劇は……。
芝居は親友で応援している田村元ちゃんの「キツネの嫁入り」、麻実れいさんの「サロメ」、
大好きな小谷真一くんの「天日坊」、野村萬斎に絶句の「藪原検校」、
映画は「君への誓い」「木洩れ日の家で」「スノーホワイト」「アメイジング・スパイダーマン」……。
ね?結構、マメマメしく観ているでしょう?

今日はその中から「スノーホワイト」のことをチョッと。
スリーピング・ビューティーじゃないけれど、白雪姫も王子さまのキッスで目が覚めるじゃない?(笑)
これねぇ……作品が出来上がった頃から物凄く期待していたのね。
何故なら、僕ってシャーリーズ・セロン大好きなの……知りませんでした?
彼女、薬中だったり大酒で警察にご厄介になったり、
ノーパンでパパラッチされて世間を賑わすチンピラ女優とは一線を画しているのね。
美貌と演技力を兼ね備えた未来の大女優候補の一人だと思うの。
美しさについては誰も意義を唱えないかな?演技力も凄いでしょう?
アカデミー賞を受賞した「モンスター」については僕はあまり感心しないのだけれど、
(演技力があるんだからあそこまで体重を増やして汚くする必要はないと思うの)
所謂、役者バカ?そんな点も可愛らしく思うのです。
彼女、あまり言われませんけれど、顔だけじゃないのね、美しいのは……。
その後ろ姿の美しいことと来たら!首筋から肩、背中から腰のくびれからヒップに至る完璧な曲線!
(「バガー・バンスの伝説」でタップリ観られます!)
「モンスター」で体重を増やし、醜くなって演技開眼した下りは、
勿論、確固たる自分の演技力に対する自信もさることながら、
美人で演技力のある女優の例に漏れず、そう言う役をやってみたいのね。
「ジキル博士とハイド氏」の時のイングリッド・バーグマンガそうでした。
美しくて気品が備わり、演技力が抜群な彼女にスタジオが最初にオファーしたのは、
科学者ジキル博士の許嫁で純真なベアトリクスでした。
所が、演技力に自信があって汚れ役に興味津々なバーグマンは、
ゴネにゴネて、結局、邪悪なハイド氏の情婦のアイヴィー役を懇願します。
果たして、希望通りにバーグマンがアイヴィーに、当時、お色気で一世を風靡していた、
ラナ・ターナーが清楚で純真なベアトリクスに配役されました。
演ってみたいのね、汚れ役。先ず、外れはないのだけれど……。



 「Mirror, Mirror on the wall……Who's the fairest of them all ?」

いいですねぇ……答えが分かっていて聞く所がまたいいです(笑)
まぁ、兎に角、綺麗でした……シャーリーズ・セロン。もうウットリ(笑)
生け贄の精気が切れかかり、老醜の壮絶な姿を晒してなお美しい。
この辺は、先だって亡くなったエリザベス・テイラーの晩年の「別離」みたいですね。
老醜で夫の愛情を失いかけていると思い込んでいるバーバラ(エリザベス・テイラー)は、
整形手術で美しく甦り夫の愛情を取り戻そうとします。
ファーストシーンで林の中を歩くバーバラの後ろ姿……フッと振り向くと、
そこには特殊メイクを施したシワだらけのエリザベス・テイラーの顔が……。
そして、整形手術後は、実際の美しいエリザベス・テイラーに戻ると言う趣向。
美しい雪のリゾート、コルチナでの若い男とのアバンチュール。
女の価値は美醜ではなくて心だと思い知るバーバラ。
兎に角、美人って演ってみたいんですね、醜い役を……。

白雪姫を演った何とか言う小娘はどうでもいいです。
正にシャーリーズ・セロンを観に行く映画、それだけでも大満足でした。



今日の写真は、ミラー、ミラーに映る僕の近影(笑)
誰がこの夜で一番格好いいとは尋ねません。でも、こう言う写真って何だか好き!

最後に一つだけ……この写真を見て変な所に気付きませんか?
親友に指摘されました。僕のカメラの構え方って変なんだそうです。
普通はシャッターを押す手が上に来るそうなんです……そう言われてみればそうかも……。
ただね、僕って写真の99.9%をタテ位置で撮るじゃないですか。
だからこの方がラクチンなのね。それにもう片方の手には何か物を持っていることが多いし。
第一、脇毛が見えちゃうじゃない!(笑)ある友人は「手首が強いんじゃない?」とも言います。
皆さんはタテ位置で写真を撮る時にどうやってカメラを構えますか?


