匂いのいい花束。ANNEXE。

<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

好みは変わる。

e0044929_1634339.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いやいや、人の好みって変わるものですね……。
この年になって迷彩柄に興味が湧くなんて思ってもみませんでした。

興味が湧いたって言っても、
迷彩柄の洋服を着るにはチョッとばかり抵抗があるし趣味じゃない……。
僕が迷彩柄のTシャ着ていたりカーゴパンツ履いていたらおかしいでしょう(笑)
迷彩柄のリュックもねぇ……もう無理なお年頃だし(笑)
それに迷彩柄を身に着けるのってチョッとばかり勇気がいるし……。

若者が身に着ける迷彩柄を見て「ほぉ……。」
街を歩いていてすずかけの木を見て「へぇ……。」(笑)
確か代官山に迷彩柄の物だけを集めたセレクトショップありましたよね?
もう、ブノワ。さん入りたくて入りたくて(笑)


で!ついに迷彩柄のトートバッグ買っちゃいました!
ううん、全体じゃないのね。底の部分に少しだけ使われていて、
他の部分は殆ど黒に近いグレー……チョッと焦茶っぽいかな。
別に普段から「迷彩!迷彩!」って注意していた訳ではないけれど、
Yahoo!のオークション見ていたら偶然に見つけて……。
終了間際にポチポチっと……買い物なんてそんなものです。
値段?フフフフフフフフ……教えてやんない!(笑)
僕が出せると思った金額の2/3で落ちました。
このトートバッグは写真を見ればお分りのように「COACH」なんです。
僕の初「COACH」。既にとっくの昔にブランドは卒業だし
「COACH」にも全く興味なし。 要するに気に入ればどこのメーカーでも良かった訳(笑)

僕、親友の誰かさんと違ってブランド狂い、買い物星人じゃないしね。
一時期は「Louis Vuitton」「GUCCI」「HERMES」……。
一通り買ってみたけれど……ホラ、僕って天の邪鬼で人と同じは大嫌いだから、
なるべく世に出ている数が少ない方がいいじゃないですか。
全世界でたった10個!とか、日本だけの限定品!……とかね。
生まれて一番最初に買ったブランド品は「Louis Vuitton」のセカンドバッグでした。
これもブランドはどうでも良かったの。焦茶のカバンを1年間探しに探して、
ようやく決めたのが「Louis Vuitton」だっただけ。
最近の「Louis Vuitton」は日本人のデザイナーと組んで安っぽくなっちゃったけど、
オーソドックスな昔ながらのものは物凄くいいですから。

ロケ先に運ばれて来たルキノ・ヴィスコンティのトランクの山を見て、
若かりし頃、飛ぶ鳥を落とす勢いだったアラン・ドロンは、

 「オレもいつかこんな風になりたい!」

と、心に誓ったそう。
「Louis Vuitton」のモノグラムの「LV」をヴィスコンティの頭文字だと思った訳。
このエピソードが物語るようにヨーロッパの老舗は矢張り凄いです。

ブランドってやっぱり偉大だと思う反面、
僕、要はどこのメーカーでもいいのね。デザインが優れていて丈夫なら。
それから使い込んでダメになった数年後、同じものが手に入ることが重要。
高いカバンを持つなら使いこなすこと、高い服を着るなら着こなすこと……大事です。
今時の若いケバケバしいネエちゃんが持つ「CHANEL」なんて、
ことごとくニセモノに見えるものね(爆)

洋服やカバンに大枚叩く趣味はないのです。清潔で自分に合ったサイズ、
そして品良く着こなせればメーカーはどこでもいいの。
そうそう、靴だけはいいものを常に履きたいかな……。
僕個人としては、意外に「DORCE & GABBANA」のデザインが合うと思っています。
それから「HERMES」はこれからのお年頃に着こなせればなぁ……って。
「HERMES」はシンプルで物凄く縫製がいいじゃないですか。
若造が着たんじゃ似合わないと思うのね。それなりの人格者じゃないと。
勿論、買えるか買えないかは置いといてですけど(苦笑)
ブランドは持つ人、着る人を選ぶ……選ばれし人間になりたいものです。

