匂いのいい花束。ANNEXE。

チヨちゃんチェック。

e0044929_537925.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

9月になりいきなり肌寒くなりましたね。皆さん如何お過ごしですか。
例年だと10月の声を聞く頃に我先に争って僕の布団に入ってくる猫たちですが、
今年は早い!(笑)先ず、きん、続いて園ちゃん、小芳……。
そして何と去年まで入って来なかった秀千代まで入って来るようになりました(笑)

その秀千代、チヨちゃんなんですが、男の子なんだけど繊細?物凄く綺麗好きです。
皆さんご存じのように、猫は非常に人に慣れる動物ですが、
野性の部分が根強く残る動物でもあります。
人間に良く慣れるけど本能の部分は消してなくならないの。
額や首筋を気に入ったものや場所にスリスリして自分の匂いをつけ縄張りを主張します。
排泄の際は落とし物にトイレの砂を掛けて自分の匂いを消そうとします。
でもね、何と我が家の女子チームはトイレの後あまり砂を掛けたりしないの(笑)
し終わるとさっさと出てきちゃう(笑)

猫ってよく食べたものを戻したり、毛玉を吐いたりしますよね。
そんな時、チヨちゃん登場!出番なんです(笑)

 「カサッカサッカサッカサッ……。」

汚物の周りの床や、柱、今だに積みあがっている段ボールを手で擦って、
そこに存在しない砂を汚物に掛けようとします。
その音で分かるのね、あぁ、ゲロ吐いたなって(笑)
夜中に音で目が覚めることもしばしばです。
e0044929_5371412.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、最近、チヨちゃんにマークされているのが朝子。
少し前に歯の手術をして以来、食欲も出て元気を取り戻したように見えます。
ただ、矢張り高齢ですからね。足腰の他、色々な所に衰えは見えます。
先ず、どうやらチョッと痴呆症の兆候が見られます。今は認知症って言うのかな。
食べても食べても僕の顔を見て、

 「にゃあ!」

今、食べたばかりなのに、思い切りご飯をご所望です(笑)
量的にはあまり食べていないことは確かなんですが、
今、食べたのにまた?呆れて顔を見つめてしまうこともしばしば。
しかも、食べても食べても太りません。片手でヒョイっと持ち上がるくらい軽いです。
黒目も少し白濁してきたみたいに思えるし……。

その朝子、一番、頭を悩ませているのはトイレなんです。
大分前からトイレの入り口の外にオシッコが漏れていることがありました。
初めはオシッコと言えば きん!(笑)ズゥ〜っと犯人はきんと疑っていたんですが、
よく観察しているとどうやら朝子?お尻半分だけいれてオシッコしている?
その内、完全にトイレの外に粗相をするようになっちゃったので、
小型犬用のトイレシートを入り口手前に置いてみました。
するとさらに手前に粗相するようになり、大形犬用のシートに変えるとさらに手前に……。
犬を飼っている人は分かると思いますが、
犬ってオシッコをシートぎりぎり外してしませんか?朝子もそんな感じ。
誰が犯人か観察していると、やっぱり朝子がオシッコをしている現場を現行犯逮捕!
我が家の猫のトイレは2階のトイレの中と1階の洗面所と風呂のスペースに1つあります。
1階の洗面所に行くには短い廊下を奥まで歩く訳ですが、
今では段々手前手前に粗相されるようになり、
フローリングのダメージがエライことになってきたので、
猫のトイレから1メートル手前まで建設現場で使う防水加工のシートを廊下に敷き詰め、
シート上の、ポイントポイントに犬用のトイレシートを大小3枚敷き急場をしのいでいます。

動物、特に猫と暮らすにはトイレと爪磨ぎの問題は切っても切れません。
この2つをクリアーしてはじめて猫と一緒に暮らせるのです。
世話を焼かなくても猫の方でキッチリ身の回りのことをする……。
教えればトイレと爪研ぎは決められた所でする……これが大事なんです。
勿論、トイレは常に綺麗に保ち、爪磨ぎ用のものもちゃんと与える……当然なんですが。

さて困った……朝子はご飯を食べた後にトイレに行く癖があります。
タイミング良くトイレへひょこひょこ歩いていく朝子を見かけ、
慌てて後を追い掛けると、キチンとトイレで用を済ませたり、
はたまたやっぱり手前で粗相しちゃったり……。
うまくシートの上にしたとしても、件のチヨちゃんが、
手でシートを裏返し引っ繰り返すもんだから、
そこに朝子が粗相をして大変なことになっちゃいます。
朝起きたら眠い目をこすりこすり先ずトイレのチェック。
仕事から帰ったらカバン放り投げて取るものも取り敢えずトイレのチェック……。
疲労困憊で帰って来て、先ずトイレの後始末をするのはしんどいです。
寝ている真夜中にチヨちゃんチェックの音を聞き起きて行って始末するのも辛い。

泊まり掛けで出かける時は朝子をペット・ホテルに預けなきゃダメかなぁ……。
今のところはトイレですると言う認識があるからまだいいのですが、
これが家中、所かまわず粗相するようになったら大変です。
猫にオムツ?そんなこと可能なんだろうか……何か新たに対策を考えなければいけません。


有楽町の広い駐車場で拾った朝子。
まだ1歳になるかならないかなのにお腹には5匹の子供がいて、
肘に手術を2回もしなければならない大怪我をしていました。
そのショックか、ウチに来てから丸々2年間、一声も鳴きませんでした。
次から次にやってくる元気溌剌な新入り猫の陰で常に2番目だった大人しい朝子。
トイレの問題は困ったものだけど、「ご飯食べたい!」と、
僕を見上げる表情を見ると愛しさが募ります。
どうやったらお互いに快適に暮らしていけるか考えている今日この頃です。


