「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

お園。

e0044929_1512637.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、お元気ですか?
残暑、厳しいですね……物凄い湿度。夏バテなんかしていませんか?
でも、朝夕の風は少し涼しくなってきたような気がします。
ビールも秋味、秋限定の商品が並んでいるし(笑)

さて、僕は相変わらず……と、書きたいところですが、
先日、チョッとブログの夏休みのお知らせをしたばかり……。
まだ復帰じゃないんですよ。 もうチョッとお休みします。
だけど書き方が悪かった?皆さん心配して電話やメールを下さって……。
メールの受信トレイが大変なことになっちゃってます。
珍しくコメント欄を閉じていたのもいけないんだと思いますが……。


今日はブログをお休みする理由をキチンと書いておかなければ……と思い、
どっこらしょ、よっこいしょ!……漸く重たい腰をあげた次第です。
夏バテもしているし忙しいのも事実は事実なんですが、
実は一番の理由は、11年、可愛がっていたお園がどこかへ行ってしまったんです……。
お盆休みの最後の週末は、金曜日に日帰りで那須、土日で日光一人旅でした。
金曜日、僕が那須に行っている昼間、どこからか脱走し、
それきり行方が分からなくなっちゃったんです。

那須に行く日の早朝。いつものようにPCの前に座っている僕の膝の上に乗ってきて、
「クルクルクルクル……。」甘えてくるお園。
暫く遊んであげてから始発で待ち合わせの八王子に向かいました。
夜、帰り道の渋滞は必定、時は金なりで新幹線を使って早めに帰宅すると、
お園の姿が見当たりません。翌日は日光へ一人旅の予定でしたから、
早めにベッドに入ったんですが、やっぱり気になって……。
一度、起きて家中、名前を呼んで歩いてみました。
でももう夜だし、どこかで寝ているのだろうと思い、
翌朝に姿が見えない一抹の不安を胸に日光に向かうスペーシアに乗ったのです。

戦場ヶ原をそぞろ歩き、日光植物園を散策するものの、矢張り不安が頭をもたげます。
友人にお願いして見に行って貰ったんですが、矢張りどこにもお園の姿は見当たりません……。
どうしたんだろう……具合が悪くてどこかに隠れているんだろうか……。
翌日は早々に予定を切り上げ、走るように家に帰り確認しました。
必死に探しましたが矢張りお園の姿はどこにもありませんでした。
いくら引っ越しの荷物が未だ片付いていなくて散らかっている家とは言え、
真っ白な猫、一匹、いくら何でも1週間も隠れおおせる訳もありません。
有り得ないことでしたが、残るは脱走したとしか考えられませんでした。
でも、どこから?一体どうやって?

翌日から朝夕の近所の見回り、犬の散歩をしている人に聞き込み、
「探し猫」の貼り紙、各所への電話の問い合わせをしましたが梨のツブテ。
土木事務所(木曜日に該当する猫がいるからと確認に行きました。)も清掃局も情報なし。
お園、忽然と姿を消しちゃった。 小心でビビリだけど人懐こくて、
小さくて綺麗な子だから外をウロウロしていて誘拐されたのかな?

今ね、何も手に付かないの。誰とも会いたくないし話したくない。
パンパンのスケジュールの仕事は仕方なくどうにかこなしているけど……。
ここ一週間、誰とも話していません。先々の予定は暫くの間は全てキャンセル。
母が死んだ時よりも落ち込んでいます。病気で覚悟が出来ていた訳じゃないから。
いきなり何の前触れもなく姿を消すなんて。
僕の初めての猫の染香はお星さまになる日の朝の4時に呼吸が止まり、
人工呼吸と心臓マッサージをして蘇生させ午後2時まで抱っこして最期を見取りました。
カトリーヌもそう。最期は僕の腕の中でお星さまになりました。
なのにお園はいきなりいなくなっちゃった……仔猫の時から11年一緒に暮らして、
いつも僕の後をチョロチョロくっついて来て肩に飛び乗ったり、
膝に乗って来てしがみついて抱っこ抱っこ抱っこ。
下から僕を見上げる瞳のどこか不安げで何か物言いたげな影が脳裏に焼き付いています。
猫はどの子も等しく愛情をかけているけど、お園が一番僕に依存している子だったし
一番僕のことを大好きな子だったから……。

暑いのに、今、どこで何しているのかなって。お腹空かせていないかなって。
ゲリラ雨に濡れていないかなって。街を歩いていても目がお園を探してしまいます。


勘違いして貼り紙には8才と書きましたが、
よくよく調べてみると、もう11才なんですね。
11年間は長いです。毎日毎日、一緒でしたから。
これ程、足跡もなく忽然と消えてしまったからには、
矢張り外に出て誰かに連れて行かれたとしか考えられません。
ちゃんとご飯は貰っているかな?新しい家で可愛がって貰っているかな?
いつか僕の元に帰ってきてくれると信じたいけど、もし叶わないのなら、
新しい家でタップリ可愛がって貰い、生涯を全うして欲しいです。
新しい家族に沢山の愛敬と幸せを分けてあげて欲しいです……。


辛く厳しい毎日……日々の仕事や人間関係に疲れ果て、
ついつい心が殺伐としがちな毎日。猫と暮らすことによって物凄く助けられました。
愛らしい猫がいなかったら……どんな刺々な性格、キツい人間になっていたでしょう?
(だれ?これ以上?!って言っているのは……。)
特に園ちゃん!いつもチョロチョロ下から僕を見上げて抱っこをおねだり。
たった3キロの小さな体、ちっぽけな存在だけど、僕に与えた影響は大きいです。
あのチョッと心細げな眼差し……また会いたいな。
園ちゃん、怒らないから早く帰ってきなさい!


今日はお園の超美麗ポートレートの中から1番好きな写真を。
こんな記事を書くと、お園を忍んで……みたいな感じになっちゃいますが、
皆さんもお園が帰ってくるよう、念力を飛ばし、
願を掛け、気を飛ばし、タップリ祈って下さいね。
お園が無事で要るように応援していてくださいね!