でも、このトートバッグ、迷彩部分の、
「COACH」のエンボス加工がなかったら買わなかったかも……。
エンボス加工がありきたりの迷彩柄にチョッとだけ個性を与えています。

しかし人の好みって変わるものですねぇ……。
着る物だけじゃなくて聴く歌とかね。
山口百恵一辺倒だった僕は、他の歌手は目の敵。
それが今では八代亜紀や小林幸子を歌ったりするんだもの(笑)
美空ひばりの凄さに驚いたりね。

迷彩柄のトートバッグ、早速、大活躍しています。
カメラや着替え、本などを放り込んで1〜2泊のプチ旅行とかね!
先日の栃木にも持って行ったし京都でも大活躍。
この先、年末から3月に掛けては楽しい予定があります。
友達の革作家にオリジナルのトートバッグ3連続で作って貰う予定です……。
何が楽しいって、だって、世界でたった1つ、僕だけのバッグでしょう?
それに値段もブランド品の1/10以下!
って、チョッと彼にプレッシャーかけてみる(笑)
うぅ〜む、楽しみ!


2013年11月27日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-27 00:00 | Raindrops on roses。

そうだ、京都に行こう!

e0044929_8104265.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

秋たけなわです。
今年は台風の当たり年だったみたいですが、
このところ穏やかで爽やかな冬晴れが続いています。

さて、僕の中学と高校の修学旅行は京都+奈良でした。
皆さんはどこでしたか?北海道とか九州とか?
地方地方で行き先の特色はあるし、今では外国旅行に行く学校もあるけれど、
僕らの時代、首都圏の多くの学校の修学旅行の行き先は、
もれなく京都+奈良だったんじゃないかな?

初めて就職して12年勤めあげた会社が、
バブルの崩壊の余波で解散。倒産だけは避けたかったみたいです。
(僕はデジタルの波に乗り遅れたのが最大の原因と思っている。)
残務処理で残った仲間にひと足早くサヨナラを告げて、
後先のアテもなく、その足で旅立ったのも京都でした……。
てっさい堂で今まで勤め上げた自分へのご褒美に染め付けを買ったんでした。

はぁ……夢のてっさい堂。
一番奥のお座敷に飾ってあるお宝の数々……。
ここからここまで全部下さいって大人買いしてみたい(笑)
近くて遠い京都。いつでも行かれるからと、
却って足が遠退いちゃうんですよね。


そう、明日から久しぶりに京都に行きます。
プラリ京都一人旅です。京都は何年振りだろう……。
誘われて「俵屋」に泊まったのが最後?
それとも京都の友人を訪ねたのが最後?何れにせよ5年振りです。
一人旅と言っても、実は観光だけではないのです……。
本当は仕事……そう、大事な用事があっての京都入り。
楽しみでもありますが緊張の旅でもあります。
仕事が済んだら弟のように可愛がっている青年とランデヴー。
彼が車を出してくれ、念願の「まつおえんげい」に連れて行って貰ったり、
長年ブログでお世話になっているマダムとデートの約束があります。
翌月曜日は今度は正真正銘一人になって、さて、どうしよう?
京都の北の方に行きたいと思っています。大原から三千院〜寂光院を歩くかな。
寂光院は、丁度、今日これから観る「鉈切り丸」で、
麻実れいさんが演じられている建礼門院ゆかりのお寺だし……。

錦秋の京都……どんなでしょうね。
って、紅葉にはあまり興味がない僕ですが……。
てっさい堂……ハマらないようにしなくちゃ!(笑)
お金持って行かなければいいのね。お漬け物も買って来なくちゃ!
旅の様子は帰宅後、落ち着いたらゆっくりと……。

ではでは、暫しのサヨウナラです!