2013年9月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-29 00:00 | 猫が行方不明。

仕事の質は、人生そのものの質……半沢直樹。

e0044929_1545357.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

このブログ、9年目を迎えてなんと1348もの記事を書いてきました。
薔薇のこと、旅の思い出、猫のこと、美味しいレストランのこと……。
美しいものに関するこのブログの一番人気のないジャンル(笑)
映画や演劇に関する記事(天井桟敷の人々)も、
自分なりに(苦心して書いただけあって)大層、気に入っているジャンルです。

さて、9年目を迎えて、この「天井桟敷の人々」に、
初めてテレビ・ドラマのことを書いてみたいと思います。
僕、テレビは全く見ませんからね……連続ドラマはもっとです。
マメマメしく毎週〜テレビの前に陣取ったのは、
遡れば山口百恵の「赤いシリーズ」以来じゃないでしょうか……古い?(笑)

ある日曜の午後、映画を観て帰宅し、
偶然にスイッチを入れた画面に、あるドラマの初回の放送分が流れていました。
タイトルは「半沢直樹」。
簡単な昼ご飯を用意し、見るとはなしに眺めているうちにハマっちゃったんです(笑)
その放送は前の週に放映された第一回目の再放送、
その晩に放映される第二回を盛り上げるためのものでした。


主人公の半沢直樹の口グセ、キメ台詞……。
面白いの……死んだ母の口癖を思い出しちゃったんです。

 「お前、やられたら倍にしてやり返しな!」

これ、死んだ母が良く僕に言った台詞。
半沢直樹のキメ台詞に似ていますよね。
別に鬼のような母じゃなかったし、
決して攻撃的でもないしスパルタな人でもありませんでした。
母は曲がったことが大嫌いで真直ぐな人、面倒見が良くて優しい人でした。
主人公、半沢直樹の性格に似ている?
チョッと気に入っちゃったので珍しくその晩の第2回放送を見て……もうドップリね。

ドラマの魅力は何でしょうね。
半沢直樹がダメな上司や会社の体制、規則に反抗してまで、
己の信条を貫くところ?ギリギリまで追い詰められても決して諦めず、
最後まで全力を尽くす姿勢に心打たれるのかな?
ダメ上司、強烈にイヤな上司がやり込められるシーンに流咽を下げる人もいる?

 「正しいことを正しいといえること。」

と、原作にあるように、皆、半沢直樹の生きざまに共感するんでしょうね。


そのどれも当たっているのだと思うけど、
僕はいかにもテレビ的なクローズアップの多様と、
それに負けない役者陣の「顔の演技」が気に入っちゃったの(笑)
浮世絵の「大首絵」のように、画面からはみ出さんばかりのクローズアップ。
クローズアップは舞台にはない映画やテレビ独特の技法。
でも、テレビでこれだけ派手派手しく大仰にやるのは珍しいです。
香川照之なんて凄いものね(笑)この方、本当は人のいい優しい顔つきなんだけど、
悪辣な常務取締役以外の何者にも見えない(笑)
以前、和歌山毒カレー事件の時に、 僕が尊敬するイラストレーターの
山藤章二が当時の容疑者の顔を見て、

 「この善人顔の女性が犯人だったら、
  顔に性格が出ると言う考え方を根本から変えなければならない。」

と言うような意味のことを言っていたのをフと思い出します。
奥歯に力を入れ、耳を動かすだけで一瞬の気持ちの変化を表現する香川照之に脱帽。
金融庁の黒崎を演じるラブリンの愛称で親しまれる、
片岡愛之助のオネエっぷりも凄い(笑)怪演ですね。
大仰な顔の演技は恐るべし歌舞伎役者たち!
主役の堺雅人も大変に好演だけど、特に脇を固める共演陣が素晴らしいです。
悪役も小悪党も嫌味な上司も半沢の友人たちも……皆、魅力的に描かれているのも大きいです。
特に悪者!上司に媚へつらい上におべっか下に意地悪く厳しい連中の魅力的なこと!(笑)

舞台を中心に活躍する役者が沢山出ていたのも嬉しいし、
新しい役者を沢山知る切っ掛けになったドラマでもあります。
皆さん、大芝居、小芝居、持ってるテクニックを存分に発揮出来て楽しかったんじゃないかな。

最終回が昨日放映されました……なんだか淋しくなります。

今、カバンの中に「半沢直樹」の原作の「オレたちバブル入行組」と、
「オレたち花のバブル組」「ロスジェネの逆襲」が入っています。
いい台詞が盛り沢山です。

 「仕事の質は、人生そのものの質に直結しますから」

肝に命じました。


今日の写真は随分前にパリはオルセー美術館で取った1枚。
このころはデジタルカメラなんてなかったから、
フィルム1眼レフと予備のフィルム持って歩き回っていたなぁ……。
出世、出世……人事に戦々恐々とし、1つしくじれば片道切符の出向。
上るだけ上らされて梯子を外される生き馬の目を射抜く世界。
激しい椅子取りゲームを繰り広げるサラリーマンの悲哀。
続編……出来るでしょうか。出来ますよねぇ……。
あのラストシーンはスグに新シリーズ作る気満々の終わり方。
原作、素晴らしいし、テレビ局ってえげつないですから(笑)
それにしても土下座や謝罪シーンが多いドラマだったなぁ……。