そんな訳です。残念ですが、この問題にケリがつくまで暫くブログはお休みです。
メッセージ欄は開けておきますがお返事はいつになるか分かりません。
悪しからず御了承くださいね。
メールなどの私信にも返事が滞ると思いますが、どうぞお察しください。

まだまだ残暑が厳しいです。皆さんもお体を大切になさってくださいね。


2013年8月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-24 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(24)

涼しくなったら?

e0044929_19104472.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さんお元気ですか?
いやいや、真面目に暑いですねぇ……。
今も外は熱風が吹きすさんでいます。
早く涼しくなるといいですね。もうチョッとの我慢かな。

8月の下旬になり、そろそろ忙しくなってきます。
暑いし、忙しいし……他に色々あるので、
暫くの間ブログの更新をお休みさせて戴きますね。

今日の写真は一昨年の松本のカフェで撮った1枚。
どうですか、涼しい風が届くようでしょう?(笑)
皆さんも残暑に負けないように頑張って下さいね!
またお目に掛かるのを楽しみにしております。

追伸、戴いたメッセージへのお返事、
チョッと遅くなります。どうぞ宜しくお願いいたします。



2013年8月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-19 00:00 | 向き向きの花束。

2013夏、北海道珍道中……番外編。

e0044929_859419.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、北海道のレポートもいよいよ最後になりました。
最後に相応しく番外編として、大暴露大会などをチョッと(笑)

今回の旅、当初は後輩のHくんと2人旅の予定だったですが、
食いしん坊のあけを帯広は北の屋台村の「プチ・プレジール」に連れて行きたい……。
声掛けしてみました。僕の旅は軍隊並み、分刻みの強行軍のことが多いです。
あけだったら取り扱いも全く気を遣わずにラクチンだしね(笑)
旅先でお互いに気を遣わないってポイント大きいです。
まぁ、珍道中は必至、ドタバタは必定の旅になることは分かっていましたが……。
先ず、一番最初に問題になったのが早朝の待ち合わせの羽田で何を食べるか……。
軽くカフェでサンドイッチ?それともカレー?……なの。やっぱり食べ物(笑)
飛行機に乗ればまるで子供のようにズゥ〜っと窓にへばりつくあけ。
外を飛んでいる鳥から飛行機を眺めたらさぞかしコワい光景だったことでしょう(笑)
海から北海道の大地が見えはじめた時に驚愕のセリフを聞くことになります。

 「あぁ……海ぃぃぃぃっ!(ウットリ)あそこにシシャモが泳いでるのよねぇ……。」

シ、シ、シ、シシャモって!信じられませんでした。海=シシャモ。厚岸=牡蠣……。
また車で走っていると辺りに牛が放牧されています。

 「あぁ……牛ぃぃぃぃっ!美味しそぉぉぉぉっ!」って。
 
 「まぁ……ジャガイモの花、綺麗!……茹でて塩とバターがいいのよねぇ……。」

因みにその牛は乳牛だったりします(笑)
まぁ、一事が万事その調子。全てのことを食物と絡めて考える女(笑)
食物に絡めて物事を記憶する女……それがガーデン評論家あけ大先生です(笑)

僕は後輩のHくんと久し振りに会い楽しい時間を過ごし、
あけはハンサム2人に挟まれご満悦の様子。しかも、食物も空気も旨いと来ています。
人も親切、廻ったガーデンも個人の皆さんのガーデンも素晴らしい……。
私設「食べログ」の管理者、自称ガーデン評論家のあけさま、言うことなしだったようです。
「プチ・プレジール」でメニューをウットリ眺めるオトメのあけ……。
あんな嬉しそうな顔、今迄見たことないものね。
薔薇を見るより輝いていて微笑ましかったですよ(笑)



さてさてさて!ここで一つ皆さんに暴露しちゃいます!

あけ、旭川で男の子をナンパしましたぁぁぁぁっ!(笑)
先生!言い付けます!理解ある優しい旦那がいるのに若い男の子をナンパでぇ〜す!(爆)


前に僕は食べるために並ぶことが有り得ないくらい嫌いと書きました。
ところが、あけの段取りの悪さで旭川のジンギスカン屋で1時間も並ばされる羽目に(怒)
一日中、あけの子守と世話焼きでクッタクタなのに、1時間も行列。しかも立ちっぱなし!(呆)
当然ご機嫌斜めのブノワ。さま(笑)この貸しをどうやって取り戻すか?恨みは倍がえし?(笑)
イヤイヤ、10倍返しの刑だな……そんなこんなムンムンしながら並んでいると、
僕らの1人前にキャップを被った若いお兄ちゃんが並んでいることに気が付きました。
どうやらその晩の宿を検索してホテルに予約の電話をしているようです。
実は僕は僕でそのお兄ちゃんが気になっていたんです。
そのお兄ちゃん、僕が前から欲しいと思っていたアディダスの黒いスニーカーを履いていたから(笑)
いつもはししゃもとか牛とか牡蠣とかじゃがいもとか喰いもの系のあけ。
やっぱり気になっていたんでしょう。やおら隣の僕を飛び越してお兄さんに声を掛けました!

 「お兄さん、割引クーポンとか持ってるの?」

って!おいおい!やっぱり食い物で釣るかい!(爆)
お兄さん、年の頃は26歳くらい?真っ黒に日焼けしてなかなかハンサムです。
Tシャツの襟周りからは日に焼けて剥けて来た肌が見えています。
突如、話し掛けてきた肉食系の脂ぎったオバチャン猛獣に物怖じすることなく、
朗らかに笑顔で対応します。早めの夏休み、一人旅で明日は釧路からニセコに廻るとか。
結局、あけが後生大事に持っていたクーポン2種類
(たかがジンギスカンで2種類も持っているところが凄い)は、
1人客は使えないようで、残念無念、 あけさま撃沈!
北海道で若い男を釣りそびれる結果と相なりました(笑)

一人で黙々とジンギスカンを食べる若者。あけはまだ未練があるらしく、

 「アタシの分のお酒、お兄さん飲まないかしら?」って。

ジンギスカン定食にドリンク1杯、ついていたんです。
ここで若い男に入れ揚げ、帰京してから家庭騒動になっても困るので、

 「もういいから!」

止めましたよ、ブノワ。さん(笑)