2013年11月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-23 00:00 | 旅の栞。

悪質だなぁ……。

e0044929_1546153.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はある晩の我が家のメイン・ディッシュです。
他に前菜として山盛りの野菜サラダ、
ご飯炊いてスペイン産のカバ用意して……。

友人が遊びに来ると言うので奮発してそこそこいいステーキ肉を買いました。
チョイ奮発して大好きな浅田真央の応援ね!NHK杯でしたから。
さて、スーパーに買い物に行きましたが、国産のブランド和牛だと、
1枚2000円以上するのでオーストラリア牛で我慢です。
オージービーフ、いいですよね。上手に焼けばさほど差はないものね。
付け合わせは北海道産のじゃが芋で作ったグラタン。
千葉県産のブラウン・マッシュルーム、僕、ホワイトよりブラウンが好き。
なくてもいいんだけど彩りで神奈川県産のトマト、
国産と行きたかったけれどなかったのでサンキストのレモン。
山盛りサラダで使った静岡県産のクレソンの茎……勿体ないですからね。
僕等、命あるものを食して生かして貰っている訳ですから、
米一粒、無駄にしたくありません。

じゃが芋のグラタンのレシピですが、
5ミリくらいの厚さに切ったじゃが芋をスペイン産のオリーブオイルでソテー、
青森産のニンニクのみじん切りを加え塩、胡椒します。
塩は赤穂の塩、胡椒はスペイン産の黒胡椒をその場で挽いて使います。
じゃが芋に火が通って透明になったら北海道産の牛乳を入れ煮込みます。
仕上げに高梨乳業の生クリームを入れ、水分が飛んでねっとりしてきたら、
オーブン用の器に移してイタリア産のパルメジャーノ・レジャーノ・チーズを、
タップリ上に擦り下ろしオーブンで10分ほど焼きます。
ニンニクですけど、僕、死んでも中国産は買いません。
口に入るもの……韓国産と中国産は極力排したいです。

さて、真央ちゃんが危なげなく優勝し、微酔い気分でお開きと相なりましたが、
何故、わざわざ食材の産地を書いたかというと、
最近、世間を賑わせていますねぇ……食品の誤表示問題。
ブノワ。さん、チョッと頭に来ているのね。
頭に来ていると言うか呆れている?やっぱりという気持ちの方が強いかもしれません。
元々、そういう表示にはあまり関心はないし、
やっぱり安い値段なのに高級食材使っている訳ないと思っているから。

しかし、出て来ますねぇ……次から次へとこれでもかって。
これ、誤表示ではありませんね。ウッカリ間違ったんじゃない。
そこには高級食材と表記して消費者をダマし、
商品単価を上げて不法な利益を得ようとする魂胆見え見え。
誰だったかそこで「販売戦略」って言う言葉を使った人がいましたが、
「販売戦略」じゃなくて立派な詐欺ですね。犯罪だよ。非常に悪質です。
これを名立たる高級ホテルや日本を代表する百貨店がやった……問題は大きいです。
中には「他でもやっているのに……。」とか、「何故、我々だけが?」とか、
「食べて分からないのは客が悪い……。」とかね。 心の奥底にこの考えがある。
反省の色が微塵も見えない。隙あらばまたやってやろう……くらいな勢いじゃないですか。
これらの店やホテルの存在価値は、高価だけれどいいものを客に提供して、
客を導く、言わば、文化の担い手でもある訳です。
それをどこで道を誤ったかねぇ……拝金主義の塊じゃない。
真面目にやっている人たちが可哀想ですね。
これからは誰も信用しないですもんね。

例えば、海老に限って言えば、
ブラックタイガーなどを車海老と偽って客に提供することにより、
一皿200円から300円くらいを料金に上乗せしている訳。
これを何年間にも渡って平然とやってきた訳でしょう?
これを誤表示と言い逃れする面の皮の厚さ(苦笑)
高級感を笠に着た詐欺師の集まりじゃない。罪は重いです。



数年前のこと、雪印食品の事件がありましたよね。
僕、あれ以降、雪印の製品は一切買っていません。
子供の頃から乳製品は雪印と信じて買ってきた消費者を騙した。当然の結果ですよね。
明治でも森永でもなく乳製品は雪印……神話は見事に崩れ去りました。
バターが品薄で雪印のバターしか売ってなかったらバターは買わない。
食べなければいいんですから。そうそう、不二家ももう2度と買わない。
船場の吉兆が客の残飯を次の客に洗って出していた驚愕の事件がありましたよね。
これ凄いなぁ……葬儀屋が菊の花を次に使い回すのとは訳が違うじゃない。
少なくとも1回、客の前に出されて箸つけたものでしょう?考えただけで気持ち悪い。
結果、廃業でしょう? つまりは消費者を騙すってそう言うこと。
偽装する店では買わない。ホテルで食事はしない……いやいや、泊まらない。
その位のことをして当たり前、もっと強硬手段に出たっていい、当然です。