2013年9月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-23 00:00 | 映画館へ行こう。

露出。

e0044929_20264347.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

暑い、暑いと呪文のように唱えた夏も、
そこここに秋の気配を感じるようになり、ホッと一息ついていますが、
暑さ寒さは全然へいちゃらな僕でさえキツかった今年の夏。
暑いのが苦手な方はさぞかし大変だったことでしょう。
昔、温帯だった日本も既に亜熱帯と化し(笑)美しい四季のバランスも崩れちゃった。
ガジュマルやカポックが当たり前のように街路樹化しています(笑)
カポックなんかじゃんじゃん花咲いているものね。

さて、暑さ対策も皆さんそれぞれですね。
各々の体質や日々の暮らし方にもよります。仕事に出る人、家を守る人……。
僕は仕事で家を空けますから、作業中をいかに快適に過ごすか腐心します。
お客さまと会う時にあまり失礼な恰好も出来ないし、
幾ら暑いとはいえキチンとした身なりを心掛けています。
だから休日は楽な恰好で過ごしたい!人情ですよね。
休日の過ごし方も随分と変わってきました。時間が勿体ないと思っちゃうのね(笑)
マメマメしく外に出るようにしています。 着る洋服も随分と変わってきました。
お洒落に気を遣っていた若かりし頃、一昔前はお盆を過ぎたら長袖!
3月に入ったら冬物とはおさらば!これ、僕のこだわりだったんですけど、
こう暑いとそんな優雅なことは言っていられません(笑)
暑くて暑くて長袖どころかジーパンも履けなくなってしまいました。
今やショートパンツね!楽チンだものねぇ……昔はあれほどバカにしていたのに。
したがってソックスも踝までのものに。膝下出してハイソックスもないし(笑)
こちらも死んだ母がよく履いていた奴みたい……。
あんなの「オバさんが履くもの」って小馬鹿にしていたのにね(笑)

今年は買いましたよ、ショートパンツ!(笑)
昔の僕だったら足を出すなんて考えられないけどね。
美しいお御足が栄えるよう、あぁだこぅだあれこれ買ってみました。
写真はその一部なんですが、考えてみたら夏の間の休みはせいぜい10日間。
果たして全部、履くことが出来るのか?(笑)

来年はさらに暑くなり、ショートパンツですら耐えられなくなったら?
取り敢えずは膝上10センチ、15センチと丈が短くなり、
仕舞には小学生の頃に履いていた半ズボンくらいになっちゃったりして(笑)

はい?そこののあなた、何ですか?
いえいえ、履きますよ、ピンクのショートパンツ(笑)
来年はピンクのショートパンツにTシャツが暑かったらタンクトップ?
それでも暑かったら、ブラジャー男子ってのもいるみたいだし(謎)
レディー・ガガみたいに貝殻のブラジャーでもしようかしらン(笑)
ピンクのショートパンツに貝殻のブラジャーのオッサンを見掛けたら声掛けてね!
耳を掻いているのは夏でも毛皮のきん!


2013年9月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-19 00:00 | Raindrops on roses。

愚連隊。

e0044929_7363179.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、見てください!
何を?って、今日の写真です。ううん、違うの違うの。
キクちゃんとこうちゃんの名古屋城の金の鯱鉾みたいに可愛らしい姿じゃなくて、
2匹の下にチラッと見えている額縁、僕が就職した頃に、
2ヵ月分の給料くらい、清水の舞台から飛び降りる覚悟で大枚叩いて買った、
ジャン・ジャンセンの「納屋」が入っている額縁。

これは僕が自分で作った額縁なの。
当時、まだ若林に店舗があった「GALLUP」で廃材を買って来て作ったのね。
わざわざ節のある所を残すように切って貰って、組んで、自分で塗装して……。
上の部分、チョッとベージュになっているのが見えるでしょう?
ここ……本当は他の部分と一緒でグレーなのです。
もうお分りですね?チンマリ両端でリラックスしているこいつら!こいつらが犯人!(笑)
ハッと気が付いた時には後の祭り。バリバリでございます(笑)
悪友は「この方が風情があっていい。」なぁ〜んてバカなことを言いますが、
額縁だけじゃないのね。バカラのグラス6客は染香に後ろ足で蹴り割られ(号泣)
ルイ・ヴィトンのバッグやお気に入りだった「ZARA」の革のコートはきんのオシッコの犠牲に(苦笑)
折角リフォームした家も、クロスをはじめ床も何もかもボロボロよぉぉぉぉ〜ン(笑)
一番、頭に来るのは仕事用の靴がこいつらのお陰でボロボロにされること。
パパはこの靴を履いて君たちのご飯代を稼ぎに行っているのだよ!
もっとも、染香にガジガジ齧られた「agnes b.」のコートは捨てられないのだけど……。
まぁ、いいんですけどね。直るものは直せばいいんだし、
買い替えられるものはまた買い替えればいいんだし……。

で、この前、またまたシビレちゃったのは、
春は4月の下旬に麻実れいさんの「しゃばけ」を観に行ったのね。
人気コミックの舞台化、時代は江戸時代と言うことで、
友人と示し合わせて着物で観劇と洒落込んだ訳です。
着物はあれにして、襦袢は?帯は市松のお気に入りにして……そうそう、カバン、カバン!
リフォームした時に無理を言って作って貰ったウォークイン・クローゼット……。
今では山のような洋服でウォークイン出来ないクローゼットと化していますが(笑)
その中に無理矢理分け入り(笑)着物用にわざわざ買ったカバンを取りに行くと……。
e0044929_7364722.jpg