帰り際、青年は肉に食らい付くあけと、優雅にビールを嗜む僕にニッコリ笑顔で一言。

 「ありがとうございました。よい旅をお続けください!」

なかなかこの台詞は言えないのね。僕ね、思うんです。
今時の、つるまなきゃ、群れなきゃ何も出来ない若者たちと違って頼もしいと思うの。
一人で旅に出る……見知らぬ他人とも上手くやり取りできる……。
これから先、行手に何かが立ちはだかってもきっと上手くやりおおせると思うんです。
将来が頼もしいです。立川に住んでいるそうです。何の仕事をしているのかな?
廻りの人に気遣い出来る心優しい青年。大成して欲しいです。

e0044929_975922.jpg

結局、色気ムンムンなクセにホテルで汗まみれのTシャツの洗濯をする、
色気の欠片もないあけ大先生(笑)やっぱり旅はズッコケでしたねぇ。

今日の写真は肉を焼く前の赤く熱された鍋。ラードが食欲をそそります。
そして一度も冷凍されずに提供される新鮮なラムの肉!
旭川の「大黒屋」……物凄く美味しかったです。また行きたいかも!
この後、皆さんのご想像の通り、壮絶な肉の奪い合いになったのでした(笑)
本当はこの記事に使いたい写真があったのですが、
(それも2枚も!見てみたい皆さぁ〜ん!個人的に言ってね!)
その写真を公表するとあけが園芸界でデカい顔が出来なくなるからボツ(爆)

だけどビックリしちゃったのは、何枚かあけの写真撮ってあげたのね。
僕、旅先で人の記念写真を撮る趣味ないんだけど、ま、サービス、サービス、いっかって。

 「綺麗に撮ってねぇ!」

 「細く撮ってねぇ!」

無理!不可能!そんなの絶対に出来ませんから!(キッパリ!)
レンズに歪曲フィルター付けなきゃ!それかフォトショップだよ(爆)
細くて綺麗なあけを撮る?????そんなの青い薔薇を作るよりも不可能じゃん!
最新記事でも往生際の悪いこと書いているし……(苦笑)
生意気に「僕に撮って貰うと横に広がって写る」とかのたまいます……ムッとするでしょう?(笑)
有り得ません、デジタルだからいいけど、フィルムだったら1枚だって撮るのは拒否!

さぁて、長々と北海道のレポートに付き合って下さってありがとうございました。
「銀河庭園」「ノーザンホース・パーク」……実はもう少しあるのですけど、
他が滞るので、一先ずこれでお仕舞い。
それらは何れかの折にでも紹介出来れば……そう思います。
残暑厳しいです。皆さんも身体には気を付けて下さいね!


2013年8月17日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-16 07:00 | 旅の栞。 | Comments(14)

神々しい……イコロの森。

e0044929_2055396.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

去年は時間の関係で訪れることが出来ませんでした。
新千歳空港のスグ傍ということで、もし時間があったら……と、
「銀河庭園」と「イコロの森」を親友に勧められていたんですが、
決め手になったのは「庭園」と「森」……この単語の差かなぁ。
「庭園」……僕、この言葉に弱いのね(笑)

今回の北海道旅行の最終日。あちこち精力的に歩き回り、
物凄い睡眠不足&強い陽射し+歩き過ぎでクッタクタ(笑)
飛行機の時間がありますから、お尻が決まっていて何となく落ち着かない最終日の夕方。
チョッと緊張感もなくなりつつあり、家のことが気になりはじめた時……。

もう入った瞬間、憑き物が落ちたみたいに力が抜けちゃいました。
素晴らしいです!最後の最後に北海道に来て良かったとしみじみ思っちゃいました。
園内は僕とあけ、ターシャさんの他には若いカップルが一組だけ……。
殆ど貸し切り状態の中、向かって右側の森のコーナーを歩き、
クルリと回って左側の世にも美しい芝生のボーダーへ。
最後に中央部のローズ・ガーデンに足を踏み入れます。
陽が落ちてきて、殆ど真横からの強烈な光の中、夢中でシャッターを切りました。
いつもは匙を投げてしまう光線なんですが、却ってそれが良かったのかも。
あまりいい写真はないかもしれませんが、どうぞお付き合いくださいね。

e0044929_215443.jpg
e0044929_2144044.jpg
e0044929_2142892.jpg
e0044929_214933.jpg
e0044929_2135288.jpg
e0044929_2133934.jpg
e0044929_2132139.jpg
e0044929_2131291.jpg
e0044929_2125191.jpg
e0044929_2123694.jpg
e0044929_212275.jpg
e0044929_212135.jpg
e0044929_2115125.jpg
e0044929_2114340.jpg
e0044929_2112863.jpg
e0044929_211764.jpg
e0044929_2105474.jpg
e0044929_2103367.jpg
e0044929_2101996.jpg
e0044929_210997.jpg
e0044929_20595196.jpg
e0044929_20592483.jpg
e0044929_20585935.jpg
e0044929_20584990.jpg
e0044929_2058275.jpg
e0044929_20581327.jpg
e0044929_20575556.jpg
e0044929_20573743.jpg
e0044929_20572213.jpg
e0044929_2057128.jpg
e0044929_20564961.jpg
e0044929_205639100.jpg
e0044929_20561853.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

如何でしたか?あまりの素晴らしさに言葉もありません。
はぁ、この芝生に思い切りダイブしてみたい(笑)
近くに自衛隊の基地があるのか、澄みきった空を行く戦闘機の轟音さえも、
何だか素晴らしく耳に響く不思議(笑)
こちらはなんと冬も開いているそう……雪の頃はどんな感じなんでしょう……。
また悪巧みの芽がムクムクと頭をもたげてきました(笑)
「イコロの森」は「十勝千年の森」もそうですが、
遥か遠く飛行機代を出してまで、観に来る価値がある場所だと思います。
「イコロの森」一ヶ所だけでもその価値あり!