震災以降、厳密には福島の原子力発電所の問題があってから、
皆、食品の産地にはとても神経質になりました。
僕はアバウトな人間だし、大変な思いをしている人たちの助けになればいいと思う方なので、
店頭に並んでいるのであれば、なるべく福島周辺のものを買うようにしています。
並んでいる=安全基準を満たしていると考えるから。
「バカだなぁ」って思う人もいるだろうけれど、
自分が食べているものが絶対に安全と考える方が愚かです。

 「アタクシは九州と北海道のものしか買わないの!」

自慢げに言っている人を知っていますが、
それって八百屋の段ボールに書かれた産地表示だったりする訳で……。

今回の事件で食の安全神話が根本から崩れ去ってしまった。
これから先、一体、何を信じたらいいんでしょうね?
産地なんて如何様にも書けるものね。

それから僕達の悪いクセなんですが、簡単に肩書きに騙される。
何でもそう、肩書きで人を見誤り、メニューのインチキ表示で安い食材を、
いかにも珍重な食材であるかのように有り難がって食し……。
ツバメの巣は春雨で水増しされ、松茸だってフレーバーが物凄く優秀なものが出ている。
まんまと騙される僕等も阿呆だけど、それを厨房から見ている、
訳知りの調理人の知らぬ存ぜぬのほくそ笑みが怖いです。
嘘の表示を有り難がって食べている客をどんな顔で見ていたんでしょうね。
つまりは料理人を含む会社側も悪質だけれど、
僕等もブランドに目が眩む阿呆だった……。
お金を返す返さないの問題も出ているらしいけど、
高い授業料を払ったと思って諦めましょう。
騒ぐのは愚の骨頂、恥の上塗りです。

日本人ってもっとマシなのかと思っていましたが、
なかなかどうして、腐ったミカンの集まり?
誰だっけ……「エビはエビでいいじゃん!」って言っていたのは(笑)
確かにね!エビのお高いお安いで死ぬことはないけれど、
JR北海道のデータ改竄は怖いなぁ……生死の問題だものね……。


2013年11月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-19 00:00 | バベットの晩餐会。

Photographie Noire……黒い写真。

e0044929_150280.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

先日のこと、小春日和の薔薇園で、
僕のブログを読んでくださっている方とお話する機会がありました。
まだ30代前半?スラリと背が高くとても感じのいい青年。
声を掛けられ挨拶をし、ブログのこと、猫のこと、四方山話に花が咲きます。

改めて驚いちゃうのは、相手の方が僕の私生活を良くご存知ということ……。
当たり前なんですけどね、僕自身がブログに書いているんですから(笑)
ただ、書かれたことが100%真実ではありません、念のため。
嘘は書きませんが書かれていないところが肝心だったりします。

さて、その方に写真について質問されました。
どうやって今のような写真を撮っているのかと……。

 「僕、ブノワ。さんの黒い写真、大好きなんです!」

その青年は顔を輝かせてそう言いました。

黒い写真……Photographie Noire……確かに(笑)
カメラの機能が非常に発達した今、誰が撮っても何かしら写るようになっています。
昔のフィルムカメラの時は現像してみたら真っ白だったり真っ黒だったり(笑)
本当にいい時代になりました。ご存じの通り僕は超がつく極度のド近眼、
ミノルタから出た世界初のオートフォーカスの一眼レフα7000が初めてのカメラです。
口の悪い友人は「うすらボンヤリした写真」と言います(笑)
まぁ、確かにね(苦笑)でも、個性はあると自負しています。
僕にしか撮れない写真……中にはあると思っています。