大きくお見せする代物じゃありませんので小さなサイズで(笑)
ようやく探し出して(発掘して)見た瞬間……。

 「・・・・・・・……。」

僕の気持ち分かって戴けますよね(笑)
やっぱり犯人はこいつら(笑)愚連隊2匹でございます。
こうちゃんは丸々と太り、別名「デブリーヌ」と呼ばれています(笑)
そして相変わらず指一本触れさせてくれません。
キクちゃんは忽然と姿を消して以来サッパリ。煙のように消えちゃいました。
まぁ、猫と暮らすのは大変!(笑)出るのはため息とお金ばかり、
猫の爪は伸び放題、キランキランに尖っています(笑)


2013年9月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-15 00:00 | 猫が行方不明。

そりゃそうだ!(笑)

e0044929_17502143.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「あたしねぇ……なかなかいい写真撮れないのぉぉぉぉぉぉ!」

その楽しそうな声の方を見てみる。

5月の薔薇満開の黒田邸でのこと。
満開の薔薇の海に満面の笑みを浮かべながら満足げな薔薇マダムが漫然と4人(笑)
ケーキを口一杯に頬張りながら会話を楽しんでいる……。
僕はと言えば、久し振りに会った仲間と会話をする時間をも惜しんで、
必死に写真撮影の真っ最中です。だって、光がスグに変わっちゃうから。

 「・・・・・・いい写真が撮れない?そりゃそうだ!」

一人ごちながらさらに写真を撮り続けます。


ここ数年、特にブログが全盛になってから、カメラを持つ人が増えました。
カバンの中に常にカメラ、それから携帯電話のカメラも随分と性能が良くなりましたし……。
今やブログやSNSには写真が絶対に必要、写真がない記事なんて見付ける方が難しい?
何でもかんでも取り敢えず写真に撮っておこう!そんな時代になってきましたね。

有り難いことに、僕の写真を誉めてくださる方も多いです。
今のカメラはシャッターを押せば余程のことがない限り何かしら写るようになっています。
アマチュアの進出で、プロが一番困っているのは写真の世界ではないでしょうか……。

さて、皆さんが誉めてくださる僕の写真ですが、
別に漫然と撮っている訳ではありません。前に記事にしましたけど、絵を描くように……です。
一番大切な美しい光線は、その時の天候や時間帯によってままならないことが多いです。
次に構図……これも美しい光線に負けず劣らず大事だったりします。
フレームの中でいかにキッチリ構図を取るか、
テーマ(被写体)を際立たせるにはどうやったら一番効果的か……。
他に背景の処理、色味、被写体の選択など、
いい写真、自分にしか撮れない写真を撮るには大変な苦労があります。

どっかり重たい身体を椅子に沈めてケーキを頬張っていたんじゃ、
いい写真なんか撮れる訳がない!(笑)先ず、シャッター押さなきゃね!(爆)
フットワークは軽く、先ず自分の足で動かなきゃ。

何事もそうです、二兎を追うもの一兎も獲ず……。
何かを極めるには大事なものを犠牲にしなきゃいけないことが多いです。
NORAの景子さんなんか今井さんや僕の後ろにくっ付いて、
どうやったらいい写真が撮れるか、同じ所から写してみて研究しているものね。
向上心?やっぱりそうでなきゃ何事も上達はしません。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「王さまぁ!お茶が入りましたよ!」

テラスからお上品なMayのお姐さまが大きな声で僕を呼びます。
最近なぜか僕のことを「王さま」と呼ぶ人が増えています(笑)
7月の山中湖は塚原邸でのこと。河合さんの講習会の日のことでした。
暮れなずむ塚原邸の庭は物凄いことになっています。
昼間に草花が僕達に絶対に見せない特別な表情。ヒミツの時間、逢魔が時……。
いかに夏とはいえ、アッと言う間にシャッターが切れなくなってしまいます。

 「おぉ〜っほっほっほっほっほっほっほっほっ ♪」

ガラスを多用したT邸の中からはガラスがビリビリビリビリビリ響くような、
大きな笑い声が聞こえてきます(笑)・・・・・・物凄い声量。

 「あぁ、もう少し……。」

でも、絶対に人前では大声など出さない上品なMayのお姐さま、
乳母日傘&深窓の元令嬢+箱入り元娘のMayのお姐さまが、
自分の流儀を曲げ、1番苦手なこと、大きな声を出して呼んで下さっています。
お待たせしてはいけない、きっと恥ずかしい思いをしていらっしゃる……。

 「大変、早く戻らなきゃ……。」

もう1枚、もう1枚……あっ・・・・・・ここで鼻血が出てきました(笑)
慌てて戻りかけて後ろ髪を引かれ、もう一回戻って鼻を押さえながら撮ったのが今日の1枚です。
青いですね……暗くてシャッタースピードが遅くてピンが甘いです。
データを見ると午後6時48分……でも記念にそのまま載せますね。
でも、これはギリギリまで粘った僕にしか撮れない1枚。
大声で笑い、口一杯にケーキを頬張っていたのでは撮れない1枚(笑)

この日、嬉しかったのは、講習会のあと、
皆でお茶を戴きながら和気藹々と楽しく談笑していました。
その時、合図するでもなく、どちらからともなく、
写真家の今井さんと僕がカメラを持って同時に立ち上がったのです!
これはね、凄く嬉しかったですよ。だって、自分の感覚が間違っていないんだもの。
勿論、撮る写真では全く敵わないけれど、写真に対する姿勢?
美しい光線のタイミングを今か今かと待っていたって言うことでしょう?
そんなこんな、今井さんとはあまり写真についてお話しする機会もないけれど、
いい写真を撮りたいって言う気持ちは一緒?なんかね、チョッと嬉しかったの。

 「おぉ!カメラマン・チーム出動か!」

じゃなくって!自分もカメラを持って外に出なさい!
そうじゃなくってもいい写真がなかなか撮れないんでしょう?(苦笑)