さぁて、これで北海道レポートもお仕舞い。
残るは驚愕の事実が発覚?イヤイヤ、大暴露となる番外編を残すのみ!
皆々様、乞うご期待です(笑)


2013年8月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-13 00:00 | 旅の栞。 | Comments(15)

き ん の に ほ ひ 。

e0044929_18182666.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いやいやいやいや……暑いのなんのって!
既に熱帯と化した日本列島(苦笑)
異常気象に加えてクーラーの室外機がねぇ……。
滋養のあるものを食べ、こまめに休憩をとり、タップリの睡眠をとっても、
なかなか体力は戻りません。快適な日々を過ごすのは至難の業……。
その内、薔薇の栽培可能地域は関東以北……になったりして(苦笑)

そんな中、相変わらず元気一杯、夏バテ知らずの我が家の猫さまたち(笑)
今日はパソコンの写真の整理をしていて発見した写真の中から、
懐かしいきんの写真でお話をしてみたいです。

e0044929_18254988.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

1枚目のこの写真……好きなんです。
何だか花札の坊主みたいでしょう?(笑)
これで5年前……きん、今も全く変わっていません。
相変わらず超人懐こくて……と、言うよりは警戒心0の愛敬タップリちゃんです。
話し掛けると必ず返事をします(笑)でも秀千代が大嫌い。いつも襲われるから(爆)
最近はスッカリ影を潜めましたが、たまにトイレ以外でオシッコをする以外は、
病気知らずの健康優良児。目糞、鼻糞、耳糞の3糞も全く出ません(笑)

そのきんですが、最近チョッと変化が見られます。
皆さん、ご存じのように、猫って全く体臭がありませんよね。
勿論、こまめに毛繕いしているからなんですが、猫が匂う時って、
病気で毛繕いできない時の他に、 今までいた所の匂いが体に移るのね。
押し入れにいたら押し入れの黴臭さが、トイレの掃除を怠ればトイレ臭が……(笑)
変な脱臭剤を入れるより、冷蔵庫に猫を入れれば、
一発で消臭が出来る……なぁ〜んちゃって。(笑)


さて、この夏のはじまり辺りから、きんの首筋から背中にかけて、
ビニール人形の匂いがするようになったんです(笑)
微かにですけどね、はじめは気のせいかと思ったし、
さてさて、今までビニールの匂いが移るような場所……どこにいたのかな?って。
チョッと気になるかな。ビニールの匂いと言えば、
幾つかある薔薇の匂いの中で、ミルラの匂いを、
水彩絵の具やビニール人形の匂いに例える人もいます。
ミルラの匂いが苦手な人に多いですよね。
きんがミルラの匂い?(笑)きんが薔薇に?それとも本家本元のミイラの匂い(爆)

夏の盛りにも僕にベッタリのきん。
引っ越しして3年が経つ今も、まだ病院に連れて行ったことがありません。
一回、連れて行って健康診断を受けさせようかな?
健康優良児のきんも今年で8才のお年頃ですから!(笑)


2013年8月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-11 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(12)

9年目なの?

e0044929_16113699.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いやいや、ビックリ。嫌な予感がして去年の記事を見て見たら……。
8年目じゃなくて9年目?末広がりなんて浮かれている場合じゃない(苦笑)
この暑さで脳味噌が沸騰したのか?この湿度で思考回路の回線がショートしたのか?
兎に角、9年目なのだそうです。来年はもう10年か……光陰矢の如しですね。

いやいや、8年間の間には色々なことがありました。
大きなことは3つ。仕事を独立したこと。
オリジナルの薔薇が発売になったこと。母が亡くなったこと。
猫も増えましたが、残念なことに染香とカトリーヌを腕の中で見送りました。
引っ越しもしましたが、新しい生活環境にもようやく慣れ、
もしかしたら、体力的にも精神面でも、公私共に今が一番いい時期かもしれません。
そう、油が乗っているってヤツ?違いますよ、脂肪じゃないからね(笑)
一つだけ心残りなのは、死んだ母に僕の薔薇のデビューを見て貰えなかったこと。
ドームを案内することが出来なかったことかな……僕の植物好きは母譲りですから……。
死んだ母と言えば、ブログが9年目なんてきっと驚いているハズです。
熱しやすく醒めやすい……僕の一番の特徴ですから(笑)


さて、ブログを7年もやっていると、
既に生活の一部、身体の一部のような気がしています。
メリハリのない毎日にリズム感を、退屈な人生に驚きと輝きを……。
って、少し大袈裟だけど、一つ一つ、退屈な毎日に何かを刻む、
大事なものになりつつあるようです。素敵な友人も沢山増えましたしね。

僕の友人の中でブログをやっている人は極端に少ないのですが、
そんな友人たちもブログを飛び越してツイッターや、
Facebook に手を出したりしています。
世の中、変わりましたね。でも何だかんだ言って楽しいみたい……。
まぁいいです。皆それぞれ自分に合ったツールを使いこなせばね。


8年目に入るにあたっての抱負とかは特にありません。
マイペースに自分らしさを持って運営して行きたいです。
以前から巻紙的に長かった文章に加え、写真の数もウナギ登りに増えてきました。
だって、折角、撮った写真、PCの中にしまっておくだけじゃ勿体ないもの(笑)
そうそう、写真はもっと巧くなりたいかな。カメラの性能が格段に良くなり、
シャッターを切れば誰でも写真が撮れる時代になりました。
だからこそ、僕にしか撮れない写真を撮りたい……。
まぁ、文章のヘボは相変わらずですから(笑)

今まで同様、このブログが素敵な皆さんが集うサロンになればいいと願っています。
それには自分らしさを失わず、美しいものを語る時に毒をちりばめ、
皮肉を裏打ちに語って行きたい……そう思っています。
それから色眼鏡は絶対にかけない。本物を見抜く目を養いたいです。
どうぞ9年目も、隅から隅までズズぃ〜っとご贔屓にしてくださいね。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