黒い写真……Photographie Noire……確かに(笑)。
でも、わざと黒い写真を撮っている訳ではありません。
カメラとレンズの組み合わせ。それから被写体を強調するために背景を整理する……。
自ずと黒っぽい写真が多くなるのではないでしょうか。
e0044929_15124491.jpg
e0044929_15123195.jpg
e0044929_15124028.jpg
e0044929_15122799.jpg
e0044929_15115834.jpg
e0044929_15112261.jpg
e0044929_15111016.jpg
e0044929_1511156.jpg
e0044929_15105546.jpg
e0044929_15101699.jpg
e0044929_15101878.jpg
e0044929_1594829.jpg
e0044929_1595033.jpg
e0044929_15927100.jpg
e0044929_1591463.jpg
e0044929_1582538.jpg
e0044929_1583150.jpg
e0044929_1581128.jpg
e0044929_1574068.jpg
e0044929_1573911.jpg
e0044929_157785.jpg
e0044929_1571537.jpg
e0044929_1563856.jpg
e0044929_1564055.jpg
e0044929_156323.jpg
e0044929_1555639.jpg
e0044929_1553886.jpg
e0044929_1554545.jpg
e0044929_1553264.jpg
e0044929_1545741.jpg
e0044929_155044.jpg
e0044929_1543173.jpg
e0044929_1541556.jpg
e0044929_1541861.jpg
e0044929_1534574.jpg
e0044929_1535453.jpg
e0044929_1534040.jpg
e0044929_153451.jpg
e0044929_152506.jpg
e0044929_1523249.jpg
e0044929_1524171.jpg
e0044929_1522232.jpg
e0044929_152114.jpg
e0044929_1513643.jpg
e0044929_1514132.jpg
e0044929_151820.jpg
e0044929_1505345.jpg
e0044929_1503445.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日は今まで紹介して来た写真の中から黒い写真を集めてみました。
1枚目は岐阜の「薔薇館」を訪れた時に撮った1枚。これは初公開です。
親友のHISAKOさまが僕のためにわざわざアレンジして来て下さった薔薇を撮りました。
中には僕の「Bella Donna」が入っています……有り難い心遣いですよね。

他は山中湖の塚原邸や「Treasure Garden Tatebayashi」、
「Garden Cafe Green Rose」などて撮影した黒い写真。
「国際バラとガーデニングショウ」でのドームのカクテル光線を除き、
ほぼ100%屋外で撮った写真の数々。カンカン照りでも曇天でも黒い写真(笑)
安藤編集長が「絶対にダメですからね!」と釘をお刺しになる黒い写真。
雑誌などで活躍する写真家の皆さんが決して撮らない黒い写真。
僕は庭の様子や位置関係を写真で表現する必要がありませんからね。
薔薇や植物をモチーフに存分に画面を作ることが出来るんです。

僕と青年の話を隣でにこやかに聞いていた彼女は、
初めの内は薔薇には興味がなかったそうです。
恋人に連れられて美しい薔薇園を巡る内に段々、薔薇に興味を持ちはじめたそう……。
新しい薔薇ファンが沢山増えるといいな。
それから若い男性ファンもね!庭仕事は男のいい趣味になりますから。
見てくれているかな?君の好きな黒い写真だよ!


2013年11月14日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-14 00:00 | 私はカメラ。

ouchi……旅はフレキシブルに。

e0044929_739411.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

栃木の夕飯は「ALWAYS カマヤ」でした。
予約の電話を何度かしたのだけれどタイミング悪く繋がらず……。
諦めて他の店を調べ始めた時に携帯電話が鳴りました。
お店のご主人が僕の着信を見て折り返してくださったのです。
このエピソードを見るまでもなく、非常に感じのいい店でした。
味は勿論、サービスのスタッフの感じも良く、ついつい長居。
旧「足利銀行」の建物は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケーションにも使われたそうです。
オーナーがわざわざ席まで挨拶に見えてお店自慢のハヤシライスを振る舞ってくださいました!
e0044929_748525.jpg
e0044929_7492299.jpg
e0044929_749891.jpg