写真……そういうもんだと思います。


2013年9月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-10 00:00 | 私はカメラ。

日光けっこう……なんだけど。

e0044929_2004085.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

前にも書きましたが、お園が行方不明らしくて気がきじゃなくて……。

いっそ、その日の最終で帰ろうか、それとも翌朝の始発で帰ろうか……。
あれこれ思案しましたが、結局、折角、来たんだし、友人に留守宅を頼んだし、
ささっと東照宮を見学してから早めに切り上げて帰ることにしました。

バイキングで食べ切れない程の朝食を摂り(JR駅前のホテルはなかなかGOOです。)
心配ごとがあっても食欲はあるのね。勿論、米一粒残しません!
バスに乗っていそいそと西参道に向かいます。
この日の予定は、先ず、輪王寺大猷院から日光二荒山神社を回り、
東照宮そして、日光山輪王寺を見て午前中に帰路に着くというコース。
e0044929_19595367.jpg
e0044929_200107.jpg

先ずは人影少ない輪王寺大猷院(だいゆういん)を歩きます。
誰ともすれ違わずほぼ貸し切り状態(笑)こちらも修復が始まっていました。
上の2枚目と3枚目の写真の、廣目天と持国天は非常に素晴らしい造形ですね。
力強くて像のバランスもいい。なかなか気に入っちゃって何枚も写真に撮っちゃった。
足場が組まれていて正面から撮れなかったのが心残りですが……。
日光二荒山神社はささっと流していよいよ東照宮に向かいます。
いやいや、ピッカピカですねぇ……あまり趣味じゃないかも、東照宮(苦笑)
陽明門がまたまた修復中でした。前に来た時もそう。40年ぶりに来てまたまた修復中……。
次はいつ来るか分からないし、これは一生見られないかも(笑)
陽明門は小学生の頃にプラモデルを作った覚えがあります。
何だか地味で変な子供?自分でもそう思います。

それまで殆ど人に会わなかったののに、東照宮に来ると物凄い人、人、人……。
ご存じのように東照宮は世界遺産に登録されていますが、
僕、なんだかこんなんでいいの?って思っちゃうのね。
例えば、修復の際の足場の組み方とかね……。
勿論、いずれはキッチリと見えないようにシートで覆われるんだろうけど、
むき出しの単管が彫刻や柱ギリギリに組まれていたり、
作業途中の脚立が投げ出してあったり、軍手やブルーシートが落ちていたり。
仕事が出来る本物の大工って作業現場が綺麗なんですよね。
仕事仕舞いにはキッチリ掃除して終わる……だけどここはどう?

一事が万事この調子だとねぇ……それもこれも、修復の作業を引っ括めて世界遺産だし、
こんなぞんざいな仕事でいいの?って思っちゃう。
石の塀の向こう側はゴミ捨て場みたいに汚いしね。
僕が視察したらチェック・シート50枚くらいになっちゃう(笑)
それからアクリル板を彫刻や手を触れられたくない場所の前に貼ってあるけど、
あれも何だか汚らしいと思うのは僕だけでしょうか。
固定するにあたってビスで留める訳でしょう?ようするに国宝に穴が開く訳です。
それから陽明門の修復現場。剥がした塗料があちこちに散乱していたけど、
考えてみたら修復ってどんな人たち、どのような権威と技量を持った人たちがあたるの?
昔、親友とアルハンブラ宮殿に行った時、
ごくごく普通の作業員のお兄ちゃんが壁面の繊細な彫刻を弄っていたけど(笑)

手を掛けてピカピカにすることによって当時の面影を再現し、
かえって歴史遺産としての価値がなくなるんじゃないか……僕はそう思うの。
世界遺産に登録されると修復の仕方、手続きも色々と煩くなる、
勝手に何でも出来なくなるでしょう? 何がなんでも滅びないようにする必要あるのかな?
白蟻被害で土台からメチャクチャになっちゃうのは何だけど、
いつまでも極彩色、ピカピカにしておく理由は?必要あるのかな?
経年の美……それを一番理解して価値を正しく評価し、
愛することが出来るのは日本人のもっとも世界に誇れる美的感覚のハズなんだけど……。
奈良、薬師寺の西塔が建立当時のままに再建されましたが、
1300年の風雪を経た東塔の美しさには到底適いません。
e0044929_2003881.jpg

最後に立ち寄った日光山輪王寺の黒門(1枚目と最後)……。
部分の写真ですが美しいと思いませんか?

日光けっこうだけど、ブノワ。さんはもう日光はけっこうかな(笑)


追伸、そろそろ「Under the Rose。」も再開します。
   この週末かな?怒濤ですよ、怒濤(笑)
   お茶とお菓子を用意してパソコンの前に座りましょうね!



2013年9月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-07 00:00 | 旅の栞。

思い立って、フラリ日光一人旅。

e0044929_733483.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕は所謂、撮り鉄ではありませんが、電車が好きです。
小さい頃から旅客機とか客船とか電車とか……。
仲間が戦闘機や戦艦に血道をあげている中、
人を運ぶ乗り物のプラモデルを作って遊んでいました。
零戦とか戦艦大和じゃなくって、コンコルドとかクィーン・エリザベス2世号とか(笑)
そうだ、姫路城とか薬師寺の東塔とか……そういうのも好きだったなぁ。

旅客機や新幹線や特急列車……夢があって好きなんです。
世界最速ではないけれど、新幹線の凄いところは早さだけでなく、
あの分刻みの間隔で運行され、 開業以来、無事故を誇るあの素晴らしいシステムなのね。