9年目を迎える今日の写真は、随分、前にルーヴル美術館で撮った1枚。
これ、確かヴィーナスの背中にくっついたクピドの手。
長年の間に手首から先は取れちゃったんですね……身体はどこへ?(笑)
でも何だか可愛い。手だけの方が良かったりして(笑)僕の大好きな彫刻です。
ハァ……フィルム・カメラを担いでフランス中を歩いたのが懐かしいです。

フランスは遠くになりにけり……か。


2013年8月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-07 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(24)

上野ファームにて……僕の数少ない特技!

e0044929_1354429.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

美瑛で素晴らしいランチを堪能し、一路、旭川の「上野ファーム」に向かいます。
「風のガーデン」で頬に風を感じ、「レストラン・アスペルジュ」で、
地元の野菜をタップリ使った美味しいランチを堪能、
起伏に富んだ美瑛の豊かな風景……僕もあけもHくんもご機嫌そのものです。
植物には全く興味のないHくん……旅の前はチョッと心配しましたが、
新しい発見にそれなりに旅を楽しんでいる様子……安心しました。
そうそう、大の野菜嫌いがチョッと野菜に興味を持ったようです(笑)

さて「上野ファーム」には3時頃に到着しましたが、
これがまた物凄い人出で辟易としちゃいました……。
週末と言うことに加え、なんでもテレビで特集されたとか。
観光バスが次から次へとピストン状態で送り出されてきます(苦笑)
素晴らしいガーデンなんですけどね。まるで芋洗い状態。しかもカンカン照りの炎天下。
狭い小道なのに女性はもれなく日傘をさしています。
デカイ三脚でジックリ時間をかけて写真を撮る空気を読めない人もいます(苦笑)
薔薇園やガーデンは断り書きがなくても三脚は禁止です。そんなの当たり前のこと。
その三脚の男性は、反対側で何人もの人が人気のボーダーを撮影したくて、
うずうず溜め息まじりでカメラを構えて待っているのもお構いなし。
日傘もねぇ……皆さん帽子被ってさらに日傘ですからねぇ。
細い小径をスレ違うだけでも大変なのに……。
炎天下の歩き周りは気を付けなければいけないのは分かっているし、
勿論、見に来ているのは僕だけではありません。写真を撮らない人もいます。
皆のガーデンだからこその気遣いが必要なんじゃないでしょうか。
アルハンブラ宮殿みたいに入場制限、予約制にすればいいのに……なぁ〜んてね。
ガーデンを楽しむというよりは、来ている皆さん、結構、ウンザリしていたような……。
年配が多かったです。皆さん、クッタリクタクタ幾日前に摘んだひな菊状態(笑)
頑張って写真撮りました。怒濤の85枚(笑)御覧くださいね。
e0044929_14223117.jpg
e0044929_1422732.jpg
e0044929_14213167.jpg
e0044929_14213741.jpg
e0044929_14212016.jpg
e0044929_1420381.jpg
e0044929_1420366.jpg
e0044929_1420661.jpg
e0044929_14201922.jpg
e0044929_14191495.jpg
e0044929_14194841.jpg
e0044929_14193428.jpg
e0044929_14191489.jpg
e0044929_1419612.jpg
e0044929_14184622.jpg
e0044929_1418652.jpg
e0044929_14174458.jpg
e0044929_14172851.jpg
e0044929_14173920.jpg
e0044929_14163529.jpg
e0044929_14161296.jpg
e0044929_14155735.jpg
e0044929_14153635.jpg
e0044929_14154367.jpg
e0044929_1415120.jpg
e0044929_14144120.jpg
e0044929_14142873.jpg
e0044929_14142983.jpg
e0044929_14132861.jpg
e0044929_14133024.jpg
e0044929_14133964.jpg
e0044929_14133032.jpg
e0044929_1413592.jpg
e0044929_14121556.jpg
e0044929_14115951.jpg
e0044929_14112168.jpg
e0044929_14115788.jpg
e0044929_1410458.jpg
e0044929_1410497.jpg
e0044929_14103331.jpg
e0044929_14103859.jpg
e0044929_1493513.jpg
e0044929_1410140.jpg
e0044929_1494668.jpg
e0044929_1492642.jpg
e0044929_1484126.jpg
e0044929_1481625.jpg
e0044929_1471993.jpg
e0044929_147498.jpg
e0044929_1464827.jpg
e0044929_1465780.jpg
e0044929_1455499.jpg
e0044929_1461825.jpg
e0044929_146585.jpg
e0044929_1455113.jpg
e0044929_1444680.jpg
e0044929_1451329.jpg
e0044929_1443279.jpg
e0044929_1444484.jpg
e0044929_1442234.jpg
e0044929_143423.jpg
e0044929_1435866.jpg
e0044929_1433584.jpg
e0044929_1423299.jpg
e0044929_1423718.jpg
e0044929_142149.jpg
e0044929_1423327.jpg
e0044929_1415057.jpg
e0044929_1413094.jpg
e0044929_1411270.jpg
e0044929_1411935.jpg
e0044929_1403933.jpg
e0044929_140371.jpg
e0044929_1403520.jpg
e0044929_1402345.jpg
e0044929_13591081.jpg
e0044929_13591427.jpg
e0044929_13585896.jpg
e0044929_13584063.jpg
e0044929_13585251.jpg
e0044929_13582717.jpg
e0044929_13574837.jpg
e0044929_1439279.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、今日のお題ですが、人には色々な才能、特技があります。
僕の数える程しかない特技の一つは……。
それは、どんなに芋洗い状態で混雑したガーデンでも、
まるで誰もいないかのように写真を撮れること(笑)
今日の1枚目〜3枚目、それから最後の1枚なんか奇跡的な1枚。
大人気のミラーガーデン。何しろ芋洗い状態、あけが証人です。
この長いボーダーに誰もいない瞬間なんてないんですから。

 「チッ!あいつ邪魔!」

なぁ〜んて思っているとHくんだったりあけだったり(苦笑)