戴いたのは、じゃが芋で巻いた海老のフリットと国産牛のステーキ御膳。
あまり飲んだくれては……と思い、白ワインを大きいデカンタで……。
って、結局、コンビニエンスストアで酒を買いホテルでベロベロなんですが(笑)
旅の愉しみは思いもかけない風景との出会いと人との触れ合いです。
また遊びに来る時は是非訪れたい「ALWAYS カマヤ」です。

さて、矢張り、一人でテーブルに座っていると手持ち無沙汰でもあります。
フと、テーブルの横を見ると栃木県の観光案内のパンフレットがありました。
パラパラ捲っていると、岩舟町と言うところに何やら素敵なアンティークショップが……。
お店の女性に聞いてみるとJRに乗ってスグ2つ目の駅だそうです。
住所を検索してみると駅から歩いて5分くらいと出ました。
翌4日、帰りは真っすぐ帰るつもりでしたが、即、予定変更です(笑)
旅は臨機応変、フレキシブルにならないとね!
e0044929_743492.jpg
e0044929_7442174.jpg
e0044929_743179.jpg
e0044929_74307.jpg
e0044929_7425096.jpg
e0044929_7431210.jpg
e0044929_7422321.jpg
e0044929_7415993.jpg
e0044929_7414871.jpg
e0044929_7413877.jpg
e0044929_7411757.jpg
e0044929_7414082.jpg
e0044929_7405438.jpg
e0044929_7411669.jpg
e0044929_7402846.jpg
e0044929_7405185.jpg
e0044929_7405148.jpg

アンティークと雑貨を扱う「ouchi」はスグに見つかりました。
女性2人が切り盛りする可愛らしい店内にはお宝がゴッソリと並んでいます。
目がねぇ……ついつい真剣になっちゃうんですよねぇ(笑)
電車の旅です。あまり嵩張るもの、重たいものは買えませんが、
留守の猫たちを見てくれた友人と猫にお土産を買います。
地べたを這いつくばってお宝を探す友人には錆びた鉄釘を(笑)
猫の面倒を見てくれている親友には首に巻く「s-clothes-tree」のストールを。
勿論、僕にも日頃汗水垂らして頑張っているご褒美を買います。
え?何を買ったかって?下から5枚目の写真の靴の木型です。

嬉しかったのは「ouchi」はカフェも併設されているんですよ。
出発の時間まで美味しいランチに舌鼓を打ちます。
この日のランチプレートのメニューは……。

 きのこのキッシュ
 揚げと挽肉野菜のロール巻き
 山芋の粒マスタード炒め
 自家製ピクルス
 カボチャのスープ
 十五穀米
 プチデザート

はぁ……凄く美味しいの!栃木に来て良かったぁ。
次回からははなっから古道具を買い付けに行く旅になりそう(笑)


2013年11月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-10 00:00 | 旅の栞。

プラリ栃木一人旅。

e0044929_665071.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

秋の行楽シーズンたけなわです。

浅草を出発して北千住を過ぎると、
快速電車は立錐の余地がないくらいに満員になってきました。
4人掛けのボックス・シート仕様の列車は家族連れや恋人たちで一杯です。
浅草から70分あまり、思い立ってプラリと一人旅に行ってきました。
訪れた先は、水郷と蔵の街、栃木です。
カバンにカメラと本を入れ、薔薇とガーデンに無縁な気ままな一人旅。
女中頭のあけも、何かと面倒が掛かるMayのオネエさまもいない一人旅(笑)
何て気軽な!フィルムカメラを担いでフランスを歩いていた昔を思い出します。

車中、本を読んでいると快速電車は予定通りに栃木に到着。
僕、普通は旅の予定を分刻みで立てて行くのですが、
今回は宿と夕飯のレストランを予約しただけの気ままな旅、
駅の観光案内でマップを貰っていざ出発です。
e0044929_612419.jpg
e0044929_61152100.jpg
e0044929_6114184.jpg
e0044929_6111516.jpg
e0044929_611064.jpg
e0044929_6105542.jpg
e0044929_6102780.jpg
e0044929_6101211.jpg
e0044929_695735.jpg
e0044929_694151.jpg
e0044929_694467.jpg
e0044929_69176.jpg
e0044929_684183.jpg
e0044929_682765.jpg
e0044929_681246.jpg
e0044929_681433.jpg
e0044929_673937.jpg
e0044929_673887.jpg