近鉄の特急のデザインの素晴らしさとか、
踊り子号の斬新さとか小田急ロマンスカーの昔の車両の優美さとかね。
今は新しいデザインになってしまいましたが、
日光に行く特急「けごん」のサンド・ベージュの車体に期待を膨らませたものです。

さて、旅行は鉄道の旅に限る……そんな僕ですが、行ってきました、
スペーシアに乗って日光に!かれこれ40年ぶり?(驚)
共働きの両親に代わって夏休みと冬休みを母方の伯母の家で丸々休みを過ごしていた僕は、
自分の娘3人と分け隔てなく可愛がってくれた伯母に、
どこへでも一緒に連れて行って貰っていたのです。
日光もそう。子供心に華厳の滝の雄大さや、竜頭の滝、湯の滝……。
東照宮の極彩色……初めて見る風景に心踊らさせたものです。


初日は駅に着くとそのままバスで戦場ヶ原に向かいました。
いろは坂……懐かしいなぁ。いいネーミングですよね。
死んだ母は車に弱く、いつも酔ってしまうのですが、いろは坂でも大変でした(笑)
一方、伯母はまったく車酔いとは無関係の人。

 「お前、車の揺れに逆らっちゃダメなのよ。
     踏張ると胃袋が体と反対に行っちゃうから気持ち悪くなるの。」

楽しそうに母に話し掛け、車に揺られる伯母の姿が懐かしいです。

戦場ヶ原から竜頭の滝まで散策してバスでいろは坂を下り、日光植物園まで……。
先ずは涼しい風に吹かれながら撮影した戦場ヶ原の風景を御覧くださいね。
e0044929_7395314.jpg
e0044929_7392625.jpg
e0044929_739838.jpg
e0044929_738547.jpg
e0044929_7383587.jpg
e0044929_7382854.jpg
e0044929_738157.jpg
e0044929_7374487.jpg
e0044929_7365332.jpg
e0044929_737940.jpg
e0044929_7365259.jpg
e0044929_7364734.jpg
e0044929_736293.jpg
e0044929_7361048.jpg
e0044929_7355763.jpg
e0044929_7352381.jpg
e0044929_7351516.jpg
e0044929_7345079.jpg
e0044929_734122.jpg
e0044929_734367.jpg

次は人影少ない日光植物園……山を下りたら物凄い湿気でした(苦笑)
ハンカチで汗を吹き拭きそぞろ歩いた写真です。
園内中央に池があってね、鴨が泳いでいました。
e0044929_7494276.jpg
e0044929_7493083.jpg
e0044929_7491186.jpg
e0044929_7481481.jpg
e0044929_7475799.jpg
e0044929_7475467.jpg
e0044929_7472636.jpg
e0044929_747680.jpg
e0044929_7464279.jpg
e0044929_7462371.jpg
e0044929_7461686.jpg
e0044929_7455584.jpg
e0044929_7452754.jpg
e0044929_7451015.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

如何でしたか。いやぁ……空気の美味しいことと来たら!
戦場ヶ原ですれ違う人たちと何回、挨拶したでしょう……。
見ず知らずの人と笑顔で挨拶……旅先ならではかな?
そう言えば、皆さんクマ避けの鈴を持っていたけど、あれはどこで手に入るの?
こんなに人がいるのにクマが出る?バカにしていたんですが、
写真にもあるように目撃情報もチラホラあるみたいです。
クマと遭遇したら背中を見せて逃げず後退り……みたいな注意書きもあって、
何だかドキドキしてきた時、 一枚の看板が目に入りました。

 「クマ注意 2013/8/16目撃」

って!それって昨日じゃん!(笑)
辺りには誰もいないし、そそくさとその場を立ち去ったのでした。


2013年9月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-04 00:00 | 旅の栞。

細道の奥には……。

e0044929_6404891.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、素晴らしかった「GARDEN SHOP LEAF HOUSE」を後にして向かったのは、
最近、評判の素敵な庭をやってらっしゃるKさんのお宅。
こちらも野良猫景子さんの紹介&「GARDEN SHOP LEAF HOUSE」の、
オーナーご夫妻の知り合いですから間違いありません!
簡単な地図を見ながら走るものの、相当に分かりにくい……らしいと評判でしたから不安でした。
桜の木のところを左折……つったって!(笑)
何しろ運転はポプラの樹をイチョウと間違えるガーデン評論家のあけ大先生(笑)
花がとっくに終わったこの時期、果たして樹形と葉だけで桜の樹を判別できるのか?(笑)
まぁ、そこは3人集まれば姦しい……じゃなくて(僕、女じゃないし)
派閥が出来る?じゃなくて文殊の知恵?(笑)
スグに曲がるポイントは分かったものの、本当にここでいいのか……。
車の轍だけが二筋ほど砂利道になっている鬱蒼と雑草が生い茂る細い道を入ります。
くねくねくねくね……違っていたら帰りはバックだな(笑)
脱輪しようが傷だらけになろうが、どうせあけの車だから気にもしていませんでしたが、
暫らく行くと、どん突きに何やら素敵な家が見えて来ました!
今までの3人の不安はどこへやら(笑)