草々


2012年7月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-07-11 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(20)

犯人は誰だ!

e0044929_1535077.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

大変です…………。
日々の忙しさにかまけていたら、前回の記事から2週間も経ってしまいました。
今日は猫の日曜日、猫のことをあれこれと幾つか書いてみたいと思います。

今年は天候が不順なのか、この7月になってもまだ猫たちは布団に入って来るんですよ。
そういえば、朝起きてみると足が冷たいことありますもんね。
僕等、人間も殆ど冷房を入れないで生活しています。
朝子、きん、お園、小芳……ベッドの上の定位置があります。
チヨちゃんもようやく僕に甘えて来るようになり、僕が寝ていると必ず枕元に来て丸くなります。
僕が頭を乗っけている枕の半分に乗っかり、香箱座り……可愛いです(笑)

それから、今、僕の頭を悩ませているのは、
猫のおトイレ事情……前にきんがたまに粗相をするのはお話ししましたよね。
きっと何か気に入らない事があった時に?何かを主張するために?そう思っていたんですが、
ここ1週間ほどトイレ以外のところでオシッコ溜まりを発見するようになったんです。
チョッと話しが遡りますが、時たま、トイレの容器の外に、
チョッとオシッコが漏れている事があったんです。
身体を完全にトイレにいれないでオシッコをしちゃった感じ?
僕はこれを朝子が年を取って来たからだと理解していました。
ホームセンターで犬用のトイレの小さいものを購入、シートを敷いてトイレの入口前に……。
たまにシートが濡れていたりするんですが、この作戦は功を奏しました。
床も汚れないし、手軽に掃除も出来る。それに、ここに来てそれも収まっていたと思っていたんですが……。
ここ1週間ほど、完全にトイレの外でオシッコをしている時があります。
ここでハタと思ったんです……確かにきんがトイレ以外でオシッコをすることは事実ですが、
これには決まりがあって、必ず布の上でしているんですね。
そうなるとワザと外でしているのはきんじゃなくて他の子だって言うこと……。
それも、もしかしたら年取った朝子ではなくて誰か他の子?そうなると思い当たるのは……。

↑の2匹!こうちゃんとキクちゃんかもしれません。
こんな真ん丸のビックリ眼して相当の悪かもしれません(笑)
何故、そう思うかと言えば、他の子たちは何年も年々も一緒に暮らしていて、
その性格や習性は知りつくしているから……そう思っているのは僕だけかもしれませんけどね。
人と猫が共存するには、トイレと爪研ぎの問題が解決しないと難しいです。
今、犯人特定のために観察している最中です……果たして誰が犯人か!(笑)
分かった時点で新な対策を講じなければいけません……。

以前の記事で秀千代とグレープフルーツのことを書きました。
この所、僕が頭を痛めているのは、こうちゃんとキクちゃんのジャガイモのこと(笑)
こうちゃんとキクちゃんとジャガイモ……何のことだか分かりませんよね?
チョッと思い浮かべてみて下さい。段ボール一杯に入った小粒のジャガイモ。
その段ボール箱を階段の上から一気に引っくり返したら……。
階段を上から下へ、下から上へ。2階中を駆け巡り大騒ぎ!
まるで兎くらいもある巨大ネズミが何匹もいるかのよう……。
どどどどどどどどどどどどどどどどどっ!
ドタドタ!ゴロゴロゴロゴロ!ドタドタ!ゴロゴロゴロゴロ……。
草木も眠る丑三つ時……これを毎日やられるんです(苦笑)
犯人はこうちゃんとキクちゃん……これは確定です。
どうしてこんなにウルサいの?君たちの足の裏には肉球は付いていないの?(笑)
ご存知の通り、僕はこの時期は4時に起きて毎日の仕事に備えます。
起きる寸前にジャガイモ、ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ……。
おぉ〜い!安眠妨害だぜ!君たちの御飯代は誰が稼いで来るんだい?(笑)
昼間、惰眠を貪っているんだから、丑三つ時くらいは静かにしてね!

e0044929_1544369.jpg

この前の朝子の記事で沢山のメッセージをありがとうございました。
このブログに直接下さった優しい方々。それからメールや手紙を下さった親切な方!
幸いに、朝子は肝臓、腎臓ともども何の問題もなく、脱水症状と貧血がヒドいと診断されました。
ただ、年齢のためか歯槽膿漏他、口内の問題があり、
おそらく、そこから雑菌が入り化膿し、痛みで食事が出来なかったのではないかと……。
幾つか処方はあるのですが、先ずは注射を1本打って貰いました。
そして、毎日飲む薬を一週間分貰いました。抗生物質ですね。
するとどっこい!帰宅した途端に朝子がご飯をご所望(涙)
食べる食べる、僕の顔を見るとご飯が欲しくて「にゃぁ!」と鳴きます。
勿論、朝子だけに特別に柔らかい猫缶をあげています。
病院で診察して貰って以降、あれよあれよと言う間にピカピカになって行く朝子。
抱き上げたときの小骨感もスグになくなり、1週間後に診察して貰った時には、
何と2.4キロだった体重も3キロまで増え……先生も驚きの回復です。
今は同じ薬と飲み続けています。もう1週間続けてみて、
薬を続けるかやめてしまうかを判断するそうです。

写真は昨日、撮った朝子近影。チョッと丸くなりホッとしています。
皆さん、本当にありがとうございました。
僕もボンヤリしていないでもうチョッと猫に割く時間を増やさなければ……。
反省しきりなのでした。



草々

2012年7月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-07-08 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(14)