 「あぁぁぁぁ〜っ!オバちゃん!そこのベンチで寛がなくていいから!」

忍耐、我慢、また忍耐……ほんの一瞬を狙ってシャッターを切ります。
僕にしては珍しく大声であけを呼び1枚撮らせます。
何しろあけはボンヤリですからね(笑) 新しいカメラと悪戦苦闘中。
2枚目と3枚目は瞬時にカメラを替えて撮影。
2枚目がいつも使っているミノルタの一眼レフカメラ。
3枚目は予備で持っているオリンパスのカメラでジオラマのフィルターを使用しています。
何だか面白いですね、カメラが違っただけなのにね。

さぁて、僕が立てた予定は最終日の「銀河庭園」と「イコロの森」を残すのみ。
後はあけがどんなハードな予定を立ててくれているやら……。


2013年8月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-08-01 00:00 | 私はカメラ。 | Comments(13)

THE SALOON……薔薇とオペラの夕べ。

e0044929_14592541.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「このテープ聴いてみて!」

親友が思い出したようにカバンからソニーの録音時間10分の、
カセット・テープを取出して僕に寄越した。今を遡ること20年くらい前の懐かしい思い出。
彼は僕と同い年、一流大学卒で非常に頭が良く、僕とは違っていいところのぼんぼんだ。
良く言えば個性的、実は物凄い変り者で……心優しいゲイのオネエさん。
家に帰りテープをカセット・デッキに入れ再生ボタンを押す。
スクラッチ・ノイズに続いてピアノの伴奏が聞こえてきた。

 「あ……これは夜の女王のアリア……。」

いくらオペラに疎い僕でも「魔笛」の中のこの有名なアリアくらいは知っている。
ソプラノの曲の中で最も難しいと言われているアリアです。
何だろう……訝しく思いながら聴いていると、いよいよ歌が始まりました。

 「ン?……誰?プロの歌手じゃないみたいだけど……。」

なかなかいい調子で歌いはじめた歌い手。でも、ハッキリと素人と分かる迷調子だ(笑)
いよいよ、アリア最大の聴かせ場所、最初の高音部分に差し掛かると……。
それまではピアノとテンポも合い、素人ながらいい感じで歌っていた歌手の、
調子と音程が俄かに崩れてきた。 大きく上下に乱れる音程、極端に遅くなるテンポ……。

 「アッ!これ、アイツじゃん!」

なんと、僕の心優しいゲイの大親友がピアノの伴奏に合わせて、
自分で歌った物を録音したテープだったのです(笑)
ハハァ〜ン、彼女、いやいや、彼が大好きなエディタ・グルベローヴァに影響されたな?
アリアはさらに超絶技巧の一番の聴かせどころに差し掛かります。
世界の名ソプラノが喉を競った華麗な旋律……の、ハズでしたが、
愛すべき大親友のそれは、一音、一音、恐る恐る音を置くように、しかも物凄い調子っ外れ(爆)
テンポは極端に乱れ、遅くなり、最後の方は息も絶え絶えです(笑)
間奏に入るといきなりテンポが速くなるピアノ。
いやいや、速くなったのではなく、元来の正しいテンポに戻ったと言った方がいいかもしれません。
さすがプロ、大親友の乱れに乱れたテンポに合わせてゆっくり伴奏していたようです。
うろ覚えのドイツ語、狂いに狂った音程とテンポ(笑)
聴いているこちらまで息も絶え絶え、最後は絶叫に近いアリアがどうにか終わると、
ピアノ奏者とも大親友とも、どっちともつかない片方がクスクス笑いだし、
最後には大爆笑する二人の笑い声でテープは終わるのでした……。

そのオペラ好きの愛すべき大親友のゲイの友人が僕に言いました。

 「ねぇ、チェロなんか聴いてちゃダメよ。クラッシックの真髄はピアノと声楽よ!」

ハイハイ、声楽ね。分かりました分かりました。
しかし、それにしても自分で「夜の女王のアリア」を歌おうと思い立ち、
スタジオを借りてピアノ伴奏を頼んで録音をする……本当に変な奴だと思います。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、そのオペラ苦手な僕が、
親友の音頭取りで実現したオペラのコンサートに行ってきました。

そのコンサートは恵比寿で美容院を経営している親友のT.T.が、
友達でお客さんの市村柾美さんに相談されたのが始まりでした。
開催が決まっているガラ・コンサートと薔薇を上手くコラボレーションできないか……。
お人好しで世話好きのT.T. があれこれ駆け回り、根回しして素敵なコンサートが実現しました。
僕は常々、薔薇が芸術に与えてきた影響、関係を話してきましたが、
こうして実際に薔薇をモチーフに素晴らしい歌声を聴けるのは本当に素晴らしい経験でした。
2部の冒頭では花結い師のTAKAYAくんのパフォーマンスもあり、
初めてTAKAYAくんの実演を見る方々はウットリ夢見心地。
T.T. の提案に薔薇関係の皆さんの助力を戴き、
お陰さまで欝陶しい梅雨空を暫し忘れる宵になりました。
e0044929_1451975.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、親友のためにと、大勢の仲間に声掛けして集まったのは総勢12人。
万年幹事の僕は終演後の段取りもしなければなりません。
美しい薔薇と優雅なオペラのあとに、タバコの紫煙が立ちこめ、
ガヤガヤとサラリーマンで五月蝿い居酒屋と言う訳にも行きません(笑)
でもね、心配はいりません。とっておきの店があるんです。
代々木上原駅近くの「THE SALOON」です。 若い女性2人で切り盛りしている個性的な店……。
1回行ってすっかりファンになってしまいました。 インテリアも凄く素敵です。
オリジナリティ溢れる料理の数々と飲み物! 美味しいもの大好きな皆の気に入るハズ……。
名前は聞いていましたが、実際に飲むのは初めての、
フランシス・フォード・コッポラのワイナリーのワインを中心に、
酒飲みは微酔い気分に、飲めない仲間はオリジナルのドリンクに舌鼓。
何より嬉しいのは美味しい料理に輝く皆の顔を見ることです。
なかなか集まることができない友人たち、初めて会う人も、年代が違う人も、
薔薇とオペラと美味しい料理で一つになれた宵でした。