 「あっ!あそこ!」
  
 「ここよぉ!ここここぉ!」

急に元気になる単純な3人(笑)やっぱり美しい庭は匂うのね。
アンテナがピピィィィィ〜ンと立っちゃう。
凄い、凄い!こちらも若いご夫妻が手入れをされている素晴らしい庭でした。
家の奥に林、右手には常緑の牧草地が広がっています……はぁ、なんて素敵なんでしょう!
海外で評価の高い庭園って庭だけ良くてもダメなのね。
植栽に加えて建物の美しさと庭の歴史……総合点で評価されます。
今日の1枚目の写真!Kさんのお宅の素敵なことときたら!
自分達の希望を知り合いの設計士に伝えて形にしたそうです。
e0044929_6472317.jpg
e0044929_6465367.jpg
e0044929_6461242.jpg
e0044929_645153.jpg
e0044929_646576.jpg
e0044929_6454564.jpg
e0044929_645416.jpg
e0044929_6445211.jpg
e0044929_6442898.jpg
e0044929_645657.jpg
e0044929_6435643.jpg
e0044929_6434164.jpg
e0044929_643465.jpg
e0044929_6425177.jpg
e0044929_6434232.jpg
e0044929_6433838.jpg
e0044929_6431618.jpg
e0044929_6422880.jpg
e0044929_6424249.jpg
e0044929_6424496.jpg
e0044929_6421620.jpg
e0044929_78936.jpg
e0044929_6421862.jpg

ご夫妻には突然お邪魔したのに案内して戴いちゃって……。
美味しいカップケーキとお茶をご馳走になっちゃいました。
何でもゆくゆくはカフェをやりたいそうですが、既に可愛らしいカフェの様子の1階。


暑い暑ぅ〜い酷暑の那須高原でしたが、
素晴らしい庭と2組の優しいご夫妻に触れて大満足の小旅行となりました。
帰りはどう考えても、楽観的な僕でも、どう甘く見積もっても渋滞は必定。
チャッカリ那須塩原から新幹線で一人帰ってきました(笑)
僕が帰宅した頃、あけとMayのオネエさまは野鳥の森辺りをノロノロノロノロ……。
どツボにハマってサァ大変!女二人旅、帰りの道中ご苦労であった!
あはははははははは!おほほほほほほほほほ♪


2013年9月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-09-01 00:00 | 旅の栞。

那須は茄子色ヨン。

e0044929_16171419.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

お園がまんまと脱獄を決めた金曜日(笑)
召使のあけとMayのオネエさまと那須に避暑と洒落込んで参りました。
朝夕、このところ拍子抜けするくらいに過ごしやすくなりましたが、
お盆の1週間は猛烈に暑かったですからね。
僕、よく言うんですが、気温が高いのは構わないんです。
湿度がねぇ……もう有り得ないくらいに高い(苦笑)
サランラップでグルグル巻きにされて蒸籠で蒸されたような……。
息しても酸素が肺に入って行かない感じ。
折角の8連休。前半は野暮用で予定がビッシリだったけど、
こりゃぁ、避暑に行くしかないじゃん!?(笑)

召使のあけに、

 「余をどこか涼しいところに連れていくように!」

王さま命令出してみました(笑)

出てきた案が「ひやりひんやり鍾乳洞」とか
「軽井沢の千住博美術館」とか「日帰り温泉ツアー」とか……。
軽井沢はチョッとアレだし(笑)鍾乳洞?八つ墓村ごっこじゃないんだからさぁ(苦笑)
ダメだこりゃ!あけは旅行会社の企画は勤まらないな(笑)
そんな折、いつも楽しみに読ませて貰っている、野良……じゃない、
Nora 景子さんのブログに遊びに行ってみると……。
何やら素敵なガーデンが載っているではありませんか!
なになに……「GARDEN SHOP LEAF HOUSE」?HPも載っています。
早速、確認してみると……素敵、素敵!これこれ!これぞ避暑地のイメージ!(笑)
場所を見ると那須……な、な、な、那須、那須、那須高原!
ほほほほほほほほほほほほほ ♪ これぞホンマモンの避暑地じゃないかいなぁ。
美しい庭と聞けばどこでも出没する景子さん直伝……これは確かかも!
早速、あけに連絡して段取りをするように命令しました(笑)

那須高原……長い人生で初めて訪れます。高原……何ともハイソな響き……。
何だかドキドキ、はやる思いは着ていく衣裳も気になります(笑)もしかしてヒンヤリ?

 「そうだ!折角、那須に避暑に行くんだから、
      ダナ・キャランの茄子色の開襟シャツをおろそう!」

肌寒かったらどうしよう……首に巻くストールとか?あれこれ考えたけど、
結局、下はアバクロンビー&フィッチのショートパンツ。

ウキウキドキドキルンルンランラン、小走りスキップで訪れた那須高原は…………。
酷暑でしたぁぁぁぁぁぁ!(涙) あぁぁぁぁぁぁぁぁ……暑い!(笑)
折角のダナ・キャランが汗ビッショリだよぉ〜ん(苦笑)
Tシャツと違って、素肌に着た麻混の綿は肌にピッチリ貼りつくようで気持ち悪い……。
そうだよねぇ、暑苦しさ満点、不快指数な面子でお出ましだもの、
気温も上がろうと言うもの。 ま、いっか。先ずは、腹が減っては戦はできぬ……。
ボリュームたっぷりのブランチを摂り、いざ「GARDEN SHOP LEAF HOUSE」に出陣です。


渋滞を抜けると別天地が待っていました。 おぉぉぉぉぉぉ、素敵、素敵、素敵!
3人はいきなり暑さも渋滞のイライラも忘れてミツバチに変ぇ〜ん身!
あっ!僕は愛らしいミツバチだけど、Mayのオネエさまはみなしごハッチのママで、
あけは狂暴なスズメバチかな(笑)

