人気ブログランキング |

匂いのいい花束。ANNEXE。

彗星あらわる……エミリー・ブラント。

e0044929_595961.jpg
拝啓

最近は清々しい天気が続きますね。
毎月恒例の二人で映画を観る会、今月も楽しかったですね。
映画もだけど、観終わったあとの一杯が旨い(笑)また来月も行きましょうね。

さて、Dさんは映画を監督で観るタイプ、僕は俳優で観るタイプ。
それぞれで面白いですね。僕はね、映画は楽しければいいんです。
暗闇に2時間、一生かかっても絶対に経験出来ないことを擬似体験させてくれて、
夢の世界へ連れて行ってくれればいいんです。

そうなると、矢張り、憧れの男優や美しい女優を中心に映画を選ぶ事になります。
好きな男優は次ぎに回すとして、今までに夢中になった女優の事を書くと、
生まれて初めて意識した女優、唯一、世界を股にかけて活躍した真の国際女優ソフィア・ローレン、
情熱と知性を兼ね備えたイングリッド・バーグマン、
「クリームの上に薔薇の花を浮かべた」と、称された文字通り絶世の美女エリザベス・テイラー、
美人薄命、繊細なガラス細工の煌めきヴィヴィアン・リー、
70年代の徒花フェイ・ダナウェイ、次の20年間が楽しみなケイト・ブランシェット、
ティーンの多感期に出会った映画界きっての個性派、退廃の美シャーロット・ランプリング、
そして、既に伝説、映画史上、最も偉大な女優の一人紛れもない大女優のメリル・ストリープ。

考えてみると、僕はその時その時のお気に入りの女優を観るために
劇場の暗闇に足を運んだと言っても過言ではありません。
次の20年はメリル・ストリープとケイト・ブランシェットの時代でしょう。
そこにケイト・ウィンスレットが絡んで来るような予感がします。
そして、最近、僕が目を付けたのが、「プラダを着た悪魔」で、
鬼編集長ミランダ・プリーストリーを演ったメリル・ストリープを
見事に助演でサポートしたエミリー・ブラントです。

原作を読んだファンの予想を大きく裏切り、ヒステリックな役作りをせず、声を荒げることなく、
目力と台詞回しで見事に泣く子も黙るファション界の女帝を演じたメリル・ストリープ。
その影で常に神経過敏に上司のご機嫌と顔色を伺い、新入りのアンドレアをイビリ倒し、
日々、ピリッピリに張り詰めた神経、パリ・コレに行けることを夢見て
厳しい絶食を自分に課しているミランダの第一アシスタントのエミリーを演じた
エミリー・ブラントの神経質な演技がメリル・ストリープの演技を見事に引き立たせていました。
主役が幾ら頑張っても独り相撲、周りの共演者やスタッフの協力があって初めて輝きます。
華麗なヴァイオリンの音色もヴィオラやチェロのサポートがあってさらに美しくなるんです。
水戸黄門だって悪代官やあこぎな回船問屋がいるからこそ善人でいられるんですもん(笑)

メリル・ストリープをして「共演した若手の女優で最も才能豊か」と言わしめた卓越した演技力。
「プラダを着た悪魔」の中では奇抜な衣裳に、毎日〜取っ替えひっ替えの派手派手メイク。
実は彼女の素顔はクラシカルな美人なんです。普段の洋服のセンスも抜群、
現代もののコメディーから文芸調のドラマまで守備範囲は抜群に広そうです。
事実、「プラダを着た悪魔」の後は出演作が目白押し、最近では主役もこなしているよう。
彼女の登場がもう少し早ければ、「プライドと偏見」のエリザベスなんか良かったでしょうね。

今日の薔薇はイングリッシュ・ローズの「Emily」……少し前の品種になります。
こんなに美しい薔薇なのに……なんと、僕がバルコニーにお迎えしたのは去年の暮れ。
どう言う訳かリスト・アップから漏れていました。
日本人が好きな淡いピンクのカップ咲き、包み込まれるような中心部の花弁は細かく刻まれ、
その匂いは万人が薔薇に求める完璧な匂い……。


敬具

2007年9月24日


ブノワ。


[Emily Blunt (1983~ )]
[The Devil Wears Prada/プラダを着た悪魔 (2006)]
[Meryl Streep Online/Meryl Streep (1949~ )]
[Sophia Loren Official Website/Sophia Loren (1934~ )]
[The Official Ingrid Bergman Web Site/Ingrid Bergman (1915~1982)]
[Elizabeth Taylor (1932~ )]
[Cate Blanchett (1969~ )]
[Kate Winslet (1975~ )]
[Vivien Leigh.Com/Vivien Leigh (1913~1967)]
[Faye Dunaway (1941~ ]
[Charlotte Rampling (1946~ )]
[Pride & Prejudice/プライドと偏見 (2005)]
[徳川光圀 (1628~1701)]

[Emily (ER) Austin, 1992]
[David Austin Roses/David Austin (1926~ )]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
by raindropsonroses | 2007-09-24 00:00 | 女優の時代。