オリジナリティー溢れる料理ってロクなことがないのが世の常ですが、
「THE SALOON」の料理とドリンクはどれを取っても一級品です。
どれも意表をつくのだけれど、キチンと一皿として纏まった味になっています。
ビーツのサラダ、西瓜のサラダ!レモンのリゾット、僕お気に入りのコッテージ・パイ!
何枚か写真を撮って来たのでご覧になってみて下さい。
e0044929_14273285.jpg
e0044929_1427441.jpg
e0044929_14273375.jpg
e0044929_14254986.jpg
e0044929_14255999.jpg
e0044929_14261585.jpg
e0044929_14252085.jpg
e0044929_14255069.jpg
e0044929_14244778.jpg
e0044929_14244046.jpg
e0044929_14251876.jpg


最後に一つ……。
テーブルを囲んだ14名の内、男は僕を含めて3人。
お店には半端な時間に大人数で予約をお願いした訳だし、
スタッフ2人で切り盛りは大変だろうと、 僕はお皿を下げる手伝いとかをする訳です。
ところがマメマメしく動くのは僕と隣に座ったSさん(男性)の2人。
料理を取り分けたり、お皿を片付けたり、料理を注文したり、ワインを注いで回ったり……。
おいおい、女子たち!そんな気が付かないことで大丈夫?(笑)
ワイン・グラスが空いても黙った注がれるのを待っているだけ。
君たち男たちが恭しくかしずくマダムとも違うし、スカーレット・オハラでもないんだよ。
ドカンと腰を下ろしたままじゃん!マメマメしくしなきゃいけないのは君たちじゃない?
僕は男はこうあるべきとか、女はこうじゃなきゃいけないとは言わないけれど、
あまりにも気が付かなさ過ぎじゃない?(笑)何だか心配になってきますねぇ。
旦那の不満が頂点に達していない?いきなり三行半突き付けられちゃうかもよ(笑)
おぉ〜い、婚活に必死な君!君ぃ、そんなんじゃ王子さまなんか金輪際現われないよ(苦笑)
目が合った途端、グラスを持ち上げて僕にお代わりを頼むように目で合図したお姉さん、
それって男のすることですよ!(笑)もうオジサン化してきちゃったかな?(爆)
世の中変わったものです。男の方が気が付いてマメマメしいなんてね!


2013年7月28日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-07-28 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(25)

靴とカメラは……。

e0044929_15152310.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「靴とカメラは重たい方がいい……。」

僕の持論です。

なぜなら靴は重たい方が綺麗に歩けるから。
カメラは重たい方がブレずにいい写真が撮れるから……です。
勿論、ある程度って言う意味ですけどね。
世の中、靴とカメラに限らず何でも軽量化、軽量化と,
メーカーをあげてしのぎを削っていますが、それってチョッと違うと思うのね。

僕、スニーカーは別ですが、革靴、特にブーツはパリでしか買いません。
ほほほほほほほほほ ♪ 別に気取っている訳ではないんです。
「Jean-Baptiste Rautureau」の木型が僕の足にピッタリだから。これもイヤミに聞こえるかな。
「Jean-Baptiste Rautureau」の靴は買ったその日に一日中歩いても何ともありません。
これ非常に大事ね。 パリに着くと取る物も取り敢えず、
鞄を借りたアパルトマンに放り投げて4区の店に走ります。
店が開いていれば暫しウットリと見せて貰い、
閉まっている時はガラスにへばり付いて店内を観察(笑)
スニーカーはアディダス、ナイキ、パトリック……たまにコンバース。
今はスッカリ影を潜めましたが、所謂、ハイテク・スニーカーは苦手。
スラリと細身の形が好きです。 色はやっぱり白と黒かなぁ……あと赤とか。
先が丸く潰れたハンバーグみたいなヤツは死んでも履きません(笑)
あと穴がボコボコ開いたプラスチックのサンダルもイヤ。
あれ履いて電車に乗れる人の神経が分からない……。
僕、ハンバーグみたいな靴しかなかったら家を一歩も出られないかな(笑)
パトリックはチョッと無理して一番大きなサイズでギリギリ入るのですが、
矢張りあのスラリとした形には勝てません。


カメラに限らず、僕、機械にはそんなに興味ないのね。
単純に何かをするための道具だと思っているから、
最低限の機能が付いていればいいし、要はそれを如何に使いこなすかだと思うから。
従って次々に出る新製品には全く興味がありません。
第一、使いこなせない機能が盛り沢山だし(笑)
買う時は、その時に買える一番いいものを買って大事に大事に使います。
よく薔薇のマダムたちが僕のカメラを触りたがりますが、持たせてみると開口一番、

 「重ぉ〜い!」

そうなんですよ。フィルム・カメラもデジタル・カメラも、
ボディが金属で出来ていますからね!
その割りには皆さん、長玉(長いレンズ)を付けた、
ゴツいカメラ持っていますよねぇ……不思議。


写真は去年の北海道旅行の時の写真。
慣れないオリンパスのカメラ……知らない内にシャッター押しちゃったんでしょうね。
車の中で偶然、何故か撮れていた1枚。お気に入りのアディダスのスニーカーです。
この時はまだ何でもなかったのですが、
キクちゃんとこうちゃんにバリバリにされちゃいました(涙)
迷ったんですけどね……今回の北海道、ボロボロを履いていくか、
それとも新しいものを買って履いていくか……。
結局、履き慣れたボロボロを選びました。北海道では歩きますし、
新しいスニーカーでマメでも作ったら厄介だし、
どうせ旅の道連れはあけと後輩だし……気取っても仕方ないですもんね(笑)


2013年7月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-07-25 00:00 | 旅の栞。 | Comments(14)

大地の恵み……北海道を食す。

e0044929_2118422.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ブノワ。さんはグルメねぇ……。」

よく言われますが、僕は決してグルメじゃありません。
適正価格で美味しいものを食べているだけです。勿論、安くて美味しい方がいい。
わざわざ噂の店をお目当てに遠くまで足を運んで……有り得ません。
もう真夜中なのに高級フレンチが食べたい……我儘も言いません。
○○じゃなきゃイヤ!……無理も言いいません(笑)
その場にあるものの中から一番美味しいものを食べているだけです。
例えば旅に出て降り立った駅前に蕎麦屋とマクドナルドしかなかったら……。
その日の気分、選択の問題です。蕎麦屋しかなかったらメニューの中から何を選ぶか……です。