若いご夫妻がやっている「GARDEN SHOP LEAF HOUSE」は、
苗やガーデン雑貨も充実した素敵な店でした。
実際に広い庭で育てて植栽を見せてくれ、色々なアイデアが満載。
ポイント、ポイントはとてもセンスが良く、とてもフォトジェニック!
汗ビッショリになって必死で撮った写真、御覧になってくださいね。
今日も枚数……多いです。55枚ですよ、覚悟の程を!(笑)
e0044929_16323416.jpg
e0044929_1632230.jpg
e0044929_1632175.jpg
e0044929_16314031.jpg
e0044929_1631373.jpg
e0044929_16304473.jpg
e0044929_1631761.jpg
e0044929_1630730.jpg
e0044929_16295543.jpg
e0044929_16293337.jpg
e0044929_16292645.jpg
e0044929_1629497.jpg
e0044929_16293360.jpg
e0044929_16283016.jpg
e0044929_16281270.jpg
e0044929_16284566.jpg
e0044929_16271326.jpg
e0044929_16274175.jpg
e0044929_1627252.jpg
e0044929_1627320.jpg
e0044929_16261053.jpg
e0044929_16255577.jpg
e0044929_16255054.jpg
e0044929_162511100.jpg
e0044929_1625196.jpg
e0044929_1624505.jpg
e0044929_16245248.jpg
e0044929_16245631.jpg
e0044929_1624324.jpg
e0044929_16242388.jpg
e0044929_16231013.jpg
e0044929_16231075.jpg
e0044929_16231537.jpg
e0044929_16223985.jpg
e0044929_1622238.jpg
e0044929_16223486.jpg
e0044929_16215466.jpg
e0044929_16212180.jpg
e0044929_16211870.jpg
e0044929_16203712.jpg
e0044929_16204872.jpg
e0044929_1620557.jpg
e0044929_16195047.jpg
e0044929_16195232.jpg
e0044929_16191687.jpg
e0044929_16192152.jpg
e0044929_16184746.jpg
e0044929_16183390.jpg
e0044929_16185654.jpg
e0044929_16182232.jpg
e0044929_16174396.jpg
e0044929_16181649.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

如何でしたか。素敵ですよねぇ……。
1枚目の写真、大好き!Mayのオネエさまがお買い上げになった赤いバケツってこれ?
しかし山吹色が美しいですね。黄色は夏の色ですが秋に繋がる色でもあります。
こちらのお庭は四季を通して見せて戴くことにしました! 勝手に決定!(笑)
e0044929_16343758.jpg

最後の1枚、何かいるのが見えますか?中央の下の方……。
小さいので目を凝らさないと分かりませんよ!(笑)
もうこれ以上は無理、50ミリ単焦点の限界でごザいます。
正解の方には豪華プレゼントを用意……してありません!あははははは!(爆)


2013年8月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-29 00:00 | 旅の栞。

9日ぶりに……。

e0044929_7324791.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さんへ。

沢山の応援メール、お気遣いのメッセージをどうもありがとうございました。
お陰さまで、昨日の夕方、お園を無事に保護しました。
これも皆さんが送ってくれた念力、気、声援、心配して下さった優しい心のお陰だと思います。
本当にありがとうございました。ホッとしています。
チョッとPCの調子が悪くて報告が遅くなりましたがお許し下さいね。


さて、忽然と姿を消し、9日間、全く姿を見せなかったお園……。
その日は思わず仕事が早く終わり、寄り道をしようかどうか迷ったのですが、
矢張りお園のことが気掛かりで直帰しました。荷物を置き、着替えをして、
近所の見回りに行こうかと思った矢先、フと1階の出窓の外に目をやると……。

お園がお隣との境の塀をチョロチョロ歩いているではありませんか。
その塀は手を伸ばせば届く距離、慌てて、だけどお園を驚かさないように、
窓を開け「園ちゃん!園ちゃん!」呼んでみました。
ととととととととと……向うに走り去り、角を曲がって顔だけ出してこちらを伺うお園。
9日間の大変な思い、コワい思いもしたのかな?なかなか呼んでもこっちに来ません。
大好物の鰹節でおびき寄せ、ようやく取っ捕まえる事が出来ました(笑)

9日目の保護……幸いに怪我もなく、お腹を空かせた様子もありません。
真っ白の身体の園ちゃん、どこか薄汚れた感じがしましたから、
取り敢えず爪を切ってスグにお風呂。園ちゃん生まれてこの方2回目の入浴と相成りました。
園ちゃん絶叫!浴槽で犬かき(笑)今も花王石鹸の匂いがします。

9日間もどうしていたんでしょう……。
この炎天家で9日間もご飯を食べなければ死んでしまいます。
矢張り、外に出ちゃったものの戻れずに、ウロウロしているところを誰かに保護され、
暫く面倒を見て貰ったものの、また拾ったところに捨てられた……そんなところでしょうか。
お園に9日間の様子を聞くことは出来ませんものね。

お園は入浴後、毛繕いしながら半分ほど乾いたところで爆睡(笑)
4時間ほどタップリ寝てから軽いご飯を食べました……。
可哀想に今も寝ている時にチョッとうなされたりします。
きっと外にいる時にはゆっくり熟睡出来なかったんでしょうね。

念のため、時間を作って病院に連れて行く積もりです。
さて、この先も脱走対策をしっかり取らなければいけませんね。
皆さん、色々と教えて下さいましたが、首輪は猫たちが物凄く嫌がるし、
小さな身体に異物を入れるマイクロチップという選択肢は僕にはないのです。

本当にご心配をおかけしました。
温かいメッセージを下さった皆さんのこと、ズッとズッ〜と忘れませんからね!
少し落ち着いたらブログを再開する積もりです。下書きしてある記事、沢山あるの(笑)

取り急ぎご報告でした。皆さん、本当にありがとう!


2013年8月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-26 00:00 | 猫が行方不明。