水郷と蔵の街……と、言っても殆ど写真がありません(笑)
世の中はアベノミクスなどと浮かれているけれど、実情はどうなの?
栃木の街も更地とシャッターを閉めた商店が軒を連ねます。
巨大ショッピングセンターに圧倒された個人商店は見る影もありません。
古い町並みの保存……言うのは簡単ですが、並大抵の努力では無理なんじゃないかな。
疲弊する街、栃木も日本の地方都市のご多分に漏れずです。


さて、気儘にそぞろ歩いた古い街並で素敵な店を見付けました。
古道具の「Scales Apartment」です
……なんだか匂うのね、素敵な匂いが(笑)
店の前で暫し呆然(笑)アンティークだの古道具だの全く考えていなかった旅が、
いきなりアンティーク色に!古物好きの血が騒ぎ出しました。
戦闘モード突入、買う気満々、目が必死になっている(爆)
2階には「匙+」と言うセンスのいいセレクトショップも併設されています。
e0044929_6162050.jpg
e0044929_616899.jpg
e0044929_616780.jpg
e0044929_6155354.jpg
e0044929_6152294.jpg
e0044929_615661.jpg
e0044929_6144765.jpg
e0044929_6143443.jpg
e0044929_6142122.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
「Scales Apartment」には徒歩2〜3分のところに、
家具やショーケース、大きなものを扱う店舗がもうひとつあります。
帰りがけにオーナーの男性に店先でバッタリ。
この店のことを教えて貰いました。何事も出会いですね。
お願いして写真を撮らせて戴いたので見てくださいね。
e0044929_6194659.jpg
e0044929_619877.jpg
e0044929_6191349.jpg
e0044929_618349.jpg
e0044929_6182016.jpg
e0044929_618620.jpg
e0044929_617499.jpg
e0044929_6173435.jpg
e0044929_6173769.jpg
e0044929_617564.jpg

ドキドキしちゃいました(笑)
商品の写真というよりは、ディスプレイの巧みさの写真ですが、
静かな空間、素敵な品揃え、大変に気に入っちゃったのでまた近々訪れようと思ってます。
戦利品は古い額縁とガラスの瓶、 それから猫たちの食器にと思いアルミニウムの器……。
最後の写真は糸鋸がパーキングのサインになっています(笑)
都内に買い物に行くにも下手をすると乗り継ぎで1時間以上かかることがあります。
これから古道具の買い物は栃木?(笑)照明など素敵なものが目白押しです。


2013年11月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-07 00:00 | 旅の栞。

カメラと書を持って旅に出よう!

e0044929_20553841.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

不思議なんです。ここ一年のことかな?
忙しい時期が終わると無性に旅に出たくなります。
それから、どこかへお出かけしての帰り道、
無性に旅に出たくなりあれこれ検索&算段している自分がいます。
もしかしたら失踪願望があるのかも(笑)
全てを放り出して新しい人生を……。
皆、多かれ少なかれ考えたことあるんじゃないかな。

さて連休です。
明日2日は北海道からブログのオフ会で知り合った親友の女性が出てくるので、
皆に声掛けして茅場町の「徳竹」でテーブルを囲みます。
ですから、明後日3日からプラリ一人旅と洒落こもうかと思います。

さて、どこへ?
北海道?福岡?箱根?軽井沢?……あれこれ考えたんですが、
たった1泊で6万も7万も掛かっちゃなんですし、
月末に親友を訪ねて京都〜金沢が決まっているので、
結局、近場?そんなに思い切らなくても気軽に行かれる場所にしました。
旅費は美味しいものを鱈腹食べても1万5千円くらい……いいでしょう?
ホテルと夕飯を食べるレストランだけ予約してあります。
もしかしたら旅先でハンサムくんとランデヴーで夕飯かも……。
薔薇やガーデンとは全く無縁な旅、どんな写真が撮れるかな?
カバンにカメラと本を放り込んでいざ出発です。

どうぞ探さないでください(笑)
戻って来ると思います……多分。


2013年11月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-01 00:00 | 旅の栞。