一人旅のフランス。足を延ばしたアミアンは日曜日でした。
店は軒並み休み……たった一軒、開いていたマクドナルドで食べた「マック・グラン」……。
まるでステーキみたいな肉厚のパテ……今まで食べたハンバーガーで一番美味しかったです。
僕の親友の友達が就職したての頃(バブルの終焉期)、
帝国ホテルに泊まってみたくて泊まってみたくて……。
大枚叩いて予約をし、夕飯はお金がないから牛丼を買って部屋で食べたそう……。
僕、そういう事はしません(笑)何事もバランスですからね。

お金を出せばそれなりにいいものは食べられます。
でも、財布の中身は決まっていますしね(笑)使っても減らないマジック財布じゃない。
ただ、絶対にイヤなことがあります。 それは何かを食べるために並ぶこと……。
これだけは死んでもしたくない。待つのは死んでもイヤなのね(笑)
それからラーメン一杯や丼だけで夕飯はお仕舞い……これもイヤだなぁ。

今回、疲労困憊、クッタクタにもかかわらず、
あけの段取りの悪さのせいで無理矢理並ばされましたけど……。
この話は北海道旅行の記事の最後に番外編で書いてみようと思います(笑)
今日は北海道で食べた美味しいものあれこれをチョッとね。

e0044929_21213542.jpg
e0044929_21201996.jpg
e0044929_21195718.jpg
e0044929_21193025.jpg
e0044929_21191574.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、その僕が珍しく飛行機を飛ばしても通っているのが、
帯広の北の屋台村にある「プチ・プレジール」です。
ここは本当に素敵!奥さまの手料理とワインが美味しいのは当たり前として、
オーナーご夫妻の人柄ね……凄く好き。いきなりリラックスしちゃう。
店のお客さんたちもとてもフレンドリーです。 アッと言う間に話の輪が広がります。
複数人で行くとカウンターのあっちとこっちに話し掛けられて別々に盛り上がっちゃう(笑)
この日も僕は専門の薔薇の話から青い薔薇について盛り上がり、
あけはあけで昔の職業柄、プロレスの話で盛り上がり……(笑)
そうそう、あけの熱ぅ〜いジットリとした脅迫の視線で、
隣のお兄さんがピザをお裾分けしてくれました。
あけのそういう恐喝……じゃない、恫喝……じゃない、おねだりの才能って凄いです。
今回は名物のラクレットはポテトで。ほっけのスティック、紅豚(レットン)のステーキなど。
秋は難しいかも知れませんがまた来年の夏再び!

e0044929_21214114.jpg
e0044929_21212690.jpg
e0044929_21212440.jpg
e0044929_2121104.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

その日のランチをしたのが「十勝ヒルズ」の中にある「レストラン・ヴィーズ」。
ここは有り得ないほどリーズナブル&美味!
メインを1品選んで、前菜は取り放題のビュッフェ・スタイルでした。
取り放題……ウゥ〜む、危険な響き(笑)
デザートは全て食べ尽くすあけみたいなヤツがいるから1人3つまで。
メインは僕が山芋のグラタンを、あけはビーフシチューだったかな?
山芋のグラタンは思いの外、チーズのコクがあって濃厚でした。
やっぱりこう言う時ってお里が知れちゃうのね。
あけも僕も決してお上品なグルメじゃないの(笑)
まぁ、持つところが見えないくらいに料理を皿に盛り(笑)
食べ終わった時に積まれた皿の山、山、山……。
勿論、僕の周りは綺麗サッパリで、あけの方に空いたお皿を積みましたけど……。
ほほほほほほほほほ♪ ホラ、僕っていつも綺麗、綺麗でいたいから。

e0044929_21233267.jpg
e0044929_21231021.jpg
e0044929_2123456.jpg
e0044929_21233793.jpg
e0044929_21233222.jpg
e0044929_2122304.jpg
e0044929_21215850.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

2日目のランチは去年のディナーで大感激した美瑛の「レストラン・アスペルジュ」……。
兎に角、野菜が美味しいの!僕、肉も好きだけど野菜にはウルサイ(笑)
そして見た目も美しく、値段もリーズナブル。
綺麗に磨き上げられたガラスの向こうはアルケミラモリスが美しく咲き、
芝の上を小鳥がチョコチョコ歩き、蝶が飛び回ります。
地の野菜をタップリと使った料理は味付けが控えめで野菜の甘みがタップリ。
サラダもボーリュームあるし茹でたアスパラガスと皮を使ったソースの妙。
アスパラガスは一人2本。茹であげられた太いアスパラガスがグラスに入ってきます。
メインは鶏にお米を詰めたものと玉ねぎの付け合わせ。
付け合わせが色鮮やかな鍋に入って別々に出て来るって見た目も楽しいですよね。
デザートは甘いものをスッカリ食べなくなった僕には好ましい一皿。
但し、マッシュポテトのカプチーノ仕立て……。
このカプチーノ仕立てってどうもダメなんです。
流行って何年も経ちますが、何となく汚く感じるのは僕だけでしょうか。


なんだかね、飛行機飛ばして北海道に来て良かったって思っちゃうの。
地産地食……地元で獲れた食材を地元で食べる贅沢。
共通して言えるのはそれぞれの料理がとても薄味なのね。
素材の味そのまま……丁度いい歯応えに甘い甘い素材の味。
スグまた来たいと思っちゃいます(笑)
この秋はチョッと福岡かもしれないので無理ですが、
来年の夏は既に計画が着々と進行しています(笑)
それとも「プチ・プレジール」のためにだけ一泊で行くか……。

この3つの素敵なレストランが僕のプロデュース。
最後の晩のディナーは真のグルメでいらっしゃる、
あけ大先生さまさまのプロデュースでございます(笑)
その辺のドタバタは矢張り番外編にて……驚愕の事実発覚です(笑)請うご期待!


2013年7月22日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
# by raindropsonroses | 2013-07-22 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(4)